ホーム > カテゴリ: 結婚 (結婚の条件・タイミング・危機・技術)
結婚は結婚したい人と結婚する」とてもシンプルな答えだが、これに勝る答えはない。
物事はシンプルに考えた方がいい、難しく考えないこと、難しく考えれば答えが見えなくなり、時間も人生も無駄にしてしまう。


あなたが独身で、まだ付き合っている人がいなく、これから付き合う人とは結婚したいと思っているのなら、「結婚は結婚したい人と結婚する」というシンプルな考えを絶対条件で持ったらどうだろう。この条件は絶対、それ以外の考えは持たないこと。その覚悟があってこそ、結婚までの道のりが信念となる。私は絶対結婚する。だから、結婚を考えていない人とは絶対付き合わない。もう二度と悲しい別れを経験したくない。曖昧で思わせぶりな男の態度にはもう懲り懲りだ。いつ結婚してくれるかわからない相手をいつまでも待てない。自信が無く将来が安定していない男との恋愛はもうたくさんだ。こんな恋はもう二度としたくないと決めること。


あなたに彼氏がいて彼氏が結婚を考えていないのなら、よく考察して、期日を決めて答えを出せばいい。場合によっては期日内で白黒の勝負に出てもよい。ただし、その白黒は失う覚悟を持ってすること。答えが白だったら、彼はあなたと結婚することになるだろう(あなたの失う覚悟を持った、迫真の演技に押されて彼は観念することになるだろう)答えが黒なら、あなたは失う覚悟を持って勝負をしているので、黒なら彼をあきらめること。答えがNOと出たのに、みっともない真似はしないことだ。追いすがったり、後から謝罪したり、そんなみっともない真似はしないことだ。男と女の別れは、最後は潔い方がいい。

あなたが勝負に出ることを悩んでいるのなら、今は勝負に出なくていい。悩んでいるときはどちらでもいいってこと。ただし、時は待ってくれない。いつか勝負に出るしかない。そのうち悩んでいる暇がなくなる、それが時の流れ。時間がきたら勝負、これが全ての人類に与えられた公平な立場。「あなたは勝つかな?負けるかな?」勝負は、時の運に任せるしかない。


結婚したがらない彼をあなたは愛しているとする。
周りから辞めなよ!こんな男」と言われながらも付き合っている。
あなたはチャレンジャーだ!
結婚したがらない男を、結婚したい男に仕立てるチャレンジャーだ。
多くの女性が、そのチャレンジャーの位置にいるのかもしれない。
だが、チャレンジャーは大変だ。
なのに…なぜ?チャレンジする。
それは、「彼のことが好きだからだ」。
なるほど、彼のことが好きか、ならばチャレンジしなさい。
ただし、チャレンジャーは泣きべそをかいてはいけない。
悩んで苦しんでもいけない。
チャレンジに苦悩はつきもの、それをいちいち表に出さないこと。
表に出せば、心が折れそうになり、情けない人間になって、失敗する。
チャンレンジャーは心身共に強くならなければいけない。
女のプライドにかけて、彼をいつかその気にさせてやると、信念を燃やさなくてはいけない。辛いこと、うまくいかないこと、こんな物語は海ほどにも山ほどにもある。不安で悲しい物語に、いちいち潰されてはいけない。こんなに辛いのに、なぜチャレンジするの?それは、あなたが成長するためだ。恋愛はすべて勉強である。あなたは勉強にチャレンジしているのである。だから、思いっきりチャレンジしなさい。


四の五の書いたが、
結婚は結婚したい人と結婚する。
これが答え。
あなたが、この答えにいつ?気づくかだ。




付き合う前、付き合い当初、付き合ってしばらくしてから男性が、「結婚はしたくない」(あるいはそういう類の)発言をしたら、もうその男性の彼女にはならないことです。相手が結婚したくないのに付き合っても意味がない。結婚したくない男性の気持ちはそうそう変わるものではない(男の性格は変わらない)気持ちを変えることや性格を変えることは至難の業、とても女性の愛のみで変わるものではない。それこそ難攻不落の敵を落とすようなもの。多くの女性が結婚したがらない男性にチャレンジしたが、ことごとく失敗に終わっている。そろそろ気づこうよ。(それは無駄な努力だということに)


結婚は自由意志。結婚するのも結婚しないのも本人の自由。結婚したがらない男性に無理やり結婚を迫って自爆する女性が後を絶たない。自爆後の悲痛な叫びと共に、その女性の人生そのものを狂わすだけである。


女性にとって愛(結婚)そのものは命かもしれないが、男性にとっても愛(責任)そのものは命である。人生の明暗を左右する結婚はこの上ないプレッシャー、よほどの覚悟がないとできない。結婚をしたくない男性は、結婚に対してあまりいい印象もなく夢もない。どちらかというと結婚は牢獄、自由のない奴隷と同じである。そんな牢獄に入りたくない、いつでも自由に生きたい。


結婚したがらない男性の気持ち。私は尊重してもいいと思う。結婚は自由意志だ。人生は結婚だけがすべてではない。男の基本はなくても、これからの時代はしかたがないだろう。型にはまった常識より、違う人種がいることも認める時代である。ただしそういう男性たちに忠告したい。女性と付き合う場合「僕は結婚をしたくありません」とはっきり言って女性と付き合うように。そして続いてこう言おう「ある期間だけ僕と付き合ってくれませんか?一年契約と二年契約どちらがいいですか?」と契約書を交わして付き合うようにしましょう。決して寂しいからと曖昧で女性と付き合わないように。ほんとんどの女性は恋をすればその先結婚を考えるものです。あなたは結婚を考えている女性と付き合わないことです。結婚を考えていない女性、ある期間だけ「遊ぶ恋愛ができる女性」とだけ付き合うことです。男性社会は契約社会です、恋愛も契約書を交わしてからです。結婚を考えるのなら自由恋愛しても構いませんが、結婚を考えていないのなら先にそのことを相手の女性に告げて、相手の女性がOKなら契約期間だけ付き合うようにしましょう。あなたもりっぱな社会人なら女性を傷つけないことです。せめてこのくらいのマナーは大人の男性として守ってください。


ある期間だけ、遊びの恋愛ができる女性がいるかどうか分かりませんが、探すことです。そういう女性がいなければ女性と付き合わない。(キャバクラか風俗の疑似恋愛でガマンしましょう)曖昧に嘘を言って寂しさの穴埋めで女性と付き合うことはたくさんの女性が被害にあい傷を負わすことになります。「嘘をついて騙して、女性と付き合わない」それが結婚しない男性のマナーです。そして結婚を考える女性は結婚を考えていない男性の彼女になってはいけません。