ホーム > 月別アーカイブ: 2006年08月
奇跡は心配や不安の中にある。

どういうことかと言うと、心配とか不安になるというのは、それが最大の関心ごとであるからです。

『最大の関心ごとにならないと奇跡は起きないのです』

もちろん運もあります。

ただ、運は全ての人に平等には訪れません。

でも、全ての人に平等に訪れるものがあります。

それはチャンスです。


しかし、チャンスは何もしないと訪れません。

そして、チャンスは自ら行動しないと起きません。

また事前に捕まえる準備をしておかないといけません。そうでないと目の前にチャンスが近づいてきても、見逃してしまうからです。

チャンスがいつ来てもいいように心の準備が必要です。

ここまではみなさん十分に理解ができると思います。

『だが、もっと重要なことがあります』

それは、

『賭けという勇気です』

賭けとは、勝負です。
その勝負に勝たないと奇跡は起きないのです。
奇跡は勝負に勝って起きる。
次回それをブログします。

早速、今日からでも始めよう。

まず、心に決めることだ。

『キレたり、イラつくことは権力闘争に巻き込まれる。そうするとお互い言い争いのケンカとなる。ケンカになればお互いのエネルギーを奪い合うことになる』

それを自覚することである。

愛とは、エネルギーを奪い合うものではない。

相手に意見で勝ったところで何にもならない。それをマスターしよう。
負けた方は、あなたの方が正しいですといって素直にあなたを尊敬して自分の非を認めるようなことはしないだろう。

神様以外の人間は、すべて自分が正しいと信じているのだ。プライベートでは自分のペースで生きていきたいと思っている。

そこを、あなたのは間違っている。ここがいけない。というばかりを指摘されたり、注意されたりすると、もううんざりで、その相手を愛そうとは思わない。

もちろん、何も主張せず、相手の都合のいい女を演じればいいと言っているのではない。

それはそれで問題がある。
自分の考えはこうですと主張することはいいことなのです。ただ、あまりにもくどく、しつこく自分の主張ばかりすると嫌われるということです。

嫌われるくらいに自分の都合ばかりを優先させたものが権力闘争へと発展するのです。

確かに言い争いのケンカから、逆に本当の気持ちが見えたり、反省したりと相手への思いやりがよくなることもある。

しかし、そのケンカは普段は仲がよくて、たまにするからスパイスが効いたいい味が出るのであって、会うたんびにケンカでは、これはエネルギーの使い方を間違っているとしかいいようがないのです。




しばらくの間、恋のスイッチを入れるのを抵抗してください。
異性とはプラトニックな関係を築くことを学ぶのです。
恋愛の初期に過度の期待感や相互依存をしないことです。

なぜ?こんなことを書いたかというと、
最近の女性はあまりにも早くスイッチを入れるからです。一度スイッチが入ってしまうともう後戻りができません。そうなると男性とのエネルギーのバランスがくずれてしまいます。

できれば、恋愛のスタートと同時に自分磨きをおこなうことです。
エネルギーを彼一色にするのではなく、自分の人生の充実のための自分磨きにエネルギーを分散することです。

そのくらいで、男性と丁度いいくらいのエネルギーを保てるのです。

男性は恋愛の初期は彼女一色のエネルギーを放射します。しかし、三月もすると、分散していきます。優先順位の1位が仕事で、2位が自分の趣味や遊び、男友達との付き合いなどです。そして3位が彼女となる傾向が多いのです。中には彼女を2位においている男性もいるでしょうが、1位というポジションにはなりません。

考えてみてください、一日8時間以上も人は愛することはできません。仕事なら8時間以上も働くことができます。仕事はどうしても男の1位になるのです。

もちろん、働く女性も一緒です。けど、女性は思考が8時間以上も彼の事を考えたり、想ったりすることができるのです。男性にはとてもそんな芸当はできません。

『恋に落ちた』エネルギーはどうしても女性側が強くなります。
しかも、一方通行に・・・・
男性とのバランスを取るためにも、自分磨きなどにエネルギーを分散することです。

そうしないと、権力闘争の渦に巻き込まれます。





権力闘争なんて失礼な。

私はそんなことはしていません。

いえいえ、言葉は確かに硬い言葉ですが、すでにあなたは恋愛の権力闘争をしているのです。

自分では気がつかないうちに、彼を不当にコントロールしようとしているのです。

『恋愛関係にいる二人になぜ権力闘争が起こるのか』

まず恋が芽生えると、二人は無意識のうちに愛を与えます。二人の気持ちは高まり、気持ちよくなります。『恋に落ちた』状態というのは、信じられないほど、気持ちが高ぶるものです。

ところが残念なことに、こうした気持ちが恋の相手から得られるものだと期待すると、宇宙のエネルギーから切り離されてしまいます。そしてますますエネルギーを相手から得ようとします。『もっと好きだと言ってほしい、もっと愛してほしい』もっと気持ちを高まりたいと互いに夢中になった状態、頭に血がのぼった状態を、愛の強さの証であるエネルギーを相手から得ようとします。

そうなると相手に対する期待感ばかりが強くなります。でも相手はあなたにエネルギーを多く吸い取られて、仕事などの忙しさも手伝って疲れきってしまうのです。

疲れきった相手は、エネルギーの放出を極力控えようとします。
これが俗に言うメールしなかったり、電話しなかったり、無視する状態です。

相手にこれ以上エネルギーを吸い取られたらかなわん、これじゃあ疲れると防御の姿勢が働くのです。

そして不足したエネルギーを、
相手をコントロールして自分流のやり方でエネルギーを奪い始めるのです。ここに至ると二人の関係は普通の権力闘争のレベルに落ちてしまうのです。

『相手をコントロールして自分流のやり方でエネルギーを奪い始めるのです。』

女性は彼を期待するあまり、愛をもっと・・もっと・・となる傾向があります。小さな心配や不安ごとが重なると、ますますその愛の傾向が強くなります。彼のささいな動きや心理を見逃しません。男の冷たい態度や無口な態度が許せないのです。愛は平等で分かち合うものだと女性の感情心理は、彼の心配事や不安は一緒に分かち合い、話し合い、二人で相談して解決を図りたいと望みます。

ところが多くの男性は、自分の不安や心配事を女性と分かち合おうなどと思っていません。生まれ育った男の教育がそれを許さないのです。自分の不安や心配を女性に見せるのは恥だと。相手が付き合う前の第三者的立場の女性だったら、わりと簡単に素直に自分の心配事や不安を語るかもしれませんが、身内ゾーンに入った彼女には多くを語らないのが男性の心理になります。その裏には自分の彼女だけには心配をかけたくないという男性の配慮があります。

男性がそういう態度を示すと、
女性はますます不安になります。『わたしってあなたの何なの?』と・・・
これから先は、いっぱい女性感情の不安があります。あなたがよく知っているのでここでは省きます。

期待感と不安から女性は彼を不当にコントロールしようとするのです。
女性は不安からエネルギーを消耗していきます。
そして
相手をコントロールして自分流のやり方でエネルギーを奪い始めるのです。

男性も女性の期待愛や仕事で、エネルギーを消耗します。
そして
相手をコントロールして自分流のやり方でエネルギーを奪い始めるのです。

親しくなるにつれ、親密さから奇跡めいたところがなくなり、やがて反感、失望、倦怠感から権力闘争へ発展していくのです。

この権力闘争を防ぐ方法、正しいエネルギーの使い方を次回ブログします。




権力闘争は脅迫者・被害者・傍観者と三つのタイプの人間に別れる。
あるいは、どちらかを二分して持っていることがある。

脅迫者が親で被害者が子供の場合。
最近のテレビニュースなので心痛むものがある。
親が子供をせっかんして死なせてしまう。または、満足に食事を与えないで衰弱させてしまう。私も同じ子を持つ親として、許せないバカな親どもです。

これこそまさしく、脅迫者と被害者という人間関係です。
何故?子供を死なせてしまったり、衰弱させてしまうまで追い込んだのかと理由を聞くと。
『子供が自分の言うことを聞かないから・・・』
とバカな理由しか述べません。子供だって人間としての魂はあるのです。人間は自分への残虐な仕打ちに対して防御する本能があるのです。

その親などの顔をテレビなどで見ますと、ふてぶてしい態度のいい大人です。
私が法を裁く身にあれば、同じ仕打ちをその親どもに課します。

私は、自分の子供は世界一可愛いという親ばかなので、つい興奮してしまいました。

さて、
脅迫する親と被害に合う子供。
何故?自分の子供をそこまで追い込んだのでしょうか・・・

それは、おそらくその親の過去の家庭環境にあると思います。
その親は、子供の頃、両親に迫害され脅迫されて育ったのでしょう。
親が暴力的に厳しかったのかもしれません。
自分の意見など聞き入れない親。
厳しすぎる親の元で育つと、子供は自分の価値観や尊厳を奪われ、親に反抗できない幼児時代を過ごします。
何やっても『オマエはダメだ!バカだ』という罵声の中で育つと人間形成上おかしな方向に育ちます。

しつけが悪いといっているわけではありません。これはしつけ以前の親の悪いエゴからきている暴力なのです。
その親はことあるごと、子供を叱ったのでしょう。口やかましく、執拗に。ときには暴力を振りながら、弱い立場の子供に食事も与えず、せっかんしたと思われます。

子供なりの小さな魂を持ちながら、聞き入れない自分の意見を奥にしまいながら幼児期を過したのでしょう。そして思春期・反抗期に親とぶつかりあう。高校を中退して家を飛び出す。というパターンです。

得てして、そういう親はアル中だったり、仕事はしなかったり、ギャンブルで借金をこしらえたりと生活は悲惨な家庭の方が多いのです。

社会に飛び出た子は、それを反面教師という勉強に置き換え、自分が結婚して子供ができたら、自分が経験した事を自分の子供にはしないと誓います。

ところが、また同じ過ちを犯してしまう。

しかも、もっとひどく、自分の子供を殺してしまうという事件を犯してしまう。

脅迫者から迫害を受け続けた被害者は、やがて自分が成長して権力を握る立場になると、今度は脅迫者に生まれ変わるのです。
そして、もっとひどい迫害を被害者にぶつけるのです。

脅迫者ににらまれた被害者は、もう手の内ようがありません。
その脅迫者がいる限り、永遠に被害者のままなのです。
被害者にエネルギーを吸い取られ続けるのです。

エネルギーを吸い取られ続けた被害者は、気力を失い、どんどん臆病に衰弱していきます。
そして活力もやる気もなくなります。

唯一気が持てる場所は、脅迫者に対する恨みです。
恨みを持ち続けることで、エネルギーを充填していくのです。

このエネルギーの吸収方法は決していい方向にはいきません。
自分を暗い谷底へ落としいれる方向へ向かいます。

暗くて悲惨なテーマを記事にしてますが、
私が言いたいのがあります。
この悲惨な事件からみなさんに正しいエネルギーの吸収方法と活用方法を学んでいただきたいのです。

その方法は、決して相手を恨んではいけません。

そして脅迫者になってはいけないということです。

人間は魂のある、尊厳のある生き物です。

誰が優位になるというものではありません。

権力闘争ばかりにエネルギーを使ってないで、

そのエネルギーを『愛』に向けるべきです。


追伸。

理論的で頭のいいと思っている男、あるいは暴力で相手をねじ伏せてしまう男。

私からみれば、『あなたがたはバカです』

人間の尊厳について、もっと勉強してください。

あなたがバカにしている人間。
あなたより人間として頭がいいのです。そして能力も高いのです。

自分だけがすべて正しいなどと思わないでください。

自分だけの意見だけを言わないで、謙虚でどんな小さなことも相手に同調して耳を傾けてください。

もしそれができれば、『私はあなたを頭がいいと認めましょう』
NHKの政治討論番組で、自分の意見が正しいと思っている政治家に送るメッセージです。





けなげな女のときも書いたと思いますが、もっと心理的に具体的に書きます。

≪これは、世界で毎日何十億回も起きている出来事である。≫

相手を支配し、優位に占めようとする人間の衝動。
理論的で頭のいいといわれている人ほど、その衝動が強くなる。
本人は分かっていないのだ。
それによって、相手の価値観や尊厳が失われるということを・・・・

『我々人間は、いつも相手を何とかうまく操ってやろうという態度をとっている。それに成功して自分の意見が勝てば、落ち込まずに心理的な高揚感を味わう』

『言うなれば、人間は互いを出し抜き、支配しようとするのは、外の世界の具体的な目的のためだけではなく、心理的な高揚感を得るためである』

『個人レベルでも国家レベルでも、その非合理な支配と優位性の権力闘争は続いている』

異性であれ、同姓であれ、親子であれ、社会であれ、人は知らないうちに、自分を優位に立たせるようにするのです。

『人間は互いに相手のエネルギーを求める、一種の競争にはまり込んでいるのです。他の人を自分の意見に従わせることができる。相手に議論で勝ち、そうすることで、自分が相手からエネルギーを奪い取り、自分が強くなったと錯覚するのです。』

これが恋愛にどう波及するのか、ひもといていきます。


男と女はやがて権力闘争に入る。

『恋に落ちる』

これまで赤の他人同士だった二人が、お互いを隔てていた壁を突然取り払い、親しみを感じ、一体感を覚える瞬間は、生涯を通じてもっとも心踊り、胸のときめく瞬間である。

親しくなるにつれ、親密さから奇跡めいたところがなくなり、やがて反感、失望、倦怠が最初の恋に落ちた興奮のなごりを消し去ってしまう。

最初は二人ともそんなこととは夢にも思わず、互いに夢中になった状態、頭に血がのぼった状態を、愛の強さの証だと思い込む。

だが、実はそれは、それまで二人がどれほど孤独であったかを示してるのにすぎない。
これだけ大きな希望と期待とともに始まりながら、決まって失敗に終わる活動は愛のほかに見当たらない。

愛の終わりは、現代の人間が本能的に持っている権力闘争が主な原因と思われる。

次回、その権力闘争を明かしていきます。





勢いついていっぱい書いてしまいました。(根気よく読んでください 笑 )

聖なる奇跡は、あなた自身がこの世に存在していることです。
この奇跡めいた確率は天文学数字で割った確率よりも低いのです。

人類が誕生して、800億人以上の人類が生まれましたが、あなたとまったく同じ人間はこの世に存在しません。あなたと同じ年と同じ日に生まれた人は世界で数百万人いても、あなたと同じ運命をたどる人はいません。

あなたという存在は、誰にもマネできない価値のある尊厳のある人間なのです。

だから、

今現在、生きている自分に誇りを持つべきです。価値のある人間として生きている自分に感謝し、自信と勇気を持つことです。

心無い人の誹謗・中傷やあなたを悲しみに陥れようとする人の意見に左右される必要ありません。

あなたが生まれたときのような、純粋で無垢で尊厳のある崇高な人間であることが認識されれば、あなたの悩みや不安は自然消滅します。

あなた自身を見てください。

あなたの耳。
それはなんという道具でしょう。それがあるゆえに、赤ん坊の泣き声も聞分けることができます。二万四千本の神経繊維が風の音や岩に当たって砕け散る潮の音、音楽、子供たちの遊ぶ声・・・そして、あなたが好きです。あなたを愛してますという言葉に反応して喜ぶのです。

あなたの口。
それはゴハンを食べるだけのものではありません。話すことができるのです。ほかの生物ではできません。あなたの言葉は、怒りを鎮め、意気消沈した人を元気にし、不幸な人を楽しませ、孤独な人を癒し、誉める価値のある人を誉め、敗北した人を励まし、無知の人に教え、『あなたを愛しています』と言うことができます。

あなたの体は、
悪い風や周囲にいじめられるまま、小さな一点に縛られるものではありません。背筋を伸ばし、走り、踊り、働くことができるのです。五百の筋肉、二百の骨、十一キロメートルもの神経繊維があなたの命ずるままに、協調して働くからです。

あなたの皮膚。
全ての鋼鉄は時が立てば、色あせて錆びますが、あなたの皮膚はそうではありません。最強の金属さえ、使えばやがてすりきれますが、あなたの皮膚は絶えず古い細胞を新しい細胞に取って代わらせ、新しくなるのです。

あなたの肺。
深々と深呼吸をしてごらんなさい。すがすがしい生命の息吹体内に入ってくるのがわかるでしょう。肺という命の窓がそれを可能にしているのです。六億もの折りたたまれた肉のポケットを通してあなたを生かす酸素をろ過する一方で、ガス状の老廃物を体から排出させているのです。

あなたの心臓。
あなたの全身には温かな血が流れています。あなたの4,7リットルの血液の中には22兆もの血液細胞が含まれており、それぞれの細胞には数百万の分子が含まれています。各分子の中には毎秒一千万回以上の速さで振動している原子があります。毎秒、二百万個以上の細胞が死んで、新しい細胞に取って代われるということが、あなたの誕生以来つづいているのです。体の中が常にそうだったように、あなたも今、生まれ変わろうとしています。

そして、あなたの脳。
この宇宙でもっとも驚異的な神秘的な創造物です。
千三百グラムの脳の中に、脳神経を互いに連結させている線の数は1500万桁に達します。140億個の脳神経細胞が、人間の大脳皮質にはあります。脳細胞が絡み合っているこの複雑なネットワークが未来の道具を創り出しているのです。あなたが誕生以来、知覚、音、味、匂い、あなたの人生でおきたすべてのことがそこにあります。また、脳が体を制御するのを助けるために、あなたの体中に四百万の痛みを感じる探知機、五十万の触感の探知機、二十万以上もの温度を感じる探知機がちりばめてあるのです。古代の驚異を探してもこれだけの偉大なものはないでしょう。

(注)・・・人間の尊さを、分かりやすいようにいろいろな文献から抜粋して引用しました。

これだけ価値があり、尊厳のある人間として生まれたあなたなのです。

あなたには、才能も、能力も、五感も、感覚も、楽しみも、本能も、誇りもあるのです。

価値のある、尊厳のある人間なのに、

何故あなたは、それを裏切るのですか?

何故あなたは?
不安になったり悲しんだりするのですか?

それをするためにあなたは、この世に誕生したのではありませんよ。

自分が尊厳のある人間だということを思い出してください。



(序章)

わたしはあなたの悲しみの原因も・・・それを癒す方法もしっています。

あなたは、

自分の気持ちが数々の失敗によって崩れ去ったことを嘆いています。

自分の潜在意識の可能性を疑心暗鬼と不安で手放してしまったことを嘆いています。

自分の考え、気持ちがすべてあやまった使い方によって、無駄にされたことを嘆いています。


あなたの声はブログという波動でわたしに届いています。
沖川があなたの声を聞いていることを分かってください。
そして心を平和にし、落ち着いて、これからわたしが語る奇跡を聞いてください。




第一の知恵 ☆☆☆ 自分というエネルギー

第二の知恵 ☆☆☆ 彼を不当にコントロールしない

第三の知恵 ☆☆☆ 過去の潜在意識の清算

第四の知恵 ☆☆☆ 新しい流れをつくる


この四つの知恵は、あなたの恋愛を成功へともたらせてくれるでしょう。・・・沖川