ホーム > 月別アーカイブ: 2006年11月
占いの前に一言。

恋愛は自分なりのペースでよい。


長年培った性格や能力は一足飛びに変わるものではない。ゆっくりでもいいあなたのペースで・・・


ただそのペースが少しでも前向きに進んでいるかだけチックしよう。


暗いトンネルで明るいほうに進んでいるのならまだしも、逆に暗いほうへ進んだり、不安ドツボにはまっているのなら、そこから方向を変え、ドツボから脱出するのを心がけましょう。




暗いほうから明るい方へ
不安のドツボから不安をなくす方向へ





少しでもいいです。あなたなりのペースで一気に物事を解決しょうなどと思わないで進んでください。


明るい方へ進んでいるのか分からないと言う方は、その分かる答えは簡単です。










それは、


自分を信じることです。





彼がどうのこうのではないのです。






自分が決めたことを信じましょう。





自分を信じるということは、自分を大事にするということです。それは自尊心につながりますし、自分を好きになり、自分を愛することにもなるのです。



彼を好きになり、愛する前に、




まず自分を好きになり自分を愛しましょう。




あなたはかけがえのない人です。








だから、自分の考えに基づいた信念を信じましょう。








強く









強く









自分の考えを信じましょう。










結果は、







自分が強く考えた通りの結果になるのです。







男の本音、ストレスの多いデートは嫌い

またまたルールズに反しますが・・・

男性との初デートでは無口を装ったり、謎めいた態度でミステリアスを演じた方がよいとされていますが、それはどうかな・・と思う。

それは男がよっぽどに惚れた女ならそういう態度も効果があるだろうけど、そうでなければかえってやぶへびになるかもしれない。

だいたいミステリアスな女性なんてあまり見たことがない。私も多くの女性と話をしているが、奥ゆかしい女性は見ても、ミステリアスな女性にお目にかかったことがない。まあ、占い自体がミステリアスなので、ここでミステリアスな女性を演じられても相談に困るから遠慮していただいてますけど(笑)

やはり初デートは男も楽しくいきたいと思っている。
男も楽しくふるまわらなくてはいけないとプレッシャーさえ感じている。

その男の気持ちも分からないで、ルールズを発動して口数少なくミステリアスに演じられたら、男は『つまらないの』と勘違いしてしまう。ルールズを本当の意味で理解して、しっかりとした分析と技術でルールズを自分のものにしているのなら、臨機応変に対処できるだろうけど、シロウトや日本人はやめた方がいいかもしれない。何事も真に受けないで、自分なりの法則を見つけるのが先である。

ルールズは男が惚れたのみに有効である。その前段で惚れさすためにも有効ではあるが、下手に間違えると取り返しのつかないことになりかねるのでご注意を。

初めてのデートはもともとストレスの多いものである。
女性の澄ました態度や謎めいた雰囲気は男を迷路の森林の中に引きずり込む。暗くてうっそうとした森の中をあてもなくさまよう気分になる。『深みにはまるまえに早くこの森から脱出したくなる』それは男にとって楽しくないデートである。早くデートを終わりにしようと考えるようになる。

口数少なくミステリアスな女。そんな女性でも男が喜んでデートしたいと思うのは、よほどに惚れた女性、憧れのマドンナか絶世の美女だけである。それも毎回のデートでこんな調子では男も飽き飽きしてくる。
『やはりデートは楽しくしなくては損である』

女性のほうから『リラックスして楽しく過しましょう』と言ってくれたら、男がどんなに安心するか簡単に想像できると思います。

あなたには、無口でミステリアスな女性は似合いませんよ。


男の本音、『男と対等に振舞う女は嫌い』

男はリラックスして肩の力を抜いて女性と過したい。

なのに、相手していて疲れる女性がいる。気が疲れるので、できれば相手したくない。

どういう女性かというと、
過剰に頭のいいところをひけらかせて、自分の理論が男を上回るような聡明すぎる女性。そういう女性と話をしていると疲れる。言葉のはしはしで休む事ができない。いつも緊張しながら、言葉を選びながら話をしなければならないので精神的にまいる。

また過剰なセックシーさをひけらかす女性。
確かに男はセクシーな女性が好きだが、あまりにもオープン過ぎる過剰露出は目の置き場に困る。清その中にセクシーさがあるほうが望ましい。

過剰な聡明も過剰なセクシーも、なんか男と対等に張り合っているように力んでいる気がしてならない。

聞いていただきたい。

男が好む女性は、思いやりがあって愛想が良く、柔軟な姿勢の優しい女性である。古い言葉で申し訳ないが、『古風な女』である。男が理想としている女性、江戸時代も平成の時代の男たちのも、その理想像はそんなに変わらないと思う。

最近の女性たちは強くて元気なので、そんな古臭い『古風な女』なんてバカバカしい。今時そんな女いるわけがない。とおっしゃるかもしれませんが、

いやいや男どもは、未だに結婚したい女性の第一位に上げているのです。
男を立てて、一歩引き下がる女性。世の男たちは、そういう女性を求めているのです。

ここに女性たちの反論があるのは100も承知で書きました。
おそらくこういう反論でしょう。
男を立てるほどの、強くてたくましい男がいない。
男はうそつきで女が下手にでたら、浮気や自分勝手な行動にでる。
女が下手にでたら、男は調子づいて何するか分からない、男が調子づくこと事態が許せない。ムカツク。まだまだ97くらい反論があると思いますが、このくらいで・・・
そうかな・・・
思いやりがあって愛想が良く、柔軟な姿勢の優しい女性。
男はそういう女性を拒まないし、裏切りもしませんね。逆にそういう女性なら浮気もしたいと思いません。リラックスして精神的にも安定するので、下半身の性の衝動も仕事の動力に置き換えることができる。優しく愛想があって優しい女性なら男は守ろうとします。

裏切ったり拒んだりする女性は、その逆の女性で、男と対等に振舞う女性だと思います。


こんな仕草が彼を虜にする

女性の可愛いらしい微笑は男を虜にする。
男がジョークを言ったら心底笑ってくれる女性がいい。

清楚な女性が髪をなびかせながらカクテルを飲み、一瞬じーと熱い眼差しで見つめる視線もたまらない。一瞬ドキッとする。その眼差しに浴している期待を持ちながら、あと1ミリ近づけない、紳士を演じるのが男は好きなのである。

また気軽な挨拶のつもりで、手をふりながら近づいてきて話しかけたりするのも悪くない。女友達にするように、男にもしてほしい。手をふりながら近づいてくる姿に男は自分が英雄になった気分になる。コミュニュケーションとしては最高。尊敬して慕っているように見える。

会話の主導権は5分5分がいい。男の一方的な自慢話は最悪につまらないが、女の一方的な話も最高につまんない。理知的な話や日常的な話よりも、ロマンのある話の方が夢があっていい。男の夢話に付き合ってくれる女性は最高だ。

二人で会話中に『他にいい男がいないかな・・・』とキョロキョロよそ見している女性はいけない。レストランでの食事にかっこいいボーイが注文を取りにきても、見たり話しかけたりしてはいけない。彼以外は眼中にない態度が最高の仕草である。たとえ食事の相手が恋人でなく単なる友達でも、ひとたび男性と食事をともにするのなら、それがエチケットである。これは男性にも言える。

男は喋り過ぎる女は嫌いだが、うつむいてまったく喋らない女も嫌いである。緊張してい喋れないというのは男も察知はしている。だから、男が気をきかしてバカ言ったり、ジョークを飛ばしたら笑うリアクションをしてほしい。冷めたリアクションは禁物である。

いずれにしても、男は女性の笑顔の仕草が大好きである。それにプラスして妖艶な色気があると、なおいい。色気のある仕草とは、微笑みや熱いまなざし、女性らしいさりげないポーズである。

ただし、その仕草は男が気に入った女性がやるからいいのであって、嫌いな女性からやられるとこれ以上キモイものはない。女性も嫌いな男からそうやられると気持ち悪いと発するように、男も同じである。まずは自分の事を気に入っているという確信のある男のその仕草をぶつけてみよう。間違いなく男はあなたの虜になります。


女友達とのグループ行動は恋にはデメリット

男性は女性の集団が苦手である。
『おっ、あの子いいな』と密かに思っていても集団の中にいる女性には声をかけられない。

声をかけたら、みんなの注目の的になるだろう。そしてみんなは聞き耳を立てるだろう。色恋に関して男はみんなに注目をされたり聞き耳を立てられるのがイヤなのである。

そして、もしアプローチした女性が怪訝そうな顔をしたり、肘鉄をくわえるようなことをしたら、大衆の面前。特に女性の集団の前で恥をかくのを毛嫌いする。

フアミレス、5~6名の女性たちが食事をしながら歓談している。隣のテーブルでは3名の男が食事をしている。男たちは隣の美人の女性たちに声をかけて一緒に楽しみたいという気持ちがある。『あの子可愛いな、一緒にゴハンでも食べながらお話がしたいな』と思ってはみるが、誰一人アプローチできる勇気のある男はいない。前記の恐怖が思い描けられるからだ。

隣の女性たちの楽しそうな笑い声を聞きながら、ただ食事をするだけ。そして食事が終わり、席を立つ女性たちをただ見送るだけ、じーと見ながら。

恥をかこうが、肘鉄をくらおが、勇気をもってアプローチできれば、ひょっとして女性たちと楽しく食事を共にし、仲良くなれたかもしれない。その先は恋に発展したか・・・でも男は集団の女性に声をかけられないのです。ナンパ慣れした男は声をかけれるかもしれませんが一般の男は無理です。ただ眺めるだけです。

逆に言えば集団で行動する女性は、ある意味チャンスを失っているかもしれません。別に女友達と行動を共にするのがいけないと言っているわけではありません。女友達と行動を共にしながらも、一人になる空間(男が声をかけやすい空間)をうまくつくってやると、男も声をかけやすいとは思います。


男は女性に拒絶されるのを怖れている

女性にアプローチする男の脳は複雑なプロセスでできている。

外見が可愛いとか、性格がいいとかではない。もちろん外見や性格は良いにこしたことはないが、それよりもっと重要な問題がある。

それは、
女性がかもし出すしぐさや雰囲気、身につけているもの、そして周りの環境である。

例えばパーテーなどで、男が女性にアプローチする場合。大勢の女性を見ながら男は精密電子天秤みたいな脳でひとりひとりの女性を秤(はかり)にかけながら見ているのである。

男は女性に拒否されるのをまず不安がる。

『お!あの子可愛い。オレ好み』と思っても女性がしている指輪を見ただけで、あの指輪は結婚指輪かもしれない・・?あるいは彼氏からもらったものかな・・・?というふうに男のある直感が働けば、マナスの天秤が働き男は声をかけない。自己紹介したところで彼女がイヤっぽい顔をするとなると、男はもうダメ耐えられないのである。それなら声をかけるのをやめておこうとなるのである。

また女性は身を守る習性から集団で行動することが多い。パーテー会場でも数人の女性同士で結集していることが多い。(周りの環境)男は女性の集団が苦手なのである。通りを横一列に女性の集団が歩いてくると、男はわきにそれて道を譲る。見知らぬ女性の集団に割り込んで入っていって自分を売り込む自己紹介なんて男にはできない。それもマイナス天秤である。色恋の恋愛観は、男にとっては秘密主義であり、集団で共有するものではないという本能が自然に働くからである。集団にいる女性というだけで男は秤の目盛りをマイナスにする。

逆に『おっあの子の隣には誰も座ってないぞ、しかもさっきから僕の方を見ている』となると、俄然!秤の目盛りはプラスを示す。身につけている指輪も単なるフッション指輪に見え、秤の目盛りはさらにプラスが加算される。

気に入った女性、心をひかれた女性に対して男は、常に電子天秤を稼動させている。獲物を追いかける男の本能は、集団から外れた獲物を狙う。あなたがうまい具合に一人になる演出をしたとき、男は声をかけるのである。
かもし出す雰囲気・見に付けているもの・周りの環境。

パーテーや合コンのとき、うまい演出を理想の男に向けて演出してください。

華やかな場所では、男は女性に拒絶されるのを怖れているという心理を上手に扱ってください。


駆け込み寺状態の占い館

3人の予定が、結局6人来ました。

恋愛の悩みには待ったがなく、駆け込み状態です。

私の占いはじっくり相談するほうなので8人も相談受けると少々疲れます。

でもほどよい疲れで充実しています。終わったあとのこの開放感がたまりません(笑)

駆け込み寺とは、私が最初に占いデビューのときに使った称号です。現在は川越占い館の称号になっていますが、駆け出しの頃は『かけこみ寺』としてスタートしました。

駆け込み寺。迫害を受けた女性たちが救いを求めて駆け込んだ寺。何処にも相談できず、一人で悩みをかかえて苦しんでいた人たちの唯一の強い味方であり、心が癒され安心して相談できる場所。

それを目指して早5年。
やっと・・・目指していたものの形が出来つつあります。

川越占い館は、あなたの『かけこみ寺』です。

どんどん駆け込んでください。


男はたわいもない話が苦手である

男性が新しい女性と話をするときは、たわいもない話に上手に付き合う。女性が話し好きと本能的に知っているのでお付き合いするのである。新しい女性とはたわいもない話が新鮮であり、その女性を知る意味で興味の対象にもなる。

気心が知れた女性ではたわいもない話は苦手となる。そのときの男の心理は『結論を早くいってよ』である。とくに仕事などで忙しい男はプロセスの話より、答えを早急に求める。『だから何?どうしたのである』話の答えが出るまでの男の顔をマジマジとあなたは見たことがあるだろうか。おそらくイライラしているだろう。

彼がイライラしている様子が見えたら、結論を急ぐことである。=を先に言うといいだろう。女性は=より式を多く述べる。たしたりひいたり、かけたりわったり。とどのつまりやっと1+1にたどりつく。『何だそんな簡単のことか、それをもっと早く言ってよ』が男の結論である。まわりくどい話より、ゴールをはやく決めたいのである。

何でそんなことを書いたか、男女の違いを知る上で書いているのである。その違いがやがて確執を生み、こじれると別れの原因にもなるからである。

女性同士の会話はたわいもないものからはじまり、結論はあとにおいといて(結論はでないかもしれない)話のプロセスを楽しむ。

男性同士の会話は結論である。そして解決策である。

女性は話のプロセスを楽しみ、男性は結論を考える。

置き換えると、トラブルがあった男女の会話はこうなる。

例えば、男性がちょこっと浮気をしたとしよう。キャバクラへ行ったのを彼女にバレたとき・・・

女性はもちろん嫉妬するし、彼の行為は許せるものではない。何故キャバクラへ行くのか男の心理はわからない。仕事の付き合いかもしれない。本人は行きたくないのに、会社の同僚が無理やりに連れていったのかも知れない。あるいは彼自身が私よりもキャバ嬢の方が若くてピチピチしているので鼻の下をのばして率先して行ったのかもしれない。私がいるのに何故キャバクラに行くのか、ありとあらゆる方面から聞き出さないと納得できない。
男の答えは、『付き合いだよ』それだけである。
あっそ、会社の男の付き合いね。男は付き合いが大切だからね。と彼女の答えがそれであることを多くの男性は望んでいる。

ところが、その答えで満足する女性は世界中探してもいないだろう。

****/+++・・・???&&&~~~文章でまとめられない女性の追及が続く。

その男の顔には苦痛や不安が浮かんでいるはずだ。

女性は男性がキャバクラに行ったより、何故そうなったのかその過程を聞きたいのである。

『二人についてちゃんと話し合いをしましょう』女性の対話の価値はまさに二人で話し合うプロセスにある。

ところが男性は、二人で話し合うことにあまり価値を見出さない。『不満ぶつけているんだな』くらいにしか聞こえない。

何も男がキャバクラへ行って、女性に責められているシーンだけではなく、男は対話によるプロセスが下手なのである。『二人についてちゃんと話し合いをしましょう』は女性がもっとも重要視している対話のプロセスに対して、男は不満をぶつけているにしか聞こえないという事実がある。

何故不満をぶつけているにしか聞こえなくなったのか、それが隠された問題である。やがてその問題が大きな危機を招き、悲劇となる。

しばしば男は女の言わんとすることを理解するのは難しいと感じるものだ。

男に対しては明確に現実的に『こうしてほしい』と簡潔に言った方がいい。回りくどく言われるより、そのほうが楽なのである。キャブクラ行ったことがイヤなら、はっきりとイヤという態度を示した方が男は納得ができる。それをいつまでもネチネチとした態度で責められると、男の習性からしてイヤなのである。付き合いの中でそうしたプロセスがたびたび起きると、男は不満をぶつけているにしか聞こえない耳に育つのである。


心配や不安要素の92%は取り越し苦労です。残り数パーセントは実際に起こる可能性がありますが、しかし、それも自ら招いたものが大半を占めます。

恋愛における相手の気持ち、不可抗力によることが起きても、本人の力では防ぎようがありません。

運を天に任せて、不安・不幸を否定すればいいのです。『私が心配していることは起きない』と!

そして、心を積極的に勇気と自信に満ちた行動をしましょう。明るく素直に、相手を尊敬し、信頼して恋愛を進めていきましょう。

『尊敬からくる信頼』男は女性のその気持ちに弱いのです。愛おしく大事にしたいという感情が芽生えてきます。そういう子は裏切ることができません。どんなに悪党な男でも、自分を信頼している女性は裏切りません。

不安、不幸は否定することの続き

何と申しましょうか。

自ら、不安に持っていって、不幸にしている女性たちが後を絶ちません。

うまく行っているのを、良しとすべきなのに、細かい不安から良しとできない。うまく行っているのを喜ぶべきなのに、満足に喜べない。

『これでは・・・疲れます』

『男は・・・疲れます』

神経質な繊細すぎる精神が疲れます。

悪い事が起きないよう、最悪な事態を想定して、今のうちに悪い芽をつぶしておこう。このまま考えなしに進んでいったらきっと失敗する。という考えのもとに、心が休まることなく神経をすり減らして、いろいろなことを考える。

もし・・・

あなたが、現状に満足できないで、常に不安定な精神状態だったら考え方を改めた方がいいかもしれません。

改める方法は、酷な言い方ですが相手をあなたの精神世界に巻き込まないことです。そしてダメなものはダメと分別して見極める勇気のある行動です。

基本的に男は、精神的にメンドウクサイものはダメです。

男女ともお互い、精神的にメンドウクサイものは嫌なはずです。『恋愛の基本はお互いが楽で、安心できて、ホットするような居心地のいい関係です。』常に疲れるような緊張するような関係では長続きしません。お金が絡んでいる関係なら、そんな状態でもガマンして付き合うでしょうけど、いつかは清算したいはずです。

『精神的にメンドウクサイのはダメ』
この言葉の意味をもっと勉強しましょう。次回ブログします。