ホーム > 月別アーカイブ: 2012年11月
マズローの欲求段階説を恋愛の欲求段階説に置き換えるとどうなるか。沖川の主観で置き換えてみようと思う。


男性の場合、(男性バージョン)

1、 性欲(生理的な欲求)
男性が異性である女性を見る場合、性欲が先にくる。SEXを想定できない女性とは食事(ゴハン)も行かないし、デート(遊ぶこと)もしない。仕事や社交辞令では食事に行ったり遊ぶこともできるが、プライベートではノーサンキュウーである。男性の恋愛欲求のNO1は性欲である。頭の中はいつも○○○といやらしいことを考えているのが男脳である。その性欲を満たすことができるか、そしてその性欲を上手にコントロールすることができるのか、女性の技術が試される。断り方の技術と相手する技術、この微妙な技術(駆け引きが)男を夢中にさせ、男を虜にさせる。


2、 安心安全の欲求
性欲の欲求がおさまれば、次は安心安全の欲求へと移行する。感情的に男性が女性に最も求めるのは信頼関係である。1に肉体的な性欲、2に精神的な信頼関係である。男性が女性に求める精神的な欲求のNO1は「オレのことを信用しろ」である。疑いを持ったり、信用されていないと判断されれば、この女とは「ないな」という決定が下される。


3、 承認の欲求と自我の欲求
賞賛を求める欲求。男として「彼女に称賛され尊敬されたい。」これは世界中の男性が求めている欲求である。他人は自分のことをバカにしたり責めたりしても、彼女だけは永遠に自分の味方であってほしい。たとえ自分が犯罪者でも彼女だけは自分の味方であってほしい。愛する男として称賛して尊敬してほしい、そして自分の愛を認めてほしい。


4、 自己実現の欲求
段階的に1~3をクリアしていけば、二人の将来の自己実現の欲求が生まれる。1~3はまだ他人であるが、4は名実ともに結ばれる(結婚する)自己実現の欲求である。恋愛の卒業式を迎えるこの段階は達成感のある欲求となる。



今朝ぱっと思いついて、
マズローの欲求段階説を恋愛の欲求段階説に置き換えてみた。もちろん私の主観だが、もっとじっくり考えてまとめれば良かったかなとも思うし、いやいやインスピレーションでもいいのではないかと思う。私のインスピレーションは長年の経験から来ているのでそれはそれでいいだろう。恋愛は個人の欲求なので、あるグループに帰属したいという社会的欲求は外した。


続いて女性バージョンだが、
ここで皆さんにお願いがあります。
マズローの欲求段階説を女性バージョンに置き換えて頂けませんか?
皆さんのコメントお待ちしています。

もちろん後で私も補足させて頂きます。私の考えと皆さんの考えが一致しているかどうか楽しみです。




マズローの欲求段階説がある。その説は5つの段階からなっている。


1、 生理的欲求
空気、水、食べ物、睡眠など、人が生きていく上で欠かせない基本的な欲求。


2、 安全欲求
生命の安全と安定を守る欲求、人間が生きる上での衣食住等が根本的に確保されていること、また暴力などの危険を回避するための身の安全の欲求。


3、 社会的欲求
会社、家族、国家など、あるグループへ帰属していたいという欲求。他人と関りたい,他者と同じようにしたいなどの集団帰属の欲求。


4、 自我の欲求
他人からの賞賛を求める欲求。自分が集団から価値ある存在と認められ,尊敬されることを求める認知欲求。他人から注目され、人から賞賛されたいという欲求。


5、 自己実現の欲求
最後は自己実現の欲求。あるべき自分になりたいという欲求。自分の能力,可能性を発揮し,創造的活動や自己の成長を図りたいという欲求。


あなたの彼やあなたの好きな人はどの段階にいるのでしょう? よろしければあてがってみてください(笑)




どんな仕事でもやりがいはある。そしてどんな仕事でも人の役に立っている。そういった点で仕事は生きるためのモチベーションである。


毎日同じようなことが繰り返される仕事、これが嫌だと言うより、同じことの繰り返しによって生きるための能力が備わると考えたらどうだろう。能力は同じことの繰り返しによって蓄積される。去年より今年、今年より来年、未来に向かって能力は蓄積される。この能力は何かというと、潜在能力である。長年の毎日の繰り返しによって、より豊かな潜在能力が備わってくる。


私の男の見方は、社会人5年目はまだまだひよこ。入社して5年目は基礎作り、卵からかえってやっとひよこになった程度である。7年目8年目がひよこから成人一歩手前の青年期だろう。10年を経過して、まあ一人前の男子である。よくぞ10年間頑張ったと誉めたい。一人前はひとつの仕事を10年はこなした人。これこそプロではないだろうか。




私が女性なら、

男性選びは10年選手を選ぶ。ひよこは間違っても選ばない。10年選手がいなくて妥協したとしても7年~8年選手の青年期の男性を選ぶ。私は無駄な努力をしたくないからだ。


卵からかえってひよこのまま育たないで挫折してしまう人が3割もいるという。総務省の発表によると(入社して3年以内に辞める人が3割いる)就職難でやっと見つけた会社を辞めるとはなんともったいないと正直思ってしまう。基礎作りに5年はかかるのに、5年以内に辞めたらもう一度最初から基礎をつくらなければならない。そんな遠回りする男性をわざわざ私が選ぶわけない。


辞める理由はそれぞれあると思うが、私の見方は辞める理由などあまり関係ない、同情もしない。私が女性として見るのは男の耐性能力(根性)だけである。耐性能力は5年間、毎日の繰り返しで身につくのに、途中で放棄するようではその基礎が男としてできない。仕事は実務だけではない、人間関係もある。その両方の基礎を学ぶのに5年かかる。だから最初の5年間は記憶がないくらい無我夢中に働いてもらいたい。



記憶ないくらい無我夢中に働いた5年が経過すれば、男としての次のステップに向かうことができる。次の5年間は自己実現のための5年間である。今までは承認されるための5年間だったが、これからは自己実現に向かって走る5年間である。そして10年が経過して、仕事で初めて自己実現ができる。そして仕事に大いにやりがいを感じることができる。

私が女性なら、自己実現を成し遂げた男性を選ぶ。ひよこや夢途中の人は選ばない。仕事に対して前向きでやりがいを感じている人だけを選ぶ。そんな男性を私は尊敬するし、私にはぴったりである。そのために私も女性としての自分磨きをしてきた。




「彼は仕事の愚痴ばかりを言う」こういう男性との結末はだいたい見えています。どんな結末かと言うと不幸な結末の方が多いということです。(3万人強の鑑定から見た法則)


だいたい男たるもの、仕事の愚痴を言ってはいけません。どんなに忙しくても、どんなに辛くても高倉健のように黙って耐えるものです。渋くてかっこいい(笑)


女性に同情を買ってもらおうとしている男はナンセンスです。子供じゃあるまいし、ママママと甘えないでほしいものです。女性も女性です、そんな甘えの男性に対して母性愛を向けるからますます彼はあなたに甘えるのです。不平不満ばかりで社会で誰も相手にしてくれないから彼女に甘えるのでしょう。愚痴ばかりをいう男性に対しては厳しい上司のような態度で接することです。それで彼が逃げるのなら「よかったじゃない」あなたはこれで不幸にならずにすみます。(男選びの法則)


下手な同情は買ってはいけません。たとえ愛でも同情してはいけません。女性は男性のマイナスな部分、ネガティブな部分に敏感に反応し過ぎです。ポジティブよりネガティブの方が100倍気になる。彼の弱い部分を探して愛してあげようとしているふしがあります。【辛いことがあったら我慢しないで私に打ち明けてね】幸せ指数をたくさん知っている私は、その優しさが男性をどんどんダメにしていると思います。男は女を守るもの、「女に弱みを見せない男こそが男の中の男」この哲学を女性たちも持つようにしましょう。


男たるもの仕事の愚痴を言ってはならない。仕事には確かに不平不満もあるが、それ以上に遣り甲斐もある。仕事には遣り甲斐がある。それを解っている男性は、不平不満を口に出さない。どんなに忙しくても、どんなに辛くても愚痴を言わない。何故なら仕事に遣り甲斐を感じているからだ。


遣り甲斐とはそんなぎょうぎょうしいものではない。
私から見れば、ごく普通、当り前のことである。


私の経験では仕事そのものはそんなに大変なことではない。生きていくために普通に行う行事である。若いときは不平とか不満とかあまり感じなかった。朝会社に出かけ、12時間くらい働いて家に帰る。毎日それの繰り返し、不平不満などない。気が付いたら平気で5年間繰り返していた。皆勤賞をもらったが、この5年間ほとんど記憶がない(笑)


朝起きて会社に行くのが嫌だと思わない。人によっては時々憂鬱になる人がいるようだが、ぜんぜんそんなのない。むしろ何も考えずに会社に行っていた。39度の熱を出したときも、お腹を壊して体調がすぐれないときも平気で会社に行った。働きながら風邪を直し、働きながら体調を整えた。会社が生活の一部。休んだり辞めたりする方がおかしいと思っていた。そんな感じで初期のサラリーマンを15年続ける。それから次の会社で16年、今は占いを11年続けている。私の仕事の単位は10年以上である。どんな仕事でも平気で10年以上は続けることができる。そのお陰で生活は40年間安定している。私が仕事の不平不満を言ったのは過去に3回だけある。それは会社を辞める時に仕事の不平不満を言った。その時は情けない男だった。でもいつまでも情けない男でいるわけにもいかず、すぐに新しい仕事を見つけた(失業保険の世話にならず)。生活のために仕事をする。男ならこれはごく当たり前のことである。



20年ほど前、とあるバーでお酒を飲んでいた頃、年配(70歳くらい)の男性が連れの女性たちにこう言っていた。

「優しい男は選んではダメだ!」

???

バーのカウンターで飲んでいた私は、「ん?優しい男は選んではダメ???」耳を澄まして聞いていると、
「10人男がいたら、その中から仕事ができる2番目か3番目の男を選びなさい。少なくても4番目か5番目、5本の指に入る男を選ぶように」・・・なるほど。


それを聞いていた連れの女性の一人が、
「仕事ができても優しくないとね~」と言う。
するとその男性は、
「バカ者、だからお前は不幸になるんだ」と一喝する。
「いいかよく聞けよ。男は優しいより厳しい方がいいんだ。だいたい女に優しい男は仕事ができないと相場が決まっておる。仕事がビリだから女に優しいんだ」と決めつけるように言う。


連れの女性たちは、反論したいような顔で聞いていたが、何せ相手は権威のある老人。それなりの一角のある人物だと見た。当時30代後半の私は、その老人の言葉がわかる気がした。そして老人の言っていることが正しいと思った。女性たちの言い分もわかるが、生きた人生の知恵には勝てない。その老人の言うことは長年の経験から導いた答えだろう。


「そうか、男は優しい男を選んではダメなんだ」その老人の言葉をヒントに、自分が置いている会社に戻って、優しい男と仕事のできる男を比較してみる。

いたいた、優しい男のA君。確かに仕事ができない。仕事のできるB君もいた。彼は仕事ができるが、厳しい性格で生意気である。


女が付き合うとしたらどちらがいいかな?
甘いロマンの恋ならA君の方だろう。
B君は実社会の結婚向き。


数カ月の浮かれた恋を楽しむならA君。でも彼の女性に対する優しは半年が限界、それ以降は自信を失くして責任から逃げようとするだろう。仕事と同じように最後まで物事を達成できない。彼は優しいけど仕事ができない、恋も仕事と同じようにできないだろう。

B君は女性にさほど優しくない。女性から見ればつまらないかもしれない。仕事が優先で女性にマメではない、女性と浮かれたコミュニュケーションはできないタイプ。だが仕事と同じように女性に対しても責任を取るだろう。


自分の実社会で数百人の男たちと共に仕事をやってきたが、その老人の言っていることは真実だと思う。若い人の生半可な経験ではなく、若い人の反論や意見を通り越した重みがあるのは確かだ。


最後にその老人の言葉をもう一度述べよう。

「優しい男を選んではだめだ!10人男がいたら、その中から仕事ができる2番目か3番目の男を選びなさい。少なくても4番目か5番目、5本の指に入る男を選ぶように」




ロマンで行くか、現実路線で行くか、人生は選択である。「選択こそが人生」そう言ってもいいのではないかな。人は常に選択を余議される。


あなたはどちらを選ぶ?
ロマンを選ぶか現実を選ぶか、あなたはどちらを選びますか?



私ならどうするかな?

と考えてみた。

私ならロマンを選ぶかな(あはっ)ロマンがあるからやる気が出る、現実ではやる気がでない。現実は退屈だし、つまらないし、面白くない。ワガママな沖川は企業の奴隷であるサラリーマンを辞めて、こうして占い師をやっている。(ワガママで辞めたのではなくサラリーマンを卒業したのが本音)この経歴からしても普通ではない、普通でないから普通でない皆さんの相談に乗ることができる。(笑)



変わった経歴で変な人と誤解されるかもしれないが、一応社会的な一般常識は持っている。サラリーマンを35年以上やってきたので、それなりの知識と常識はある。今自分が役にたっている知識はサラリーマン時代に培った知識がほとんどである。この世界に多い専門バカ的愚昧人間でもなくごく普通の人間であることも自負している。占い師でありながら占い師でない変な人。それが沖川である。自分でも私は普通かなと思っている(笑)



普通だが、艱難辛苦の現実路線は一応味わってきた。ただ単にロマンに走っているわけではない。幾何学的な現実を乗り越えて来たからこそ、今ロマンに辿り着いているのである。「ロマンは現実を踏み台にしないと届かない」これが私の体験である。だからロマンの前に片づけなければいけないものがある。それが現実である。「現実から逃げるな!」それを乗り越えてこそロマンがある。




過労死するか金持ちになるか。
そこまでとことん仕事に追い詰められている男がいる。


「男は仕事が命」死ぬか生きるか、金持ちになるか貧乏になるか、波乱万丈型の男がいることはいる。私も男としてその気持ちはわかる。ある意味同じようなことをしていたのかもしれない(笑)だが、仕事だけが人生か?という葛藤が起きているのがそのときの精神状態である。そして肉体もボロボロ、血糖値は上がり、中性脂肪も異常値に達し、血圧も最高値に達し、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞の予備軍と言う診断が下される。医者からは「このまま仕事を続けたら死ぬぞ」と脅かされる。そこまで悪くしないと、仕事が命の男は気づかないかもしれない。ほんと男はバカだと思う。体を悪くしても仕事に尽くす男たち、ダメ男に苦しんで身も心もボロボロになっている女性たちと同じかもしれない。周りからはやめなさいと言われても、本人はそれが命だから辞めようとしない。


仕事が忙し過ぎる男の言い分はこうである。
「とても恋愛などできない、彼女と会っている暇はない、連絡をする時間もない」これを私は真実として証明できる。なんらな法廷に証人として出頭してもいい。このくらい恋愛はできないと証明できる。



死ぬか生きるか、過労死するか金持ちになるかの瀬戸際で働いている男は恋愛などできない。これは身を持って体験したことなので証明できる。だから悪いことは言わない、仕事が忙し過ぎる男とは付き合わないことだ。いくらあなたが彼を死ぬほど好きだと言って愛しても、彼は仕事を愛しているのであってあなたを愛しているわけではない。あなたは彼の仕事の残業の一部しかない。今はその残業さえできないメインの仕事でいっぱいいっぱいなのである。



私もあった・・・年中無休で朝から深夜まで働いた時期が。睡眠時間は平均して3時間程度、疲れ切った体に鞭打って今日も頑張った。「オレは世界一働いているぞ!」と自分を鼓舞しながら会社に向かったものだ。体育会系で学生時代格闘技をやっていたので体が持ったと思っている。生産性を上げる企業の奴隷となってがむしゃらに働いた時期が私にもあった。



だからよくわかる。
彼が忙しくて、連絡が来ない、何カ月も彼とは会っていない。
わかる、わかる男の気持ちが。
よ~くわかる。
そうだよな、恋愛する時間ないもんな・・・。彼女には可哀そうだけど、「時間がない!ゴメンネ」もうこんなオレに構わず次に行けよ。君の人生大事にしろよ。オレよりふさわしい人が君にはいるよ。君はいい女だから絶対いるよ、君の幸せを遠くから願っている。う~んわかるわかる男のその気持ち。女性たちには残酷な言葉だが、男性にとっては彼女を心から愛している言葉である。(よくわかる)これが男の優しさなんだ!ということが。


忙し過ぎる男は彼女の幸せを願っている。だからあなたは幸せにならなくてはいけない。彼の優しさに従い次に行きましょう。これが男の願いでもある。




恋が終わったら誰しも苦しい。だけど苦しまないこと。「苦しいけど苦しまない」これを自分に言い聞かせ、苦しみを退治することである。


何故かと言うと、別れた女性が苦しんでいると男性は戻る気がしなくなるからだ。男性が戻りたいと思う女性は悲しみを乗り越えて悲しみから立ち直る女性である。不死鳥のように蘇り、キラキラ輝いている女性。こんな女性なら感動を持って寄り戻したいと思うのが男性である。


男性の冷酷な思いと女性に期待する思い。
最初の内は、女性らしく悲しんでも構わない。悲しいときはうんと泣こう。・・・だがいつまでも悲しんでいないこと。しばらく悲しんだら前に進むことである。いつまでも悲しんでいると苦しみが永遠に続く。あなたは永遠に続く苦しみから脱却しなくてはいけない。そうでないと彼に笑われるよ。男はいつまでも苦しんでいる女を笑うものだよ。「表面上は罪悪感を装っているが、内心は価値のない女と嘲笑っている」とてもショッキングな言葉だが、いつまでも苦しんでいる女は価値がないと男は本気で思っている。そう思われたら、「もうこの女とは一生ないな」という判断を下すしかない。可哀そうだけど仕方がない、この程度のことで立ち直れないようでは今後一緒にやっていけない。さあ!いつまでも価値のない苦しみの中にいないでそこから這い上がれ。いつまでも女のメソメソ部分に甘えるな!早く苦しみから立ち直れ!不死鳥のように蘇れ!君が前向きに明るくなったら僕は何度でも君にチャンスをあげるよ。男の未練はそのためにある。


不死鳥のように蘇る。そこに男性が尊敬する女性像がある。女性も挫折から蘇った男性を尊敬するだろう。それと同じ。男は仕事で、女は恋愛で、不死鳥のように蘇るべきである。




別れたら引きずらないで、あっさりと別れを受け入れること。
その後は復縁を望んではいけない。
これが究極の自分磨き。
あなたにこれができるだろうか?
これができたら、あなたは恋の達人だ。
全ての恋愛運を自分の手に引き寄せることができる。

別れ際に納得がいかないという女を男は嫌う。
最後に会って話してという女を男は嫌う。
別れを切り出した後から謝罪する女を男は嫌う。

男は、物わかりのいい女が好きだ。別れという、とても悲しいセンセーショナルな場面で、いかに女としてのプライドを保つか、男はそこを見ている。往生際の悪いすがりつく女は嫌いだし、後から謝罪して引き留めようとする女も嫌い、そして納得がいかないとウダウダ責めて復縁に頑張る女も嫌い。「別れは別れだ、そこには何の理由もない」と、あっさりと別れを認める女が好き。すがりつくより、別れを実感して泣いている女の方がまだいい。涙をいっぱいためて、その別れを必死に受け止めようとしている女は可愛い。別れの際に、後ろ髪がひかれる思いがする女は最高だ。これが別れの際に発揮する女のプライド。男は最後に女らしい姿を見たい、それが女と付き合った証拠だ。お願い、最後は感情的にならないでほしい。悲しい場面でも僕を癒してくれ。憎しみ、悲しみ、不平・不満などの愚痴は言わないでほしい。そのまま静かに別れさせてくれ。最後に僕を癒してくれ。黙って引き下がってくれ。僕を解放してくれ。……男が望む別れはこんな形である。

おそらく、男が望んでいる別れの形を女性たちは好まないだろう。あまりにも一方的な男の都合だからだ。だが、ここでは男の都合、女の都合を議論する場面ではない。自分にない都合を自分がどう理解するか、究極の自分磨きの場面だからだ。

女の都合に合わせば、男はこんな自分磨きをすればいい。
忙しいときほど彼女を大事にする、という自分磨きをすればいい。
彼女が悩んでいる時は、そばにいてあげて何時間でも彼女の話の相手をすればいい。
女性に愛の賛歌をくまなく伝えればいい。「僕は君が居てくれるだけで幸せだ」と、歯の浮くようなセリフを毎日繰り返し連呼すればいい。それが男の自分磨き。

女の自分磨きは?
それは、別れた時に発揮される。
別れた後、あなたが今後、どういう態度をとるかだ。
あなたの態度の取り方次第で、彼はあなたを深く愛するようになる。
そういう女になれる自分磨きがある。(詳しいことは占い館で、あなたにこっそり教える)

女は別れた時が本領発揮、あなたがどう変わるか見てみたい。
究極の女磨き、頑張ってください。




「女性より男性の方が未練がましい」これを聞いたことがあると思う。
私の長い経験でも事実そうであると思う。数千人の男性の鑑定結果でも男性の方が未練がましいということを日々感じている。失恋は女性たちばかりが悲しんでいるのではなく、男性も悲しんでいる。ひょっとすると女性以上に悲しんでいるのかもしれない。女性は次に行けばすっきりして元彼のことを忘れるが、男性は次に進んでもいつまでも元カノの想い出が胸の中にある。「もう一度出会えたのなら、もう二度とオマエを離さない」と心の中で叫んでいる。



(男性はフォルダー保存)、(女性は上書き保存)とネットで書かれているが、うまいネーミングをするな、「まったくその通りだ」と感心してしまう。「男性の未練はフォルダー保存」これをネーミングだけで終わらせるのではなく、何とか有効利用できないものかと沖川は考える。



どうやって有効利用しようか・・・

有効利用の前に、終わりの儀式を完璧にすることから始めよう。ヒステリックにすがりついた終わりはよくない。リングの貞子のような終わり方は「二度とこの女とは戻る気がしない」という恐怖心を抱く。終わりは「あなたの気持ちを尊重します」みたいないい女で終わってほしい。「怖い女で終わるか、いい女で終わるか」それによって未練の有効利用の成果が決まる。いい女で終わっておけば、男は未練を引きずりながらチャンスがあれば戻ろうとする。戻ったら「もう二度とオマエを離さない」なんて・・・心でつぶやきながら・・・。



「まずはいい女で終わること」これを目標にしよう。

いい女。「私は頭のいい女と呼んでいる」頭のいい女は、失敗する女性の感情を発動しない。オトコ心をよく知っているので、オトコをうまく操っている。操る最大の合い言葉は「オトコは放って置く」この意味をどの女性よりもよく知っている。だから危機に面した時ジタバタ慌てない。男を放っておけない女性はみな自爆して撃沈している。頭のいい女は放っておいても大丈夫な訓練をしっかり積んでいる。彼がネガティブになって落ちた時、「そっとしてあげながらも彼を信じる」彼が自信を取り戻すまで信じて待っている。失敗する女性は彼に疑いを持つだけで信じていない。彼が落ち込めば落ち込むほど疑いが増してくる。そしてとどめは自爆である。人はどちらも自分勝手。男は自分のことばかり考えて、女も自分のことばかり考えている。恋の危機の脱出方は危機に面した時、彼を信じて放っておけるかにかかっている。将来に不安を感じた女性感情で対抗しないことである。



さて、あなたは終わりの儀式を完璧にできましたか?この第一関門の試験をパスした女性のみが次の記事を読むことができます(笑)