ホーム > 月別アーカイブ: 2015年09月
千里 彩先生が川越モディにて2回目のイベントを行います。

9月12日~15日(4日間限定)
場所:川越モディ二階(ブライダルサロン隣)
時間:10時30分~20時
*料金:20分2000円~(延長10分1000円)
*総合鑑定は60分をお勧めいたします。
*お時間を指定されたい方、18時以降ご希望の方は予約をお勧めいたします。
*電話鑑定も承っております。
*9/12~9/15(川越モディ)以外の鑑定は完全予約制です。
皆様のご来場お待ちしています。

私(沖川)は9/14月曜日に顔を出して、彩先生の仕事を手伝いたいと思います。
時間は13時~15時ごろ伺いますので、川越モディで私の鑑定を希望する方は、どうぞお越しください。
皆様のご来場お待ちしています。


fc2blog_20150607105807866.jpg

川越モディ 
川越駅[東口]から徒歩約3分





私のところでは様々な悩みがあります。
私自身はどうかというと、私には悩みはありません(笑)しいて言えば、体力が以前より落ちたかな?くらいです。歳のせいかな、無理が効かなくなった、無理をするのはやめようと思っています。

私の仕事上、「私が悩んでどうする」これをモットーにしているので、私には悩みがありません。また悩んだところでどうすることもできない。どうすることもできないのが悩みだから、こんなのポイッと捨てればいい。捨てきれない悩みがあれば、うむ、しかたがない、やれるところまでトコトンやって、それでうまくいけばそれで良いし、それでもうまくいかなければ諦めればいい。捨てきれない悩みはトコトンやって諦める。これが一番良い解決法だと思います。

トコトンやれば以外とすっきりするものです。
すっきりしないのは、トコトンやっていないからです。
好きなものはトコトンやる。誰に反対されてもトコトンやる。バカじゃないの、アホじゃないの、頭がおかしくなったのと人に言われても、人の言葉に耳を貸さずトコトンやる。「好きなだけ、しつこく、トコトンやる」そうすれば自分が納得できる。

人は頑固でプライドが高い。人は自分が納得しないと気が済まない生き物。
ならば、好きなだけトコトンやればいい。

今の私は、悩みなんてくだらない、バカバカしいとさえ思っている。
なんで人は悩むの?バカバカしい。こんなものポイっと捨てて、新しいことを発見すればいいではないか。悩みの数だけ新しいことはある。いや悩み以上に新しいことの方が多い。無限大にある新しいこと。まだ見ぬ未知の世界。それを考えるだけでワクワクして悩みなど吹き飛んでしまう。悩みを吹き飛ばす方法は新しいことにチャレンジすること。未知の世界に自分の息吹を入れること、これによって過去の悩みは小さくなり、悩まない前向き人間になれる。




刹那主義(過去や将来のことを考えないで、ただ現在の 瞬間を充実させて生きればよいとする考え方。また、一時的な快楽を求めようとする考え方)

過去や未来のことを考えない。人は過去や未来のことを考え過ぎ。
現代の瞬間を充実させて生きる。今の瞬間をネガティブに生きたらもったいない。
一時的な快楽を求める。遊びも大切、自分へのご褒美も大切。

刹那主義とは「今さえよければ後はどうなってもいいと思うこと」いいかげんな生き方のように思えるが、本来の意味は「一瞬一瞬を大事に生きる」という意味。いい意味での刹那主義を大切にしたいですね。

「いい意味での刹那主義」この言葉、私にピッタリです(笑)。おそらく皆さんにもピッタリだと思います。

今さえよければ後はどうなってもいい。
まあたまにはいいか、その生き方も。変に真面目ぶるより、たまにハメをはずすのもいいことだ。童心に戻って楽しいときは楽しいと叫ぼう。海を見れば「キャ~海だ!」と叫んでスキップしながら海を向かって走ろう。綺麗な花を見れば「ワ~綺麗!」と叫びながら花の香りを味わおう。美味しい料理を食べれば「うま~い」と叫んで美味を堪能しよう。童心に戻ってはしゃぐ。できればそうしたいが、いい歳なのでそれはできない。その代わり渋く味わっている、感動しながら。今さえよければ後はどうなってもいい。その意味は一瞬一瞬を大切に生きること。今こうしてブログを書いている瞬間も刹那主義、一瞬一瞬を大事に生きながら書いている。

過去や未来のことを考えない方法は、自分に暇を与えないこと。暇があると人間はロクでもない考えを持つからです。目的を持って一日を生きる。そして頑張った自分に褒美を与える。そうすれば毎日のルーチンワークも楽しくなります。





道理にかなった生き方によって、幸せを手にすることができる。「幸福とは才能なり」幸せになる才能は道理にかなった生き方をすることで芽生えて来る。その場かぎりの楽しみは、一時的な楽しみは得られるかもしれないが、長い目で見れば苦しむことにもなり、自滅にもつながる。望むものを手に入れたいのなら、長期的なものの見方が重要となる。

難解な問題が現在起きているとすれば、低レベルの感情で右往左往するのでなく、理性を働かせて長いスパンで問題解決に努めること。

「諦めたら終わり」という言葉は、低レベルの感情物語ではない。長期的にみた理性の長い物語を指している。思い通りにいかないことで悩み、その場かぎりのイライラと憂鬱な苦しみの感情では何も解決できない。そして幸せになれない。ものごとを解決して幸せになるには低レベルの感情をコントロールし、理性を効かした長期的なスパンで物事に対処するべきである。それができれば、最後まで諦めない精神が宿る。

諦めない精神は、心の金縛りを解き、悪条件に耐える根気と努力によって、理想を現実に変えることができる精神のことをいう。

頭の使い方で人の心は変わる。
あなたも頭を使って、今のダメな感情を変えよう。
さあ!頭を使って、理性を働かせて、今起きている問題をどうする?
「頭の使い方で心は変わる」道理にかなった生き方を心がけてください。


自己の衝動や感情を制御する「自制心」の強さが、将来の大きな成功を納めるには必要不可欠です。目先の衝動を抑え、欲求を先延ばしにできる人が、経済的にも様々な業績においても成功する確率が高いと言われています。

自制心は恋愛においても大切です。
自制心の強い人は相手との関係が良くなり、自制心の弱い人は相手との関係が悪くなる。愛は「満たされない欲求」がたくさんある。「愛とは満たされないもの」それを知ることで自制心は強化できます。満たされないことを覚えるのも大事であり、満たされないからこそ、葛藤や期待を楽しめる忍耐力が備わってくるのです。

恋愛においても自制心のない人はたくさんいます。
浮気や不倫は自制心のなさの典型的な例です。
自制心がないから浮気をする。自制心がないから不倫をする。自制心のない人の言いわけはどれも同じ「好きになってしまった…」「愛してしまった…」過ちを「好きだ、愛だ」と正当化している。好きならなんでも許されるわけではない。愛があればなんでも許されるわけではない。それはただ単に自制心がないだけ。いくら「好きだ、愛だ」といっても、自制心のない愛は、いつか、必ず、どんなにあがいても、間違いなく終わる。そのことは本人も気づいている。自制心がないこの愛は惨めな結果になることをうすうすは勘づいている。この愛はきっとうまくいかない。この愛はいつか終わる。酷く悲しく、酷く苦しく、酷く虚しく、酷い罪悪感と酷い後悔で終わる。当事者はそのことに誰より気づいている。だが終わりにしたくない。終わるのは嫌だ。せっかく好きになった人と終わりたくない。たとえこの先にどんな辛いことが待っていても、たとえそこが地獄の果てでも、こうなった行くとこまで行くしかない。自制心のない欲望は果てしない。葛藤しながらも愛を手放そうとしない。だが末路は…とても残念な結果となる。ただ残念な結果だけに終わればいいが、下手をすると人生そのものを台無しにしてしまう。

自制心の強さが成功の基なのに、それに気づいていない。いや解っていても、欲望を抑えられない。自制心のない人はいつもそうやって失敗ばかりを繰り返している。

人は誘惑に負けやすい生き物。一度誘惑に負けてしまえば、雪崩のように欲望が襲いかかる。今まで築いた自制心もあっという間に崩壊してしまう。浮気はいけない、不倫はいけない、この人と付き合ったら不幸になるとわかっていても、相手から熱心な誘惑に、断っても断っても、相手の必要以上の熱心なアポローチにやがて根負けして落ちてしまう。落ちたら最後、後は地獄が待っているだけ。人は一度誘惑に負けたら最後、自制心は雪崩のように崩れ落ちてしまう。



自制心の強い人は誘惑には負けない。間違った相手が何回誘惑しても断る。100回誘惑しようが、何年誘惑しようが、一生断り続ける。


自制心の強い人は、自分というものを持っているので誘惑には負けない。浅はかな誘惑より、自分を律する強い自制心が備わっている。成功した人の多くは、自制心が並外れて強い。それは言うまでもないと思う。あなたも強い自制心を備えてください。



皆様に新刊のお知らせをご案内致します。
タイトル、この「すれ違い」をなくせば、彼に本気で愛される。
サブタイトル、(連絡の回数、相手への想い、将来のこと、etc.)
大和出版、2015年10月15日発売予定

今年の秋に、
沖川の11作目の本を発売することになりました。
皆様が幸せになれるように、精魂込めて書き上げました。
この本を読めば、「男性の心理」が手に取るようにわかります。
男性が何を考えているのか、何を求めているのか、男性の考えや求めに対して女性は何をどうすればいいか、男と女の矛盾点を鮮明に解説してすれ違いをなくす。この本には「すれ違いをなくす方法」が満載にあります。すれ違いをなくす方法はブログでも書きましたが、ブログは前段のみの解説で、本の中身はもっと濃いものになっています。肝心なものはブログでは書いていません。目から鱗が出る解説は本に集約しています。ブログと本を合わせて読んで頂ければ、より深く男性の心理がわかるようになると思います。

あなたの恋愛が授受するために沖川が精魂込めて書き上げた本、
この「すれ違い」をなくせば、彼に本気で愛される。
よろしくお願い申し上げます。




人は人を高く評価し過ぎて失望することが多い。失望するのは他人に依存しているから。他人に依存すれば、それだけその人の欠点が見えるようになる。自立していれば他人に依存することがなくなり、他人の悪いところを引き出さなくてすむようになる。

人の性格が変わることはほとんどない。「いつかは変わってくれるのでは…」と高い期待を寄せて頑張っても無駄なこと、人の性格は変わらない。

「人の性格は変わらない」と強く自分に言い聞かせ、性格が悪い人とはこれ以上付き合わないこと、そして早く縁を切ること。友達でもそうだが、とくに恋人や結婚相手を選ぶ場合は、誠実で忍耐力が強く、礼儀正しく親切で自制心を持っている普通の価値基準で相手を選んだ方がいい。その方が間違いないし、その方が間違いなく幸せになれる。ラブ❤だけで選ぶと性格の悪い人を選ぶことにもなる。最初はトキメキでも、性格は後から必ずついてくる。そして性格は直らない。いくら愛していても、愛だけでは性格を直すことはできない。「いつかは変わってくれるのでは」と奮闘努力している女性をたくさん見かけるが、ボロボロの努力のわりには成果が出ていない。むしろ状況は悪化している。

そんなに愛を失うのが恐いのかい。
それじゃ幸せになれないよ。
早く自立することだね。

不幸になる人はその見極めができていない。好きな人を高く評価し過ぎて失望している。依存し過ぎて欠点ばかりを見ている。そこにいつまでもいないで、早くそこから脱出すること、そして早く自立することです。



人間関係においては何でも許す。そんな人間になりたい。この仕事をしていて、月日を重ねるごとに、だんだんとそう思うようになりました。許す心を持てばすべてが解決する。今の私はこれが一番の解決方法だと思っています。


彼・彼女が音信不通にした。彼・彼女が裏切った。彼・彼女に嘘をつかれた。彼・彼女に騙された。彼・彼女に別れを告げられた。そんなケースは日常茶飯事。もし、私がこのようなケースに巻き込まれたらどうするか?私なら許しちゃいますね。許すことで被害を最小限度に抑えることができて、許さないから被害が拡大する、そのことを学んでいるからです。この学びは歳を重ねて学んだものではありません。年寄りでも卑屈な人はたくさんいます。多くの人が年齢と共に成長するわけではありません。中には後退するものもいます。後退して偏屈になった年寄りはたくさんいます。私は人を許す心を歳をとってから学んだのではなく、鑑定に訪れる多くの人から学びました。何万という人間関係の苦難から、「人は人を許すべき」ということを皆さんの体験から学ぶことができました。この仕事を通して一番成長したのは私自身かもしれません。




「時の流れのままに」歌の文句ではないが、こんな感覚で生きていきたい。過去にも未来にも拘らず、ありのままの今日を生きる。できるだけ楽しく充実して生きる。毎日繰り返される仕事を苦痛だと思わず、単調な暮らしがつまらないと思わず、恋人とうまくいっていないことで嘆かず、恋人がいないことで嘆かず、独身であることに嘆かず、結婚できないことに嘆かず、このままでは将来が不安だと思わず、今の一瞬一瞬を大切に生きる。過去を考えず、未来を考えず、過去妄想と未来妄想を捨てて、目の前にある今日やらなければならないことに集中する。考えることは一個でいい、過去も未来も含めて考えることがたくさんあると精神が崩壊してしまう。だから考えることは一個でいい。今日のことだけを考えよう。


皆さんは考え過ぎ。
人間とは、何て欲張りだ、そして何て愚かだ。
将来のことばかりを考え過ぎて病んでいる。
いつ自分は結婚できるの?
いつ自分は成功して金持ちになれるの?
いつ自分は?いつ自分は?…
小さなものから大きなものまで、いつ自分は手に入るの?

結婚でも、家庭でも、マイホームでも、車でも、海外旅行でも、洋服でも、手に入れば幸せになれると思っている。でもそれは一瞬だけの幸せ。手に入ったくらいで幸せの継続はできない。幸せの継続は、今日という日をいかに大切にするかによって継続できる。一瞬の喜びより今日をいかに大切に生きるかである。結婚して家庭を持てば幸せになれる。マイホームを持てば幸せになれる。その幸せはチャレンジする幸せであり、全員が幸せになれるわけではない。結婚後の苦労も並大抵ではないし、マイホームのローンと35年も戦わなければならない。未来の幸せは手に入った瞬間だけが幸せで、幸せの継続には苦労が不可欠となる。結婚しても離婚しては意味がない。マイホームを買ってもローンが払えなければ意味がない。ダメになる理由はそれぞれあるが、理由はどうあれ、チャレンジに失敗しただけである。未来の夢はみなチャレンジ。チャレンジに勝つためには、いかに今を大切に生きるかだ。いつ自分は幸せになれるか?未来の妄想だけをしている人は、必ず失敗する。なぜなら今日を大切に生きていないからだ。まだ来ぬ未来に、まだかまだかと、妄想ばかり抱いては失敗する。今日から過去の妄想と未来の妄想に浸らないこと。考えるのは今日のことだけ考えよう。今日一日何をするか、そこに焦点をあて集中しよう。その積み重ねが、未来のチャレンジを我がものにできる。今日という日は未来にチャレンジできる素質を創るべきであって、あれやこれやと未来を考えるものではない。