ホーム > 月別アーカイブ: 2015年10月
恋の最初は男からのアプローチ、でも女は警戒する。
恋の終盤は女からのアプローチ、でも男は警戒する。

付き合う前、「彼のテンションが高かった」「彼のアプローチが凄かった」というお話はよく聞く。それに対して女性は、「彼のことに興味がないので冷たくあしらった」「タイプではないので、NOと断り続けた」という内容が多い。

恋の初めは男からのアプローチ、でも女は警戒する。警戒して冷たくあしらい、NOと断り続ける。でも、男の執拗な根性のあるアプローチによって、毎日何通もの熱心なメールの嵐によって、女は陥落し、彼のことが好きだというスイッチが入る。初めの女の警戒心は強い。男はそれをどう乗り越えるかだ。「押して押して押しまくれ!嫌われるほど押しまくれ」そうすれば女は陥落する。警戒心の高い女ほど押しに弱い、だから頑張れ、根性見せろ。


恋の終盤は女からのアプローチ、でも男は警戒する。恋は終わりに近づいた、あとは彼と結婚するのみ。その頃に男の警戒心が強まる。「背負うものが大きいと警戒する」この根性無し!最初の勢いはどこに行った!男のくせに情けないほどプレッシャーに弱いな(がっかり…)「男なら最後まで責任取れよ」と言いたい。だが言っても無駄か、これが現代の男たちの現状だからだ。

さて…こんな時代にどうするか?
プレッシャーに弱い男たちに、女たちはどんな態度で臨むべきか?

1、結婚するまでネコをかぶった方がいい?
その手が有効だが、だが最後までネコをかぶり続ける女を見たことない。いつも途中で化けの皮が剥がれてトラになっている。「ネコからトラに変身するのはまだ早い」と言っても、最近の女子はすぐにトラになってしまう。世の中に可愛いネコをかぶり続ける女が少なくなったのか?それとも女がいつまでもネコをかぶり続けるに値しない男たちが多くなったのか?男と女は小さな戦争を起こし、いつもいがみ合って、ぶつかってばかりいる、双方がワガママになってきたのかな?「ネコかぶり」も相当な根性がいる。ネコかぶりはとても有効、有効だが、これを最後まで貫き通せるのは、男の心理を知りつくした、本当に頭のいい女しかできないだろう。
2、耐えしのんで待った方がいい?
待つことも大切。耐えることも大切。最近の子はワガママになって忍耐力がない。いつも「どうして女ばかりが我慢しなければいけないの!」「女にはタイムリミットがあるのよ、いつまでも待てないわ!」と文句ばかりをいう。しょうがないだろう、ボンクラの男と付き合っているのはあなたなのだから。それが嫌だったらボンクラな男とは別れて責任の取れる男と付き合えばいい。それができないのなら待つしかない。「プレッシャーに弱い男なら待ってあげるのが常識」今の時代は10年遅れている。男の成長を待つ、これも有効な手段。恋をすれば女たちはせっかちになるが、男の成長が追いついていない。まして今の時代はそうだ、10年遅れている。男は10年遅れているのに、女は10年進んでいる。じゃ女はどうすればいいの?この場合は、「おしん(30年以上前のNHKの大河ドラマ)」になることだ。古き女の根性を見せろ!かな。ちなみに私はおしんが好きである(笑)私は男だが、おしんの根性物語は私と相通じるものがある、だから好き。忍耐力を身につける良い訓練だと思って「おしん」になろう。「耐えしのんで待つ?なんで私がそこまで耐えなければいけないの?」君の今はそういう役目なんだよ。だから君はボンクラの男と付き合っている。神様は君に足りないものを与えるんだ(君には忍耐力がないとね…)

3、思い切ってマルチな女になることかな?
今の時代はそれが一番有効かもしれない。時代はどんどん進んでいる。古き恩恵も大切だが、最先端の恋愛テクニックも大切。古い方法がいいと思う方は、1、2を実践すればいい。「わたし、もう待てないの!」という方は3のマルチな女になればいい。あるいは1、2、3の方法全部使ってもいい。それこそマルチだ。


君に足りないものを補うことができれば、
すべてがチャンスになる。
恋の最初は男からのアプローチ、でも女は警戒する。
恋の終盤は女からのアプローチ、でも男は警戒する。
それらの裏には、すべてチャンスが隠されている。



男と女は性格が違う。もちろん性格は個人によって違うが、ここで言いたいのは「男と女の違い」つまり愛における違い、愛の捉え方、愛の優先順位、愛の価値観、愛のタイミングとバランス、男と女の愛の性差の違いを意味している。

女性が男性と付き合えば男という生き物はわからない。男性が女性と付き合えば女という生き物はわからない。わからないから、男は男の考え方で、女は女の考え方で、判断してしまい、うまくいかない物語を作っている。性差の違いを理解すれば悩まなくていいのに、男と女は人類が誕生して以来、ずっとそのことで悩んでいる。人間はやはり自分勝手だ、すべてが自分の考えのもとで行動している。だから、相手とのタイミングとバランスが崩れてしまい、男女は行き違いを起こすのである。男は仕事が忙しいと仕事のことしか考えない。女は愛が忙しいと愛のことしか考えない。男は仕事が上手くいっていないと朝から晩まで仕事のことで悩み、女は愛が上手くいっていないと朝から晩まで愛のことで悩む、双方とも人としてバランスが崩れている。男は「もっと僕の仕事のことを理解して欲しい」といい、女は「もっと私のことを大切にして欲しい」という。双方の利害関係が一致していない。どちらも自分勝手だ、だからうまくいかない。

女から見れば自分勝手な男。
だが、チャンスは自分勝手な男の部分に隠されている。
自分勝手な男の部分にチャンスがある?
この部分はどこでも明かしていない。
あなただけに教える沖川の特別授業。
男の自分勝手な部分のどこにチャンスが隠されているのか?
それは多くの失敗例を見ればわかる。

チャンスを捕まえるのは心の準備が必要なのに、自分勝手な男たちに振り回されて心の準備ができていない女性が多い。女の気持ちをないがしろにしている男にイライラし、怒りを持っている女性にはチャンスをものにする心の準備ができない。不安・心配・悲しみの世界にいるネガティブな女性にはチャンスをものにする心の準備ができない。他に女がいるのでは?と男を強く疑って不信感を持っている女性にはチャンスをものにする心の準備ができない。つまり心が消極的だからチャンスをものにするころができない。チャンスを捕まえるには、心は常に積極的でなければならない。チャンスは一瞬、心が積極的でないとチャンスは捕まえることができない。心を積極的にして、チャンスを捕まえる心の準備が必要。それを皆さんは今日から実践することです。心は常に積極的に。

チャンスは一瞬。ばかばかしいほど、チャンスは一瞬に訪れる。その例題を次から述べよう。そして、なぜ女性たちがチャンスをものにできなかったのか?なぜ失敗したのか?それも詳しく解説しよう。世界初の沖川の個人授業。明日からレッスン1を開催する。授業に遅れないように。今日は悩まないで早く寝なさい。授業は明日から。




本日はお休みで、今度移転する店舗のポスター貼り。
午前中かけて、窓の看板とポスターができました。
この写真は移転した後の道案内として使います。

11/15までは現在の占い館で営業しますので、お間違いないようにお願いします。

移転は11月20日です。

DSC_0430 (640x427)

東武東上線の川越駅、改札口を出たら西口へ進んでください。

DSC_0546 (640x427)

西口の歩道橋を突き当りまで歩いてください。

DSC_0557 (640x427)

歩道橋の突き当りを左に曲がると「川越占い館」が見えてきます。(駅から1分、すぐです)

DSC_0553 (640x427)

歩道橋を降りましたら、三光建設西口支店の左わきのドア(引き戸になっています)から中にお入りください。

DSC_0561 (640x427)

らせん階段を3階まで上がってください(エレベーターはありません)

DSC_0567 (640x427)

新川越占い館の店内です。

DSC_0563 (640x427) (2)

外から見るとこんな感じです。


窓にポスターを貼るのに半日かかりました。
歳かな?ちょっと腰が痛い(笑)
でも大丈夫、本人は楽しんでやっているから。
アイデアが湧いてきて、意外と面白い。

新店舗への移転は11月20日ですが、窓に貼ってあるポスターは見ることができます。
今の占い館へ来る途中に見えますから、是非ご覧ください。新店舗の位置が確認できると思います。





チャンスは一度、その気になればなんとかなる。
だから、あまり心配しなくていい。

人生において、不安や心配はつきものだが、心配したから不安になったからっと言ってどうにかなるものではない。どうにかなるにはチャンスが来た時だ。千載一遇のチャンスは誰にでも来る、それを見逃さないこと。

「チャンスは一度、逃しはしない」その心意気で日々を過ごすこと、そうすればチャンスは訪れる。チャンスが来たとき、「なんとかなる」という真の意味がじわじわとわかってくるだろう。チャンスに向かっている人間は日々充実している。丹念に物事に集中して様々な問題を解決している。潜在意識は活性化し、顕在意識は理性を取り戻し、一日も休まず目の前にあるチャンスをしっかり捕えている。その時の人間はフォローの風が吹き、「なんとかなる!やってやる!」という心意気に燃えている。そうなればチャンスは我がものにできる。


チャンスを呼び込むには、ポジティブでなければならない。ネガティブな人間にはチャンスは訪れない。たとえチャンスが訪れたとしても、ネガティブに人間はチャンスを見逃して後悔するのが関の山。「いつも後から後悔」そればかりを繰り返している。

チャンスを呼び込むには真面目でなければいけない。怠け者にはチャンスは訪れない。たとえチャンスが訪れたとしても、怠けてチャンスを見逃してしまう。そして怠けている自分を責め、堕落した生活に身を置いて、自虐的な人間となる。


チャンスを呼び込むには自立していなければならない。自立していない人にはチャンスをものにできない。人に依存し、人に甘えているばかりの人間は、チャンスが訪れたとき、あえて反対のことをしてしまう。肝心なとき、躊躇してひねくれてしまうのが自立していない人の性格。自立していない人は、チャンスを逃しても、再びチャンスが訪れると思っている。「甘い!」肝心なチャンスは一度きり、そう何度も来ない。次のチャンスが訪れるのは数年後、チャンスはオリンピックに1回しか来ないと思っていい。だからチャンスをものにするためには自立が必要。



お客様のキャンセルの場合
キャンセルは前日までに、ブログ「恋愛日記のコメント欄に「名前・日付・時間」を記載してキャンセルを申し出てください。当日キャンセルは料金が発生します。また、当日キャンセルでも、病気や身内の不幸があった場合はキャンセル料を頂きません。

沖川がキャンセルする場合
めったにありませんが、沖川自身の不可抗力・不慮の事故『体調不良・病気・身内の不幸』等で、予約を頂いたお客様にキャンセルする場合がございます。その場合は、極力予約を頂いたお客様にご連絡を申し上げますが、連絡ができない場合、また休みが長期になる場合、ブログ「恋愛日記」にて、その旨をお伝えします。予約をしたお客様は常に恋愛日記をマークするようお願い申し上げます。今まで14年間病気もせず、一日も休まず、今日まで来たのですが、これからはわかりません。予測不能の事態がいつ起こるかわかりませんので、事前にご報告させて頂きます。


今まで一週間ごとの予約でしたが、来月から1カ月先までの予約を受付ける予定です。予約が長期にわたり、人数も膨大になるので、「キャンセルについて」の記事を書かせて頂きました。

予約の受付時間も、今までは金曜日のお昼(変な時間。私の都合で申し訳ない)にしていましたが、これからは(火・水・木・金)の朝になります。朝の8時30分から9時は、平均的な会社員の出勤時間、出勤前に予約を取って頂くというシステムに変更します。おそらく予約が殺到すると思いますので、今後それをどうコントロールするかです。まずはやってみて、不備があれば、修正を加えて変更したいと思います。皆さんの御意見があれば、お聞かせください。







男性の見極め方のポントは一つ。それは仕事が安定しているかどうか?たったこれだけです。イケメンだとか、優しいとか、カッコいいとか、性格がいいとか、趣味が合うとか、母性愛をくすぐるとか、運命を感じるとか、そんなのあまり重要ではありません。男性の選び方は仕事が安定しているかどうかです。不幸になる恋愛の大半は仕事が不安定な男性との付き合いです。

私の長年の鑑定でも「女の幸せは男によって決まる」たくさんの事例から私はそう言い切れます。女の幸せは男によって決まる。それだけ男性選びは重要ということです。

私が推奨する男性選びを簡単に言うと、電卓を持って計算して良い数字がでたらニヤリと好きになることです(笑)あなたが日本という国で平均並みか平均以上の真っ当な暮らしがしたいのなら傍らに電卓を持って彼の経済能力を計算してみることです。

男性の選び方を数字で持って判断したいと思います。(数字=お金)数字を忌み嫌う女性も多いと思いますが、宇宙の原理は数字でできているのです。数字が生きる基本、数字をもっと大切に扱い、数字をもっと愛し、数字の原理をもっと深く理解しましょう。数字は幸福の天秤を計る物差しです。人が生きて行く上で数字は欠かせないのです。



皆様にお知らせがあります。
沖川の予約の受付時間を来月より変更します。
今までは毎週金曜日の12時15分から予約を受付けていたのですが、来月からは朝に予約を受付けることにします。

予約は、(火・水・金・土)の朝、8時30分~9時にて受付けます。
月・木・日は予約の受付はお休みとします。


新体制の予約受付は、11/3(火)8時30分からスタートします。その後は(火・水・金・土)の朝8時30分から9時に予約を受付けます。10月いっぱいは今まで通りとさせて頂きます。

予約は一カ月先まで埋まったら一度ストップし、調整を図りながら受付けていきたいと考えています。予約の受付をを止める際は、その都度ブログで御案内します。(これからは、「予約はいついつまで」という指定はしません。一か月以内なら、どこでも取れるようにしたいと考えています。)



続きまして、
11/20より、営業時間を変更します。
今までの13時~21時を→11時から20時に変更します。
11/20より、川越占い館は駅前で開業します。それに合わせて営業時間を変更します。新しい移転先は、11月初めにブログで御案内します。


移転に伴いまして、予約の受付時間と営業時間を変更致しますので、皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。



古巣に戻るのをやめて、前へ進んだ結果、元カレと復縁できたという話は実に多い。まさかと思うくらい多い。復縁を目指している人より復縁率は高いのではないでしょうか。「復縁をあきらめて、前に進んだ人の方が復縁できるチャンスが巡ってくる」そう断言してもいいくらいです。復縁で苦労している女性たちからすればその話を「そんなバカな?」と疑うかもしれませんが、実はこれが最も早く復縁できる方法なのです。「復縁したかったら早く新しい彼氏をつくれ」これは嘘ではありません。ただし復縁ができたのはある条件があったからです。その条件とは?「本物」という条件です。本物とは?元カレの愛が本物だったからです。元カレの愛が本物だったから復縁ができたのです。逆に本物でないと復縁はできていません。復縁するために元カレに頑張ろうが、新しい人を見つけて元カレにその気にさせようが、元カレの愛が本物でないと復縁はできないということです。


元カレの愛が本物であるかどうかを知るには、復縁を目指して頑張っている最中にはわかりません。女性が復縁を目指して頑張っている最中の元カレは、相手にしないで逃げているか、一線を引いて友達のようにしているか、ひどい場合は復縁を目指している女を舐めているか、どちらにしても本物とは言えません。時々会えるからといって、元カレに気持ちを伝えても「その気はない」と断れるのが関の山です。中途半端で苦しい状態のときには本物の愛はないのです。元カレの気持ちが本物かどうかを確かめるには危機を与えるしかありません。新しいライバルを作って、危機を与えてこそ、元カレの本心が見えてくるのです。ところが女性の皆さんは、新しい人を作ったら元カレに嫌われるし新しい人にも失礼だ。また元カレは私に新しい人ができても見向きもしない、節操がない女と思われてかえって嫌われる、そんなことをしたら私が後から後悔するだけ。こんな女性特有のマイナス発想ばかりです。そこまで偽物をかばいたいのならどうぞお好きなように。後で本物でないと幸せにはなれないと気づくまで頑張ってください。イヤミかもしれませんが、残念ながらそうやって割れたガラスコップの修復作業をする女性たちが後を断ちません。でもそのやり方では、時間がかかる割にはほとんどが復縁できていないのが現状なのです。その現状をそろそろ打破しませんか?あなたに勇気があれば打破できます。あなたには勇気がありますか?それとも勇気が無く現状に甘えながら旧態依然のやり方で頑張りますか?元カレはあなたの貞操を自分の都合のいいように使っているだけです「白黒はっきりしないで買い殺しをしながら」いつまでもはっきりしない現状にいてはなりません。はっきりさせることです、あなたの未来を、はっきりさせることです、あなたが幸せになる姿をはっきりさせることです。そのために前に進んで新しい人を見つけてください。元カレとの復縁は前に進んでいる通過点にあるだけです。本物であれば、元カレがあなたのパートナーになれるし、偽物であれば新しい人があなたのパートナーになれます。女性は本来前向思考のはずです。それが女性の本来の姿です。未来に進んで新しいパートナーを見つけて復縁率を上げてください。




この「すれ違い」をなくせば、彼に本気で愛される。

只今書店にて発売中です。


私の10年以上に及ぶ鑑定記録から、男と女のすれ違いを網羅して抽出したのが今回の作品となります。男と女のすれ違いは多岐にわたり、性差によって男女の思考が異なる以上全てのすれ違いをなくすのは困難なことかもしれません。だが、諦めたら終わりです。望むものを手に入れるには、長期的なものの見かたが重要となります。最後まで諦めず、根気と努力によって理想を現実に変えてください。長期的なものの見かたで、「頭を働かせば人生は楽しくなる」参考書として本書を使って頂ければ幸いです。


道理にかなった生き方によって望むものが手に入る。
幸福とは才能なり、頭の使い方次第で心も変わります。心の金縛りを解いて、悪条件に耐える発想の転換を図って、限りある考えの中で最高の対処方法を見つけてください。そうすれば、相手も自分も周囲も幸福にできる人間になれます。疑いから自由になり、憎しみから自由になり、嫉妬心から自由になり、罪悪感から自由になれば、心に余裕が生まれ、道理にかなった生き方ができるようになります。

すれ違いをなくし彼に本気で愛されるためには、状況打開の柔軟思考が必要となる。
どうでもいいと思ったら成長は止まってしまいます。諦めたら終わりです。逃げれば毎日が虚しく過ぎていきます。イライラする心を調教し、何事にも動じないユーモアのセンスを磨き、思考は常に柔軟にすることです。頭が固いと何事もうまくいきません。自分の心を味方につけて頭は常に柔らかくしておくことです。心の重荷の原因を探っていけば客観的事実の下での対処法が見つかります。対処法が見つかったら、躊躇しないですぐに実行することです。相手の顔色ばかり見ないで、相手の態度や言動にビビらないで、自分が正しいと思ったら積極的にすぐに実行することです。心を積極的にすれば何事も解決できます。解決できないのは心が消極的だからです。すれ違いをなくし彼に本気で愛されるためには、状況打開の柔軟思考が必要となります。あなたはこの本を通して十分な柔軟思考の知識を得ました。後は彼とのす違いの場面でこの知識を存分に発揮することです。あなたが積極的になって、ここで得た知識を発揮すれば、彼とのすれ違いはなくなります。すれ違いがなくなれば、彼はあなたを一生愛し続けるでしょう。

okikawa_cover_obi (443x640)

書店にない場合は、アマゾンでも販売しています。







移転のための準備に追われて、ブログのことをすっかり忘れていた。
いけね~いけね~。ブログを書く時間が、記事を投稿する時間がない(汗)

男ってこういうもの。何かに夢中になると、それしか頭に入らない。
まるで君の彼氏みたい。何かに夢中になって、何かに忙しくなると、すっかり彼女のことを忘れてしまう。悪気があってではなく、仕方がなくそうしている。頭はひとつにことしかできない男は、夢中になるものがあれば、一日中そればかりに夢中になる。頭が悪いくらいにそればかりに夢中になる。

でも、君のことを忘れたわけではない。
私もブログのことを忘れたわけではない。
ただ、今は、順位が下がっただけ。
いずれ順位は戻る。トップに。

潜在意識では君がトップだ!
でも、今は、
男としてやらなければいけないことがたくさんある。

男はバカだ!潜在意識では彼女がトップなのに、顕在意識の優先順位にいつも振り回されている。私も潜在意識ではブログがトップなのに、顕在意識の優先順位に振り回されている。


顕在意識と潜在意識は、「海に浮かんだ氷山」にたとえられる。水面から突き出して いる部分が顕在意識、水面下に隠れている部分が潜在意識。潜在意識の占める 部分の方が圧倒的に大きく、全体の約9割を占め、しかもその部分は当の本人にも はっきりわかっていない。氷山の一角ばかりに目が捉われ、大事なものを忘れている。

いけね~いけね~、目をさまさなければいけない。
だから、こうしてブログを今日も書く。
だが、中身が薄い。
しかたがない、時間がなく、ついついやっつけ作業となってしまったから…。
感動する記事を書くのは、魂が入らないと書けない。魂を取り戻すまで、もう少しの辛抱だ。