ホーム > 月別アーカイブ: 2016年07月
最終試験に合格するまで気を緩めないこと。

男選びを間違えれば不幸になり、男選びが正しければ幸福になる。

ひとつ目の提案だが、本気で好きになるのを遅らせたらどうだろう。本気で好きになるのは結婚式が終わってからと決める。それまではいつ別れてもいい覚悟で付き合うこと。最終試験にパスしたものを本気で好きになる。これを何と言うか、これをオーデションという。

二つ目は婚活を就活にすること。結婚とは永久就職先を探す行動。だから就活だ。婚活は甘い、就活にするから真剣になる。今年中に仕事を見つけないと来年から餓死する。そのくらい必死になって永久就職先を探すこと。恋愛が非正規雇用で結婚が正規雇用。アルバイトをするのか、それとも一生保証される正社員になるのかと言われると、誰もが一生保証される正社員を目指すはずだ。就活は最初からアルバイトでいいという人は数少ないと思う。だけど、婚活となると、みんながみんな、意図も簡単に最初から恋愛(アルバイト)でスタートしている。そして半年後には見事に振られて不採用となっている。

女の幸せは男の選び方で決まる。
男選びを間違えれば不幸になり、男選びが正しければ幸福になる。
就活とオーデションを取り入れれば、男選びのミスは防げる。どちらも最終試験に合格しないと成就しないからだ。

本気で好きになるのは、最終試験(オーデション)に合格したとき。
本気で好きになるのは、一生保証される正社員になったとき。
それまでは本気で好きにならないこと。最終試験に合格するまで、正社員になるまで気を緩めないこと。

女子の欠点は好きになること。
頭の中はいつも好きか嫌いかで判断している。
最終試験にまだ合格していないのに、好きになることばかりが先行してしまうと、狂って自爆してしまうよ。男にとって綺麗で美しい神秘的な得物は簡単に落ちてはいけない。落ちれば、その時点で冷める。もう価値のない獲物となってしまう。女子の悲しい恋愛は、いつも好きというスイッチが入ったとき。このスイッチは最終試験に合格するまでONにしてはならない。


男選びのコツは積極的に生きること。積極的に生きていればいい男に出会える。消極的に生きていれば変な男に捕まる。積極的に生きていればいい男が見つかり、消極的に生きていれば変な男に捕まる。これが男選びのコツ。

消極的に生きないことだ。
自分で自分をダメだと思わないこと。自分を信じ、自分を愛し、自分を大切にして積極的に生きること。たとえ嫌なことに遭遇しても、落ち込まないで、いつか良くなると信じて前へ進むことだ。嫌なことは忘れて前へ進む、過去は忘れて前へ進む、これが積極的な生き方だ。

男選びのコツはあなた自身。
あなたが積極的か消極的かで選ぶ男性も違ってくる。
一生を通して安定した幸せを手に入れたいのなら、積極的に生きることだ。
「心を積極的に」これが生き方のコツ。



男選びは条件、それに尽きる。
男選びは、愛だの、恋だの、好きな気持ちだの、というロマンで選んではいけない。ロマンも大切だが、やはり男は最終的には条件で選ぶべきである。

好きな気持ちというロマンは最初のテストに過ぎない。好きなタイプ、嫌いなタイプは、最初の反射神経的な好みである。人にはそれぞれ好みがあり、好みぴったりの人は好きになり、好みでない人は嫌いになる。イケメンが好きという女性もいれば、美人が好きという男性もいる。容姿より、中身の方が大切だという人もいるだろう。外見を重視する人もいれば、中身を重視する人もいて、 外見と中身と両方を重視する人もいるだろう。いずれにしてもそれは最初の好みという反射神経的なテストに過ぎない。問題は後から出て来る条件だ。

条件は後から出て来る。
好きになったあと、条件は後から出てくる。
後から…こんなはずではなかった…こんな男だと思わなかった。この男と一緒になったら苦労が多い、この男とは幸せになれない、という悪い条件が出てきたとき、あなたはどうしますか?最初のテストより後からのテスト(条件)の方が大切。好きだという一時的なラブロマンスは最悪な条件を迎えたときに間違いなく崩壊する。あとは、好きになってしまったがゆえに後悔しか残らない。「最終テストは条件」あなたの好みがそれに合格するかだ。合格する答えは、後から条件が違ったら、その男とは別れるべき。

男選びの条件とはなにか?
それはお金。しつこいようだが、「愛であるお金」をそれなりに永続的に確保できる男かどうか、それが男選びの条件。最近の沖川は、お金お金とばかり言っているが、お金がすべてではないと反論する人も当然いると思います。人を愛する気持ちや心を高く評価して、素直で純粋で、とてもロマンチックな乙女心を持っている人だと思います。学校でも社会でも、お金に汚れてはいけない、清廉潔白な無償の愛を貫きなさいと教わって来たと思います。そうやって生きていければどんなに幸せなことか、私自身もそう思います。だが現実は違うのです。現実は清廉潔白な乙女たちが汚されている。金を稼げない男たちの手によって汚されている。その数は何万人。何万という事実を観てきた私だからこそ言える。男選びはお金だと。お金は愛なんだ!と言える。

愛は一時的なものではない、愛は永遠でなければならない。永遠の愛を持続されるには一生暮らしていけるお金がどうしても必要。生きている間、ずっと困らない生活を維持できてこそ人は幸福になれる。結婚して50年持つ経済力。それが彼にあるか、それが男選びの条件。一時期の気休な愛より、長く永遠に、金を稼ぐ力を持っている男を選ぶべきである。


一時期の気休な愛より、長く永遠に、金を稼ぐ力を持っている男なら、乙女のロマンスは間違いなく成就する。人を愛する気持ちや心を高く評価して、素直で純粋で、とてもロマンチックな乙女心はその男によって報われる。なぜならその力を持った男はとてもロマンチックだからだ。金に窮屈な金ケチな男にロマンなど無い。生きていくのに精一杯でロマンを楽しむ余裕がないからだ。

その愛を確保する男は、心身共に健康である。誠実と常識を兼ね備えている。法律を守り、ルールを守り、人と調和のとれた社会性を身につけている。日本を代表する平均的な男なら、みなその素質を持っている。そういう男を見つけるべきである。


愛とは同情かもしれません。お金がなくても人は同情で人を愛せる。私が愛=お金といくら言っても、愛はお金で買えないと反発する。見返りを求めない無償の愛こそが本物の愛と信じているのだろう。

見返りを求めない無償の愛。お金がなくても愛さえあれば生きていける。住む場所なくても、ご飯を食べなくても、洋服が買えなくても、スマホが買えなくても、文化的な生活は一切できなくても、私は愛する人と逞しく生きていく。彼がお金を稼げないのなら私が稼げばいい、私が働いて彼を守る、それが私の愛だ。お金がなくても愛さえあれば大丈夫という究極の愛は、そういうことを言うのだろう。

お金がなくても、愛があればなんとか生きていける。餓死しない程度に雑草を食べていくとか、1食を100円程度で済ますとか、家賃・光熱費、保険、年金、生活雑貨、食事代、すべての生活費をいれて月10万円以下なら日本でもなんとか生活することができるだろう。ただし贅沢は禁止となるが。

二人で月10万円以下の生活。
うむ理想だ。
お金を稼げない男には理想だ。
日本で、年収100万円以下で生活ができれば最高かもしれない。
年収100万円以下なら1日4~5時間を月15日間程度働ければいい。パート程度の仕事で生活ができればとても楽だ。毎日朝から晩まで(12時間から15時間)働く必要もない。仕事に対する責任もないので、肉体的にも精神的にも健康でいられる。それでいいという女性がいれば、是非そういう女性と結婚したい。月10万円以下の生活を上手にやりくりできる女性がいれば、それは男の理想だ。

男の人生には景気の良い人生と景気の悪い人生がある。その両方を私は経験している。景気の悪い人生は会社を辞めたとき(自己都合の退職とリストラの経験もある)つまり月三十万円あった給料が明日から0になる最悪の人生。それはもう言葉では言い表せない地獄の苦しみ、最悪に景気の悪い人生だった。そのとき、こう思った、月10万円以下で生活できる女性がいればどんなに楽かと。無人島で暮らしてもいい、ジャングルで暮らしてもいい、文化的な生活などなくてもいい、とにかく無理しないで楽に暮らしたい。挫折した男はみなそういうことを考える。もう嫌だ!あんな仕事づけの人生は、とてもしんどい、その世界にいる自分はブラックだ。とても人間らしい生活ではない。働け!こらー働け!サボるなこら!遊びたいとか思うなこら、怠け者め!働け!働け!会社も上司も女房も子供も住宅ローンも自分に働け!働け!とプレッシャーをかける。そのとき、どの男も思う。ああ~この世界から逃げたい、解放されて自由になりたいと。

その世界に長くいる男は長く停滞する挫折の中にいる。
私の場合、運よくその世界に長くいなかった。職を辞してもすぐに勤めた。過去に3回転職したことがあるが、次の仕事はどれも一カ月以内で探した。暗い顔して職安に通うのが嫌だったからだ。新しい仕事が前職の給料の半分なら二つの仕事をかけ持った。二足の草鞋を7年間続けたこともある。なぜそれができたか?それは小学校から働いていたからだ。小学校から働いたという実績が根情を養った。もしその根情がなかったなら、私もダメ男になっていたかもしれない。

だからダメ男の気持ちもわかる。
お金を稼ぐこととは大変なことだから。

愛があればお金がなくても生きていける。
是非、そういう女性と結婚したい。
月10万円以下で結婚できる女性は最高の女だ、本心でそう思う。
でも現実世界ではそれは無理。
日本人は文化的な生活を手放せないからだ。

ここで男選びのポイントは、
「根情」
男の人生には3度大きな挫折がある。人生の岐路と言われている3度の大きな挫折。それはどの人にも必ずといっていいほどやってくる。挫折に苛まされたとき、挫折を乗り越えられる男か、それとも挫折を乗り越えられず負け組になる男か、そこを見極めることである。



男の愛のバロメーターとはなにか?
この際だから、正直に白状しよう。
これから、タブーを打ち破る記事をどんどん書いていきたいと思う。
男の価値はお金。そして男の愛はお金。
この女にいくら金を使ったか?
使った金額によって、男の愛のバロメーターが分かる。

日本人男性の生涯賃金は2億5000万円と言われている。その約半分、1億以上使った女性がその男が一番愛した女性となる。愛を貨幣価値で表わすのはおぞましい、などと思わなくていい、愛は電卓で持って制するべし。愛の貨幣価値を計算ができないということは、愛の重大な欠点を見逃していることになる。

さあ!電卓を持って、愛の価値を図ろう。
彼はあなたにいくらお金を使いましたか?
電卓をはじいてください。
これが彼の愛です。
計算してみた結果、分かりましたか?彼の愛が?
分からない?
分からなければしかたがない、とても嫌な例ですが、具体的な例を示してみましょう。具体的な嫌な例とは男の浮気です。女性たちが最も嫌がる男の浮気、彼は浮気女とあなたにどれだけお金を使ったか電卓ではじいてみることです。あなたに多く使いましたか?それとも浮気女に多く使いましたか?それによって男の愛のバロメーターが分かります。

ここに結婚10年の夫婦がいます。
夫三七歳、妻三五歳、夫婦には9歳と5歳の子供がいます。
夫の年収は600万円、妻はパートで年収100万円。合計700万円となります。
結婚10年目にして夫が浮気をしました。夫の浮気が発覚して1年になります。なぜ浮気が分かったかというと、今の時代は携帯を見ればすぐに分かります。夫の財布をチェックすれば飲食店、ホテルなどの領収書がわんさかわんさか出てきます。夫は浮気女と高級レストランで2万円の食事をしていました。私とは一度も行ったことがない高級レストランです。そして沖縄へ二泊三日の不倫旅行、旅行費用は12万円。ボーナスを誤魔化して浮気女との旅費に充てていることもわかりました。私は夫の浮気が許せません。離婚も考えています。

夫の浮気が許せないから、離婚をしたい。
こんな相談が何千件と来ている。
夫の浮気が許せない=離婚という相談が。

確かに男の浮気は許せない。
だが、電卓をはじくと、夫の浮気=離婚でいいのか?ここは考え直した方がいいという結論に至る。


私は質問する。
夫は浮気相手の女性に1年間でいくら使いましたか?
1年間で50万円ですか?100万円ですか?多く見積もって100万円だとしましょう。それから夫はあなたに10年間でいくら使いましたか?あなたと自分を含めた子供たちの生活費に10年間で5000万円以上使っていませんか?極端に分けると浮気相手に100万円、あなたに5000万円です。はい、夫はどちらを愛していますか?単純に計算してみてください。

それから離婚となると、あなたは1億円損しますよ、1億円稼げますか?稼げるのなら離婚しても構いません。夫は37歳、定年を65歳として、残り28年働けば、退職金と年金を合わせて2億円以上の資産価値が夫にはあります。あなたはその半分の1億円を離婚によって手放すことになります。離婚すれば夫と代わりになる再婚相手を見つけるか、自分で働いて稼ぐしかありません。あなたは今から1億円稼げますか?これが離婚の条件です。

こうして電卓をはじくと、おぞましい結論になります。計算がおぞましくても、これが事実でこれが現実です。男女の物語は、感情だけで判断してはならないということです。愛の価値をお金で判断する。この考え方が間違っているのかもしれません。でも現実はその考えが正しいのではないでしょうか。

悪い男の言いわけを続けます。
浮気相手に100万円使った?はぁ~???君には3億円使っただろ。どちらの愛が上か君にもそれがわかるだろう。これが男の言い分です。
男の愛のバロメーターはこの女にいくら使ったかです。恋愛感情的な愛は失せても、長く永遠に生涯を通して、この女にお金をいくら使ったかです。長年連れ添った妻に何億円と使う、これが男の愛の姿です。この記事は顰蹙があっても構いません。今はタブーを打ち破る記事を書いているからです。



この世に男として生まれた以上、それは男としてお金(愛)を稼ぐこと。男はそれに尽きる。それがなかったら男ではない。「古いオヤジがふざけたことをほざくな」と言われても、「古いがポンコツではない」(ターミネーター:ジェニシスでアーノルド・シュワルツェネッガーが言った言葉)「古いがポンコツではない」言っているのは真実だ。男がこの世に生まれた基本を当たり前のように言っているだけ。社会がどうのこうの、経済がどうのこうの、今は昔と違うの、どうのこうの、金を稼げない理由をゴタゴタ並べても仕方がない。それは逃げている男の言い分に過ぎない。男なら必要な金は手に入れろ、それが黄金律だ。

「必要な金は手に入れろ、それが黄金律だ」それを持たない男が多い。
だから彼女とのデート代を割り勘にする。
黄金律を持っている男からすれば、
「はあ~割り勘?」
「なにそれ?」
「貴様!それでも男か?」
「男の風上にも置けない」
ポンコツでない古い男の割り勘を軽蔑する言葉が並ぶ。

まして女から金を借りる男は…。
「アホ」
としかいいようがない。
女から金を借りる男は擁護する言葉は何もない。
ただ、男失格だなと軽蔑するだけ。

黄金律を持っていないね。
男はね、割り勘、女から金を借りる、というケチ臭いことをいうより黄金律を作ることだ。必要な金は手に入る仕事の実力さえつけば、こんなケチな真似はしなくてよくなる。男失格から、愛の基本を手に入れた優れた男になれる。

必要なお金は手に入る、黄金律を持っている男の見極め方。
1、割り勘にしない。2、女から金を借りない。
この2つを実行していれば、彼は黄金律を持っている。

ケチと節約は違う。
ケチ臭い男は彼女を作るが、節約する男は彼女を作らない。彼女を作るときは黄金律を手に入れてからと決めている。そうでなければ、男としてかっこ悪い。また彼女に迷惑をかける。今は彼女を作るより、黄金律を手に入れる方が優先。選ぶならそういう男だ。



いくら「好きだの、愛しているの」と言っても金のない男は価値がない。

この世に男として生まれた以上、それはお金を稼ぐこと。この方程式しか男にはない、それ以外のものはない。これは誤解でも偏見でも差別でもない。逆にこれを偏見だ!差別だ!といっているうちは男を観る目がないといっていい。男の見方を勘違いしていると、後から後悔することになる。勘違いと誤解はしないように。この世に男として生まれた以上、それはお金を稼ぐこと。この方程式しか男にはない。


男の価値はお金。
お金とは愛である。
人類はお金という貨幣ができたからこそ人を愛するようになった。一部の金の亡者がお金を汚している部分もあるが、本来のお金の使い道は、人間が人間らしく誇り高く生きるためのもの。お金のなかったブツブツ交換の時代は殺し合いや戦争が多かった。人を信用することなく、人の命は動物以下に扱った。お金という貨幣ができて、初めて人は人を信用するようになった。今までは身内や家族、同じグループ内の信頼関係はあったが、別のグループ、他国や異国との信頼はなかった。お金ができて初めて人間は国境を越えて人を信用するようになった。縄張り意識の強かった動物が、初めて人間になった瞬間である。お金とは信用。つまりお金とは愛である。その愛は稼ぐために男たちは日夜働く。これが本来の男の姿。男の価値はお金である。


その愛を稼げない男は男ではない。金を稼げない男は、ヒモかニートかパラサイト(寄生虫)か、いずれにしても愛はない。言葉でいくら愛をほのめかしても、その愛は詐欺以外何でもない。愛の詐欺師にひっかからないように。男の愛は働いて働いてお金を稼ぐこと。そこに真実の愛がある。男の愛は言葉ではない、男の愛は行動、朝から晩まで血のにじむような努力をして、働いて働いて愛を稼ぐために行動するのが男の愛である。

男の価値はお金。
いくら「好きだの、愛しているの」と言っても金のない男は価値がない。



次はこのテーマで行きたいと思う。
「男の選び方」男の価値はどこで判断するべきか。


●男の価値はお金。
いくら「好きだの、愛しているの」と言っても金のない男は価値がない。

●女の幸せは男の選び方で決まる。
男選びを間違えれば不幸になり、男選びが正しければ幸福になる。

●男運のない女。
「私って男運がない」そう言っている女は確かに男運が悪い。

●若いときはワイルドな男が好きで構わないが、大人になったら誠実な男を好きになること。
若いときは刺激とトキメキでいいが、大人になったら誠実な人の良さを発見すること。


●母性愛は男選びを狂わす元凶。
母性をくすぐる男の大半は女を振り回している、母性愛は労多くして報われない。


ざっとこんな感じかな。
新たにテーマが見つかれば、書いている途中で増やしていきたいと思う。男の選び方のテーマ。さてどうなることやら。

「私って男運がない」という人あれば、今までどんな人と付き合ったのか?もしよろしければコメントください。これからの参考にしていきたいと思います。


これから述べる項目は100%断言できるものではありません。沈黙タイプか沈黙してはダメなタイプか、二者択一で分けなさいとなって分けただけです。100%断言はできませんが、半分以上は当たっていると解釈して頂ければ助かります。沈黙タイプか沈黙してはダメなタイプかの判断は、やはり経緯と状況判断が一番大切です。どんな経緯で、どんな状況でこうなったのか?また二人の性格や能力は?二人の相性や運性は?二人にまつわる社会的な状況(仕事や家族、その他の人間関係)はどうなっているのか?ありとあらゆる角度から音信不通の原因を探り、詳しく分析して判断するのが妥当だと思うからです。

これから述べる九星別の「沈黙タイプと沈黙してはダメなタイプ」の判断は、100%は断言できないが、半分以上は当たっている(ひょっとしたら80%以上かも)と理解してお読みください。九星の特徴を加味して沈黙タイプと沈黙してはダメなタイプに枝分けする作業はとても大変です。おそらく世界初の試みではないでしょうか。ここまでくると、本にしてもいいと思うくらいです。いつか本にするつもりで、その練習台として執筆していきたいと思います。


九星別の「沈黙タイプと沈黙してはダメなタイプ」を書いていきます。
まず、九星の早見表をご覧ください。


一白水星 (水を基調にした性質) 協調性があり、しっかりしている。
1999、1990、1981、1972、1963、1954年生まれ

二黒土星 (土を基調にした性質) 慎重で温和、力強さがある
1998、1989、1980、1971、1962、1953年生まれ

三碧木星 (木を基調にした性質) 若くてエネルギッシュ、行動力ある。
1997、1988、1979、1970、1961、1952年生まれ

四緑木星 (木を基調にした性質) 知的、常識を重んじる。
1996、1987、1978、1969、1960、1951年生まれ

五黄土星 (土を基調にした性質) 正義感が強く、義理人情を重んじる。
1995年、1986年、1977年、1968年、1959年生まれ

六白金星 (金を基調にした性質) 目標に向かってコツコツ努力。
1994、1985,1976、1967,1958年生まれ

七赤金星 (金を基調にした性質) 陽気で明るく頭の回転が速い。
1993,1984、1975,1966,1957年生まれ

八白土星 (土を基調にした性質) 慎重派で非社交的。野心と努力型。
2001、1992、1983、1974、1965、1956年生まれ

九紫火星 (火を基調にした性質) 情熱的で理想主義、気まぐれな面も。
(2000、1991、1982、1973、1964、1955年生まれ)

九星学では節分(2月3日)を年の変わり目としています。
1月Ⅰ日~2月2日に生まれた人は前の年の影響を受けます。
たとえば、1989年1月30日生まれは、1988年の影響が強く三碧木星となります。



九紫火星は両方のタイプ。

沈黙していいか沈黙してダメかは状況によって異なる。九紫火星は九星の中で最も女性を振り回すタイプ。火の性質を持つ彼は熱しやすく冷めやすい、この特徴が女性を翻弄する。火が燃えているときの彼は情熱的でこれでもかというロマンを注ぐが、冷えが消えた彼は、え?ここまで冷たいのという態度を見せる。八白土星は亭主関白のオレ様だが、九紫火星は餓鬼大将のオレ様。彼の子供じみた行動に母性愛を主とする女性は付き合っている間はずっと振り回される。いつまで経っても安楽の地がない、波乱万丈の恋愛が続く。永遠に恋愛をしたい女性にはもってこいの相手、なにせ彼は恋愛の申し子で女性たちを安心させないからだ。ドラマのようなトラブル続きの波乱万丈の恋愛が収録され、あなたの恋愛史に刻まれることだろう。

火の性質を持つ九紫火星は天才が多い。天才の代表はイチロー。イチローの野球に対する情熱は火の性質からきている。情熱家の九紫火星は、これだというものに情熱を傾ければ天才まで飛躍するが、その情熱を女に向けたら浮気NO1の星となる。バカと天才は紙一重、これが九紫火星の特徴。かたや天才、かたやバカ、人々を感動に導いたり、たくさんの女を泣かしたり、めちゃくちゃなところがあるが、なぜか憎めない。九紫火星が起こす恋愛トラブルは大変だが、なぜか面白い。当事者は大変かもしれないが、「また~九紫火星か」と、私は苦笑いを浮かべながら相談者の話を聞いている。

九紫火星の音信不通は、3の数字で攻略すること。
3カ月沈黙、3カ月行動、そして3カ月沈黙、3カ月行動。1年を3カ月ごとに区切って、計4回の沈黙と行動を繰り返すこと。そうすれば彼の性格に合致する。火は3カ月燃えたら3カ月消える。また火がついて3カ月燃えて3カ月消える。熱しやすく冷めやすい彼の性質に合わせていけば、彼の本能と合致する、それが九紫火星の攻略法。

バカと天才と両方の性質を持っている九紫火星と付き合うのは「腐れ縁」になること。燃えたり冷めたり、燃えたり冷めたり、このパターンについていき、再開するたびに女性の能力が上がっていけば本命の彼女となれる。熱しやすく冷めやすい彼の性格は飽きっぽい。彼女が前のままだとつまらない女だと愚弄(女をバカに)する。彼は嫌なことをはっきり言う性格なので、かなりの女性たちが傷つく。彼の罵声によって再起不能の精神状態まで追い込まれた女性も多い。それでは負け。それでは本命になれない。本命になるには、彼の愚弄に対して、強く前向きな言葉を言える女性になること。それができれば彼は彼女を認め、彼女を尊敬し、オレにはこの女しかいないと本命にする。それから長きに渡る腐れ縁状態の恋愛ができるようになる。腐れ縁はよくないと思われるかもしれないが、九紫火星は腐れ縁にするのが一番良い方法。燃えたり冷めたりの腐れ縁を繰り返すことで成就するからだ。