ホーム > 月別アーカイブ: 2016年11月
運の悪い人はタイミングの悪い習慣を持っています。

タイミングが悪い最大の原因は考え過ぎによるものです。

人は考える生き物ですが、考え過ぎはいけません。過ぎたる考えは身を滅ぼすだけです。

多くの人が考え過ぎによってタイミングを悪くしています。
なぜ考え過ぎるとタイミングが悪くなるのでしょうか?それはなにも決められないからです。考えるだけ考えてなにも決断しない、これがタイミングを悪くする人の最大の特徴です。なにも決められないタイミングの悪い習慣を持っている人は運が悪くなるのはしごく当然のことなのです。決められない私、あなたに身に覚えありませんか?



ここへきて私は、手相にて「結婚」の目標設定をみんなに推奨し始めている。

「結婚」・・・「ずばり結婚が目標である」
これは多くの女性が望んでいる夢である。

愛情線のラインを読み取り、目標を立てる。

ラインの形状は人それぞれである。

キレイなラインで間違いなく結婚を保障するラインもあれば、切れ切れで危なっかしいラインもある。もともとキレイで間違いなく結婚を保障するラインは少ない。10人に一人くらいだろう。あなたの結婚時期はいつと判定するラインのほとんどは切れ切れで危なっかしいラインである。

8割は完成している、後2割は努力が必要というのが大半の人の現状である。一箇所か二箇所切れているのだ。その切れている箇所を繋ぐのが本人の努力となる。

それでも、「あなたは何歳に結婚する」という目標ができる。

目標がなければ何も始まらない!


優柔不断で曖昧な人には、目標が必要である。


目標がないから、小さな恋愛の葛藤で右往左往する。


目標(ゴール)までたどり着くには山あり谷ありは人生で当たり前なのである。その一つ目の山のふもとでみんな立ち往生している。前に進む勇気を怠り足踏みしている状態なのである。

足踏み状態とは、彼からメールが来ないと悩んだり嘆いている状態のことだ。


目標があれば苦しい状態もガマンして忍耐強く待つことができる。苦しい時の忍耐は明日に続くこやしなのに、みんな耐え切れなくて自爆している。後一日、後一歩ガマンすれば望みが近づくことがあるのに、忍耐がないためにみんな後悔しているのである。


そうならないために私は、「結婚の日」の目標を決めることにした。もちろん何年の何月何日を決めるのはお客さんである。私はあなたが結婚できるのは、何歳!というだけである。こんな感じである。


28歳の女性、誕生日5月3日。

「あなたの結婚は30歳」

そこで、紙に書く。

2008年
4月
5月(29歳)
6月
7月 7/15復縁
8月
9月
10月
11月
12月 12/24プロポーズの日
2009年
1月 元旦双方の親への挨拶
2月 2/14結納
3月
4月
5月(30歳)
6月 6/15(結婚式)お客さんが決めた結婚の日。
7月
8月
9月
10月
11月
12月
という具合である。

まず結婚式の日を決める。これがゴールである。これで計画というラインができた。点ではなく線である。線、道がないと人々は優柔不断の心で道をはずしてしまう。計画がないと人は後ろに下がったり横道へそれてしまうものだ。ずばり結婚の日を決めることで、進むべき道が決まる。

曖昧な人は、いつか結婚できるだろうという考えのみで生きている。その考えには一貫性がなく、逃げ道を作っているだけである。まず逃げ道を防がなくてはならない。

逃げ道は計画を断行することで防ぐことできる。その最初の計画が「結婚の日」を決めることである。

後は結婚式の前日まで、その日を毎日顕在意識で唱えることである。毎日繰り返し唱えて潜在意識にインプットしていこう。それが習慣になれば、後の細かい作業は潜在意識が段取りしてくれるのである。



「人生のすべてはタイミングで決まる」本当にそうだと思います。

世の中にはトントン拍子に上手くいく人がいれば、何をやっても上手くいかない人がいます。前者は運の良い人、後者は運の悪い人になります。では、なぜ運の良い人と悪い人がいるのでしょうか?この道15年、5万人以上の鑑定をこなしてきた私の経験から言わせていただきますと、運の悪い人は「タイミングが悪い」という結論になります。タイミングの悪い人は、何をやっても良い結果になりません。本人は一生懸命努力をしているのですが、努力の割に報われることがありません。なぜ報われないか?それはタイミングが悪いからです。タイミングが悪くて運が悪くなる。この問題は、本人がタイミングの悪さを改めて認識し、生きていくためにはタイミングがとても大切だということを強く認識しない限り改善できないと思います。


運の良い人はタイミングの良い習慣を持っています。あなたもタイミングの良い習慣を身につけて運の良い人になってください。そのために、今日から認識することです。「人生のすべてはタイミングで決まる」と強く認識することです。日常生活のことあるごとに、「タイミング、タイミング、タイミングがとても大切、何をさておいてもタイミンを一番の優先事項にする」という考えを持つことです。そうすれば、タイミングを優先させる前向きな生活習慣が身につきます。タイミングは考え方ひとつで身につくものです。私には無理、私にはできない、と弱気にならないで、今日からタイミングを一番の優先事項にする人間に生まれ変わってください。そのためには認識することです。心深く、常にこの言葉を唱えて下さい、「人生のすべてはタイミングで決まる」と。




仕事や人間関係で大きな悩みを抱えた女性は、恋人である彼氏にくどいほどのストレスをぶつける。

毎日嫌になるほどの愚痴をこぼされた彼氏は、彼女のことを煙たがり避けようとする。話を最後まで聞いてくれない彼氏に「なぜ私の話を聞いてくれないの!あなたは私の恋人でしょ、恋人なら私の話を最後まで聞くのが彼氏の役目ではないの!」と噛みつく。男脳は疲れたら体を休ますことで疲れがとれると考え、女脳は疲れたら好きな人と話すことで疲れがとれると考える。この両者の違いが、やがて大きな喧嘩となり別れ話に発展することがあります。

その危機を避けるためには、彼にあまり多くのストレスをぶつけないことです。できれば、あなた自身のストレスはあなた自身で解決することです。恋愛期間中は、自身のストレスは彼をあてにしない。彼も彼女のストレスに対してなにもしない。ストレスの多い社会で二人の関係にはストレスがない。この関係こそが、将来結ばれる二人となります。



やっと第一章を書きあげることができました。
今、二章目に入っています。
これって早いの遅いの?
まあまあのペースだと思います。
締め切りは来年の2月、間に合うと思います。

無理はしないペースで進めていますが、その代わりこちらのブログが手薄となりました。
現時点では、情熱のある記事はここでは書けません。
情熱はすべて本の執筆の方へ持っていっているからです。
過去の記事には、情熱のある記事がたっぷりあるので、しばらくの間過去の記事をお読みください。

あなたの気になることは、恋愛日記の検索エンジンをかけると、大体の答えは見つかると思います。
なにせここには恋愛にまつわることは何でも書いてあるからです。
10年以上に渡って、男と女の恋愛心理をまとめた愛の名作劇場ともいえるブログ。
単なる恋愛だけでなく、人生の指針としても使えるブログ。
恋愛書をビジネス書にしたブログ。
現代の悩みをリアルに実況中継したブログ。
ここには私の思いがたくさん詰まっています。

しばらくは過去のブログをお読みください。
現在は本の出版に力を注いでいます。



男性のストレスは概ね仕事によるものが多いです。一日12時間以上働き、土日などの休みの日も会社に出勤している男性は大きなストレスを抱えているといって間違いないでしょう。

人間には限界があり、限界を超える仕事に従事している人はもはや人間の尊厳を失い、理性も失っています。大きなストレスを抱えた男性は恋人である彼女に会いたがろうとしません。連絡も断ち、恋愛を休もうとします。恋愛は余裕のあるとき、理性のあるときと決めているからです。

月の残業時間が80時間を超えたあたりで人は理性を失い鬱状態になります。理性を失った人の特徴は常識がなくなることです。「あんないい人がなぜ音信不通にするの?」「これって人としてどうなの?」という常識が通用しなくなります。理性を失うほど仕事に追い込まれているからです。あなたの彼氏がそんな状態なら、あなたはなにもしないで彼氏を休ませてあげることです。

間違っても「なんで連絡くれないの?」「なぜ会ってくれないの?」という連絡をしてはいけません。また苦しみのあまり自爆などしないでください。理性を失った相手に白黒は通用しません。こういう場合は放置することです。なにもしないことが強力な武器になります。

男性の仕事は男性に任せるしかありません。彼がいつこのブラック状態から抜け出せることができるのか、彼の能力に任せるしかありません。あなたは彼の能力を信じて待つか、彼の能力に疑いがあるのなら期限を決めて待つか、そのどちらかに決めてください。

なにもしないということは強力な武器になりますが、理性を働かさないと武器にはなりません。彼の仕事が忙しく、彼に放置されたあなたがいかに理性を働かせるかです。




恋人と別れた場合、
こう考えて下さい。
「これで、やっと普段の生活に戻れる」と。

普段の生活はいいですよ。
自分の習慣で、自分のペースで暮らせる。
ほっとする我が家みたいな感じ。
ここにくつろぎと安らぎがある。
この生活がとても幸せ。
忘れていた。
普段の生活がいいことを忘れていた。

恋人と別れたら旅行から帰って来た気分でいることです。
恋愛は刺激のある旅行みたいなものです。
知らない土地に旅する。
知らない男性と出会い恋に落ちる。
刺激とロマンスは、3~6カ月の一シーズンで終わる。
終わったら家に帰って、また普段の生活が始まる。
あなたの居場所はここしかない。
この場所を大切にすることだね。
普段の生活に勝るものはない。

普段の生活に飽きたら、
また旅に出よう。
また恋をしよう。
そして、また普段の生活に戻ろう。

恋とは悩み多きもの。
相手のことばかり考えていると、普段の生活に支障が出る。
さあ、解放してあげなさい。
自分も相手も。
そしてまた、普段の生活に戻る。
その方が幸せだ。








付き合っている彼に結婚をお願いする場合、小出しであなたの希望を彼の潜在意識に埋め込もう。


やり方はこうです。

彼のご機嫌がいいとき、あなたの結婚したい旨を明るくご機嫌よく伝えるのです。そのときの彼の反応が否定的でもあなたは動じないでください。男性は結婚に対してプレッシャーを感じ否定的になることはよくあることです。


否定的になったら、その話はすぐにやめて、別の話題に切り替えましょう。彼の否定的な言葉に怒って感情的にならないようにしてください。


あなたは彼の頭に結婚したい希望の第一歩を植え付けたのです。彼が否定的になろうと、彼がプレッシャーを感じて卑屈になろうと、あなたは明るく自分の希望を彼に言いました。それでいいのです。あなたが彼に伝えた行動は、彼の潜在意識に自分の希望を埋め込むという作戦の第一歩です。反対と否定は最初から計算済み、予定通りなのです。


男性はときどき刺激を与えないと行動に移さない生き物です。慢性的に仕事などで忙しい男性は、恋愛においては面倒臭がり屋で「このままでいいや」と思っているふしがあります。「彼女とはずっとこのままの関係で行こう」と男脳は勝手にそう決めています。このままダラダラ付き合っても、彼は結婚する気はないでしょう。だからその男脳に刺激を与える必要があるのです。


多くの女性は、その刺激の与え方を間違っています。

間違った方法で刺激を与えるから破綻になるのです。


その間違った方法とは、

「白黒決着」で勝負に出るからです。男脳を知らないから過ちを犯すのです。白黒決着は男のプライドから言って、男には通用しないのです。「白黒決着は男性には通用しない」まずこのことをあなたの頭にインプットしましょう。



なかなか結婚したがらない彼に、多くの女性がイライラをつのらせ、ストレスをためていきます。このままじゃラチがあかない。そしてストレスをためたまま「白黒」の勝負に出ます。しかも彼が疲れてご機嫌の悪い時に勝負に出ることが不思議と多いのです。眉間にしわを寄せて暗い顔で「今後どうするつもりなの・・・私と結婚する気があるの!」と彼に言ったとします。・・・・彼の答えは「今、結婚は無理」もっと悪い言葉で言えば「オレは結婚する気がない」という答えが返ってきます。その彼の言葉を聞いた女性は頭が真っ暗になり、長年のストレスが爆発し、とんでもない状態に陥ります。そして感情的な言い争いの末、二人の愛はこの日で破綻します。この繰り返し、このパターンの相談を私は何千人と受けています。状況や設定は違うとしても、男女の別れはよく酷似しているのです。



こういったパターンの別れは、もうそろそろ回避しましょう。このブログを読んでいる女性たちが知恵をつけることです。いいですか!男性には白黒決着は通用しないのです。曖昧かと思うかもしれませんが、小出しで自分の希望を伝えることです。この小出し作戦に磨きをかけるのが、これからの時代を生き抜く女性の知恵です。



指輪のおまじない。

3_main.jpg
あなたの薬指に合う指輪と鏡を用意しましょう。なかったら早速今日にでも買いに行ってください。用意ができたら、次の1~4の順で暗示を行ってください。題して指輪のおまじないです。

1、命令暗示法。二人称の暗示(手鏡を用意する)

自分と鏡の中の自分、これが二人称である。鏡の中に写った自分の顔の眉間あたりに向かって次の言葉を言う。「私は○○年○月○日に結婚する」と命令する。決して「神様結婚させてください」とお願いしてはならない。お願いは人に頼ったりする依存心を植えつける元となり、潜在意識は他人事には正しく動かない、その結果願いが叶わない。あくまで自己責任で自分に命令する、これが命令暗示法である。自己の責任で自分に毎日強く命令することにより、その願いや考えが宇宙の力、潜在意識に段々と反映され、細かい段取りを潜在意識がとってくれる。そして潜在意識は、あなたがその日に結婚するための今日一日の心構えを訓示してくれる。目標とした結婚の日まで、あなたは充実した日々の務めを果たすだけである。

2、指輪の暗示法。 (指輪のおなじない)
結婚指輪を用意する(イミテーションでよい)
あなたは自分の婚式をイメージしながら指輪をはめる。指輪の交換で彼に指輪をはめてもらっているところを幸せいっぱいにイメージする。

3、結婚式のイメージ暗示法。

さあ!自分の結婚式をイメージしよう。式場は教会がいいのか神社がいいのか、あなたが望む式場をイメージしてください。その日に参列する自分の両親、兄弟、親戚、友達、彼の親族友達。みんなが祝福している姿をイメージしましょう。毎日イメージすれば、そのシーンが映像のようにあなたの潜在意識に写しだされるでしょう。そうしてイメージされた映像は、当日まったく同じものとなります。(マーフィー博士の談)
さあ、指輪をはめながら、結婚式をイメージしながらあなたはリラックスして眠りにつきましょう。

4、断定暗示法。
朝目が覚めたら、まだ外界と接しないうちに暗示をする。指輪を確認しながら「私は結婚した!」と断定しよう。

この四つの暗示を毎日繰り返しましょう。結婚式の前日まで。



人生は一度しかない、思うように生きなさい。

恋をしてもいい。
君は恋をすれば全力でするだろう。
全力で恋をしても思うようにはいかない。
なぜ思うようにいかないか?相手も思うように生きているからだ。
君のペースには合わさない、僕は僕のペースで生きていきいく。
だから思うようにいかない。
思うように生きたいけど思うようにいかない。思うようにいかないのは恋愛だけではなく、人生の全てがそうなっている。人の活動や営みに人間関係がある以上思うようにいかない。ビジネスでも学習でも、趣味やスポーツでも、娯楽や遊びでも、相手がいる以上思うようにいかない。

思うようにいかせるためには、相手を取り込むこと。
恋愛なら相手を虜にすること。
なのに…君は、相手に夢中になり、相手の虜になっている。
逃げる相手を必死に追いかけている。
相手を虜にしなければいけないのに、相手の虜になってどうする。
最初は彼が私のこと好きだった。私の虜になり私に夢中だった。
それがどうした。
今の様はなんだ。
君が彼の虜になっているではないか。
思うようにいかないのは、そのせいだ。

思うようにいきなさい。
そのためにはプライドを取り戻すこと。
女としての自分のプライドを取り戻すこと。
女は男を虜にしてナンボ。
自然界のメスたちはみなそうしている。
逃げるオスは追いかけない。
自分に関心のない興味のないオスは相手にしない。
言いよって来るオスたちを、一次審査、二次審査とテストを繰り返し、合格したものを最終選考会にかける。そして、その中から選別して、いい子孫を残せる相手を選ぶ。思うように生きるには、自然界の掟に従うこと。これが女のプライド。