ホーム > 月別アーカイブ: 2017年09月
遅いのは悪。
それによって、彼女はよそにいった。

彼女がよそへ行った理由は、
僕の仕事が忙しくて、彼女を放ったらかしにしていたから。
それが理由らしい。

彼女を待たせているのは悪いと思っていた。
だが、仕事が忙しくて・忙しくて、それどころではなかった。

ちょうどその頃の僕はやりがいのある仕事に携わっていた。チャンスに恵まれず、仕事運が悪かった僕にやっと巡ってきたチャンス。このチャンスは逃したくない。何としても、必死にこの仕事をやらなければならない。そして僕は、仕事に没頭し、仕事に命をかけ、昼夜休まずに働いた。頭がおかしくなるくらい、仕事でいっぱい・いっぱいだった。この精神状態では、恋愛などもうどうでもよくなっていた。

彼女からはときどき連絡(ラインやメール)が来ていた。仕事が忙しい僕は、それらを全部無視した。今は恋愛などする気ないと無視した。また、彼女なら分かってくれるとどこかで安心している自分がいた。仕事が忙しくなれば女は放っておいてもいいという男都合のルールが出来上がる。女に分からない男都合の安心セット。これは男だけにしか通用しないのに女にも通用すると男たちはみな思っている。そのくらいの愛情関係はできているという確信があるのだろう。でも、それが甘かった。

女性という生き物は待つということが出来ない生き物。納得する理由があれば待てるが、忙しい男性は納得する理由を説明しようとしない。ただただ仕事が忙しいといって、説明もないまま仕事に忙殺するだけ。これが男の役目だと言わんばかりに忙殺するだけ。説明を求めれば、うるさい!黙れと暴言を吐き、面倒くさいものにはふたを閉める。男脳のこの性格と態度が、女性を待たせ苦しめることになる。女性という生き物は待つということが出来ない生き物。待っている間、ずっと苦しんでいる。それに対して男性という生き物は、それに気づかない。

男たちに女の待ち時間を伝えよう。女が待てるのは2週間まで。自爆する限界は2ヶ月。2ヶ月放置されると女は破壊活動に出る、これをしっかり肝に銘じよう。遅いのは悪、待たせるのは悪、男がやっているのは忍耐を通り越した悪徳の作業だとしっかり認識しよう。相談に訪れた男性は、ごく普通の男性。とても好感の持てる男性。だが、今はそういう男性でも、女性を苦しめ、女性に愛想を尽かされている。
女性を待たせるのは悪いこと。
彼は愛する彼女を失って、初めてそのことに気づいた。
そして、私のブログを読んだらしい。
「男は荷物を背負ってナンボ」という記事を。

彼もこれで、やっと男に目覚めた。
基本を持つ男に。

そうなると、私は全力を挙げて、その男性を助けたくなる。
基本を持とうとする男性が私は好きだからだ。

だが、男からの復縁は難しい。
女はよそへ行くと帰ってこない。
上書き保存の女は帰ってこない。
男は男脳(フォルダ保存)で判断するのでそれが分からない。
男からの復縁が無理だということを。

だが、やってみる価値はある。
基本を取り戻そうとする男には価値がある。
それを全力でサポートする。

あれから数年、
彼は復縁が出来なかった。
それも経験。
いい勉強になった。
と、彼は言った。

復縁は出来なかったが、彼は一人前の基本のある男へと成長した。
今は重たい荷物を背負って頑張っている。
温かい家庭のある、健康で豊かな幸福な人生を求めて。



長年付き合っていた彼女に裏切られた。
最近、そういう話をよく耳にする。
5年付き合っていた彼女に浮気された。
彼女はその男と出来ちゃって結婚してしまったというような話。

裏切られた男性からすれば、彼女はひどい女となる。
彼女は最悪な悪い女となる。
この裏切りのお陰で、男性は女性不信になった。
深い心の傷、トラウマが残った。
そして、次に付き合う女性に伝染する。
僕は元カノに浮気された、裏切られたと言いふらす。
言いふらして、またその女性に裏切られる。

彼女がなぜその男性を裏切ったか?
それは、その男性が「遅い悪」を持っていたから。
今の時代は待たせる方が罪となる。
なのに、その男性は気づいていない。

遅い人は裏切られるようにできている。
女はいつまでも待てない。
時代は着実にこの方向に進んでいる。

なぜ、このブログを書いたか。
裏切る記事を。しかも、裏切ることを正当化するような記事を。

それは前記の記事、「遅いのは悪」からきている。
遅いのは悪。待たせるのは悪。中途半端は悪。曖昧ではっきりしないのは悪。優柔不断は悪。悪に対して、裏切ることは裏切りではない。裏切っているのは待たせている方だ。今の時代は待たす方が罪で、待たす方が裏切っていることになる。そんな時代となった。仕事が忙しい忙しいと言って、女性を放ったらかしにしている男性の方が悪いと評価されている。そんな時代となった。だから男性たちよ、いつまでも彼女を放置していると彼女はよそへ行っちゃうよ。グレーは法律で罰することもできない。法律では何の罰則も制裁も加えることはできない。だから、女性たちが罰則と制裁を加える。グレー男はさっさと見切りをつけて、待たせない責任感のある男性の方へいく。それによってグレー男に罰則と制裁を加える。「女をいつまでも待たせるな!」というトラウマを残して。



はっきりしないまま、待たせるグレーを私は悪だと思う。中途半端、曖昧、はっきりしないまま、いつまでも待たせるグレーを私は悪だと思う。思うが、グレーは法律で罰することもできない。グレーの相手に対して法律では何の罰則も制裁も加えることはできない。ただされた方だけが、我慢するしかない。

はっきりしないまま待たせる。
中途半端で曖昧。
そして、遅い。
私はそれらを悪と呼んでいる。

日常生活では、「遅いのは悪」と自分に言い聞かせ、なるべく無駄がないようにテキパキと行動するようにしている。そして、時は金なり(タイムイズ・マネー)を主眼として生きている。時間というのはとても大切。人生は短い。時間のかかる、遅い他人によって、貴重な自分の人生の時間を無駄にしたくない。遅いのは悪、遅いのは悪と言いながら、遅い人はなるべく関わらないようにしてきた。つまり自分は、自分勝手でせっかちなのかもしれない。

せっかちな私が時間のかかる遅い相手に時間を費やすのは女性だけ。男から見れば、女という生き物は遅い。買い物にも時間がかかるし、支度や化粧にも時間がかかる。会話も時間がかかるし、目標や計画を立てることにも時間がかかる。遅いのは悪と言いながら、時間がかかる相手を私は仕事にしている。釣りが趣味だという人はせっかちな人が多いと言われるが、それと同じなのかもしれない。

今まで私は、女性とは遅い生き物だと思っていた。
ところが、今は女性より男性の方が遅い。なんという時代になったのか。
武士に二言はないと言われているが、今の男性は言葉が二転三転している。日本の男子には侍がいなくなったのか。男性が優柔不断となり、女性がテキパキと行動している。世の中変わったんだな・・・と思う。

そうか・・・世の中変わったんだ。
そう思えばいいか。
だったら、女性たちよ、「遅いのは悪だと思え!」
悪にそれ以上時間をかけるな。
時間というものは大切。
花の命は短い。
悩む青春より、はつらつと前に進む青春を目指そう。
遅い悪魔は放ったらかしにして。
前へ進もう。



最初は優しいけど後から暴挙に出る、これが中途半端な現代の優しさ。

優しくするのなら、最初から最後まで優しくしたら、といいたいが、現代の優しさは優しさそのものが中途半端。自分の都合が悪くなると暴挙に出る、そんな優しさ。つまりワガママな子供と一緒。大人の優しさには忍耐があるが子供の優しさには忍耐がない、それと一緒。男は黙って女のヒステリックと向き合うものだが、今の男性は向き合わない。彼女とちょっとこじれて喧嘩すると、逃げてすぐに音信不通にする。これをやられたら女性には打つ手がない。この卑怯で逃げることを暴挙という。今の男性は、優しいけど後から暴挙に出る。中途半端な優しさを持っている。

「男の言葉に二言はない」それは昔の話で、
今は二言、三言、四言、十言だらけ。
どの言葉が真実か?分からない。

女性たちに言いたいのは、嘘だらけの男の言葉を信じるからいけない。特に最初の甘い言葉は信じないこと。男の真実の言葉は半年後に出る、そう思って付き合うこと。

女性は言葉に弱いから、なおさら気をつけないといけない。
男性は言葉より行動。
それをはっきりと、自分の頭にたたき込もう。
「男性は言葉でなく、行動だと」とたたき込もう。
男の言葉は信じるな。
男は行動のみ信じろ。
それをはっきり自分に言い聞かせよう。

そして、今の男性は言葉が巧みだ。
学歴も高くなり、合コンやパーティーにも出かけ、スマホでたくさんの情報を集めている。
今の時代は昔の数十倍女性との出会いが多い。その分女性と知り合う経験や言葉が巧みになった。

学歴や合コンやパーティーや情報が言葉を巧みしている。
昔の何十倍も異性と出会うチャンスがあるから言葉は巧みにはなるだろう。
だが、言葉だけが走っている気がする。
頭が良くなった分、言葉だけが走るのはどうか?と思う。
その言葉に真実がないからだ。

学歴が高くなり情報も多くなりコンパで異性と知り合う機会が増えた。それは経験として良いことだと思う。だが、言葉は机上の空論で行動が伴ってない。つまり中身がない。中身のない言葉が増えたのも事実である。

みんな優しくなり、おしゃれで、会話も楽しくなった。
爽やかな好青年が増えた、ように見える。
表面はかっこいいが、
だが、中身がない。
言葉だけが走って中身がない。
そんな時代となった。

言葉に行動が伴わない人が人を好きになれば、中身のない恋愛となる。人前ではかっこつけているが、彼女に対しては無責任、そんな恋愛が多くなった。

女性たちに言いたいのは、
男性は言葉より行動。
それをはっきりと、自分の頭にたたき込もう。
「男性は言葉でなく、行動だと」とたたき込もう。
男の言葉は信じるな。
男は行動のみ信じろ。
それをはっきり自分に言い聞かせよう。
男性の真実の言葉は半年後に出る。
それまで本気のスイッチを入れないこと。
スイッチは好意のスイッチのみ入れて、半年ほど様子を見よう。
彼の行動の伴った真実の言葉が出るまで、本気にならないこと。



厳しく律するより、優しく接する。
恋愛期間は男女問わず、どの人も相手に優しさを求める。
優しさを求めるのなら、自身も相手に優しさを提供するべきだ。
厳しい言い争いを求めるより、相手の気持ちに立って優しく接する。今日という日を常に良い気分で過ごすために優しく接する。これでいいのではないかな。味方になる、優しく接する、これが恋愛の王道だと思う。

殺伐とした世の中、もっと優しくなろう。
プライドを捨て、言い分を捨て、論破を捨て、悲しみと苦しみを捨て、嫉妬を捨て、不信を捨て、あふれる優しさで相手を包んであげよう。そうすれば自分も相手も自由になれる。

優しさとは自由。その反対に厳しさは相手の自由を奪うもの。厳しさは相手を束縛するもの。束縛は相手の自由を奪い恨みの元となる。自分は自由でいたいのに、なぜ相手に自由を与えない?これが愛なら、そんな愛はやめてしまえばいい。

愛は自由でいい。自由こそが愛だ。
人を愛する気持ちは、もっと純粋でいい。
純な気持ちで人を愛するからこそ、豊かで幸福な気持ちになれる。

嫉妬や恨みや怒りや悲しみや疑いがあっては豊かで幸福な気持ちになれない。
嫉妬や恨みや怒りや悲しみや疑いがある愛は愛とは言わない、人生を狂わす感情に過ぎない。人生を狂わす感情は、尽くして報われなかったときに発生する。あれだけ愛して、あれだけ尽くしたのに報われなかった。心も体も時間も金銭も全て捧げたのに報われなかった。無償の愛から有償の愛に変わったとき、人の心は豊かな愛から人生を狂わす感情に変化する。人生を狂わす感情に変化しても人は気づかない。なぜ気づかないか?それが愛だと錯覚しているからだ。

愛は求めるべきではない。
愛は優しく与えるべき。
たとえ報われなくても。
これこそ純粋な愛。
相手に優しくして、いつでも自分が引ける愛こそ、本物の愛。
私はそう信じている。



見極めること。
見極めが足りないから、賞味期限の短い男性と付き合うことになる。

私は、半年で恋が終わる男性の特徴を知っている。
その特徴とは、
それは、「仕事が安定していない男性」
仕事が安定していない男性は恋愛も安定しない。
だから、半年で息が切れてしまう。
このことを女性がよく知るべし。よく勉強して、よく理解すること。
よく勉強し、よく理解すれば、仕事が不安定な男性とは付き合わないはずだ。

私は半年で恋が終わる女性の特徴も知っている。
その特徴とは、
それは、「恋愛が中心になる女性」
男性のバックボーン(仕事)を見ないで、男の恋心の気持ちの上げ下げばかりを見ている。「連絡が取れない=私への気持ちが下がった」とばかり見て、なぜ男性の仕事の安定不安定を見ないのか?不思議でしょうがない。これだから半年で恋が終わってしまうのだよ。


1,半年で恋が終わる男性は、仕事が暇なときに恋をする。
2,半年で恋が終わる男性は、仕事が不安定な時に恋をする。
3,半年で恋が終わる男性は、精神が病んでいるときに恋をする。

1は忙しくなれば彼女を放置して仕事に戻る、遊びは終りだと言わんばかりに。
2は仕事が不安定で将来に不安があるから女に逃げ込むが、不安定な男ほど長く続かない。女に逃げ込んだのは錯覚だとあとで気づく。
3は孤独で可愛そうな男性を演じて女性の母性愛をくすぐるが、精神的に病んでいるので恋愛が長くつかない。母性愛だけが取り残されて後始末の悪い終り方となる。

いずれのパターンも、仕事が不安定な男性の特徴。
それで、次の対策が取れる。


●入社5年未満の男性とは付き合わないこと。男性は5年を経過してから安定する。5年未満は常に不安定。

●近々転勤がある男性とは付き合わないこと。男性は転勤が決まると心が不安定になり、彼女との別れのスイッチが入る。

●仕事にストレスを抱えている、仕事の愚痴不満ばかりこぼしている男性とは付き合わないこと。仕事に対する愚痴不満が多い男性は仕事ができない男。仕事ができない男=仕事が不安定。だから、恋はすぐに終わる。

●不健康な人とは付き合わないこと。女性ならそっちの勘は働くだろう。その男性の健康面、心身共に健康か不健康か?直感で分かるはずだ。同情や母性愛で付き合うのではなく、「不健康な人とは付き合わない」と自分でルールを作るしかない。

以上が対策。
男性の見方はその男性の恋心より、その男性の仕事を見ること。バックボーン(仕事)をしっかり見ないで恋をすると失敗するよ。


では、そういう男性とすでに付き合っている女性はどうすればいいのですか?
答えは簡単。
あきらめよう・・・そうすればうまくいく。


「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」にもいろいろな解釈がある。
「仕事が不安定な人との恋愛の成就はあきらめること、成就は仕事が安定してから」彼の仕事が安定するまで、グレーでもなんでもいいから併走して付き合うこと。そんな形で3年~5年付き合えば、彼の仕事は安定する。普通の男性なら安定するはずだ。その間白黒求めないで、彼が成長するまで待てば良い。

そんなに待てないと言うのなら、彼をあきらめて他を見ればいい。あなたの人生だ、そうすればうまくいく。



鑑定において毎日のようにある、男性の恋愛の賞味期限が短い話が。

「男性の恋の賞味期限は半年」
半年たてば男性の恋心は下がる。
半年以内で恋が終わったという相談は多い。

順調でラブラブだった期間はわずか2ヶ月。
3ヶ月目に入ると彼の仕事が急に忙しくなり連絡が取れなくなった。
白黒決着型の女性は、2ヶ月間、苦しんだ後に最後の勝負(自爆)に出て終わる。
半年以内で恋が終わる話は無数にある。

「男性の恋の賞味期限は半年」半年で終わったという相談内容が、毎日2~3名はいる。これをトータルで換算すると、15年で1万8千人ほどの数となります。私のところでこのくらいの数ですから、全国に広げるとおぞましい数になるのではないでしょうか。

最初は彼からのアプローチが凄かった。
連絡は毎日、デートは週に2~3回。
これでもか、これでもか、という彼の情熱に押されて私は久しぶりに恋に落ちた。ところが、この夢心地の時間はわずか2ヶ月で終わった。3ヶ月あたりから彼との連絡が取りづらくなった。あの日を最後にもう2ヶ月も彼に会っていない・・・。散々苦しんだあげく私は自ら彼に別れを告げた。この苦しみがいつまで続くの?苦しみから解放されたくて、しかたなく私から別れを告げた。でも・・・別れを告げて後悔した。次の日に早速彼に謝罪の連絡を入れたが、彼からはそのことについて一切返事が来ない。何度連絡しても返事が来ない。彼は私をずっとグレーにしたまま。はっきりしないまま今も悩みが続いている。彼は何を考えているの?私はどうすればいいの?

こんな訳の分からない、答えの見つからない相談ばかりが永遠と続く。
こうなったら、個人個人状況は違うが、大きくまとめるしかない。

大きくまとめると、
答えは女性が見つけること。
判断は女性がすること。

今の時代はそれでいい。
いつまでも男に頼るな!判断は女がすること。
これでいい。

今日からあなたは、答えは自分で見つけ自分で判断を下せる自立した女性になろう。いつまでも男性に頼るな、依存するな、甘えるな、こんなことをするボンクラ男などこっちから願い下げだ、切ってしまえ。そのくらいでいい。

答えは自分で見つけ、
判断は自分で下せる、
自立した女性になろう。



「男性の恋の賞味期限は半年」とはよく言ったもので、本当に半年で男性の気持ちが下がっている恋愛は多い。しかも最近は、賞味期限がどんどん短くなっている。

なぜ男性は?突然気持ちが下がるのか?
単純に説明すると、
それは生殖機能の差です。
つまり性欲、性機能、SEXの感じ方の差です。
男性は一気に盛り上がり一気に果てる。
女性はじわじわと盛り上がる。
男性は一気、女性はじわじわ。
この差が男女にあります。
この差が、男性の恋の趣味期限は短く、女性の恋の賞味期限は長いということになります。生殖機能の差はそれぞれの男女の性格を司り、本能となります。
なぜ男性は?突然気持ちが下がるのか?これでおわかり頂けたでしょうか。答えは生殖機能の差だと。

では、男性の賞味期限を長く待たせるにはどうすればいいのですか?賞味期限を長く持たせてそのまま結婚まで持って行くにはどうすればいいのですか?

ここから答えが難しくなります。
方法は宇宙の法則くらい無限にあるからです。
そのときは私の鑑定を受けてください。

賞味期限を長く持たす方法を一つだけ言えるとすれば、
女性たちが早い段階で「スイッチ」を入れないことです。
好きというスイッチ。
このスイッチが女性に入った途端、男性の気持ちが冷めます。
この仕組みは今も昔も変わらない。なぜなら男性はハンターの本能を持っているからです。獲物を100%自分のものにするまでは頑張るが、100%自分のものにしたら頑張らない。釣った魚に餌を与えない。女性が好きになった時点でこの現象が起き、男性の気持ちが下がっていくのです。早い段間で彼を上回る好きに女性側がならないことです。「彼を上回る好きになるのは結婚式が終わってから」これを目標にするといいでしょう。


世の中に携帯という便利なものが出来たお陰で音信不通という厄介なものが出来た。音信不通は人の心を傷つけ、これ以上ない不安と苦しみを与え、生きる希望まで失う精神的屈辱は音信不通以外に他は見当たらない。

人間は5つの欲求で生きている。第一の欲求(生理的欲求)第二の欲求(安全欲求)第三の欲求(社会的欲求)第四の欲求(尊厳欲求・承認欲求)第五の欲求(自己実現の欲求)以下マズローの欲求5段階説より。

音信不通は全ての欲求に対して迫害と危険を与えるものである。とくに第四の欲求である(尊厳と承認の欲求)人は愛する人に認められ、愛され愛することで生きる尊厳(希望)を持ちたい。なのに・・・音信不通は、人の尊厳を無視し、認められるのを無視する、ひどく凶悪な仕打ちである。音信不通にしている本人は気づいていないが、音信不通にされた側は、人の尊厳を無視され、愛する人に認めてもらえない、これ以上ない悲しみと苦しみに耐えているのである。第四の欲求である(尊厳と承認の欲求)を無視する音信不通、これは人としてやってはいけない行為である。


音信不通=人としてやってはいけない行為。文部科学省はこれを辞書に載せ、学校教育で教えるべきである。(私の記事を参考にしてもいい)

さて、
人としてやってはいけない行為の音信不通。

なぜ男性は?ひどく凶悪な仕打ちである音信不通を突然するのか?
それは私にも分からない。
ただ多い。
理由は分からないが、多いのは事実である。
なぜこんなに多くなったのか?

ここから私の仮説を述べる。
私が思うのは、学歴社会でエリート色が強くなった分、人に対する情が薄くなった。競争社会で揉まれているうちに人を思いやる心を失った。そういった時代の積み重ねによって音信不通が増えてきたのではないかと思う。

競争社会では他人よりまずは自分、自分さえ良ければいいという性格が出来上がる。音信不通にしている男性の性格で一番多いのは、自分勝手オトコである。自分勝手オトコは、プライドが高く自分さえ良ければいいという性格が強く、世の中の全てが自分を中心に回っていると思っている。その性格が音信不通にしている一番の元凶である。

学歴社会でエリート色が強くなった?
学歴=頭がいい?
私は学歴=バカだと思っている。
本当に頭がいいのは学歴ではない。
学歴は単なる記憶力に過ぎない。
記憶力を養う環境に恵まれただけ。
誰しもその環境を与えられればいい学歴は持てる。
人間の脳神経細胞の数に差はないからだ。

私が本当に頭のいいと思っている人間は人として出来た人間。
人が出来ている人間は音信不通などしない。
人を思いやる心を持っている人間こそが本当に頭がいい。

学歴が良くても人間失格の人は大勢いる。
人間失格の人が音信不通にしているのは事実。
彼らは頭がいいわけではない、彼らは人間として失格しているだけである。


音信不通にされている皆さんへ。
音信不通は頭の悪い男がすること。
別に君の彼氏のことを悪くいっているつもりはない、人間失格として事実を言っているのである。人間失格になるのは彼だけのせいではない。社会や政治も悪い。政治・社会がブラック化すれば、当然人間失格の人間は増える。今は個人ではコントロールできない時代になっているのかもしれない。




それは男性にとって、「仕事と彼女」どっちが大切か?という問いになります。
女性の皆さんはどうですか、「仕事と彼氏」どっちが大切ですか?

答えはそれぞれの判断に任すとして、私の長年の鑑定経験では、男性は彼女より仕事の方が大切という答えになります。ここで出来上がったルールが「男は仕事が命」。この答えをメインに私は長年ブログを書き続けてきました。男は仕事が命、男は仕事が命、これを何百何千と書き続けてきました。これだけ書いても、女性の皆さんには到底理解できないと思います。何故なら女性は「恋愛が命」だから。恋愛を命とする女性にいくら男は仕事が命だと説明しても理解はできないと思います。それこそ人類が誕生して以来、何十万年も引き継がれてきた本能の遺伝子、「男は仕事が命」「女は恋愛が命」というDNAをたかだか10年ちょっとのブログで変えることはできません。私個人の努力では、人間の本能は変えることはできない。それも承知している。承知しているが、私はあえてそれにチャレンジしている。そうでないと、男性の仕事が忙しくなり放置された女性たちがいつまでも苦しみ悩むからです。この悩みを軽減するために、私はこのブログを通して「男とはこういうものだよ」と本能の翻訳家として、説明しているのです。

中にはこういう反論もあります。
いくら忙しくても彼女を大切にする男性はいます。大切にしないのは、彼女のことを愛していないからだと。

もちろん、いくら忙しくても彼女を大切にする男性はいます。大切な彼女を仕事が忙しくなったくらいで放置などしない、これも男のルールだからです。この男のルールは私も持っていますが、世界的にみて優秀な日本男子なら誰しも持っていると思います。その男のルールを私は「基本」と呼んでいます。男は仕事に一生懸命励み家族を大切にする。「社会に貢献し、女房・子供を守る」これが男の基本だからです。この基本がある男性は、どんなに忙しくても彼女を放置することはありません。放置はしませんが、仕事が忙しくなった分、彼女との接する時間がなくなり、連絡頻度や会う頻度は少なくなりますが、彼女を不安にさせ寂しい思いをさせないようなフォローはちゃんとできています。基本を持っている男性なら、女性も安心して付き合えるはずです。

いくら忙しくても彼女を大切にする男性と、忙しくなったら彼女を放置する男性の差は、基本を持っているか?持っていないか?の差だと思います。


では、基本を持っている男性は日本にどのくらいいるのでしょうか?
私は大勢いると思います。
たまたま私のところへ相談に訪れている女性は、基本を持っていない男性と付き合っている人の方が多いですが、広く世間を見渡せば基本を持っている男性方が多いのではないでしょうか。

彼の仕事が忙しくなり放置された女性たちへ。
放置されて苦しいと思います。
いろいろなネガティブな悩みも引き起こし、頭の中はモヤモヤでぐるんぐるんしていると思います。来る日も来る日もネガティブスパイラルにいるあなた、そろそろ考え方を変えてみませんか?

悩みというものは思考です。
思考とは考え方です。
考え方を、そろそろ変えてみませんか?

この場合、どんな考えが正しいか?
せっかく彼のことで考えて悩んでいるのなら、彼のことを正しく分析してみることです。
分析には目標が必要です。目標の題材は、「彼は基本を持っているか?」という題材にするといいでしょう。

彼は基本を持っていますか?
愛ではなく基本を持っていますか?
私が好き・・・ではなく、彼は基本を持っていますか?

彼のことが好きという感情だけでは、男の本質である基本を見極めることができません。
どうぞ好きだという感情を抑えてください。その好きという感情では判断を間違えてしまうから、好きという感情は捨ててください。好きという感情がコントロールできたら、彼は基本を持っているか?持っていないか?冷静に正しく判断してください。

思考を変えなさいというのは、彼を正しく見極めて判断することをいいます。

彼は基本を持っていますか?
基本を持っていないと判断できれば、彼を切ることです。
そうやって放置する男性を切ることが出来ます。
そして、その判断は正しかったと後生に引き継がれるでしょう。

大丈夫。
世の中には、基本を持っていない男性より、基本を持っている男性の方がたくさんいる。
それを信じることです。