ホーム > 月別アーカイブ: 2018年10月
詳しくは私の著書。
「恋する女性に絶対読んでほしい 男が手放さない女になる方法 (中経の文庫)をお読みください。
ここに男が手放さない方法が書いてあります。
この本は mi さんの問いに答えるぴったりの本だと思います。

すでに本をお持ちのかたは再度読み直すといいと思います。
まだこの本を手にしていない方は、電子書籍でお買い求めできますので、ご購入の上お読みください。
男性視点で見た男が手放さない方法。
この女となら一生やっていける方法。
逃げた彼を、やる気がなくなった彼を取り戻す方法。
どんな刺激を与えるか、どんな愛情を与えるか、どんなネコ被り作戦がいいのか、男を虜にする、様々なテクニック、方法が満載です。

この本は2013年11月に刊行したものです。
あれから5年経ちました。

5年経って、私の考えを新たにまとめるとこうなります。
男性に、この人がいなくなるとだめだと気づかせるにはどうすればいいか。

気づかせることは何もしなくていいです。
ただ自然にその男性を愛してください。
何も心配しないで。
何も不安にならないで。
ただ自然に尊敬と信頼を傾ければいいのです。
男性が女性に求めているのは信頼関係です。

ただ男性という生き物は、女性の信頼を得るのがとても苦手な生き物です。
よそ見をしたり、仕事が忙しいといって音信不通にする生き物です。
面倒くさがり屋でデリカシーもありません。
言葉や態度も悪いところがあります。
最初は親切で優しかった彼が、手に平を返したように冷たくなることもあります。
そんな不誠実な態度に悩み、女性が疑いを持ち、悩むのは当然のことです。

そして女性は悩んだらネガティブになります。
ネガティブになれば、女性本来の愛情が喪失されます。
男性はネガティブな女性が大嫌い。
ネガティブな女性はすぐに手放したくなります。
男性は自分が彼女をネガティブにしていることを知りません。
彼女がイライラして落ち込んでいる原因は自分だと気づいていないのです。
そんな男性は自分がネガティブにした女性を切ろうとします。

この一連のネガティブの魔の誘いに乗ってはいけません。
男性が手放さない女とは、
どんな状態でもネガティブを克服する女性です。
つまり自分を持っているしっかりした女性です。

ネガティブな女性は切ろうとしますが、ポジティブな女性は切ることができません。
なぜなら、ポジティブな女性が男性には必要だからです。

男性に、この人がいなくなるとだめだと気づかせるにはどうすればいいか。
答えは、どんな状況でもポジティブになることです。


私の持論ですが、音信不通は見極めない方がいいと思います。過去に音信不通のことを散々取り上げましたが、どれも解明は難しく、どれも納得できない、どれもスッキリもしないものばかりでした。音信不通は、相手の人間性の問題で、こちらではどうすることもできないからです。

単純に音信不通は人間性の問題だと決めた方がいいでしょう。見極め方は、誠実な人間か不誠実な人間かで見極めればいいだけのことです。最初に誠実で後も誠実。最初に誠実で後に音信不通。前者が誠実な人間で、後者が不誠実な人間、ただそれだけのことです。人間という生き物は分りません。最初に誠実でも後から不誠実になる人間もいます。また人間は悩みが多く人がいい生き物です。音信不通にされると、自分のどこがいけなかった?自分のせい?と悩む傾向があります。真面目な人ほど(自分のどこがいけなかったの?)と悩む傾向が強くなります。それは間違った解釈で、その時点で思考をコントロールしなくてはなりません。音信不通は相手のせいで自分のせいではないのです。「悪いのは相手」、「正しいのは私」と解釈するべきです。

ナイトウさんの音信不通の見極めができない自分。
おそらくナイトウさんは人がいいのでしょう。そして悩める乙女かもしれません。悩める乙女で人がいい女性は、音信不通にされても気づかないところがあります。彼を信じている気持ちが強いのでしょう。気づかなければ気づかないで結構です。ただ、あまり神経質に心配することはありません。神経質に心配すると、その後の対応ができなくなるからです。その後の対応とは、誠実なら継続し、不誠実なら切るという対応です。乙女にはその覚悟が出来ないかもしれませんが、今からその覚悟を持つ練習も必要です。ですからいざとなった切る覚悟を持ってください。切る覚悟が出来れば、逆に音信不通で悩まなくなります。悩まなくなれば、音信不通そのものが無くなる傾向があります。人の思考は思ったことが実現されますから、ネガティブな考えはあまり持たない方が賢明です。

音信不通に対する私の対応を述べます。
私は音信不通に対して悩みません。
何もしないで放っておきます。
音信不通にしているのは相手の人間性の問題で、私の問題ではないからです。仕事が忙しいのか、私のことを嫌っているのか、そんなことはどうでもいいのです。ただ相手が不誠実なだけ。不誠実に対して、私はただ切るだけです。相手にもしません。相手が対応してくれば親切に対応しますが、相手が不誠実なら不誠実に対応します。これは仕事でも恋愛でも同じことがいえます。変に同情して苦しむより、自分の信念を貫くことです。音信不通に対する対応は不誠実なら切る。どんなに好きでも、どんなに愛していても、不誠実なら切る。これが私の考えです。



皆様にお知らせがあります。
沖川の予約の受付を11月から営業時間内に受付ける形に変更します。

今まで、朝の8時30分~9時、17時45分~18時に予約を受付けていましたが、11月1日から営業時間内に予約を受付ける形に変更しますので、皆様のご理解ご協力をお願いし申し上げます。

下記の営業時間内で受付けます。
火・水・金・土(11時~20時)
日曜日(11時~17時)
注意点として、電話鑑定中は予約の電話にでれないことがあります。その場合は電話鑑定が終了次第、こちらからお電話かけさせていただきます。私の鑑定は半分は電話鑑定ですから、何度電話かけても出ない場合は、電話鑑定中だとご理解ください。終り次第こちらからお電話かけさせて頂きます。


男性が結婚を決める時は何らかの前兆がありますか?

さあさんの問いに答えると。
男性が結婚を決めるときは、1,その女性を愛していること。2,結婚する意志があること。3,経済的自立があること。4,結婚する時期とタイミングがあること。この4つが揃ったとき、男性は結婚すると思われます。

時期とタイミング。
男性にも結婚する時期があります。そして結婚するタイミングがあります。時期とタイミングを逃せば一生結婚できないでしょう。それは女性にも同じことが言えます。

時期とタイミングが今でなくても結婚することはあるか?
あります。
その女性を心から愛していれば、時期やタイミングは関係なく、結婚することはあります。昔はそういう男性が多かったと思います。男として成長できなくても、お金(経済力)がなくても、準備ができていなくても、愛さえあれば結婚したものです。

ところが今の若い人は、そんな無謀なことはしない傾向にあります。男としての成長、お金(経済力)、結婚する準備が整って結婚するものと思われます。ある機関の調査によりますと、男性が結婚できない理由は「経済力のなさです。」つまり、自分の収入では家族を養えないから結婚しない。これがNO1の理由となっています。結婚とはお金がかかるものです。今の若い人は結婚にお金を使うより自分にお金を使いたいのでしょう。また結婚できるだけの収入を得るには、相当苦労しなくてはいけません。それはもう死ぬほどしんどい思いをしながら働かないといけないからです。自分だけ生きる収入と家族を養う収入では精神的にも体力的にも天と地ほどの差があるからです。それを現代の若い男性はよく理解できています。昔のお父さんみたいにあくせく働いて家族のために自分を犠牲にして苦労をしたくない。理屈でいったらそうなります。頭がいいですね。高等教育のせいでしょうか。みなさん大学を出ていますから。頭が良い分、ずるい計算式が得意となった。文明が進んだ先進国ほど、どうやらその傾向が強いようです。発展途上国の方がはるかに結婚率は高いのは誰もが認める事実です。発展途上国の人々は高等教育がない分、人間が持っている大事な本能で生きていますから。本能の欲求に従って結婚するのは当たり前のことだと彼らは信じているのでしょう。文明が進んだ先進国は、高等教育によって男たちに変な知恵を与えました。それは本能に逆らう知恵です。結婚とは愛という本能。子孫繁栄と家族がいる幸せを本能的な欲求で掴むのが結婚です。文明が進んだ国ほど、それに異論を唱えて、それに逆らうようになりました。つまり本能に逆らうようになったのです。結婚は自由を奪う不条理な制度だ。自分はその犠牲になりたくない。だから僕は一生結婚しないで自由に生きていきたい。

さて、ここまでは減らず口です。
結婚できない理由をたくさん聞いた私からすれば、みんな減らず口に聞こえます。私は古い人間なので、あなた方のお父さんと同じ年齢なので、最近の若者の結婚できない理由はみんな減らず口に聞こえます。古いオヤジでごめんなさい。


さて、ここから古いオヤジが語ります。古いオヤジの減らず口だと思って聞いてください。
ここら先は古い考えなので、気にくわないのなら読まなくても結構です。

結婚とは利益です。若い人は結婚することで利益を損失する(お金を損する)と考えがちですが、逆です。結婚することで金持ちになれるのです。金持ちになれる理由は実力がつくからです。人間の能力はそれに見合った収入しか手にすることができません。独身の実力は一人で生きていく分のだけの収入しか手に入りません。たとえ起業して成功しても、やがて倒産し、自己破産し、一人分のまかない収入となる。起業、商売、自営の独身経営者をたくさん観てきましたが、多くが失敗し、一人分のアップアップの生活に逆戻りしています。そこから私は「独身は成功しない」という沖川独自の哲学を作りました。古いオヤジの考えですが、男は愛なしでは成功できないのです。世界の偉人たち、世界の大富豪を見てください。ノーベル賞を取った人たちを見てください。大半が結婚しています。そこに「独身は成功しない」という事実があります。

結婚できない理由が経済力のなさなら。僕の収入では家族を養えないのなら。結婚することです。結婚すれば、経済力がつき家族を養える力がつきます。昔のお父さんみたいにあくせく苦労したくない?そんなことを言っているのは一部の人間です。昔のお父さんはあくせく働いて苦労などしていません。家族がいる喜びと社会に貢献する使命感とで、苦労を楽しんで仕事をしていたのです。あくせくではありません。

というわけで、古いオヤジの答弁は終りです。
男性が結婚を決める時は何らかの前兆がありますか?
答えは、時期とタイミングです。

詳しいことは他の文献を参照してください。
私なりの考え方をまとめると。
善因善果。
悪因悪果。
です。

善因善果。善いことをすると善い結果になる。
反対に、
悪因悪果。悪いことをすると悪い結果になる。
ということです。
世の中は善因善果、悪因悪果の因果応報で成り立っているといっていいでしょう。

私が思うには因果応報は人間だけに起こる現象だと思います。
人間には他の動物にはない強い思考があるからです。
動物のように本能だけで生きているのなら、因果応報も成立しないでしょう。動物は生きるための本能的な欲求と能力だけですから。

ところが人間は本能だけで生きているわけではありません。思考を中心に感情で生きているからです。この思考と感情が因果応報を招いているのではないでしょうか。善いことをすれば善い結果になり、悪いことをすれば悪い結果になる。古今東西、人類の歴史において、常にそれは繰り返されています。人間一人の人生の中でも、生まれてから死ぬまで因果応報は繰り返されているでしょう。

人間は欲求不満と本能でいろいろな過ちを犯します。また人間は正しい思考と正しい行いで世の中の役に立つことをします。善の時と悪の時、そのバランスで生きているのです。バランスが悪の方に傾けば不幸な人生になり、バランスが善の方に傾けば幸福な人生になる。たったそれだけのことです。

ところが人間はそんな簡単なことが理解できていません。欲求不満や感情をコントロール出来ない。また人間には感情をコントロールできない余計な思考があるのです。頭では理解できても感情がついていけない。これは人間が持っている余計な思考がそうさせているのです。人間が感情的になっているときは、本能がそうさせているのではありません。思考がそうさせているのです。余計な思考が、考えすぎる思考が、罪悪感と戦って、頭では理解できても感情がついていけない、余計な思考があなたの考えを邪魔しているのです。欲求不満と一致した悪の思考。これを改めようという善の思考。この二つが戦い、選択できない葛藤を生み。それで苦しむようになっているのです。

恋愛の中には、善と悪を選択できない心の苦しみが無限にあります。とくに不倫や浮気の不貞の愛は苦しみの宝庫です。幸せの宝庫でなく苦しみの宝庫。この愛は宝物に見えて、実は何もない無意味なもので、宝を手に入れることはできません。

不倫や浮気は、悪因悪果の因果応報の天罰を受けることになります。これは神様が罰を下すのではなく、相手とあなた自身の罪悪感が罰を下すのです。どちらがこの愛を続けたいと思っても、片方がこの愛を終りにしようという気持ちが働く。この終りにしようという相手の気持ちが最大の危機を生み、言葉では言い表されない最大の苦しみを生みます。愛の終りはいつの時代も苦しいものです。この苦しみはどこから来たか?というと人間が持っている罪悪感から来ています。つまり因果応報とは、罪悪感からきているのです。
罪悪感が因果応報を招くといっていいでしょう。

まとめると、
悪因悪果の因果応報は、人間の罪悪感によるものです。
罪悪感のない人間は、悪因悪果の因果応報にかかることはありません。
罪悪感のない人間はこの世に存在しません。どんな極悪人でもです。
罪悪感のない極悪人は閻魔大王か神様くらいでしょう。
閻魔大王と神は欲求不満にならないからです。
欲求不満になりやすい人間は常に罪悪感の塊です。
どんな真面目な人でも。
だから、自ら天罰を下すのです。

そして大丈夫です。
自ら天罰を下せば。
その後は、新しい人生の出発です。
罪悪感のない新たな人生をスタートさせましょう。



嫉妬は人間が持ってはいけない感情。
そう心がけてください。
それを何度も何度も自分の頭に言い聞かせてください。
さあ、復唱しましょう。
嫉妬は、
人間が持ってはいけない感情。
もう一度、
嫉妬は、
人間が持ってはいけない感情。
何度も何度も言い聞かせてください。

カラオケで歌が上手になるには、その歌に心を吹き込むには、何百回もその歌を練習しなくてはなりません。1週間で100回練習すればプロ並になれます。その領域になれば、もう目をつぶってでも歌えます。潜在意識が完全にコピーしたからです。それと同じように、「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」をあなたの潜在意識にコピーしてください。さあ、100回唱えてください。完全に潜在意識がコピーするまで。「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」を100回唱えてください。これを完全にマスターできれば、あなたはもう嫉妬で苦しむことはありません。なぜなら嫉妬は人間が持ってはいけない感情だからです。

完全にマスターしたかどうか、試してみましょう。
あなたの好きな人が他の女の子と仲良くしている。彼は笑顔で嬉しそうにその女の子と喋っている。その子も好意のある目で彼を見ている。そういう場面はどこにでもあります。職場、サークル、部活、飲み会、道ばた、人が集う場所ならどこでも。あなたはその場面に遭遇しました。さあ!どうしますか。ここでミュージックスタートです。「♪嫉妬は人間が持ってはいけない感情♪」と自動的にその歌を流してください。歌が変なら自動的にその格言を心の中で唱えてください。「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」と。

彼の携帯を見たら。
怪しい。
こんなことはしょっちゅうです。
世界中の男の99%が怪しいでしょう。
みんなそうです。
赤信号みんなで渡れば恐くない。ギャグのようにみんなやっています。
携帯ができたお陰でこそドロが増えました。色気のこそドロです。
みんなモテたいのでしょう。みんな欲求不満なのでしょう。
彼の携帯を見たら。
これはやばいので・・・想像はお任せします。
私以外の他の女の子との通信記録。
99%の確率で、あなたはそれを発見しました。
そのとき、また例のミュージックスタートです。
「♪嫉妬は人間が持ってはいけない感情♪」
さあ、何度も何度も歌いましょう。
「♪嫉妬は人間が持ってはいけない感情♪」と。
5分間、100回唱えて歌いきってください。
そうすれば、あなたは嫉妬をしなくなります。

なぜここまであからさまに嫉妬をダメかというと。嫉妬は人間が持ってはいけない感情だというのか。それは財産を失うからです。

あなた方は嫉妬によって財産を失っている。
皆さんは気づいていないかもしれませんが、嫉妬は財産を失うことになるのです。

5年も付き合った彼氏。たった1回の嫉妬で彼と別れ、5年分の財産を失う。年収500万円なら2500万円失うことになる。夫の浮気に嫉妬して離婚すると、残りの30年間の結婚生活がおじゃんになり1億5千万円失うことになる。ばかばかしいたとえだが、そのばかばかしいたとえに女性たちはもっと気づくべきである。ばかばかしいたとえに人生の生きるコツがあることを理解して欲しい。もっとも男の経済力をあてにしない女性なら別だが。自立している女性はその中に入らない。また経済力があって自立している女性ほど財産を失う嫉妬などしない。嫉妬の代わりに彼を改心させる力がある。お灸をすえる力もある。嫉妬をしないで悪事を見逃さない方法も知っている。その術をマスターするべきで、ただ嫉妬に狂った感情なら財産を失うだけである。

嫉妬は財産を失う。
このことを各人がどう理解するか。
嫉妬は愛を失うだけである。
このことを各人がどう理解するか。
一度失ったものは二度と戻らない。
このことを各人がどう理解するか。

だから嫉妬は、
人間が持ってはいけない感情なのである。
このことを各人がどう理解するかどうか。


その変化を説明するのは難しいですが、私の経験を述べると、次のような変化が起こりました。

前向きになったときの心は、後ろ向きの心とは全然違います。
まず、心が軽い。小躍りしてワクワクする。恐いものがなくなり、何もかもうまくいく気がする。失敗してもへこたれない。失敗しても根拠のない自信で何度でもチャレンジすることができる。逆に失敗そのものを面白がるようになる。不幸そのものを面白がるようになる。よくもまあ次から次へと失敗と不幸が続くものだ、面白いではないか!だから人生やめられないとなる。この状態は心が積極的になった状態。心から全てのネガティブ、全てのマイナス要因、全ての消極性を排除して積極的になった状態。この心が積極的な状態が長く続けば、やがて悦には入り、「絶対積極の領域に入る。」絶対積極の領域に入った人間は己の人生の全てを支配することができる。そして、間違いなくすべてうまくいく。

心が積極的な人は、見るもの全てが輝いて見える。
朝の空気や、朝の太陽、周りの草花が輝いて見える。この輝きは普段の景色と違う。キラキラと輝いて見える。通勤途中の景色、都会のビル、車、電車、自転車、歩行者、駅員さん、ゴミの回収のおじさん、コンビの定員さん、スターバックスの定員さん、行き交う人に「おはようございます。ご苦労様」と言いたくなる。みんな前向きに朝から活動しているのだなと感心する。会社に着けば、嫌な上司がかっこよく見え、指示に従いたくなる。今まで気にも留めなかった女性職員がもの凄く綺麗に見える。使い物にならいと思っていた部下が将来自分の右腕になると思うようになる。仕事で起こるトラブルは、そら来たか、面白い面白いと解決することが楽しくなる。積極的な人は何でも輝いて見えるのだ。そして、何でも輝いて行動することができる。

ネガティブで落ち込んだときの周りの景色はグレーのみ。
前向きになったときの心は、全ての色が混じった三原色とキラキラ金色に光っている。澄み渡る青い空、一点の曇りもない。青々とした綠、心が安らぐ。困難に立ち向かう心の炎は情熱的に赤く燃え上がり、やってやろうという闘志が沸いてくる。未来の色はキラキラと金色に輝いている。積極的な人は未来のことしか考えない。輝かしい未来のことを。

心が積極的になって前向きなときは、すべてが変わる。
すべてが良い方向に変わる。
私も経験しました。
あなたも経験してください。


川越占い館といえば復縁。沖川といえば復縁。復縁の鑑定は何万人と観てきました。復縁の記事もブログで何百何千と書いてきました。今でも復縁の相談は毎日行っています。川越占い館といえば復縁。それは今でも継続中です。

復縁を記事にする。
それは過去にさんざんやってきたので、今は遠慮したいと思います。
復縁そのものが時代遅れ。そんな気がするからです。
今は復縁より見極める時代だからです。
見極める能力を備えて復縁する。
これが今の私のやり方です。

見極める能力を備えて復縁する。このやり方はとてもブログで(文章で)説明することはできません。個人個人の考え方が違うように、個人の心には膨大な宇宙があるからです。状況も環境も性格も個人個人みな違います。二人の問題も、トラブルも、事件も、別れの原因も、個人個人みな違います。一個・一個を精査して見極めないと何とも言えないからです。

ここでは愛があれば復縁できる、そんな甘い考えは持ちません。そんな考えでは復縁は不可能だからです。もちろん愛することも大事ですが、それより大事なのは演出です。彼とあなたの問題を、ドローンを上げて高い位置のマイカメラで観察する。高い見地から物事を観察する。高い見地から物事を見たあなたが、演出家になって作戦を立てて行動する。これが実行出来るか出来ないかです。実行出来て、見極める能力を備えて、復縁ができるようになるのです。

たとえ復縁ができないにしても、あなたは高い見地から物事を見ているので、失敗しても後悔をすることはありません。高い見地から物事を見て演出するということは、復縁だけではなく、自分の人生そのものを演出しているからです。復縁で失敗するのは低い位置で底辺を見ているからです。高い位置で見れば、復縁もでき、他の人とも結ばれ、どちらに転んでも幸せになれるのです。彼ばかりに執着しないで見極める。別れた男、逃げた男の、愛の犠牲にはならない。自分が満足する生き方を自分で演出する。そして高い見地から物着を見れば新しい人も自由に前向きに好意を持って迎え入れることができる。この次元の高い見極め方を備えれば何でもできます。次元が高くなれば復縁なんてチョロい。そして復縁したら興ざめして捨てる(ひどい奴ですが)そんな人間にもなれます。ひどい奴ではなく、成長できたあなたになるということです。復縁したくて苦しい。あなたはいつまで底辺にいるのですか?高い見地の見極める能力を身につけてください。その能力のお手伝いを私がいくらでもします。
高い見地の見極める能力を身につける。
あなたはご存じでしょうか。
私の鑑定を受け。
この能力を身につけた女性たちが復縁していることを。
結婚していることを。
ご存じでしょうか。
そして復縁ができなかったとしても、新しい人を見つけて結婚している。
前よりはるかに幸せになっている。
ご存じでしょうか。
それぞれが高い見地から見極めて、自分の人生を演出したからです。

今の時代は、復縁は時代遅れ。
復縁に執着するのは底辺だからです。
高い次元の演出と見極め方の能力を身につけることです。
何を目標とするのか?何を見極めるのか?
このような相談を私は毎日行っています。
復縁と言えば川越占い館。それは今も進化・成長した、新しい方法で継続中です。


男性という生き物は愛よりタイミングで生きています。
だから、常にタイミング・タイミング。タイミング大事だと言い聞かせなければなりません。タイミングこそ、この世の全て。このくらいの感覚でタイミングを重要視すれば男性とうまくいきます。逆に言えば、タイミングの合わない男性とは付き合わないことです。約束してもドタキャン。音信不通?既読無視?既読スルー?連絡が取れない?・・・なにそれ!タイミングがぜんぜん合ってないじゃない。こんな男性とは付き合わないことです。たとえ、どんなに愛していても・・・です。「タイミングの合わない男性とは付き合わない」これをルール化することです。それでも彼のことが好きなの。彼のことを愛しているの。彼のことが好きになりすぎて割り切れないの。え~いしゃらくせぇ。もうそんなごちゃごちゃ言うのは辞めましょう。そんな風に思い続けているからあなたはいつまで経っても不幸なのです。いつまで経っても悩み続けるのです。この性格を何とかしなさい。悩みを無くし幸せになりたかったら、ルールを強引に行うことです。愛とか、恋とか、好きとか、体調が悪いとか、気分がすぐれないとか、そんなことはどうでもいいのです。そんな言い訳やそんなワガママはこのルールには通用しません。ルールは鉄壁のルール。四の五の言わず、強引にやることです。このルールは不変ですから。一番正しい方法ですから、これ以外の考えは持たないことです。そうすれば、あなたはタイミングが合わない相手とのスランプから脱出できます。

恋愛の初期はタイミングが合っていた。
でも、3ヶ月後に彼の仕事が忙しくなってタイミングが合わなくなった。
前記の記事のように「男は暇な時に恋をし、忙しくなれば恋をしなくなる」このパターンに引っかかったあなた。今こそ、タイミングの重要性を認識してください。タイミングのルールに従えば、「タイミングの合わない男性とは付き合わないことです」。これを強引に行ってください。情など必要ありません。あなたが変な情を出すから、彼がスランプから脱出出来ないのです。下手な愛情より、放置する愛情の方が勝っている場合だってあるのです。あなたが彼を信じて放置する。これが最高の男の愛し方です。

彼女が何もしないで放置すれば、男性はどうなるか。
こういうときの男性は個人の生き物で、仕事と戦っています。スランプの脱出は彼自身が乗り越えなくてはなりません。彼女が放置すれば仕事に集中でき、彼女が邪魔すれば仕事に集中できません。男は前者の女性を愛するようになります。これが男脳の造りです。あなたはこのブログで男脳の造りをマスターしました。であれば、彼とタイミングが一致する彼女になってください。放置が最高の愛し方。これをいつあなたがマスターするかです。

さて、それから本格的にスランプの脱出法を述べていきます。
この脱出劇には男も女も関係ありません。みな一緒です。

タイミングが合わない=スランプ。
スランプから脱出する方法は積極的になることです。
腐らないで、明るく前向きに行動する。
悩まないで、自分のやり方を信じて努力する。
不安にならず、このやり方でいいと信じて頑張る。
心配しない、未来のことだけを考える。
暗いことばかり考えない、過去を封印し、明るい未来のことばかりを考える。
自信がない、自信などなくてもいい、自信は根拠のない自信でいい。
逆境に潰されない、逆境の中にはそれ以上の成功の種が含まれている。
ピンチは、チャンス。
スランプの脱出法はそういった心の訓練をたくさんたくさんやることです。心の訓練を積んでいけば、心も体もスランプから脱出できます。そうなればタイミングは合ってきます。タイミングが合うようになれば、ヒットを打て、幸せになれます。

この場合のヒットとは、
男性は仕事で成功。
女性は自分磨きで成功。
男性の仕事の成功と女性の自分磨きの成功が重なれば、間違いなく二人のタイミングは合ってきます。



「人生はタイミングです。とくに恋愛はタイミングそのものといっていいでしょう。タイミングが合えば結ばれて結婚できます。タイミングが合わなければ結ばれず別れることになります。どんなに愛していても・・・。だから愛よりタイミングが大切なのです。ここに記したのは男性の言い分です。」

別れるとき、多くの男性が「タイミングが悪かった」といいます。「タイミングが悪かった、タイミングが合わなかった。もっと前に知り合っていれば、もっと後に知り合っていれば、君と一緒になれたのに、タイミングが悪かった」。などというお話は私自身何千と聞いています。男性はいかにタイミングが大切か分かっています。それに対して女性はタイミングより愛と答えます。愛さえあればタイミングなど重要ではない。愛がないからタイミングが悪いなどといいわけをする男性に誠意を感じられない。愛を重要視する女性とタイミングを重要視する男性。双方に隔たりがあるのは確かです。

「愛さえあればタイミングなど重要ではない。愛がないからタイミングが悪いなどといいわけをする男性に誠意が感じられない。」これはもう女性の勝ち。女性の方が正しいと言っていいでしょう。女性の方が正しいと認めますが、恋愛に関しては正しいだけでは成立しません。タイミングがどうのこうのという底辺の男性に合わさないと恋愛はうまくいかないのです。ここで、なぜ私が底辺の男性に合わさないといけないの?という疑問を持ちたくもなりますが、ここはひとつ、底辺の男性に合わせることです。幼稚園の先生にでもなったつもりで、タイミングがどうのこうのいう子供の相手をしてやりましょう。同じ目線で考えてあげれば、この子が何を考えているのか?何を求めているのか?手に取るように分かるようになるからです。愛に対して男性は子供。愛に対して大人の女性が、上手に合せて指導する。このくらいの器の大きさでいいのではないでしょうか。

タイミングとは何か?
男性視線でタイミングを説明すると、野球のピッチャーとバッターの関係です。ピッチャーが投げたボールにタイミングが合わないとバッターはヒットを打つことができません。長い間ヒットが打てない打者は試合から外され2軍落ちです。2軍に落ちた選手は死にもの狂いでスランプからの脱出を図ります。タイミングが合わない。この状態をスランプといいます。彼が「君とはタイミングが合わない」というのは、彼自身がスランプだ、ということです。「タイミングが合わない=スランプ」と認識すればいいでしょう。野球と恋愛は一緒なの?という質問には「一緒です」と答えるしかありません。野球以外でもどんなスポーツでも一緒です。またスポーツだけでなく仕事でも、趣味でも、勉強でも、人間関係でも、人生でも、人の営みで起きるタイミングのずれによるスランプは一緒です。「タイミングが合わない=スランプ」と認識すれば、どうすればいいか?今後の対策が見つかるからです。

「タイミングが合わない=スランプ」
そこであなたに質問があります。
あなたはどうやってスランプを脱出しますか?
あなたのスランプの脱出法。
あなたの経験、あなたの考えで、お答えいただけると助かります。
あなたのコメントが皆さんの参考になり、私も参考にさせていただきます。

私(沖川)のスランプ脱出法は次回述べます。