ホーム > 月別アーカイブ: 2019年12月
何度かコメント投稿する事はあったのですが、勇気を出して相談しようと思います

私 1978.3.16
彼 1974.3.31(自動車整備関係)
・お互いバツイチ・ 付き合って10年目
・来年あたり入籍の予定
・私の子供は1月に成人します
・彼の仕事はほぼ定時あがりです

1-1.jpg


9年の間に、音信不通、復縁、グレー、距離を置く、等々を繰り返しています。ここ3年くらいは落ち着いた関係で、心地よく過ごしていました(その期間に入籍の話も出ました)1ヶ月ほど前にささいな事で、ギクシャクし始め、その後一度会いましたがそっけない様子…LINEの返信は輪をかけてそっけない向こう発の連絡は来なくなったので、私も連絡するのを止めています

私的には「また始まったな…」という感覚で、苦しいけれど慣れています。慣れていますが同じ事を繰り返す彼と、このままズルズルと付き合っていて良いのか今回、初めて考えるようになりました…かと言って、この歳で彼を失うのは怖い…

基本的には面倒見が良く優しいのですが、気になる点は
・嘘をつく(後に自分で辻褄が合わなくなってごまかす)
・お金を借りたままにしがち、税金、車検代を滞納する(元の家族への養育費等は取り決めで0円なので負担はなし、借金もなし、お酒やギャンブルはしない、趣味で釣りをするくらい)

過去最長8ヶ月の音信不通があっても、嘘に気づいても、責めたりした事はありません。事情を知る同僚が「怒ったりしないから、舐められているんだよ!もっといい人いるって!」と指摘してくれた事もあります。彼の事は好きですが、このまま一緒にいて良いのか解らなくなって来ました…自分の対応の仕方も合っているのか解らなくなって来ました…

まとまりのない文章で申し訳ありません
お目に止まりましたら、よろしくお願いします
2019年11月12日 21:54 火曜日 |
sai

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


金払いの悪い亭主関白は、女性にとって厄介な生き物。

女性とは忍耐強く苦労するものなり。Saiさんのコメントから、それがうかがえます。
9年の間に、音信不通、復縁、グレー、距離を置く、等々を繰り返しています。Saiさんは苦労する相手に本当によく頑張ったと思います。偉いですね。この忍耐は男性には真似ができません。女性だからできる至難の業です。

いくいら愛情があるとはいえ、よくもまあ、10年近くも忍耐した。お子さんが成人と同時に、来年は彼と入籍予定。だが、ここへ来てこの人でいいのか?と考えるようになった。

彼の事は好きですが、このまま一緒にいて良いのか解らなくなって来ました…自分の対応の仕方も合っているのか解らなくなって来ました…。

ここに来てそう考えるのも仕方ないと思います。これは悩みではなく、今後の人生の問題点の総ざらい、人生の転換期、人生の岐路に立ったと考えるべきでしょう。

果たしてこの人で良いのか、総点検です。彼は車の整備士なので、逆バージョンで彼が車検として合格するか?それとも廃棄処分になるか?検査官がSaiさんになるということです。

彼の点検項目。

良い点。
基本的には面倒見が良く優しい。借金もなし、お酒やギャンブルはしない、趣味で釣りをするくらい。

悪い点。
嘘をつく(後に自分で辻褄が合わなくなってごまかす)。お金を借りたままにしがち、税金、車検代を滞納する。プライベートにおいては、音信不通、復縁、グレー、距離を置く、等々を繰り返す。パートナーとしては安心して付き合えない相手。彼に合わすのは苦痛が伴う。

どの人間にも良い点と悪い点があります。
良い点から悪い点を引いて、総合評価で判断するしかありません。

私の判断では、彼の良い点から悪い点を引いたら、マイナスしかありません。女性の愛で支えようにも、これは「かなり苦労する相手」となるでしょう。

入籍したらどうなるか?
おそらく良い点と悪い点が二つに分かれ、良い点と悪い点が同居する生活になるでしょう。

悪い点。
彼は自分勝手なオレ様の亭主関白なので、常に顔色をうかがい、ご機嫌取りするような形になると思います。Saiさんも人生経験豊富な四綠木星なので、彼に負けないプライドで応戦すると思いますが、この二人の場合は八白土星の彼の方が頑固さとプライドでは勝ち、Saiさんは常に負け戦を強いられることになると思います。常識があって聡明な四綠木星は、それでも別れることなく、忍耐強く亭主関白の妻となって、彼を支えていくでしょう。自分の思いは発揮できず、常に彼の顔色を伺う、我慢と忍耐の生活が待っているのではないでしょうか。

良い点。
八白土星は家庭向きの性格。恋愛のときはいい加減でも、結婚したら家庭人となって落ち着く場合もあります。男らしい部分があるので、妻を得たら責任感が増して安定する。愛する女性と住めば、マイホームパパとなり、子供がいれば子煩悩な父親となる。自分の住処が城となれば、安定した世帯主になる場合もあります。

ふたつの良い点と悪い点、どちらの比重が多いかは私よりSaiさんの方がよくご存じだと思います。10年近くも付き合っているのですから。

最後に私の個人的な感想。
男は亭主関白でもいい。
ただし、金払いのいい店主関白であること。
自分勝手な分だけ、それに見合った生活費を女房に払うこと。
金払いの悪い亭主関白は愚の骨頂でしかない。
私はそう思います。

彼の経済状況を見てみますと、お金を借りたままにしがち、税金、車検代を滞納する。これらの点から、彼は金払いのいい亭主関白ではないということです。八白土星は車好きが多く、車関係の仕事に就くことが多いが、この仕事は大手メーカー以外は低賃金。その点からも苦労すると思います。

これから先の考えは、saiさんの人生がかかった考えとなります。
丁度いい機会を得たのではないでしょうか。
よく考えて、saiさんらしい結論を出してください。

私の答えは以上です。


別れて3か月たちます
私1989.11.28 会社員
彼1988.8.18 公務員

今年の初めから付き合いだした彼と8月に別れを告げられました。
原因は私が彼からの好意を感じられる気持ちを疑ってしまい彼が疲れてしまったからです。
一か月ほど時間を置きましたが、とても反省しているし、貴方のことがとても大切で失いたくない、信じてほしいから時間があるときに話し合いたいと伝えたところ次の日にLINEで気持ちが戻らないと告げられ、承諾しました。
別れてからは連絡は一切とっていません。

他に出会いを見つける努力もしてますが、彼の事を思わない日はありません。別れて早い段階で街コンに行ったりして他の人をみる努力もしました。ですが婚活で出会った方にどんな人がタイプ?と聞かれるたびに真っ先に彼の顔が浮かびそれから私はなんで彼を傷つけてしまったんだろうと後悔してしまい、途中から婚活どころじゃなくなってしまいます。
家も近く、どうしても家の前を通らないと行けない時もあり否が応でも思い出してしまいます。LINEをしたくてしょうがない時もありますが、必死で堪えています。
先生のブログを拝見しているので連絡する時は年明けにあけましておめでとうLINEをしようと思っています。
書いてて思いましたが私とても執着していますね(笑)
他の人にも目を向けていろんな人を見ている最中ですがやっぱり今は彼との復縁を一番に望んでいます。
復縁するために…アドバイスよろしくお願いします。
2019年11月12日 20:13 火曜日 |
Nana

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


別れを受け入れたけど、やはり彼が好きなので、復縁がしたい。

この問いに対する私の答えは、本来なら執着ではなく「あきらめよう・・・そうすればうまくいく。」です。

婚活で出会った方にどんな人がタイプ?と聞かれるたびに真っ先に彼の顔が浮かぶようではダメです。私はなんで彼を傷つけてしまったのか?と後悔してはいけません。新しい活動をする場合は、彼のこと(過去)を思い出さないようにして活動しなければいけません。

それはできない。彼のことを思い出さない日はない。甘いですね。乙女ですね。こういう人には私は何度も同じ事を言わなければなりません。「人生は癒やしではないよ、人生は管理だよ!」と何度も繰り返し繰り返し言わなければなりません。自分の人生に責任を持つ、その管理がしっかり出来ていないから、いつまで経っても変なフイルターをかけて不幸な過去に戻るのです。

これを厳しいと受け止めないでください。幸せな人生を歩むためには誰にも必要な精神的な訓示なのです。Nanaさんだけに言っているのではありません。この訓示は皆さんにいっているのです。「人生は癒やしではありません。人生は管理です」自分の人生の管理者であるあなたが、自分の人生を管理しないとダメでしょ、と言っているのです。

彼を思い出さないように活動する。これこそ管理だとしっかりと覚えてください。
何回もいいますが、頭では解っているけど感情がついていけない。こういう人は管理ができていない人です。このブログで何度同じ事を言ったか?これからもきっと何度も何度も同じ事をいうでしょう。そろそろいいかげん覚えてください。これが乙女の戦いだと覚えてください。乙女はいつもこの戦いに負けますから。乙女心は好きになったらどうしょうもありません。管理者不能となって狼狽するだけです。いつまで経っても過ぎ去った癒やしを求めて後戻りするだけではダメです。今さら取り返しのできない過去へ過去へ戻ろうとするだけではダメです。その過去はもはやもう取り越し苦労となって存在しません。存在しない過去へ戻ろうとする癒やしは、人生の危機が待っているだけです。危機に舞い戻る前に、そこへ行かないようにしっかりと自分を管理しなければなりません。人生は癒やしではないよ、「管理だよ」とはあなたを救うためにある大きな精神的な訓示なのです。
前に進むのなら、前述した私の訴えをよくご理解に上、前へお進みください。


さて、これから後述に入ります。
Nanaさんの「復縁するために…アドバイスよろしくお願いします」に答えていきます。

復縁か?三碧木星との復縁ね。うむ、やり方があるとすると、ストーカーになることですかね(笑)これは冗談でも笑い話でもなく、本気でその方法がいいでしょうといっているのです。ストーカーとは悪質なつきまとい行為。私がいっているのは良質なつきまとい行為。つまり、暗いストーカーでなく、明るいストーカーになることです。

明るいストーカーってあるの?ありません。明るいストーカーは私が命名したものです。
だから辞書には載っていません。

同じしつこさなら明るくいく。
明るいストーカーとは非通知ではなく、通知で名乗り、明るく積極的に前向きに自信を持って、颯爽と彼に行動することをいいます。ストーカーとは陰湿で暗くてしつこいのですが、明るいストーカーは明るくて前向きでしつこい。どちらもしつこいが、明るいしつこさで行こうということです。

三碧木星男子を落とすには、積極的にガンガンアプローチすることです。男女の恋愛の初期に男性側のアプローチが凄かったように、今度は男女を逆転して、女性が男性並みに熱烈にアプローチすることです。

するとどうなるか?
三碧木星男子は落ちます。最初は冷たく抵抗するでしょうが、時間をかければ落ちます。彼は男性だけど、女性っぽい心を持っている子供のような性格なので、明るく前向きに自分の気持ちを訴えければ、落ちるはずです。

おそらくこのやり方は、女性にはできないでしょう。
なのに、なぜ私がこの方法を勧めるか?彼の特徴をよく知っているからです。三碧木星は、明るく前向きな熱意のあるアプローチに弱いことを知っているからです。弱くて繊細で、周りの目をとても気にする性格なので、脅すと怖がるけど、明るく褒めると乗ってくる、この性格を利用してアプローチすれば、乗ってくるということです。

私の答えは以上です。



私:1984年11月14日 会社員
彼:1980年4月10日 フリーランスのスポーツライター(昨年の11月に独立)

runners-635906__340.jpg


彼の放置についてご相談させていただきます。
アプリを介して出会い今年の4月からお付き合いを始めましたが、9月から徐々に連絡頻度が低くなり、今は1ヶ月ほど連絡を絶っています。
10月は私から様子を伺うラインを週一程度で送っており、割とすぐに返信はありますが忙しそうでそっけない感じでした。
連絡を絶つ最後のラインで軽くお茶に誘ってみたのですが、
「ごめん!いま忙しい、お金も時間もないから働かないといけない。
樹里ちゃんも先のことを考えるとつらいよね」と返信がきました。
「先のこと」というのは結婚を意味していて、いまはとても考えられないよと言いたいのかなと思いましたが、ラインで話をこじらせたくないので意図は尋ねず曖昧な感じで返信しました。
彼から「とにかく今は目一杯だ」という返信を最後に、私からは送っていませんし、もちろん彼からも連絡はきません。
もともと付き合い当初も月1〜2回程度しか会えなかったので(日中も含め、デートはしていました)忙しいことは理解していますが、不安で寂しくて仕方なくなります。
これは彼に依存しているだけだ、もっと自分に軸を置こうと毎日を過ごしていますが、 なかなか本当の意味でそういう状態になるのは難しいですね。

私がしなければならないことは彼の連絡を待つことではなく、趣味や仕事に集中すること、また彼のことは一旦横に置き、他にも出会いの目を向けることだと思っています。
沖川先生のブログはまるで処方箋のようで(笑)辛くなったら気に入ったページを読み返しています。(とくに放置に関するカテゴリ…。)
連絡がないからと言って私から別れを告げるような自爆行為はしたくないので、しばらく私からも放置して、年末年始に体調を伺うような連絡程度はしようかなと考えています。

お聞きしたいことは2点で、
①私のこのような考えや行動は正しいでしょうか?
②今後彼から連絡がきたとしても、また彼の気持ちが再燃することはあるのでしょうか?
もちろん彼の気持ちは彼にしかわからないので再燃するかどうかなんて無意味な質問かもしれませんが、彼の熱が冷めてから再燃してうまくいっている例はあるのでしょうか?

ここ数年、放置や音信不通等でおつきあいが長く続かず少しトラウマ気味です。
年齢も年齢なので、結婚を見据えたおつきあいがしたいです。
• 2019年11月12日 12:15 火曜日 |
• 樹里

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


彼は独立してまもないフリーのスポーツライター、の恋の行く末は?

お聞きしたいことは2点。
①私のこのような考えや行動は正しいでしょうか?
○私がしなければならないことは彼の連絡を待つことではなく、趣味や仕事に集中すること、また彼のことは一旦横に置き、他にも出会いの目を向けることだと思っています。この考えと行動は正しいと思います。自分の心をしっかりコントロールし、その考えに従って行動してください。

○連絡がないからと言って私から別れを告げるような自爆行為はしたくないので、しばらく私からも放置して、年末年始に体調を伺うような連絡程度はしようかなと考えています。自爆行為はしないでください。年末年始に体調を伺うような連絡はしないでください。樹里さんは、ここ数年、放置や音信不通等でおつきあいが長く続かず少しトラウマ気味です。年齢も年齢なので、結婚を見据えたおつきあいがしたいはずです。トラウマを克服するためには自ら連絡しないと管理すること。自ら連絡すれば、またあの失敗のトラウマが再現されます。

②今後彼から連絡がきたとしても、また彼の気持ちが再燃することはあるのでしょうか?
○上記の行動を正しく行えば、彼から連絡がくるでしょう。連絡が来ても、それは単なる様子伺いの連絡で再燃はないと思います。彼の気持ちを再燃させるのは?連絡が来た後も、上記の行動をしっかりとやることです。

最後に彼の性格診断と彼の今後。
私の分析ではこうなります。
彼は39歳の二黒土星。去年の11月にフリーランスのスポーツライターとして独立した。彼の今の能力、性格からすると、成功のメド立つののに5年はかかるでしょう。でも今の中途半端なやり方でが成功のメドが立たないと思います。本来なら3年間年中無休で働かなければならないからです。この間は、女性と付き合っている暇などありません。中途半端な欲求不満の恋愛をしていたら成功はほど遠いものになるでしょう。「ごめん!いま忙しい、お金も時間もないから働かないといけない。 」彼のこの言葉で、私は彼の置かれている状況がすべて見えました。私は占い師だけでなく、自分でも自営しているので、彼の置かれている状況がよく解るからです。彼はこのままでは成功しません。中途半端な恋愛をやめない限り。

この状況から判断すると、これでは恋愛できないね。これが私の分析結果となります。

ですから、樹里さんは彼の連絡を待つことではなく、趣味や仕事に集中すること、また彼のことは一旦横に置き、他にも出会いの目を向けること。これを実行してください。年齢も年齢なので、結婚を見据えたおつきあいがしたいです。これが樹里さんの最終的な考えなら、そういう人を見つけることです。

私の答えは以上です。



付き合ってくれない彼
私1995年3月15日五黄土星
彼1994年6月24日六白金星

彼とは昨年の夏頃に出会い、
最初は曖昧な関係からスタートしたのですが徐々に私の方が惹かれていきました。彼から実は彼女がいると知らされたときには私は彼のことが好きになっていました。

PAK88_tewotunagiarukuyokohama20140301.jpg


彼女がいる人とこんな関係を続けていてはいけないと思ってはいても断ち切れず、でも今年の春にこのままではいけないと私も他の人と付き合ってはみたのですが結局その彼とも別れてしまいまた元の状況に戻ってしまいました。

しかし今年の9月頃彼女から結婚を催促されたらしく、そのことで揉めて別れることになったそうです。それから今まで週2ほどデートに行くようになり関係は以前より良くなっていると感じています。

しかし彼は、前の彼女とは結婚のことで揉めてしまい、私と付き合ってもまた同じことで嫌な思いをさせてしまう。私のことが嫌とかではないけどいまは付き合うことは考えられない、と言います。

私としては付き合ってなくても毎週彼と会えるしいまの状況でもいいとは思うのですがたまにこの関係を疑問に思ってしまいます。
できることなら付き合いたいのですがどうすればよいのでしょうか?
2019年11月12日 09:02 火曜日 |
おなす

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


前の彼女と結婚のことで揉めて別れ、私と付き合ってくれない彼。

曖昧な関係からスタート。彼から実は彼女がいると知らされたときに私は彼のことが好きになっていた。この流れだと、二人は正式に付き合う関係には発展しないでしょう。

彼には罪があり。彼の心の中で因果応報が働いているからです。彼女がいながら自分は他の女性と関係を持った・・・。そして彼女とは結婚のことで揉めて別れた。罪の意識がぬぐえないまま、おなすさんと、この関係が続いている。正式な恋人ではなく、罪をごまかすための関係が続いているということです。

彼は、前の彼女とは結婚のことで揉めた。私と付き合ってもまた同じことで嫌な思いをさせてしまう。私のことが嫌とかではないけどいまは付き合うことは考えられない。彼は悪いことを学習しました。今の彼は挫折の中にいるのです。

見たところ、彼はとても真面目な性格。二股をする性格ではないと思います。そしておなすさんも真面目な性格、彼女がいる人とは関係を断ち切ろうという性格です。だが、二人は惹かれ合い、因果応報のトリックに引っかかってしまった、と私はみています。

因果応報のトリックを外すには、時間をかけること。過去の罪は時間によって解決するからです。さらに因果応報のトリックを外すには彼との関係を断ち切ることです。断ち切れば因果応報の魔の手から逃げることができます。魔の手から逃げれば、今後のおなすさんの人生に悪い影響は与えないでしょう。

1, 私としては付き合ってなくても毎週彼と会えるしいまの状況でもいいとは思うのですが、
2, たまにこの関係を疑問に思ってしまいます。

1、時間をかける。2、断ち切る。2つの心の動きが出ています。
人間は常に二つの心を同居させながら迷っているのです。悩みとは選択できない二つの動機からなるもの。この問題の解決方法は、どちらかひとつにすることです。愛は苦渋の選択。どちらを選択するか?それはおなすさんが決めることです。

どちらを決めるにしても、決めた方を信じて管理することです。もう二つの心を持ってはいけません。決めた方を信じて、とことん管理することです。

私の答えは以上です。


沖川先生 日々のお仕事お疲れ様です.

彼 1983.6.1 (八白土星) 物流系 中間管理職
私 1994.2.1 (七赤金星)

仕事を通じて知り合って3年ほど前から親しくなりました。お互いきっと好き..と思っていたのですが、肝心なあと一歩の進展がないまま、最悪な自爆だけは避けて2年ほど経ちます。
彼は離婚した過去があり、女性恐怖症という事も伝えられました(えっ.. じゃあ私のことも怖いのかなぁとか思いつつ)
彼は朝8時から夜23時まで働いており、休日も職場に急に呼び出されるような人です。でも、私が彼を好きになったのは同世代には感じない仕事への向き合い方に尊敬できたからなので彼の仕事に嫉妬はした事はありません。他にも、高校時代の仲間と今でも草野球を続けていることや、姪っ子や甥っ子をすごく可愛いがっていることなど、素敵な人だなと感じる部分が彼には沢山あります。
ただ、ここ1ヶ月くらいでしょうか. 想い続けることに疲れきってしまったのか、諦めの境地にたどり着きつつあるのか(笑)、気持ちが妙に落ち着いています。連絡はほぼ毎日くれるけど、都合が合わずもう半年近く会えてないから余計気が滅入っているのかもしれません。ずっと信じて待っていたけど、もうこのまま「好き」も「付き合おう」もないのかなぁとか考えたりして。
私もいい年なので次 付き合う人とは結婚を考えたいです。
私は彼のことを今でも大好きな気持ちはあるけれど、そもそも彼は好きな人がいればもう一度結婚しようという気持ちはあるのでしょうか. もしないのなら... 私はもっとしっかりしなくちゃいけないですよね.
長くなってしまい すみません。
2019年11月11日 21:43 月曜日 |
そら

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


彼は離婚経験あり、女性恐怖症、何も進展なく2年が過ぎた。

肝心なあと一歩の進展がないまま、2年が過ぎました。彼は朝8時から夜23時まで働いており、休日も職場に急に呼び出されるような人。彼は離婚した過去があり、女性恐怖症という事も伝えられました。そもそも彼は好きな人がいればもう一度結婚しようという気持ちはあるのでしょうか?

この流れは、離婚した経験を持つ36歳の八白土星の特徴ですね。
1,仕事人間。今は仕事だけに専念したいのでしょう。離婚した男性は仕事だけが生き甲斐ですから。仕事は裏切らない、やればやっただけ成果が出る。今の彼は、仕事に生きている人間です。

2,女性恐怖症?前妻との離婚の原因があるのかもしれません。奥さんが裏切ったとなれば女性恐怖症になるでしょう。八白土星は、よほどのことがない限り離婚はしません。離婚があるとすれば奥さんの浮気が多い。もし、そうであれば、人が信用できない人間となり「女の人は信じられない」という女性恐怖症になります。

3,そもそも彼は好きな人がいればもう一度結婚しようという気持ちはあるのでしょうか?あるとは思います。ただ、1と2の要因が大きければ当分は結婚しないでしょう。どのくらいかかるの?おそらく5年~10年はかかると思います。

彼は1度結婚で失敗しているので、次は二度と失敗はしたくない。次の結婚はとても慎重になります。だから結婚に対しては急ぐ必要も慌てる必要もないのです。

連絡はほぼ毎日くれるけど、都合が合わずもう半年近く会えてないから余計気が滅入ってしまいます。仕事人間とはそういうものです。連絡は毎日ある、これも仕事の一角です。ではなぜ逢えない?仕事が忙しく逢う時間がないからです。すべてを仕事に優先させるため、逢う恋愛は犠牲になるのです。

彼のこういう態度が続いて、諦めの境地にたどり着きつつあるのか(笑)、気持ちが妙に落ち着いています。そうなるでしょうね。でも、それで正解です。彼を待ったら何年かかるか分かりませんから。彼は平気で人を待たせる八白土星の悪いクセが出ています。そらさんの今の心境は、彼のことをあてにすることなく、自分の将来は自分で考える時期にそろそろ来ているということです。


自分の将来は自分で決める時期に来ている。

road-4645843_960_720.jpg

おそらくそらさんも解っていると思います。今まで自爆しないで続けてきたのもそのためです。諦めの境地にたどり着きつつあるのか(笑)、気持ちが妙に落ち着いています。その境地は自爆した人には達しません。自爆した人は後悔で余裕がなくなり、諦めの境地にたどり着かないからです。

そらさんのには心の余裕があります。彼と白黒決着をつけることなく前へ進んでください。自分の諦める境地を信じて前へ進んでください。心機一転、気持ちを切り替える。新しい人を見るのがこんなに素敵だと思わなかった。とてもワクワクする。こんな広い世界があるのに、視野の狭い世界に閉じ込められていた自分がバカだった。よ~し!新規開拓に勤しむぞ、もう過去には戻らないと決めてください。そうすれば未来の扉が開いてきます。未来を開拓するのは、後腐れのない余裕のある心です。さらさんにはそれがあります。

すると彼はどうなるか?
私は離婚した八白土星の特徴を知っています。36歳とまだ若い。離婚後のこの年齢の八白土星は、彼女がそういう動きをしたとき、動いてくるのです。このままだと5年~10年先ですが、時間をうんと縮めて動いてきます。彼の心の中は、今すぐ結婚してもいいはずなのです。これがなかなかできない。なぜ出来ないか、1と2に負われて結婚に対する動機が起きないからです。

動機は信頼していた彼女がいなくなるときに起きます。もし奥さんに裏切られたのであれば、二度とあんな思いをしたくないという動機がさらに強くなるでしょう。別にそらさんは裏切っているわけではありません。彼がはっきりしないから自分の年齢を考えて前へ進むわけですから裏切りではありません。

裏切りでないから、堂々と前へ行きましょう。素敵ないい人を探すために。そうすれば彼は動機に促されて動いてきます。そうさな、半年後にはその動きが目撃されるでしょう。さらさんは半年間彼に対して何もしないことです。彼から連絡が来ても、さらりと交わし、やる気がない返事をして、しまいには無視すればいいのです。私は新規開拓で忙しいの、あなたに構っている暇はない!となれば合格です。

彼が動くか動いてこないかは、定かではありません。動いてこなければ「それだけの男」と任命して、そらさんは前に進めばいいのです。そうすれば必ず予定通りに結婚できます。

私の答えは以上です。


彼氏とこれからも一緒にいたいです
私 1989.9.30 (准看護師)
彼氏 1991.2.10 (准看護師)

よろしくお願いします。
私は学校には通わず病院で働いていますが、彼氏は准看護師の仕事をこなしながら、看護師になるための勉強をしています。

彼氏が学校を卒業する頃には、結婚したいと考えています。月に1.2回ほど連絡は取り合っていますが、実習や仕事では忙しいので年に1.2回しか会うことができません。彼氏に会いたい気持ちもありますが、お互いに仕事や学校を第一優先としてきたので、会えなくても大丈夫、彼氏が頑張っているのだから、私も仕事を頑張ろうと日々奮闘しております。

彼氏とは将来の話はしたことがなく、本当に結婚する気持ちがあって付き合っているのか、分からないので不安にもなります。

しかし、今までの努力の過程を知っているので彼氏には看護師になってほしいし、その先の生活を支えていきたいと思っています。

2019年11月11日 18:12 月曜日 |
はた


pic_desired_2.jpg

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


もうやめよう、女性の不安の考えは、それが現実となるから。

病院で准看護師として働きながら正看護師を目指している。
私は医療関係者のことをよく知っているので、一言でいって彼は大変な状況にいます。彼は人生の中で、今一番忙しい時期にいる。まずそのことを理解してあげることです。

1,彼氏とは将来の話はしたことがなく、本当に結婚する気持ちがあって付き合っているのか、分からないので不安になります。

2,今までの努力の過程を知っているので彼氏には看護師になってほしいし、その先の生活を支えていきたいと思っています。

1と2、どちらを考えますか?
頭では2を考えるべきだと解っているのですが、恋する女性は性格上1ばかりを考えてしまいます。1が90%で2が10%ってところですかね。1ばかりを多く考える思考は怖い。放っておくと後で取り返しのつかない結果となります。

思考は現実化する。
現実化するのは、考えの多い方が現実となる。
2つの考えのうち、どちらかを多く考えたかで思考が現実となる。
もし、1の方を多く考えていたら、将来は1が現実となるでしょう。

怖いですね。
考え方によって、望んでいないことが起きるわけですから。

ですから、1の不安は削除することです。こういった不安ばかり考えていると、不安が的中します。だから、やめましょう。不安のことを考えることは。

どうすれば1の考えを削除できるの?
管理です。その考えをやめるという管理です。

何度もいいますが、人生は癒やしではありません、管理です。
考えることも管理しなければいけません。

頭では解っているけど、感情がついていけないという人は管理ができていない人です。
ただ、無作為に妄想の中にいる人です。しかも妄想は悪いことばかりを考えています。

その時間に自分を長く置いて、ただ闇雲の不安になっているだけです。私のいう癒やしの中にいてはいけないというのは、不安もある種の癒やしだからです。

もう一度いいます、「人生は癒やしではありません、人生は管理です。」
1の不安をなくすのは、しっかりと自分を管理することです。

管理ができれば、あなたの思考は2ばかりに集中します。2の思考が多くなれば、2が現実となることをはたさんは望んでいるはずです。ですから彼を信じて、2の思考レベルを上げてください。

私の答えは以上です。



去年の今頃ここに辿り着き、以来毎日拝読しております。
いつもありがとうございます。
3年お付き合いした彼とお別れして、自分でも怖くなるほど執着し、不眠になり痩せてしまい酷い毎日を過ごしていましたが、先生に鑑定していただいたり皆様のコメントに励まされきっぱり追うのをやめました。そして、アプリを通じて知り合った人と今、とても幸せな毎日を過ごしています。

その彼は、奥さんに彼ができて出て行ったとの事で三人の子供を自分の手元で育てて9年目。長男社会人、長女私立大一年、次女中学二年、自宅は30歳頃にマイホームを購入し現在年金生活のご両親と6人で暮らしています。とても子煩悩で、家族を大切にしている人です。地域の活動や学校の役も積極的に参加してきてるのでお付き合いも多いです。仕事も激務で、毎月残業フルでしているような状態です。そんな中でも、なんとか週一のデート、連休の時は2日間会いに来てくれていろんなところへ連れて行ってくれます。

忙しくて2時間くらいしか時間がなくても会いに来てくれます。片道約一時間、千円高速代がかかります。割と遠出をしますが高速代など全部出してくれます。なので、せめて食事代や、スポーツ観戦が好きな私ですのでチケットを購入して誘ったりしています。

長くなりましたが、デート代の負担を上手にしたいのですけど、どの辺りまでするのが無難なのか悩みます。一年近くのお付き合いで、ご飯代は私が出すパターン化してるのはいいのですが彼はたぶん遠慮していて、高いものは選びません。好きなの食べてってストレートに言えばいいのか、私が気を遣いすぎなのか、他にもいろんなシチュエーションがあるので…どう振る舞うのがベストなのか教えて欲しいです。

彼は出来る限りのことはしてあげたい!と思ってくれる人なのでその気持ちを満たしつつ、
もう少し負担させてもらえたらなと思っています。
彼:19750115 大手企業本店 営業事務
私:19740712飲食店店長
誕生日は
2019年11月11日 16:38 月曜日 |
まいご

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


子煩悩で、家族を大切にしている苦労人で努力型の彼。

まるで絵に描いたような誠実な男性ですね。
これこそ「いい男の見本」といっていいでしょう。
殺伐した世の中に、こういう男性がいることは日本の誇りです。
日本男子よ!彼に続けですね。こういう男性を目指そう!と号令をかけたいくらいです(笑)

まいごさんのコメントを読んで見て。
私の感想は「とくに問題なし」。
このまま続けてください。
このまま続けてとは、気を遣わずに続けてくださいということです。

まいごさんは気を遣いすぎです。八白女子の性格上、好きな人には気を遣い過ぎるのは仕方ありませんが、あまり気を遣い過ぎるとかえって相手に迷惑をかけてしまいます。

彼も解っています、まいごさんが気を遣う女性だということを。まいごさんの気の使い方が今は丁度いい、ベストだということも彼は解っています。彼は「まいごさんのことを誠実な女性だ」と認識しているので、今のところ問題ありません。

だが、過ぎたるは及ばざるが如し。あまり気を遣い過ぎるのはかえって関係性を悪くします。
その辺を、気をつけてください。

彼は今どき珍しい古いタイプの男です。
女性に金を出させるのは好まない男性です。
今の時代は割り勘が当たり前なのですが、彼は割り勘が嫌いなタイプです。
男は黙って金を出す。デート費用は全部男が持つ。これが彼の基本だからです。

その性格の男性に女性がお金のことで気を遣ってはいけません。
「ありがとう」「ごちそうさま」心ある感謝の言葉だけで彼は十分に満足します。彼は出来る限りのことはしてあげたい!と思ってくれる人なのでその気持ちを満たしつつ、もう少し負担させてもらえたらなと思っています。ですから、この考えは無用です。

女性がお金を出すとき、彼は高いものを選ばない。彼らしいですね。男らしい男とはそういうものです。ここで提案ですが、お弁当を持っていったらどうでしょうか。彼女の手作りの弁当が、どの豪華な食事よりも美味しい食べ物となります。彼は家庭的な奥さんを求めていますから、お弁当を作ることを提案します。食事代をまいごさんが持つなら、手作りの弁当がいいですね、大変でしょうけど、これが出来れば間違いなく彼の心をゲットできます。

2018052507.jpg


彼の日常生活である、仕事人生は奥さんの手作り弁当で始まる。これが八白男性の満たされた人生となります。どうせ気を遣うのなら、料理の勉強をすることです。女性らしい気配りのある料理。これさえあれば、彼との関係はほとんど問題ありません。お幸せに。

私の答えは以上です。




夫婦とは…
20代後半から婚活を始め、先生のブログ記事を全て読み、紆余曲折しながらも結婚に至った者です。

夫 1980年1月22日(接客業)
私 1986年9月5日(接客業)

夫とは同じ職場で知り合い、コツコツ真面目に取り組む姿勢や、感情に流されない冷静さに惹かれ(私は気分屋なところがあります)この人ならと結婚しました。

すぐに待望の子供も授かって産休に入り、幸せを噛み締めていた中、夫が仕事で懲罰を受け降格処分となりました。妊娠中に突然知らされ、頭が真っ白になり、夫も動揺を隠せない様子でした。懲罰の内容は、会社の決められたルールを守らなかったため、同じ職場の人から声が上がったためです。

夫になぜ?と問うたら、ルールより、こうした方が合理的だから悪質的にしてやろうと思ってやったことではないとのことでした。
確かに夫の性格上、当てはまるし、人間関係も好かれる人と嫌われる人と、はっきりわかれます。事実、職場の人とこじれた事もあります。直属の上司からは評判が良く、仕事面では信頼されていました。

処分内容が決まるまでは、落ち着かず、最悪クビになる場合も考え、夫も仕事を探したり、私も上司と連絡を取ったりとストレスで気が犯しくなりそうでした。

ただ、二人が落ち込んでいては前に進まない、責めたところで事実は変わらないと思い、私は徹底的に励まし役に努め、知らされた翌日には、お参りがてら観光しに行こうよと即行動に移したりしました。

幸い、クビにはなりませんでしたが給料も減り子供も生まれ私の不安や、もやもやは無くなりません。仕事面での彼を本当に尊敬していたので、そこが崩れた今、夫に対する信頼が崩れつつあります。夫は今では明るく仕事に励んでいます。ただ、私の気持ちが追いつかず、どうやって夫と接していくべきか、信頼を構築していくか、指針がわかりません。

これから長い道のりを夫婦で歩いていく中、相談に乗って頂きたいです。
よろしくお願い致します。
2019年11月11日 11:14 月曜日 | 朱果

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


carshare501IMGL2465.jpg

夫婦とは…夫婦の危機をどう乗り越えるのか?

夫婦とは人生の危機を乗り越えるものなり。
これが私の最初の答えです。
もう恋愛ではありません。結婚した夫婦なのです。そして授かった子供の父と母なのです。そのことをよくわきまえてください。

大丈夫です。ご安心ください。
こういった危機はどの夫婦にもあります。人生を順調に過ごしていく夫婦はお目にかかったことがありません。常にいろいろな試練や困難に強いられるのが夫婦です。大小いろいろな危機が待ち受けるのが結婚生活というものです。 朱果さんの危機は大小の中でも小の方です。だからご安心ください。

なぜ小か?今は旦那さんが明るく仕事に励んでいるからです。危機を乗り越えて男の基本を取り戻した。こうなればもう大丈夫です。下がった給料もやがて元に戻るでしょう。危機を乗り越えた男は強いですから。結婚して子供が生まれ、家族ができたという責任感がますます今後増していくと思います。

問題は 朱果さんの方。
朱果さんの心配症は小のものを大にする傾向があります。心配し過ぎて悩み過ぎて心配事を拡大してしまう傾向があります。夫はすでに危機を乗り越えて前に進んでいるのに、朱果さんは逆に後退している。私のほうはこっちの方が心配です。

仕事面での彼を本当に尊敬していたので、そこが崩れた今、夫に対する信頼が崩れつつあります。幸い、クビにはなりませんでしたが給料も減り子供も生まれ私の不安や、もやもやは無くなりません。こういった「もやもやや心配事」は女性特有のものですが、このもやもやが長く続くと、将来の夫婦の危機になります。もやもやと心配ごとの積み重ねが、やがてストレスとなり離婚の危機まで発展してしまいます。

若いカップルが離婚するのは、このもやもやを解消されないのが原因だといっても過言ではないと思います。今は3組に1組が離婚する時代です。離婚の理由は小さなもやもやの積み重ね。小さなもやもやがやがて大きなストレスのなり、取り消しがつかなくなり離婚に発展している。この現状を目の当たりにして、皆さんは夫婦としての有り方、基本ができていないな!と思うのは私だけではないと思います。

夫婦には1年目のジンクスあり。
最初は甘いロマンスで結婚しますが、やがて甘い夢は消えて厳しい現実が見えてきます。思う通りにいかない現実が待っているのです。どんな現実かというと、夫や妻に合わせなければいけないという苦痛です。この苦痛が最初に来ます。こうなる現実を知らないで夢心地で結婚すると、あとでとんだしっぺ返しを食らうわけです。ですから結婚したら相手に合わす苦痛が待っている。これが夫婦の最初の登竜門と思って結婚すれば、この苦痛はなんとか乗り越えられるわけです。

相手に合わすという苦痛をなんなくこなせば、10年は安定した結婚生活が続くでしょう。
ここで言いたいのは、「夫婦とは減点から始まって加点していくものです」。これが夫婦の基本です。
この基本を最初にマスターすることです。
もう一度いいます。
「夫婦とは減点から始まって加点していくものです」
それをしっかり覚えてください。

この方式から見ると、朱果さん夫婦は減点です。
減点が今から始まっています。
夫に対する信頼が崩れ、まさしく減点です。
給料も減り子供も生まれ私の不安や、もやもやは無くなりません。さらにさらに減点です。

おそらく朱果さんの目に映る夫は、私がこんなに心配しているのに、旦那はのんきに仕事に行っているしか見えないでしょう。夫に対する信頼感がなくなった妻は夫を減点して見るようになる。果たしてそれでいいのでしょうか?よく考えてください。

もういちど夫婦の基本を再確認しましょう。
夫婦の基本とは、「減点から始まって加点していくもの」
いい機会です。
この基本を、今からしっかりと覚えてください。

私の答えは以上です。

彼→1985年9月18日(国家公務員一種)
私→1986年8月28日
三年前に3年半付き合った彼に一方的に別れを告げられました。
理由がとってつけたような理由で納得出来なかったため別れ際自爆してしまいました。
未だに彼への気持ちがあり2週間に一度程度の頻度でこちらから連絡をすると反応があったりなかったりします。(先生のブログをよんで返事がなくても一喜一憂せず、あ、忙しいんだな。まぁいいかの精神でやっています。別れた当初は未読無視でした。)
最近は相談ごとや興味のありそうなイベントに誘う内容で連絡をすると、会う気があるのか不明ですが音信不通か仕事を理由に断ら1年程会えてません。でも、返事が返ってくるだけで今はよしと思っています。
返事が返ってくるので彼も私とは関係を切りたいとは思ってないとは思いますが、彼とはどうやって進めていけばいいのか、もう、彼女がいるのかな?またいつかは戻ってくるのかな?と淡い期待もしていますが、もう気がついたら3年。先生、どのようなアプローチをしたらよいでしょうか。
2019年11月11日 08:29 月曜日 |
ともさん

悩み相談のコメントはこちらで受付ます。(こちらをクリックしてください)
注意事項をよく読んでコメントください。時間の許す範囲でお答えします。


三年前に3年半付き合った彼に一方的に別れを告げられました。
別れて3年も経つのに・・・まだ気持ちが残っている。未練なのか、執着なのか、それとも人生で一番好きになった人なのか、別れて3年も思い続けている。日々の暮らしの中に彼がずっといる、それは切ないことです。ともさんは、よほど彼のことが好きだったのでしょうね。

別れた理由が明記されていないので、彼がどういう気持ちで別れを決意したか?詳しくは解りませんが、おそらく女性には納得できない、理不尽な理由で一方的に別れを告げられたのでしょう。

彼の性格を分析すると34歳の六白金星。仕事は国家公務員一種。
彼の性格から別れの理由を考えると、概ね2つの理由が考えられます。

別れの理由1.(仕事が激務になったから)
一言で言うと、彼は真面目な性格。真面目な性格とは、真面目すぎて余裕がなくなることをいいます。こういうタイプの男性が女性と別れる理由は、「仕事が激務になった」という理由で別れを決意することもある。

別れの理由2.(喧嘩によるストレス)
ともさん五黄土星で、彼は六白金星。二人の相性はとてもいい。面倒見のいいともさんに彼が安心して甘えている構図も見えるくらい仲がいい。だが、気性の激しい五黄土星とプライドの高い六白金星がぶつかると激しい喧嘩になる。五黄土星は喧嘩のダメージが少なく、六白金星は喧嘩のダメージが大きい。喧嘩のストレスが大きい彼の方がダメージを受け、別れを決意することもある。

1の理由も2の理由も、女性には納得できない理由です。
●仕事が忙しい?はぁ何それ。それは別れの理由にならないわ。
●喧嘩のストレス?喧嘩して仲良くなるのが男女の関係、別れの理由にならない。
女性はそのように考えますが、男性は違うのです。この2つの理由があれば、十分に別れることができるのです。そこに男女の認識違い、価値観の違いがあります。

別れたあと、彼はどうなる?
六白金星は、復縁するにはとても厄介な相手です。彼の性格は閉鎖的な性格で、別れたら鉄のシャッターを下ろすからです。このシャッター固い金属で出来ており、他人の力では開けることができません。開けるのは彼自身、彼が出てこようとしない限り開かないのです。女性がいくらノックしても開きません。年々月日と共に固く閉ざされた開かずの門になるだけです。ともさんが3年頑張っても、開かなかった理由はそこにあります。

この鉄のシャッターを開けるにはどうすればいいか?
方法は2つあります。

goal-2718610_960_720.jpg


1, 彼が自発的に出るまで待つこと。
その間女性からは何もしないこと。連絡も、彼のことを思い出すこともしない。彼のことをすっかり忘れて前に進むこと。女性からの気持ちの波動がなくなれば、彼はシャッターを開けて出てきます。

2, 強引に破壊するつもりでシャッターをこじ開ける。
それをやるには、彼に嫌われてもいいという覚悟を持ってやること。女性の強い気持ちを毎日訴える。強引に強く、怒りをもって、叱りながら、絶対に彼を穴から引っ張り出してやるという強い気持ちでやること。この方法で間違いないと!自分を信じて、最後まで諦めずにやること。一般の女性にはとてもできない方法だが、信念の強い女性ならできる方法です。鉄のシャッターは、鉄の女の意志を持った信念で開くことができるからです。

1と2の方法も、余裕がないとできません。
もう別れて3年経ちました。
心に余裕ができたでしょうか。
心の余裕の作り方を教えます。
「あきらめよう・・・そうすればうまくいく。」です。

3年経ったのだから一度諦めましょう。
チョコチョコ中途半端に連絡を取っているからあきらめがつかないのです。
この中途半端な作業をやめてください。未練では何も解決しません。

一度、きっぱりとあきらめる。
「あきらめよう・・・そうすればうまくいく。」
そうすることによって、心の余裕が作れる。
心に余裕が出来れば、彼を許すこともでき、彼のことはどうでもよくなる。
運を心の赴くままに委ねる。運を天に任すことにする。
そこからだね、どう動くかは。

私の答えは以上です。



皆さんのコメントに4割ほど答えてきた感想を述べます。

macbookFTHG1236.jpg


まずはペース配分。
1日1個答えると2つのコメントが入る。
1日1個ずつ答えたら間に合わない。
それで1日2個ずつ答えることにした。朝と夜に1個ずつ。
これで、ペース配分はなんとか整った。だが、私の時間が今までよりパソコンに向かう時間が多くなった。通常だと1時間から2時間で毎朝の記事を書いている。夜も記事を書くとなると3~4時間、時間が取られる。これで私の生活サイクルが変わった。ほとんど自分のリラックスタイムがない。ノンビリする癒やしの時間が無くなった。

「人生は癒やしではないよ、管理だよ」を自分で実践しているようなものだ(笑)。まあ、いいか。リラックスタイムの癒やしの時間はテレビを見たり、アマゾンの映画を見たり、音楽を聴いたり、ユーチューブを見ていただけだから、実りのある時間とはいえなかった。これで実りのある時間を過ごすことができた。(疲れるけどね・・・)

私の答えを待っている人がいると思うと、疲れている暇はないか(笑)
そう疲れないようにしている。疲れると思うから疲れるのであって、疲れないと思えば疲れない。楽しい習慣だと思えば疲れない。習慣は3週間でできると、ある本に書いてあったが、ホントだ。3週間やったら習慣になった。朝起きたら記事を1個書く。仕事が終わって晩ご飯食べたら記事を1個書く。これを毎日繰り返しているうちに習慣となった。

習慣となれば、テキパキとキータッチが打てるようになった。以前より早く記事が書けるようになった。自分の思考とパソコンのキータッチが連動している。おそらく作家はこういう感じで作業をしているのだろうなと思う。キーボタンに自分の思考を入れながら、すらすらと書いているのではないだろうか。

私は皆さんのコメントを読んで全部に答えているわけではない。コメントの中から問題点をピックアップして答えるようにしている。問題点がピックアップされれば、私の思考が動き出す。そしてキータッチもそれに答える。テキパキと。

すると、なんだか楽しくなってきた。
1日3~4時間があっという間に過ぎる。習慣とは恐ろしいものだ。それを管理している自分も凄いと思う。

コメントで相談した方が鑑定に訪れた。
「やはり生の鑑定は違うね」とお客さんが言っていた。

それはそうだろう。
鑑定では記事の10倍の相談が出来るからだ。記事では1割、鑑定では10割、つまり10倍中身の濃い相談ができる。

記事のテーマからの相談から入り、中味はどんどん深みが増し、記事の答えとは違った答えになることは普通にあること。

生の鑑定では、より確信に迫った答えが出る。
実際に対面し、手相を観て、私の声を聞き、私もお客さんの声を聞き、どこにも逃げられない環境で真剣に話し合うわけだから、より真実に近い答えが出るのは間違いない。文章は一過性のものだが、鑑定は一過性どころかすべてをさらけ出すことになる。すべてをさらけ出したところに真実の答えがある。「やはり生の鑑定は違うね」とお客さんが言うのもうなずける。

私の当面のスケジュールは決まった。
朝と晩に二つの記事を投稿し、日中は占いの鑑定業に励む。ほとんど休む間がない。疲れないか?という心配はいらない。疲れたら休む。そして起き上がってまた記事を書く。これを管理しながら繰り返す。そうなるとどうなるか?ぼつぼつと皆さんの問いに答えていくことになるだろう。私が感じたままの答えを。それは、あなたの認識と違うかもしれない。だが、私が答える内容は、この仕事を長くやった私の経験からきた直観だ。それを理解してほしい。皆さんから寄せられたコメントは、これからも私の感じたままの直感で述べていくことにする。もちろん私の答えが全て正しいわけではない。ひとつの考え、ひとつの参考にしか過ぎない。そのことをご承知の上、参考にして頂ければ幸いです。