ホーム > 月別アーカイブ: 2021年07月
いくら相手のことが好きでも、
相手が不誠実なら、我慢することない。相手は徳がない人間だと判断して縁を切ろう。「もうやめようか、我慢することを」あなたがいくら尽くしても、いくら努力しても、相手はあなたに振り向いてくれない。

これからは愛することより見極めること。
愛よりも徳の方を大事にしよう。


最初は誠実だったのに、なんで途中から不誠実になるの?これっておかしいでしょう。どうみてもおかしな流れが蔓延している。

最初は親切でマメで熱意があった。ところが3月もすれば、あの親切はどこへいった?あのマメさはどこへいった?あの熱意はどこへいった?今では音信不通ではないか。

なに?仕事が忙しくなった。疲れた、しんどい、疲労困憊。今は自分のことで精一杯。今は仕事のことしか考えられない。「僕はこんな状態だ…ゴメンね」

ああ、そうかい。
それがどうした。
それが音信不通の理由なら、情けないと思うことだね。

世の中には君以上に仕事している人はたくさんいる。君だけが忙しいのではない。みんな忙しいのだ。君だけが戦っているのではない、みんな戦っているのだ。

君は忙しいといって音信不通にしているが、それは忙しさの理由にならない。世の中には君よりもっと忙しい人もいるが、彼らは君みたいに愛する人に音信不通などしない。

君と彼らどっちが成功するか?もちろん彼らだ。君は成功しない。仕事が忙しくて大切なものを失おうとしている人間は、そのうち仕事も失う。なぜなら君には支えがないからだ。分かち合う友もいない人間が成功した試しがない。

この差は何かというと、
徳があるか、ないかの差だ。
徳のある人は彼女を大切にし、徳のない人は彼女を大切にしない。いくら頭が優秀でエリートでも徳のない人は、誰からも愛されず、誰からも相手にされない。せっかく掴もうとしている幸せも、徳のなさで放棄してしまう。

それで、自分だけの世界に逃げても、将来は絶望しかない。
なぜなら徳のない人生は哀れしかないからだ。

最初は親切でマメで情熱的だった。でも今は逃げている。前半天使で後半悪魔の人。これを好きだという女性たちもまたおかしい。前半にいくら楽しい思い出があったとしても、後半は人間のすることではない。

もし、これが人間なら犯罪者かテロリストだ。

あなたは犯罪者やテロリストを愛しているのか?そんなわけないよね。

前半のサービスがいくら良かったとはいえ、後半のボロカスな扱いは人道に反している。こんなことができるのは、徳のない人間としかいいようがない。

貴女の彼は徳のない人間だ。
まず、それを認めよう。

もちろん彼が徳のない人間だということは分かっているわ。音信不通にされて、。なんでそんなことをするの?彼は何を考えているの?と散々悩んだあげく、彼は非常識だということが分かったの。

最初の熱心なアプローチは嘘だと分かったわ。やり目的で、近づいたことも。でも、わたしは彼を信じてみようと思った。彼の熱意がこのままずっと続くと思って、彼のアプローチを受け入れたの。

ところが、わたしの夢は敗れた。途中からよそよしくなって、仕事の忙しさを理由に、毎日あった連絡も激減し、毎週あったデートもなくなった。過去にも同じことをされたけど、また同じことをされている。どうしてわたしっていつもこうなの。

もう男は信用できない。
わたしって男運がない。
トラウマだわ。

男運がなく、男は信用できない、トラウマのあなた。

救いはあるのか?
ある。

それはあなた自身が徳を磨くこと。

恋愛とは欲望だ。
その欲望多き恋愛を成就させるためには徳を積み上げること。徳を積み上げる心得は?「終わりよければすべてよし」の精神でいくこと。また「終わり悪ければすべて悪し」精神でいけば、終わっても未練は何も残らない。

つまり、どういうことか?というと、

徳のある人は、最後に分かるということ。最初に親切で最後に冷たくなる人は徳がある人とはいわない。最初の親切が最後まで続く人を徳のある人という。最初の愛情を最後まで貫き通す人が徳のある人で、途中から逃げだす人は徳がない人である。

徳のある人との恋愛は最初から最後までうまくいく。

徳のない人の恋愛は最初よくて最後に後味の悪い終わり方をする。



終わりよければすべてよしを最後にまとめると。

「最後の最後まで油断するな」ということ。

そして、「徳がない人と判明したとき、いつでも別れる覚悟を持つこと。」

最初のサービス期間で愛の虜になったとしても、徳を忘れたはいけない。愛は欲望の虜になりやすい。欲望の虜になれば、相手と別れる覚悟が持てなくなる。そうなれば「終わり悪ければすべて悪し」の人生を送ってしまう。

徳は愛の欲望を断ち切るためにある。いくら好きでも最後に不誠実な相手を断ち切れない人は憎悪の根源となる。そんなったら人生おしまい。そうならないために、自分の徳が自分を救ってくれる。

さあ、断ち切るのだ徳のない非常識な人を。愛よりも徳の方が大切。あなたは自らの徳でもって欲望の愛を断ち切る。そうすれば「終わりよければすべてよし」の現象を生むことができる。

ひとたびその現象を生むことが出来れば、これから先あなたは「男運がなく、男は信用できない、トラウマ」から抜け出すことができる。そうなれば今後出会う人は、「終わりよければすべてよし」の人間だけがあなたの周りに集まる。




本日、ワクチン2回目の接種をしてきました。

今のところ、体調は良好です。

大事をとって、明日はお休みとさせて頂きます。

2回目の接種が終って、これで一安心です。

安心して対面鑑定を行なうことができます。

手洗い、アルコール消毒、空気を循環させ喚起を良くし、飛沫対策のパーテーション等で感性対策は行なっているのですが、手相を観る関係上、ワクチン接種は必然でした。2回目の接種が終りこれで一安心です。2回目の接種から1週間後にはワクチンの予防効果が出るみたいなので、もう一頑張りです。

ワクチンの接種後も、マスク着用、手洗い、アルコール消毒、喚起、飛沫対策のパーテーションは、このまま行ないます。コロナ危機を人類が早く乗り越えることを期待しています。



とかく世の中は、知識の貯金だけで世の中を渡っている人が多い。

知識だけ詰め込んだ人間は、人をバカにして軽蔑するクセがある。人を下に見て、権威を振りかざす、どうしょうもない人間が出来上がる。今問題になっている「モラハラ」は、知識だけ詰め込んで、徳を忘れた知識人に多い。

知識バカは結構多い。
医者や弁護士。政治家や官僚。一流商社マンや大学の教授。その他エリートと称する専門的な職業に就いている人。彼らは確かに専門的分野においては頭が良い。でも、それはその世界のことだけに究めているだけで、他の分野においては、知識がぜんぜん足りていない。

他の分野とは、
それは徳の貯金。
彼らにはその徳がない。
徳の知識が足りていないのだ。

徳のない彼らのことを一般的には「専門バカ」という。さらに、もっと専門的に言えば「専門的愚昧人間」ともいう。彼らのことを世間からみれば、専門的には優れているが、「常識はない」と判断されているのである。

もちろん専門的な職業に就いている人でも、徳を積もうとしている人もいる。どんな人間かというと、テレビのドラマに出てくるような医者とか弁護士なんかがそうである。

医療ドラマ。コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命。 ドクターX 外科医・大門未知子。 赤ひげ先生など。

弁護士ドラマ。リーガル・ハイ。 HEROなど。

テレビドラマに出る主人公は、みんな徳を積んで、ドラマ仕立てでカッコイイ。患者さんやクライアントのために一生懸命命仕事をしている。

でも、それはドラマの世界の演出。実際はどうか?実際はそんなものではない。実際は既得権益と主権と非常識にまみれた徳のない世界が横行している。

もし、私が医療ドラマを演出家として手がければ、現実に即したものができる。おそらく誰も見ないと思う。常識のない徳のない世界だけが演出されるから。

さて、前向きが長くなった、本題に入ろう。

知識の貯蓄より、徳の貯金を大切にしよう。

いま・・・求められているものは、それだ!

徳の貯金をすることだ。


知識の貯金だけで世の中を渡れば人に不愉快な思いをさせる。人に威張り散らして傲慢な態度をとるから、誰もあなたに近づこうとしない。「あんたの知識はそんなに偉くないの!」相手に敬意を示すためにもっとへりくだって、相手を敬って自分を控えめにした方がいい。

徳の貯金ができれば、人生違った意味で変わって来る。「能ある鷹は爪を隠す」ごとく変わってくる。それができれば、テレビドラマの主人公のように、いい仕事ができるようになる。

徳のある人は話の主導権を相手に与える。

徳のある人は、自分の気持ちよりも相手の気持ちに寄りそうことができる。

徳のある人は自分の時間よりも相手の時間を優先する。

徳のある人は約束を守り、有言実行することができる。

自分のためだけに詰め込んだ知識を、さあ!今度は人のために役立てよう。

これが徳のある人の生き方だ。

あなたはこの徳の貯金をいくつできるか?それによってあなたの人生は大きく変わってくる。





人生は選択だ。

「選択が正しければ幸福になり、選択が間違っていれば不幸になる。幸福か不幸になるかは、すべて自身の選択によって決まる。」選択によって今後の人生が決まるのだから、それは怖い・・・よね。

でもね、それは仕方のないこと。みんなそうしているから。選択でもって自分の人生を歩んでいる。どこの学校に入ろうか?どこの会社に入ろうか?どんな人と付き合おうか?みんな選択するしかない。これによって皆さんは人生を歩んでいる。

選択を間違えれば不幸になる?
そうかもしれない。しかし、これは一時期の不幸で、またやり直せばいい。人生はいくらでもやり直せる。いくらでもチャレンジできる。選択を間違えるとは単なる失敗に過ぎない。失敗多き人の方が学びも大きく、かえって大きな人物となる。

なまじか選択が正しくて、トントン拍子に出世して幸福になっても、成長はそこで止まってしまう。若いときに選択を間違えて失敗した人間の方が、世界の指導者やリーダーとなっているケースが多い。失敗は成長の糧になる。失敗から努力が始まるが、努力に勝る天才なし。


さて、そろそろ決めどき。
彼女がいる人を好きになった・・・「やめるか?」「いちばんを目指すか?」を決めどきだ。どちらにするべきか、選択の日が来た。

まず、「やめる」を選択する。
これがいちばん正しい選択。「彼女がいる人はやめること」誰が見てもこれがいちばん正しい。世間一般では、それがいちばん正しい選択であるのは間違いない。だが、これを守っている女性をあまり見たことがない。叶わぬ恋ほど命を賭けるのが女性なのかもしれない。

でも、やめること。これがいちばん正しい。愛は自己犠牲の上に成り立つ。自身の恋心を犠牲にすることで愛は成り立つ。結ばれることが愛ではない、身を引くことも愛。自己の愛する心を神様に生け贄として差し上げて、この愛をやめればいい。

いちばん目指す。
もはやこれは、現代っ子の考え方となる。現代っ子は古き慣習や掟を破ろうとしている。今の時代は常識に囚われない生き方もどんどん進んでいる。「常識がなんだ!この常識は日本人が決めたもの」、「世界にはもっと違う考え方がある」もっとグローバルな視点でこの問題に取り込むことにしていいのではないか、だから、わたしはいちばんを目指す。

日本の古き慣習に従った常識の犠牲にわたしはなりたくない。わたしは常識を覆す人間となる。たとえ100万人に反対されてもわたしは我が道をいく、(まるでナポレオン)だ。わたしは自分の夢を達成するまでハニートラップを仕掛ける、(まるで、どこかのスパイ映画)だ。わたしは自分の気持ちを素直に全うするため、古き日本の常識を覆す先駆者となる。

上記の勇ましい文面は、私が演出して書いたもの。一般の女性がこんなことを書くわけない。いいたいのは、世の中どんどん変わってきたということ。今までの常識だったものが今では常識ではなくなってきた。

その例として、40代、50代女性の不倫が増えている。結婚している世の奥さん方の何割かは不倫をしている。世間の評判では皆さん真面目な奥さん。昔では絶対に考えられなかった不倫が今では普通に横行している。今までの常識だったものが今では常識ではなくなってきた証拠がここにある。

なぜ、こんな現象が起るのか?
人生が2回の時代となったから。寿命が延びて100年生きられるようになれば、中間あたりの40代から50代付近で、次の人生の準備に入る。これが、不倫が増えた原因ではないかと私は勝手に推測している。

こういった世の中の現象と動きがあって、彼女がいてもいちばんを目指す女性たちが増えた。だから、「あきらめる」女性をあまり見かけない。

彼女がいてもあきらめたくない。

その気持ちは分かりました。


では、いちばんを目指しますか?
そう言われて・・・混乱するのが女性。

なぜ混乱するか?
ホントにこれでいいか?覚悟ができていないから。

またどうすればいいのか?
その方法もわかっていない。

つまり、常識を覆すマルチな方法を進めようにも、その方法をまったく理解していない。また、これは本気でやる覚悟もできていない。残っているのは、それでも彼が好きというワガママな気持ちだけ。

はっきりいいましょう。
ワガママな気持ちだけでなんとかなるものではありません。

決めなければどうにもならない。

決めない限り、ここから先に進むことはできない。

そして、決めるのはあなた自身である。

難しい選択かもしれないが、ここから先はあなた自身が決めるしかない。

はい、記事はそこまで。
まあ、この問題は人生を左右する大きな問題なので、慌てて決めることもありません。私でよければいくらでも相談に乗りますよ。私なら、彼とあなたの性格を十分に分析して、このやり方が良いのではないかというヒントを与えることができます。




余分にほんの少し進むことは、心の中に巣食らう障害を取り除く強壮剤的効果がある。収入以上の仕事をする。常に一段上に行くための姿勢を整えておくことだ。成功する人というのは、恨みを抱いたり、全力を出し切ることを差し控えたりする人間ではなく、どんな行動や考えの中のも、向上へ向けての布石を敷いておく人のことをいう。(ナポレオン・ヒルの成功哲学を引用 )

なるほどね。
悩みや不安の時間にいるより、余分にほんの少し前に進むことか。


いったい人は、悩みや不安の中にいる時間はどのくらいなんだろう?

人によってもちろん違うと思うが、はたして自分はどのくらいなのか?調べてみた。

すると、結構長い時間滞在していることが分かった。

一日2時間から3時間?いやもっと長い時間いたかもしれない。下手すると睡眠時間と同じ8時間もその世界にいたかもしれない。

なんてこった‼
今にして思えば、相当時間を無駄にしていた。

どんなに時間を過ごしていたかというと、まず仕事中にやる気がでない。仕事は適当に済ませて早く帰ることだけを願った。もう少し余分に仕事をやる気などさらさらない。仕事から解放されて早く帰りたいだけだった。

家に帰ればテレビをつけ、だらだらと過ごす。テレビに飽きたらスマホでネットサーフィンをしながらユーチューブなどの動画を見る。当然のごとく勉強などしない。読書もしないし、仕事の勉強もしなければ、未来の構想や計画も練らない。ただ今日という日が過ぎるのを待つだけだった。


そんな生活が続けば、不安が押し寄せてきて悩むことになる。自由を得るということは、自ら不安と悩みを引き寄せるようなものだ。

なるほど、だらだら楽をすれば、自ら不安を引き寄せるか。ならばよし!やめよう、だらだらするのは。

これからは一歩余分な仕事をしよう。テレビは消してその代わり読書をしよう。読んでいない世界の名著はまだまだたくさんある。時間があればブログを書こう。まだまだ伝えたいことはたくさんある。私の書く記事が、少しでも皆様の心の支えになるはずだと信じて書こう。

ブログを書いてもそれ自体が金になるわけではない。無料で配信しているからだ。ブログを書けば、それなりに予約は入るようになるが、私がやっているのは、そのためだけではない。無駄な時間を省く自己肯定感のために記事を書いている。

だから、私はブログを書いているときに幸せを感じる。横にコーヒーをおいて、キーをタッチすることは無常の喜び。この幸福感があるからこの作業をやめられない。


まとめ。

余分にほんの少し進む。
テレビを見てもインターネット見てもいい。リラックスと称して無駄な時間を過ごしてもいいだろう。だが、1時間でいいから余分な仕事をする。もはやこれは余分な仕事ではなく、幸福という名の時間だ。

そのような考えを持つようになってから苦痛でなくなった。もちろん余分な仕事をすることは疲れることだが、今となれば、その疲れは心地良い疲れとなっている。生きている間は艱難辛苦と言われているが、艱難辛苦そのものが楽しいとさえ思えるようになった。

あなたはどんな時間を過ごしますか?

ボーっとしてもいい。
余分にひとつ仕事をしてもいい。
それは本人の自由です。

では、どちらが悩みの種が増えるかというと、前者の方。後者は少し苦しいが、その代わり不安がなくなる。不安がなくなれば悩みもなくなる。1日1時間でいいから余分な仕事をする。それによって不安と悩みがなくなれば、それに越したことはない。私はそちらを選ぶ。


女性は好きな人に尽くす生き物。
しかし、尽くさなかったら?
男性が危機を感じて追いかけてくる。

好きな人に尽くさない?女性にとって逆説的な考えだが、もしこれができれば、今のうまくいっていない関係が、うまくいく方向に変わることができる。

もちろん最初は尽くすこと。
付き合い立ての頃は男に夢を与えること。色気と癒やしの空間を与えて、男を骨抜きにすること(笑)  「ああ、僕には彼女がいる。とても幸せだ」と思わせればいい。恋愛はその瞬間瞬間のロマンに酔いしれる。たっぷりとその時期に尽くしてあげればいい。

結婚生活が50年だとすると、1割の時間(5年間)を男性のために尽くす時間に充てれば男性はその女性を一生大事にすると言われている。5年が長ければ、5%の2~3年でもいい。せめてこの期間は、女豹になることなく可愛い子猫ちゃんのままがいい。

ねこかぶりで男を虜にする。
この作戦はとても有効だ。
男に夢を与える期間があるからこそ、男はその女を一生大事にする。

だが今の時代は、ねこかぶりの時間が短くなってきた。
プライドの高い知恵ある女豹は3ヶ月で本性を現わす。そして男性のサービス期間も今は短くなり3ヶ月でサービスが終了する。男女の本性が早く現われるため、恋愛はとんでもない方向に行ってしまう。まさしく「夢破れた!」状況となる。

ここから変な現象が起きる。
夢破れた男性が逃げる。
それを追いかける女性がいる。
自然界ではあり得ない現象が、人間界では起きている。

メスが・・・オズを追いかけている。
自然界ではあり得ない。

すると、どうなるか?
追いかけた女性ばかりが苦しんで、望むとは反対の結末ばかりを迎えるようになる。

今の彼にもうねこかぶりは通用しない。「お願いわたしを捨てないで」と追いかけたところで「しっし、しっし」と追い払われるか、無視されるだけ。彼にとって、もう君は可愛くないからだ。

こうなってしまった以上・・・今後わたしはどうすればいいの?

ここから沖川の考えを述べよう。

恋愛は相手のために尽くした人が不幸になる。

だから、相手のために生きるのではなく自分のために生きなさい。

いまのあなたは尽くすという意味を勘違いしている。

本当の尽くすという意味は、まずは自分を助けること。自助努力で自分を助け、自分を自立させること。他人に依存することない自立力がついて、始めて相手に尽くすことができる。

あなたの尽くしは単なる依存にしか過ぎない。それでは、尽くすとは言わない。「わたしはこれだけ尽くした」のではなく「わたしはこれだけ依存している」になっている。


まとめ。

もう一度この考えをおさらいしよう。
恋愛は相手のために尽くした人が不幸になる。だから、相手のために生きるのではなく自分のために生きなさい。今度は相手のために尽くすのではなく自分のために尽くしなさい。そうすれば、必ず逆転劇が起きる。

尽くさなかったら?男性が危機を感じて追いかけてくる。この現象を引き起こしてみよう。あなたは今まで十分に尽くした。十分に可愛い女でいた。そのあなたが冷たくすれば、男は追いかけてくる。勘違いしないでほしい。これは冷たくしているのではない。自分のために生きているだけだということを。



何でも欲張るとよくない。

今あるもので、今の状態で満足すること。

食べ物も、腹八分目で食べるから健康によい。あまり食べ過ぎると健康を悪くする。

お金も、ほどよくあるからよい。もっと欲しい欲しいと欲張ると守銭奴になるか破綻する。

恋愛も、ほどよく付き合うから愛が深まる。もっともっとと欲しがると別れることになる。

食べ物もお金も愛も、もっともっとと欲張ると、大事なものを失ってしまうよ。今あるもので満足すること、今の状態で満足すること。

不足がある方が丁度いい。
満足を追求すればするほど、大切なものを失う結果となる。

家庭を顧みず金儲けに走りすぎて離婚に至った人。

暴飲暴食を繰り返して健康を害した人。

愛しすぎて尽くしすぎて振られた人。

もっともっとと、欲張って追求すれば、人間不幸になる。

やや不足気味で、ほどよいくらいが丁度よい。

ある女性が鑑定に来られた。
「彼と2ヶ月も連絡が取れていません。2ヶ月前に喧嘩してしまい、彼からの連絡が一切無くなりました。彼は怒っていると思います。そのあと私が何度も何度も謝罪をしましたが、彼は私の連絡をすべて無視しています」

喧嘩によるカップルの音信不通は後が経たない。考え方の違い、価値観の違い、優先順位の違いで、男女は感情的になってよく喧嘩する。喧嘩までいかなくともすれ違いの葛藤を起こす。ちょっと文句言われ、ちょっと否定され、ちょっと反対されるだけで、頭にきて音信不通になることはよくあること。

感情的な論争は、女性より男性の方が傷つきやすい。だから、ちょっと揉めると男性はすぐに音信不通にする。今の時代の男性はプライドだけで生きている人たちが多く。プライドが傷つけばすぐに音信不通にする。

男性に比べて女性は感情的な論争に強いが、無視されることがいちばんこたえる。無視がいちばん嫌いで、無視がいちばんきつい。無視されたらこの世の終りを感じる。

男性は感情的な軋轢に耐えられないので無視して逃げるのがいちばんだと考えるが、無視された女性はこの世の地獄を味わっている。だから、音信不通の相談が多い。

彼女の願いは、「会えなくてもいいから、連絡だけでも取れるようになりたい」という願いだった。彼の仕事が忙しく、連絡頻度と会う頻度が激減したのが喧嘩の原因だったが、もう会えなくてもいいからせめて連絡だけは取れるようにしたいというのが彼女の希望だった。

彼女の願いは叶った。
それから数週間後、「お陰様で彼と連絡が取れるようになりました」という連絡が私のところに入る。私は「よかったね」と喜び、そして安堵した。

だが、そのあとがいけない。

そのあと、関係はさらに悪化した。

それは彼女がもっともっとと欲張ったからだ。

彼と2ヶ月半ぶりに連絡がとれて、音信不通が解除された。そこから、二人は元のように頻繁に連絡が取れるようになった。彼の仕事も落ち着き、久しぶりに会えるようになった。やっと二人はもとの関係に戻った。めでたし♥めでたし。

これで鑑定が終る予定だった。
だが、終らない・・・。

女性は願いが叶うと、もっともっとという欲望が出てくる。

最初の願いは、連絡が取れるだけでよかったのに。

連絡も取れて、会うようになって、十分に満足できるレベルまで行ったのに、もっともっと欲張ってしまった。もっと連絡が欲しい、もっと会いたい。もっと私のこと気遣って、もっと私のこと愛して、私を一人にしないで、ねえお願いそばにいて。もっともっとあなたが欲しいの。

それで終ってしまった。
これから関係を修復させるのは大変だ・・・。


まとめ。

うまくいっているのなら、これ以上の欲を持たないこと。欲張ると大事なものをなくす。これを教訓とすること。今あるもので、今の状態で満足すること。人間は、不足がある方が丁度いい。満足を追求すればするほど、大切なものを失う結果となる。もっともっという欲張りがいちばんいけない。



これは基本である。
男と女は信じればうまくいくし、信じなければうまくいかない。


だが、この基本が難しい。
男と女が付き合えば、愛が生まれると同時に疑いも生まれる。最初は疑いの余地のない信頼関係で結ばれるが、付き合いが長くなるにつれてほころびがでてくる。このほころびは、男の小さな悪さと嘘によるものが多い。

男の小さな悪さと嘘とは?
彼女がいながら他の女の子と連絡をとったり食事に行ったりの悪さをする。「こういうことをしてはダメだ!」と本人も頭ではわかっているが、性衝動による欲求不満は理性ではコントロールできないから、自分に嘘をつく。

自分がやっていることは間違いではない。彼女に迷惑をかけているわけでもないし、裏切っているわけでもない。ただ社会見学、社会の学びの場として他の異性の意見を聞いただけ。彼女以外の女性は何を考えているのか?と。

理由はどうあれ、
男性は自分に嘘をついて正当性を図ろうとする。バレたときの言い訳をどう考えるか?自分には非がないことを確認ながら隠れてコソコソ悪さをする。やめておけばいいのに、やめられない欲望はどの男性にもある。

なぜ、そんな危険を犯すのか?
男性は彼女と付き合う前はもの凄い情熱を発揮するが、手に入れると落ち着く。そこから先は信頼関係だが、信頼関係が構築すると安心感が生まれマンネリ化する。マンネリ化すれば刺激が欲しくなる。刺激が欲しくなって危険を犯す。

でも、その刺激は一時的なもの。
彼女を全面的に裏切ることはしない。ただ、一時期のお遊びだ。男の遊びは秘密基地を持つようなもの。誰にも知られていない自分だけの秘密基地。大の大人でも、男はみんな子供の部分があり、秘密基地を持ちたがる。

だが、その秘密基地はバレる。
彼女を侮ってはいけない。男性たちの秘密基地は絶対にバレる。なぜバレるか?それは男たちが証拠を残すからだ。その証拠を女性は女の勘で発見する。携帯のLineだったり、財布の中の領収だったりして、発見する。

バレるのも因果の法則。
人間は嘘はつけないし、悪いこともできないようになっている。心ある人間には因果の法則が働く。つまり、バレる男とは嘘をつけない正直な男が多い。そういういい人が悪さをするものだから、因果の法則にのとってバレる。

ああ、大変だ。
バレたら。
彼女の執拗な責めに合う。
・・・。
身から出た錆、彼女の責めに耐えて、大変だねとしか言いようがない。


そこからだ。
「男と女は信じればうまくいくし、信じなければうまくいかない」という心の作用を作るのは。


この状態で貴女は彼のことを信用できますか?と質問しても、「無理です、それはできない」と答えるのが関の山でしょう。

女性は信じた相手に裏切られたら、一生信頼できない脳が働きます。一度でも浮気をしたら、たとえ100年の恋でも冷めてしまう。男性は秘密基地のお遊びでも、女性にとっては人生を狂わす一大事だからです。

たった一度の過ちが、一生を狂わす大問題。この気持ちがある以上、女性に「ここから彼を信用しなさい」といっても、無理があります。

でも、私は無理を承知でいいます。
「それでも、彼を信じなさい」と。

ここから先は、男と女の恋愛の話ではありません。
人間として、もっと深い話をします。

人は誰でも信じればうまくいくし、信じなければうまくいかないのです。これは恋愛のことだけではありません。仕事でも、勉強でも、人間関係でも、家庭の中でも、自分が目指す夢でも、達成したいと目標や計画でも、自分が信じないとうまくいきません。

人間の営みのすべては、信じればうまくいくし、信じなければうまくいかないのです。信じれば成功するし、疑えば失敗に終わります。

彼を疑っているあなたに導入したいのはそれです。
「信じれば成功するし、疑えば失敗に終わる」
これをあなたの心に導入したい。

まとめ。

世のかの物事はもっと単純です。
信じればうまくいく。
疑えばうまくいかない。
たったこれだけです。

この恨み10年も忘れないという恋愛なら、疑いはマックス100%なので、彼と別れてください。

だが、それでも彼が好きというのなら、彼を100%信じてください。

人間の営みは、「信じればうまくいくし、信じなければうまくいかない」ようになっているのです。


逆境に出逢ったら、
逃げようと必死にもがいてもダメ。


逃げたら逆境はますますひどくなる。

私も若いころ、逆境に遭遇すると逃げていました。こんな嫌なこといつまでもやっていられるかと必死に逃げましたが、逃げたところでうまくいった試しがありませんでした。

皆さんも逆境に遭遇したら逃げているのではないでしょうか。それで、うまくいったことがありますか?おそらくないと思います。かえって悪化したのではないでしょうか。


たとえば、

男性は仕事がうまくいかなくなると恋愛から逃げる。
なぜかいうと仕事が逆境になっているからです。逆境のときの仕事はうまくいっていません。辛くてしんどくて、明日への恐怖と戦っているからです。だから、恋愛から逃げてしまうのです。

反対に女性は恋愛がうまくいかなくなると仕事から逃げる。
なぜかという恋愛が逆境になっているからです。逆境のときの恋愛はうまくいっていません。辛くてしんどくて、明日への恐怖と戦っているからです。だから、仕事から逃げてしまうのです。

逃げたらアカン。
天童よしみ(のど飴のCMソング)みたいですが、逃げたらアカンのどす(笑)

逃げても、うまくいく試しがありません。

男性なら、仕事が逆境になればなるほど彼女を大切にすることです。どんなに忙しくても、連絡する、会いに行く、これにエネルギーを費やすことです。仕事の逆境で恋愛から逃げれば、仕事そのものもうまくいった試しがありません。

女性なら、恋愛が逆境になればなるほど仕事を大切にすることです。どんなに悲しくて辛くても、仕事に精を出す。これにエネルギーを費やすことです。恋愛の逆境で仕事から逃げれば、恋愛そのものもうまくいった試しがありません。


そうなんです。
逃げたら何もかもダメになるのです。


お気持ちはわかります。
逆境とは辛いものです。

この辛い逆境ですが、
考え方を変えるだけで、逆境はあなたを確実に進歩させる優秀な教師となります。

そのための心構えを伝授します。

まず、逆境に対してどんと構えることこと。

そこから得る貴重な教訓を余すことなく身につけてやるぞ!という気持ちを持つこと。



まとめ。

逆境を嫌だなとビビらないでどんと構えること。そこから得られる貴重な教訓を余すことなく全部自分のものにしてやるぞという心構えを持てば、逆境というのは、あなたを確実に進歩させる優秀な教師となります。

逆境に遭遇して逃げれば逃げるほど、あなたの授業はますます遅れます。逃げたとところで、いつかまた逆境に遭遇するのが人間の習わしです。

また逆境に遭遇したら、今度こそ遅れた授業を取り戻しましょう。もう逃げないことです。男性なら恋愛を大切にしましょう。女性なら仕事を大切にしましょう。逆境の克服方法は、あなたが逃げている事柄にあるのです。

つまり、逆境の克服方法は、逆の方向の境目にあるということです。仕事がダメなら恋愛に頑張る。恋愛がダメなら仕事に頑張る。逆の境目に一生懸命頑張れば逆境は乗り越えられるということです。


そういう人には目標が必要です。



目標が大切なのは、頭ではわかっています。

でも、何年も婚活で失敗すると、目標を見失ってしまいます。

最初の頃は「よし、30歳までに結婚するぞ!」という目標がありましたが、30歳は結局ダメで、今となって「目標がないし、やる気も起きない」状態です。

さらに「思考も乱れて集中できない」。仕事で生きようにも「働いても働いても楽にならない」「だんだん歳をとってきて、なにもかもやる気がなくなってきた」「今では楽しみもなくなってきた」これから先、自分の人生がどうなるのか?不安でたまりません。

そういう人こそ目標が必要なのです。

まだ、いうか「目標」「目標」って、何様のつもり。

私は、あなたの味方ですよ。
ご心配なさらずに。

もし、あなたに悩みや、人生に疑問を感じていることがあるのなら、それらを答えのヒントはほぼ「手相」の中にあります。私に手相を観させて頂きませんか?きっとあなたの目標が見つかると思いますよ。

私は手相を目標立てに使っています。


  仕事運。
  恋愛運。
  結婚運。
  子供運。
  健康運。

なんでもあれという具合に、それぞれ必要と思われたポジションに目標を見つけることができます。

手相上でいい目標が見つからなかったらどうするのですか?

ご安心ください。
そこから先は、カウンセリングで意思を強化していきます。

手相の線は変化します。
潜在意識の力によって変化します。

目標が見つからない場合は、私とのカウンセリングで潜在意識に活力を与える方法もあります。

そのために手相で今の状態を知ることです。

手相の状態が解れば、何をどう変えるか?見えてきます。

もし、あなたに悩みや、人生に疑問を感じていることがあるのなら、それらの答えのヒントはほぼ「手相」と「カウンセリング」の中にあります。もし、私でよければ、鑑定を受けてみませんか?きっと素晴らしい時間が過ごせると思いますよ。