ホーム > 月別アーカイブ: 2023年09月
本日は遠距恋愛についてお話をします。

まず冒頭に、「遠距離恋愛」は正直言って難しい、これが私の感想となります。なぜ難しいか?ズバリ言うと、「遠距離恋愛は、男性の性格からいってできない」というのが私の見解だからです。

何を根拠にできないと言っているのですか?とお叱りを受けるかもしれませんが、私は長年男性心理を研究してきました。そこからたどり着いた答えが、「遠距離恋愛は合理的にあり得ない」というのが男性側に根強くあるからです。「遠距離恋愛は合理的にあり得ない」この心理を紐解くと、次の4つから構成されます。

1,距離
2,時間
3,お金
4,労力

距離・時間・お金・労力、4つのキーワード。すでにお気づきだと思いますが、この4つのキーワードは合理性です。「遠距離恋愛は合理的にあり得ないから、できない」これが答えとなります。

男性の性格は、ずばり合理的といっていいでしょう。距離・時間・お金・労力をかけるだけの価値がその恋愛にあるのか?それが問われることになります。つまり、価値があれば遠距離恋愛はできますが、価値がなければ遠距離恋愛はできないということになります。

では、その価値とはなにか?男性が遠距離をしてもいいという価値は何か?それを述べさせていただきます。

価値とは、一言でいって、「彼女のことを本気で愛している」ということになります。そしてその愛は並大抵の愛ではなく、優先順位1位の愛である必要があります。優先順位1位の愛とは、すべての関心事の1位を占めている愛情のことをいいます。

さらにグッとくる言葉で要約すると「彼女に命がけで惚れている」ということになります。命がけで彼女のことを愛している。このような精神的な条件が揃ったとき、本気で彼女のことを愛していることになります。

彼女が一番の関心事、優先順位が1位なら合理的にあり得ない遠距離恋愛でも続けることできます。

では、優先順位1位の愛がそこらへんにあるかというと、そこらへんにはありません。並大抵の愛はそこらへんにありますが、優先順位1位の愛は最も稀有な愛となります。そしてその優先順位1位の愛は継続しなければなりません。

恋愛初期の数か月の優先順位1位の愛ではなく、何年も続けられる優先順位1位の愛こそが本物の愛です。それがないと遠距離恋愛は難しいとなります。


遠距離恋愛のお話は次回も続けます。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック



不安や苦しみや悲しみの三重苦を除いた恋愛をすること。

恋は穏やかがいい。
同じ空気で同じ息使いで、安心して眠れる相手と恋愛をしよう。

その世界は喧嘩というパワーバランスも存在しない。裏切られることもなく、不安になることもない。ただ、ノンビリと穏やかに付き合っている。

大それた欲望もなく、相手に極度な期待も依存もしない。相手を慈しみあう信頼関係だけで結ばれている。

男としてどうだとか、女としてどうだとか、男らしくあれだとか、女らしくあれだとか、そんなのどうでもいい。人を敬う気持ちで付き合っている。

自分勝手で欲望渦巻く世界から脱皮して、いい人を目指すこと。

いい人はいいよ。いい人はつまらないというけど、そんなことはない。

いい人は能ある鷹は爪を隠すがごとく、自分の感情を表に出さない。いい人であることに、恥じることも媚びることなく、しっかりとした自分の考えを持っている。オレがオレが、わたしがわたしが、という自己中心的なことはせず、相手の気持ちに寄り添うだけにしている。

自分だけが正しいというプライドは持っていないので、勝ちを相手に譲る。勝ちを譲ったところで、相手に見下されることもない。傍若無人な相手には勝ちを譲って二度と関わらないようにする。いい人はいい人だけを選ぶ。静かで穏やかで、信頼と尊敬に満ちた優しい相手とだけ付き合う。

相手の選び方は、非日常から離れたような、気分転換ができて、フレッシュできる爽やかな相手を選ぶ。喧嘩をふっかるような、怒号と罵声が飛ぶような、自律神経がプツリと切れるような、暗いネガティブのトンネルから抜け出せないような、面倒臭く世話が焼けるような、不安とイライラと怒りが募るような相手は選ばない。

静かで、落ち着いている相手と付き合う。このように、いい人なら穏やかな恋愛ができる。それがいちばん幸せかもしれません。

男と女はスムーズにいかない.

異なる性である異性同士が付き合えば、異なるがゆえスムーズにはいかない。

男との恋愛には様々な葛藤と試練がついて回る。男は女には考えられない非常識な生きもの。女の期待を裏切り、女の気持ちを散々振り回し、女を疲れさす生きもの。そんな男に対して、今までの考えでは男には通用しない。

今までの考えでいくと、彼との恋愛に疲れ、ネガティブとなり、将来が不安になる。今までのネガティブな考えから脱皮すること。好きなったという不安定な恋愛感情より、冷静に客観的に男を見ること。そうすることで、男心を掴むことができる。

それができれば、男が起こす様々な恋愛トラブルに冷静に対処することができます。付き合っている彼女は、物分かりがよく、とても冷静でとてもポジティブ女だと認められれば、男はその女に本気になります。男を本気にさせるためは、前向きになりポジティブになることです。

さあ、今日からポジティブになりましょう。

不安材料は捨て、不幸は呼び込まないようにして、振り回している彼のことなどいちいち気にしないようにして、男なんか大したことないとして、思うがままに自分の人生を楽しく生きることです。


今日のYouTube

「不倫」責任が取れない男性とは別れることになる。18時より公開

「不倫」責任が取れない男性とは別れることになる。サムネイル
こちらをクリック
女性は準備ができているが、男性は準備ができていない。ここに女脳と男脳の違いがある。男の愛の本質とは何か?女性にはなかなか理解できない方法で、男の本質をかみ砕いて解説している内容には一見の価値があります。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック



今ある幸せを大切しよう。
寝るところがあって、ゴハンが食べられて、仕事があって、それなりの生活ができている、今の暮らしをもっと大切にしましょう。

人の欲望は果てしない。
もっといい暮らしを、もっとお金が欲しい、もっといい仕事を、もっと素敵な恋人を。このままのありのままの現状は嫌だ、このままだと私は欲求不満で頭がおかしくなる。願いが叶わぬことでネガティブになる。なぜ私は不幸なの、なぜ私は貧乏なの、なぜ私は運が悪いの、幸運に恵まれている人が羨ましい。

港区に豪邸を構え、何台もの高級車を所有し、お手伝いさんを家族の人数分雇い、ガードマンを雇い、専属の料理人や専属の運転手も雇っている。高級ブランドで身を包み、一年の半分はフアーストクラスで海外旅行に出かける。資産数千億円のゴージャスな生活。

うむ…。
そんな生活は二週間で飽きる。

別に、貧乏人のひがみではない。

少なくとも私は間違いなく飽きる。

高級料理ばかり食べていたら、健康に悪い。

ただっ広い部屋では眠れない。

車は自分で運転した方が楽しい。

料理も自分で作った方が美味しい。

ガードマンがついてきたら、自由な行動ができない。

お手伝いさんがいたら、早く介護が必要な身体となる。

飛行機はエコノミークラスで十分。

贅沢な暮しは、さほど面白くない。たぶん二週間で飽きる。


飽きたら、現状に戻るだけ。

そして、今ある生活に幸せを感じる。

家族がいて、仕事があって、ゴハンが食べられて、寝るところがあって、時々旅行に出かけて、それで十分。贅沢より今ある幸せを喜ぶべきではないでしょうか。


今日のYouTube

「不倫」厄介なテーマ
18時より公開します。
世間の誰も認めない、誰も応援してくれない、誰もがやめろという不貞の愛。不倫は確実に増えています。誰も止められません。本日は不倫について沖川独自の切り口で解説していきます。ラジオ感覚でお聞きください。ゆったり喋っているので、1,25倍速で聴いてもらえばいいかなと思います。

不倫 厄介なテーマサムネイル
こちらをクリック





ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック



なぜ結婚したいのか?

結婚って何?
改めて問うてみると、なんだろうね結婚って。

自分に問うても、これといった答えがない。

また、男と女でも結婚に対する考え方や価値観などの結婚観が違うのではないでしょうか。

これだけたくさんの相談をしてきた私がまとめると、どうなるか?

そうだな。

メンタルの安定かな。

結婚するとメンタルが安定する。

これが私の答えとなります。

結婚するとメンタルが確かに安定しますね。独身のときは、いろいろなことで悩んだり、不安になったり、心配事が尽きなかったのですが、結婚するとそういうものが無くなります。結婚することで精神が安定する。それは間違いないと思います。

「結婚するとメンタルが安定する」それはとても重要なことだと思います。

今の時代はいかにしてメンタルを安定させるか、それにかかっているのではないでしょうか。多くの人が病んでいます。精神が安定せず病んでいます。ほんのちょっとしたことですぐにクヨクヨして心配ばかりして、どうってことない小さなことでも神経が過敏となってすぐに不安になる。おいおいどうしたと言わんばかりにぐちゃぐちゃな精神構造を持っています。

それが結婚すると一発で治ってしまうのですね。それだけ結婚はメンタルを安定させる力があるということです。

精神的に病んだ人が本や人の話で精神強化の勉強をするよりも、あるいは精神科の医者や心理カウンセラーの治療を受けるよりも、または出家してお坊さんになるよりも、結婚してしまえば一発で治るのではないでしょうか。それだけ結婚はメンタルの安定にすごくいいということです。

さあ、早くいい人を見つけてメンタルを安定させましょう。

もう、悩みの基となる相手を選んではいけないよ。

面倒のかからない、穏やかな相手を選ぶようにしましょう。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


愛とお金に対する私の価値観を述べます。

愛とお金、どちらを信用するかというと私はお金を信用します。別にお金の亡者ではありません。汗・水流して働いたお金は当然のごとく頂きます。その頂いたお金で生計が成り立っているからです。お金は生活に欠かせない重要なパートナー、人間対人間の一番の信頼関係がお金と言っていいでしょう。

お金が無かった時代もあります。お金の苦労を味わった時代もあります。転職したとき、リストラされたときにお金の苦労を味わいました。今まで普通に生活していたものが、急に解雇されて収入がなくなり、明日からどうやって生きていこうという命の危険にさらされたこともありました。こんな苦しみは他にありません。

大好きな人と別れた時もこんなに苦しまなかった。お金がないことは愛を失うよりも辛い。もうあんな辛い思いは二度と味わいたくない。この世界ではお金がない人は、どんどん人間性が悪くなり、これ以上ないどん底へと落ちていく。人間としての尊厳と自信もなくなす。それを痛切に学びました。

「愛があればお金はいらない」この言葉は嘘です。お金に余裕ある人が言っている言葉か、自分では生計が立てられずに、誰かに食べさせてもらっている人が発する言葉です。ギリギリで生活している人はそんな言葉はいいません。

「愛があればお金はいらない」その言葉はバカげた妄想です。かすみでも食べて生きていけというのか!仙人ではあるまいし、生身の人間は、それじゃ餓死を選択するしかありません。

「愛があればお金はいらない」を選択するのなら、贅沢しないで、節約して切りつめた生活をすることです。

誕生日もクリマスもいらない。スマホもパソコンもいらない。外食もしない、旅行にもいかない、テーマパークも行かない、友達とも遊ばない、着るものは今持っているものを一生着る。お化粧もしない、外に行かないで家の中でじっとすることです。

彼氏に対しては、コンビニ行くのをやめてね、友達と飲みも行かないでね、お金のかかる趣味や遊びは一切やめてね、洋服も今持っているものを一生着てね、病気になってはダメお金がかかるから、人のいないド田舎に行って自給自足で生活することを提案することです。
一切の遊びと贅沢を捨て、先進国の生活を捨て、原始時代のような自給自足の生活を望むのなら、「愛があればお金はいらない」となります。果たして現代人が原始人のような自給自足の生活ができるかというと、できないと思います。


愛があればお金はいらないではなく。お金はとても大切なパートナーとしてわきまえることです。人間社会で生きていく以上お金は最も信頼できるパートナーです。その信頼できるものが無い人を愛してはいけません。「お金が無い人は信頼できない」私はそれを自らの経験で学びました。

お金のない恐怖、生活のできない恐怖、他人から信頼されない恐怖、いくら自分は愛情豊かでいい人だよと言ってもお金の無い人は誰も信用してくれません。世間はそんなに甘くありません。それなりの備え(お金)がないと誰も信用してくれないのです。


人間社会で生きて行く以上、お金は最も信頼できるパートナーです。愛よりも大切なお金。その大切なお金を愛と引き換えにしてはいけません。恋人同士でお金の貸し借りはしないことです。

お金に関する話題はつきませんが、ここで言いたいのは、恋人にはお金を貸さないことです。返ってこないという覚悟があっても貸してはいけません。貸したら終わります。どんなに愛していても、お金を貸したら終わる、そのことを肝に銘じてください。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


彼にお金を貸した、でも彼はお金を返してくれない。という相談は山ほどあります。


恋人同士のお金の貸し借りは注意が必要です。恋愛関係の相手には、借りた側は返す気がないという心理が働きます。何故?その心理が働くのか、それは愛に甘えているからです。愛しているからお金の貸し借りは愛でもって相殺できる。深い男と女の関係は身内みたいなもの、身内なら金は借りても返す必要がないという考えが働きます。愛に甘えているのですね。

ここに私の恋愛白書があります。
それは、「彼にお金を貸したらその恋は終わる」という白書です。これが恋愛の法則と言っていいでしょう。当事者はそれを知らないと思いますが、私は膨大な相談件数からそのことを知っています。お金を貸している額が多いほど愛は悲惨な状況になる。「彼にお金を貸したらその恋が終わる」それが男と女の関係だと肝に銘じてください。


はっきり言います。
だいたい女から金を借りる男はロクな奴いない。男として人間として失格です。私は女から金を借りる奴を寄生虫と呼んでいます。男として生きる価値のない寄生虫です。(ごめんなさい、君の彼を寄生虫と呼んで)そのくらい腹立たしいのです。私からすれば女から金を借りる奴は男の風上にもおけん!というのが根底にあるからです。男なら金は借りず自分の力で何とかしろ!まして女から金を借りるのは男の恥、男の風上にもおけん、男として絶対にやってはいけない。これが男の基本ではないでしょうか。

すみません興奮しました(反省)ここからは冷静になって話を続けましょう。お金は人と人との信頼関係です。その信頼関係は愛より尊いのです。何故なら人間として生きる根源がお金だからです。その大切なお金を愛情や同情で簡単に人に貸さないでください。たとえ愛している彼でも貸してはいけません。

貸し借りにはルールがあります。
あなたがお金を貸すから相手は立ち直れないのです。だからお金は貸さないことです。金を貸すと相手はそれに甘え、立ち直れなくなります。あなたの愛情があなたの同情が逆に相手の立ち直りを遅くさせているのです。

恋愛は信頼関係ですが、お金も信頼関係です。そこにお金の貸し借りが発生すると信頼関係はなくなってきます。借りた側は忘れようとするが、貸した側はいつまでも覚えているのがお金の貸し借りです。「いつお金を返してくれるの?」という葛藤を持ったまま続けると恋愛は必ず破綻します。とどのつまり、ドロドロ劇へと発展して破局に向かっていきます。

金の貸し借りのない恋愛を心がけましょう。何かの理由で彼がお金に困っている時、お金は絶対に貸さないでください。彼が困っているからお金を貸してほしいと言われた時は、「ゴメンなさい、私お金が無いの」(たとえ貸すお金があったとしても、無いと言いましょう。)最初が肝心です。

最初にぴしゃりと断れば、お金がないという印象が出来上がり、男は二度とお金をあなたから借りようとしません。お金はない、お金は貸さないという印象を最初に植え付けることです。

最初にぴしゃりと断る、この利口なやり方によって今後の運命が大きく変わっていきます。お金のやり取りは利口になることです。好きな相手にはお金はあっても貸さない、それを心がけることです。お金を貸したら彼は立ち直れなくなり、信頼関係も無くし、愛の末路は無惨に終わる。それを避けるのが、利口な人の考え方です。


「じゃあいいよ!」金を貸してくくれないのなら「別れよう」と彼が言った。女の弱いところをついて、失う恐怖を与え、サギみたいな言葉の難くせに負けてはいけません。そんな男とはさっさと別れてください。
後から後悔しないためにも別れてください。月日が経てば、あんな男と別れて良かったと思うようになります。

金を貸してくれないのなら別れようとか、もう僕は君を愛せないとか、好きになれないとか、僕がどうなっても君は平気なのだね、僕はもうダメだ・・・このままでは生きていけない・・・いっそのこと自殺しようかな・・・さよなら・・・。はいはい、金をせびる奴はあの手この手と脅かしてきます。そんな卑怯な男の口車に乗ってはいけません。だいたい女から金を借りる奴はロクな奴はいないのです。この恋は終わってもいいくらいで、おつりがきます。喜んで終わりにしてください。

今日のYouTube
思いを変えれば世界が変わる
思いを変えればサムネイル
こちらをクリック

本日15時公開、よろしければご視聴ください。




ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック




今の会社に5年勤めているが、そろそろ転職を考えている。転職の理由は、毎日単調な仕事で飽きた。この会社に将来性がない。人間関係が悪くなった。上司や同僚とそりが合わない。毎日会社に行くのが憂鬱。給料が安く。休みも少ない。仕事そのものがブラック。転職の理由は男女そんなに変わりません。

転職したかったら、どうぞ。自分の人生は自分で決めなさい。それが答えとなります。多くの人が転職で悩むのは将来の保証がないからです。保証はどこにもありません。保証は自分の力でつかみ取るもの、それが答えとなります。

それじゃ答えになっていない。
なるほど…あなたが求めている答えは、転職したらやりがいのある仕事につけて、給料もアップし、休みが多く、職場環境も良く、夢と希望のある仕事に就きたい。これが、あなたが求めている答えですか?

ならば、簡単ですよ。
あなたがそれを強く求めればいいのです。

保証は自分で掴み取るもの。それを心がければ、夢と希望のある仕事に就くことができます。できないのは不安と恐怖で将来の心配ばかりしているからできないのです。心配ばかりして悩んでいる時間を減らし、もっと前向きに良くなることを考えてください。不安の時間にいるか、前向きの時間にいるか、どちらの時間に長くいるかで、あなたの今後の未来が決まります。前者は保証のない人生を送り、後者は保証のある人生を送る。人間は心の持ちようによって、すべてが決まります。

女性のちょっとした悩みはつきない。

恋愛で悩み、仕事で悩み、人間関係で悩み、人生で悩む。

悩むのが女の人生ばかりと決めている。これが女のサガだから仕方ないと。いいでしょう、それで。それで生きているのならいいではないですか。人間だから悩む。それが人間なら悩みと同居しながら生きていけばいい。そうなれば、悩みなんてたいしたことないと思える人間になる。なぜなら悩みを同居させながら、悩みが悪さしないようにしっかりと心を分けてコントロールしているからです。自分の人生は悩みのものではない。自分の人生は自分のもの。そこさえ心がければ、悩みなんてたしたことないと思える人間になります。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック



夫の上着から領収書を見つけた。

(5万円、二名様、フランス料理)の領収書。

夫は私に隠れて、他の女性と豪華ディナーに行った。

私とはフャミレス(二人で2000円くらい)しか使わないのに、5万円、何それ!私は夫と5万円もするディナーなど食べたことがない。許せない(怒)と同時に、私は彼の本命でなかった……とがっかりする。

いやいや、フアミレスのあなたが本命ですよ。これが男の主張。

よく考えください。5万円のディナーを彼はその女性と毎日食べていますか?食べていないでしょう。それに比べてあなたとは毎日生活しています。生活の全般を彼が見ているとすると、少なく見積もっても年間500万円近く夫は出費しています。5万円と500万円、どちらが本命ですか?というのが男の主張となります。年に一度あるかないかの、他の女性との豪華ディナーより、質素だが、時間と金と労力のかかっているあなたが彼の本命です。

ここで覚えて欲しいのが、男の本命は時間と労力とお金を費やした人です。あなたに500万円、他の女性に5万円なら、あなたが100倍本命ということになります。男性の本命の見極め方は簡単です。小学生でもわかる計算式で計ればいいのです。物事は複雑な計算より、単体の計算式で考えること。これが男性とうまくいく方法です。

おそらくこの計算式には多くの女性が反発すると思います。

論理は見方を変えるのも重要なことです。片方の論理(気持ち)だけを重要視するのではなく、ああこういう考え方もあるのか、こういう見方もあるのか、幅広いトータル的主観で物事を見ることも大切ではないでしょうか。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック


人間には様々な悩みあります。

悩みに対しては心を分けることで問題のほとんどが解決できます。

どんな苦難な状況でも、どんなに苛酷な状況でも、すべては心の持ちようです。心の持ち方次第で、すべてが解決できます。悩んでいる心を晴らしたいと思うのなら、その心を分けることです。心を分けることができれば悩みは軽減できます。

彼と別れたいのなら。
あなたが、彼と別れたいと思うのなら別れることを選択すればいい。別れることは大した問題ではありません。問題はその後に襲ってくる未練です。未練は心を分けることで退治することができます。「さよならだけが人生だ!」と言って未練を退治すること。「去る者は追わない!」と言って退治すること。かっこよく、未来に向かって「過去は振り返らない」と言って退治すること。人とはいつか別れの日が来る「さらば友よ」と言って退治すること。そうやって新しい世界へ旅立てば、後は時間が解決してくれます。

彼と復縁したいのなら。
あなたが、彼とやり直したいと思うのなら復縁を目指して頑張ることです。「復縁なんてたいしたことない」と自分に言い聞かせればいい。試練に立ち向かう覚悟さえあればそれで十分。1、最後まで諦めない忍耐力。2、何が何でも成し遂げる信念。3、相手の冷たい仕打ちを全然気にしない性格。4、明るく前向きに颯爽と相手を動かす根性。この4つの心がけがあれば復縁はできます。4つの精神力は人間が何かを成し遂げるための成功法則です。この法則をマスターできれば、復縁なんてチョロイものです。

大切なのは、やることを恐れるより、たいしたことないと思うこと。困難に遭遇したとき人は複雑に物事を考えます。「こんなのたいしたことない」といって、恐れや不安を吹き飛ばすことです。実際やってみるとたいしたことない、この感覚を覚えることです。

悩みなんて気にしないこと。
人間は生きているからこそ悩みがある。そう考えれば悩みは友達です。悩みといい関係を築けばいいのです。いい関係を築くには、心を分けることです。


恋に疲れたら
恋に疲れたら……休めばいい。

二度と恋などしない!と心に誓って休めばいい。

それでいい。
それでいいんだ。
「恋など二度としない」と決めればいい。

失恋の後は、みなそのように思うもの。

人は失って初めて、大切なことが分かる。

生きているときに親孝行ができないがごとく、恋愛も付き合っているときは孝行ができない。居ることが当たり前で、ワガママに甘えてしまう。


そして失う……。
大切な人を。

失って初めて大切な人の存在がわかる。

でも、もう手遅れ……その人は帰って来ない。

失う瞬間、人は覚悟ができている。

人は、「失ってもいいや!」という覚悟ができている。

それは強気ではない。物語はいつか終わるという宿命を人間はみな持っている。人間はいつか死ぬのが宿命。恋はその前に終わる。だから、覚悟は出来ている、恋はいつか終わるという覚悟は出来ている。


恋はいつか終わる。
それでいい。

終わったら、恋の葬式をしながら、自分を再生しよう。

再生中は、「二度と恋などしない」と決めること。

二度と同じ過ちを繰り返さないためにも、今は自分を再生するしかない。人生は長い、次の恋のためにも、再生をするしかない。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック



人間は消息で生きている。

消息を辞書で調べると、物事のその時々のありさま。動静、状況、事情という意味だが、ここでいう消息とは、人が生きたり(息)、死んだり(消)すること、世の中のあらゆるものが、生まれてきたり死んだりすることを消息という。

人間も動物も植物もいつか死ぬ運命にある。それに逆らって生きることはできない。人の人生もすべてがこの波の中で生きている。これが自然の法則である。

つまり世の中には自然の法則があり、それに沿っていけば順調に目的地に到達することができる。ところが、それに逆らっていると、すべてがちぐはぐとなり前進することができない。

歴史上、英雄と言われた人たちが、どういうわけか意外にももろく挫折したり、運命のいたずらとしかいえないような悲運の最期を遂げたのも、このような消息、すなわち自然の法則に逆らったからだと考えれば納得できる。

英雄のすべてが正しいわけではない。正しい行いもあれば悪い行いもある。目的のために人を騙すこともあれば、出世のために卑怯な手段を講ずることもある。プライドでもって相手を打ち負かすこともある。称賛に値する英雄でも妬みや嫉み嫉妬の対象となることもある。うまくいっている時は伝説のようにはやし立てられるが、一度伝説が崩壊すると犯罪者扱いとなり極刑となる。

なぜ、そうなったのか?
それは、自然の法則に逆らって生きたからだ。もちろん最初は尊く清く正しく生きていたが、目的が達成し、さらに野心が高まり、もっともっと欲しいという欲望が出てきて、征服欲が強すぎて自分をコントロールすることが不全となり、最後は悲運な最後を遂げたのである。

中には、尊く清く正しく生きたという英雄もいる。尊く清く正しく生きているのに不運な目に遭ったという悲劇のヒーローもいる。だが、よくよく考えてみると、生涯を通して尊く清く正しく生きたどうかは疑問が残る。

途中から間違った精神、間違った思考で生きたのではないだろうか。はた目にはあんなに良い人がなぜこんな不幸な目に遭うのという同情心を抱かせるような悲しみの伝説となるが、やはり不運な最後を遂げる人は、本人も知らぬところで自然の法則に逆らって生きたのではないかと思う。

そういった現象は英雄だけでなく一般の人にも起きている。自分は何も悪いことをしていないのに、なんでこんな不幸な目に遭うの?という話をときどき聞くからである。

悪いことをしていないのになぜ不幸になるのか?それは本人が自分は悪いことをしていないといっているだけで、本人が知らないところで悪いことをしているのである。そんなバカな?と思うかもしれないが、実際にはそんなバカなことが起きているのである。

なにが起きているかというと、自然界の法則に逆らったからである。自然の法則とは、人が生れて死ぬまでの生き方が正しいかどうかでその人の運命が決まる。生き方が正しくなければ、自分は悪いことをしていないといっても不幸になる。

正しい生き方とは?
それは、積極的に生きること。

生れて死ぬまでの間、人間は積極的に生きなければいけないのに消極的に生きてしまった。「消極的に生きることは悪いこと」それを知らずに、自分は何も悪いことをしていないと言い聞かせて生きてきた。ネガティブで悲観的に悪いことばかり考えて、悪いことをせず生きてきた。なんで自分はこんな不幸な目に遭うのという人は、そのことに気づいていないのである。

自分は悪いことは何もしていないが、消極的に生きているとなれば、それは悪いことなのである。

まとめ。
人間は自然の法則「消息」に従って生きるべきである。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。


沖川の電子書籍はこちらをクリック