ホーム > 月別アーカイブ: 2024年03月
本日15時に公開
よろしければご視聴ください。

こちらをクリック

ネガティブの世界から脱出する方法をお手伝いをします。聡明な言葉や、自己啓発や、哲学だけでは、人間は前向きになれません。前向きになるには、気分を良くすることです。さあ!今から気分を良くしてください。


女は男を信じない。

男は知らない。

過去に男が女をだました黒歴史がうなるほどあったことを男性たちは忘れようとしますが、女性はすでにDNAに刻みこまれているので忘れることができません。それを男性は理解できないのです。疑うのが身を守る女性の本能であることを男性たちは知りません。だから、「黙って俺を信じろ」は女性には通用しないのです。

では、どうすれば男と女は結ばれるのでしょう。

そこに、チャレンジ精神を復活させることです。

恋愛とはチャレンジだ。

そして、そのチャレンジは、今まで出来なかったことを出来るようにすること。これがチャレンジ精神です。

今までできなかったこととは?

疑うより信じることです。

それが女性たちにできなかった。

今まで疑ってばかりいて信じることができなかった。表面上は信じているふりをしていたが心の底では信じていなかった。それを100%信じることにチャレンジすることです。

あなたにできますか?
疑うより信じることが。
これがあなたのチャレンジ精神となります。

あなたのチャレンジ精神を生かすために私の恋愛における考えを述べさせて頂きます。

私なら、好きな人なら裏切られてもいい。

これが私の考えです。

だから、疑うより信じることができます。

いいじゃないか、好きな人なら騙されても。その人を好きになったのは自分の責任だから仕方がないと諦めています。責任で処理すれば、裏切った人を憎むことも恨むこともなく許すことができます。

人を疑うより信じる人は騙されやすいのではないのと思われるかもしれませんが、それが意外と騙されないんだね。それより人を疑っている人の方が騙されやすい。長い人生経験でそれが解りました。人を騙す人は、疑い深い人に近づく。類は友を呼ぶ形で人を騙す人は人を疑っている人を呼び込むのです。

もちろん、すべてを疑い無しに人を信じるかというとそうではありません。他人ではなく自分が好きなった相手のみです。他人は信用できません。なぜなら他人とは責任のある信頼関係が構築していないからです。

それに比べて好きな人とは責任のある信頼関係が構築されています。だから、好きな人なら騙されても裏切られてもいいのです。その姿勢でお付き合いして、私自身が今まで騙されてことは一度もありませんでした。他人には騙されたけど、身内や心から愛した人には騙されませんでした。

あなたを騙す人は他人です。

ですので、もし付き合っている人があなたを騙したらその人は他人です。他人はそれまでの男として自らの責任で処理することです。

自らの責任で処理することができる人には、もう騙す人は寄り付かなくなります。悪い人は近づかないというガードがしっかりでき、人を見る直観力もあるからです。好きな人なら騙されてもいいという覚悟を持った人は選ぶ相手を間違えないので騙されることもありません。
その技術をどうすれば持てるかというと。

簡単です。好きな人を疑うより信じることを続ければいいのです。自分が好きになった相手だ、疑うより信じることです。そのスタンスをずっと続ければ、類は友を呼ぶ、人を信頼できる人には信頼できる友が集まるようになります。疑うより信じるとは、あなたの潜在意識に正しい価値観を見出すことにあります。そしてこの価値観が生きる基本となります。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック



うまくいっていない。

あなたの恋愛はうまくいっていない。なぜうまくいっていないのか、その答えは簡単、相手を信頼していないからです。

ビジネスも恋愛も成功する人は信頼関係を構築した人です。そしてその信頼関係は双方が信頼し合わなければなりません。自分は相手のことを信頼しているが相手は自分のことを信頼していない。相手は自分のことを信頼しているが自分は相手のことを信頼していない。一方通行の信頼では成就することはできません。ビジネスも恋愛も成就する基礎は信頼関係です。

信頼関係が両立していない恋愛は、どんなにチャレンジしても成就することはありません。基礎のないチャレンジ精神はやがて崩壊します。ほとんどの人がボロボロになるのは基礎がないからです。

基礎を作るには、「疑うより信じること」まずそれを実践しなければなりません。「疑うより信じること」これこそ、もっとも難しい究極のチャレンジ精神です。疑うことは誰にでもできます。だが信じることは誰にもできません。それができる人は、よほど大きな器を持った人でないとできないと思います。

多くの人が信じるより疑うことばかりをやっています。これは男女関係なく。

人間なら誰しもそういう部分をもっています。どちらかというと女性より男性の方が疑い深いのかもしれません。男性の方が人に対してはクールな側面が多く、女性は人に対するコミュニケーション能力が優れているので、男性ほどクールではありません。

しかし、こと恋愛になると疑い深くなります。なぜ、疑うのか?それは騙されるのが嫌だからです。信じていた人に騙された、これが女性にとって最悪のシナリオとなるからです。

信じていた人に裏切られた。こういった裏切りを人類は過去に繰り返し・繰り返し経験してきた。この黒歴史が女性たちのDNAに組み込まれているのでしょう。コミュニケーションを伴う恋愛にはものすごく興味があるが、裏切りという残酷な仕打ちを恐れている。人間の思考には相容れない2つの矛盾である二律背反が存在するからです。

恋愛がチャレンジというのは、その二律背反が存在するからです。片方で愛して片方で疑っている。まったく相容れない気持ちがぶつかり合あって戦っている。これが恋愛はチャレンジだという所以です。そしてそのチャレンジを全うしたい。なぜ全うしたいか?それは結果を見たいからです。相手が信じるに値する人間か結果を見たい。ここに愛の真髄があります。

しかし、付き合っている男性には女性の愛の真髄が分かりません。片方で愛して片方で疑っている。こんな女心の真髄などまったく理解できません。愛しているから疑っている?男性にとっては、その愛し方が最も嫌いなのです。男性の気持ちは一つです。「黙って俺を信じろ!」相容れない二律背反ではなく、「俺を信じろ」それだけです。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


本日18時に公開します。
よろしければご視聴ください。

好きなきもちをコントロールするサム
こちらをクリック

女性は好きになると感情のコントロールができない。女性の好きはとても厄介だ。恋愛は感情をコントロールすることでうまくいくようになる。この方法を動画内でレクチャーします。


愛の定義は信頼関係。

恋人であれ、夫婦であれ、親子であれ、友人であれ、疑うより信じること。


今日も誰かが恋愛相談に訪れる。そして今日も誰かが疑っている。愛すれば愛するほど疑っている。

なにそれ?
これじゃ、何のために恋愛しているのかわからない。

好きな人は疑い。好きでない人は信頼している。人間とは身近なものは非難し、身近でない他人を信頼する変なところがある。
そして、信頼できる人はいい人だが、これがまたつまらないという。ではなにか、あなたは疑いの危険性がある人が好きなのか。常にハプニングと波乱万丈を求めているのか。自ら危険な香りのする人が好きなのか?

そうなのか、ではこう考えればいいんだね。

あなたの恋愛はチャレンジだと。だから完璧を求める。完璧を求めるから疑う。疑いがなくなるまで疑って、疑って疑いを晴らして完璧を求める。他人にはそれを求めないのに好きな人だけにそれを求める。それはとても厄介な思考ですね。とても面倒くさいけど、それがあなたらしいのかもしれない。

あなたの思考をまとめると。

恋愛とはチャレンジするもの。

平凡で飽き足らない恋愛にはチャレンジしない。

恐いからこそチャレンジする、危険だからこそチャレンジする。

なるほどね。

でも、それってビジネス思考ではないの。

そうよ、愛は女の仕事だからビジネスと一緒よ。なんで愛をビジネスと同じにとらえるの?と言われても、それはビジネスも愛も一緒だからと答えるしかない。

人がチャレンジするときは、恐いからチャレンジする、危険だからチャレンジする、不安だからチャレンジする。心配だからチャレンジする。人が行うチャレンジ精神はビジネスであろうが恋愛であろうが勉強であろうが、みな一緒。出来る奴が危険を冒してチャレンジする、愛もビジネスもチャレンジするのは一緒なんだ、と答える。

そうか、それで女性の多くがチャレンジしているのか。

やめた方がいいよという相手にチャレンジするのはそのためか。平凡で飽き足らない人には興味がなく、こっちを振り向いてくれない相手に興味がわくのか、なるほど、恋愛とは面白いものだ。皆さんを見ていると、みんな健気にチャレンジしている。それが、皆さんの好きな相手か、ならば応援するしかない。私はあなたのことを応援する「頑張れ!」と。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


恋愛に関する執着をまとめていきます。

タイミングが悪い女性は執着心が強い。タイミングが悪いのは執着しているからです。若い頃は切り替えが早かった、でも今は切り替えが遅い、そういう話もよく聞ききます。10代後半から20代前半までは切り替えが早かったが、20代後半から30代後半にかけて切り替えが遅くなった。

若い頃は怖いもの知らず、歳を取って怖さを覚えた。人間は歳を取るたびに慎重になり頑固になる。そして涙もろくなり情も深くなる。恋愛は年齢を重ねるたびに後退するものかもしれない。大人の恋愛というが、大人の恋愛ほど執着の塊かもしれない。本来の大人の恋愛は物分かりの良い後腐れのない恋愛が主流だが、昨今の大人の恋愛は物分かりが悪い後腐ればかりの恋愛が多い。

若い頃の純粋な気持ちもなく、ただ諦めないという精神で、相手の迷惑などかえりみず、己の愛の欲望にモヤモヤと渦巻きながら、好きだから愛だからと心で叫びながら執着している。

解放してあげる。
こういうときは、解放してあげることです。解放することでタイミングが良くなります。

なぜ解放できないのか?それは相手の幸せに嫉妬しているからです。私と別れて彼が他の女性と幸せになるのが嫌だとか、私と別れて彼が自由を手に入れハッピーになるのが嫌だとか、私だけ苦しんで、彼だけのうのうと生きているのが嫌だとか、私を置き去りにして彼だけ未来に向かって前向きに生きているのが嫌だとかという嫉妬をしているからです。

もう、嫉妬はやめましょう。嫉妬より解放してあげることです。



あきらめる。
私は、最後まで諦めないという言葉も好きですが、最後に諦めるという言葉も好きです。男女関係である恋愛は最後に諦めてもいい。諦めるときは相手の幸せを願って諦めればいい。

男と女は結ばれるために出会っているのではない。男と女は別れるために出会っている。人生で5人の異性と付き合えば、4人と別れて一人と結ばれる。人生において、8割以上の別れを誰しも経験している。

男と女は別れるために出会っている。結ばれるために出会っているわけではない、別れという経験を積むために出会っている。別れとは神聖な儀式なので、潔く汚れがないようにするべきです。そのために最後は相手の幸せを願って有終の美を飾ることです。「終わりよければ全てよしし」これが最高の恋愛の終わり方です。

最高の終わり方をすれば、最高の恋愛を手にすることができます。人間は執着を手放したとき、最高の幸せを手にすることができます。




ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


本日18時に公開します。
よろしければご視聴ください。

ザ・恋愛サムネイル
こちらをクリック

今更恋愛?いいじゃないですか、タイトルは単刀直入に「恋愛」!これがこのチャンネルの主流ですから。遠慮なくタイトルは「恋愛」でいきます。恋愛があるから、人は愛を尊び、生きる喜びを味わい、明日への希望が持てる。何のために人は生きているのか?それは人を愛するためだ。



人は何に執着するのか?

執着もいろいろあると思います。一般的に言われるのが自分の好きなものだと言われています。そして好きなものは欲望が絡む。この欲望がやがて執着になるのではないでしょうか。

私なりに、欲望の代名詞である執着をあげると次の3つになります。

1,お金
2,権力。
3,恋愛関係。


1、お金。
お金は執着の対象になりやすい。お金があれば、大抵の悩み事は解決するともいわれています。反対に、お金がなければ何もできないということです。このような精神的な不安から、常に「お金が欲しい」と思ったり、「お金を失ってしまう」という欠乏感に陥ってしまいます。その背景にあるのが、お金に対する執着です。

2、権力。
人は一度手にした権力をなかなか手放そうとしない。政治家を見ればよくわかります。彼らは権力にしがみついているだけです。企業の経営者も同様で、一度得た権力を手放そうとしません。人の上に立って権力でもって人を支配する。これは権力者にとって最高のエクスタシーとも言われています。一度この経験を味わった人は二度と権力を手放せなくなります。世界のあっちこっちで戦争や紛争が起きていますが、それらはたった一人の権力者によって起きている事例が多いことは皆さんよく知っていると思います。権力とは人類を破壊する力を持っていると同時に、人類に最大の恩恵を与える力も持っています。その座につけば病みつきになり、執着して手放せなくなるものかもしれません。

3,恋愛関係
恋人や好きな人に対して、執着することはよくあります。「相手がどこで誰と何をしているか知らないと気が済まない」と相手を束縛したり、「別れを告げられたらどうしよう…」と情緒不安定になったりするケースが多々あります。

私は恋愛関係の執着をたくさん知っています。おそらくその数は、日本でもトップクラスではないでしょうか。不可能と思われる執着もあれば、可能性のある執着もある。何とかなる執着もあれば、何ともならない執着もある。希望を打ち砕く執着もあれば、希望を叶える執着もある。

そして、一番厄介なのは当の本人が自分の執着のレベルを知らないこと。これは前向きな執着なのか、それとも後ろ向きの執着なのか?まったく知らない。

それを1から教えながら今後の対応をしていくしかない。可能性のないネガティブな執着なら終わりにして、可能性のあるポジティブな執着なら最後まで諦めず頑張ろうと諭すしかない。執着にもいろいろあって、マイナスかプラスで大きく変わって来る。あとはその人の正しい判断に委ねるしかない。



ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック



執着

若い時はあきらめが良かった。しかし、歳を取ってからあきらめが悪くなった。若い時は切り替えが早かった。しかし、歳を取ってから切り替えが遅くなった。若い時は柔軟だが歳をとると頑固になる。そういうことは誰にでもあると思います。



執着とは、一つのことに心をとらわれて、そこから離れられないことを意味します。金に執着するとか、権力に執着するとか、恋人や好きな人に執着するとか、何かひとつのことに気を取られて、そのこと以外に考えられなくなったり離れられなくなったりする状態のことを執着といいます。

何かに夢中になって執着する。あきらめない。こだわる。頑固になる。多かれ少なかれ人間にはこういった執着心があります。とくに好きなものに関しては、あきらめないで徹底的に頑固にこだわるのではないでしょうか。

若い時は、なぜあきらめが良く切り替えが早いのでしょうか?それは経験不足だからです。若い時はチャレンジ精神が豊富で柔軟性がある。若いからいくらでもやり直せる。そして失敗から学ぶのが若い人の特徴でもあるからです。学びの過程である若い人は、失敗してもやり直せる時間が豊富にあります。そして、人生の何たるかを知らない。そういった経験不足によってあきらめが早く切り替えが早いのです。

歳を取ると、なぜあきらめが悪く切り替えが遅いのではないでしょうか?それは経験を積んできたからです。経験を積めばチャレンジ精神が薄れ柔軟性がなくなります。失敗もたくさんしてきたので、人生の艱難辛苦もたっぷり味わって来た。世の中は厳しく甘い考えでは生きられないことを散々経験してきた。こうした経験が、あきらめが悪く切り替えを遅くしているのではないでしょうか。そして、何よりも歳を取ると若い人みたいに時間がない。この時間のなさが、あきらめが悪く切り替えを遅くしているのではないでしょうか。

では、経験不足の若い人の方がいいかというと、そうではありません。経験不足の若い人は物事を達成する能力は劣ります。その点、経験を積んだ大人の方が物事を達成する能力は勝ります。経験とはそういうもので、切り替えが早く柔軟ならばいいというものではありません。物事を達成する人は、酸いも甘いも噛分ける経験をたくさん積んできたからこそ突破できたのです。そしてその突破力は経験によるものです。困難なとき何を考えるか?どうすれば良くなるのか?それは経験を積んだ人間以外にしかできないからです。

しかし、経験とは恐ろしいもので悪い方に作用することもあります。人間は酸いも甘いもたっぷり経験すれば心が折れてネガティブになることがあります。ネガティブな人は困難を突破できません。困難が突破できない人は、経験不足の若い人より始末の悪い大人になります。頑固で融通がきかず、否定的で、聞き分けのない嫌な大人となります。

前者の大人は、執着をネガティブではなくポジティブな信念ととらえます。それに対して後者の大人は執着をネガティブととらえます。執着は基本的にマイナスにとらえられがちですが、この気持ちを振り切って自身の糧にすることもできるのです。若い人は時間がたっぷりあるので柔軟性があって切り替えが早い。歳を取れば時間がなく柔軟性もなく切り替えが遅い。そればかりに拘るのではなく、いかに自らの経験で執着をプラスの信念に置き換えるのか、それが大人に残された時間となります。


ユーチューブ(沖川の恋愛日記)はこちらをクリック
チャンネル登録・高評価よろしくお願いします。

沖川の電子書籍はこちらをクリック


本日15時に公開します。
よろしければご視聴ください。

別れる覚悟を持つことで恋愛が成就するサムネイル
こちらをクリック

女性の皆さんに、驚くべき事実を伝えましょう。男性は、「いつ別れてもいい覚悟で女性と付き合っている」ええ?と思うかもしれませんが、それが真実です。もし、それを女性がやったら、彼はあなた夢中になります。