ホーム > 結婚 (結婚の条件・タイミング・危機・技術) > 手相で結婚の目標設定 (結婚する技術)
ここへきて私は、手相にて「結婚」の目標設定をみんなに推奨し始めている。

「結婚」・・・「ずばり結婚が目標である」
これは多くの女性が望んでいる夢である。

愛情線のラインを読み取り、目標を立てる。

ラインの形状は人それぞれである。

キレイなラインで間違いなく結婚を保障するラインもあれば、切れ切れで危なっかしいラインもある。もともとキレイで間違いなく結婚を保障するラインは少ない。10人に一人くらいだろう。あなたの結婚時期はいつと判定するラインのほとんどは切れ切れで危なっかしいラインである。

8割は完成している、後2割は努力が必要というのが大半の人の現状である。一箇所か二箇所切れているのだ。その切れている箇所を繋ぐのが本人の努力となる。

それでも、「あなたは何歳に結婚する」という目標ができる。

目標がなければ何も始まらない!


優柔不断で曖昧な人には、目標が必要である。


目標がないから、小さな恋愛の葛藤で右往左往する。


目標(ゴール)までたどり着くには山あり谷ありは人生で当たり前なのである。その一つ目の山のふもとでみんな立ち往生している。前に進む勇気を怠り足踏みしている状態なのである。

足踏み状態とは、彼からメールが来ないと悩んだり嘆いている状態のことだ。


目標があれば苦しい状態もガマンして忍耐強く待つことができる。苦しい時の忍耐は明日に続くこやしなのに、みんな耐え切れなくて自爆している。後一日、後一歩ガマンすれば望みが近づくことがあるのに、忍耐がないためにみんな後悔しているのである。


そうならないために私は、「結婚の日」の目標を決めることにした。もちろん何年の何月何日を決めるのはお客さんである。私はあなたが結婚できるのは、何歳!というだけである。こんな感じである。


28歳の女性、誕生日5月3日。

「あなたの結婚は30歳」

そこで、紙に書く。

2008年
4月
5月(29歳)
6月
7月 7/15復縁
8月
9月
10月
11月
12月 12/24プロポーズの日
2009年
1月 元旦双方の親への挨拶
2月 2/14結納
3月
4月
5月(30歳)
6月 6/15(結婚式)お客さんが決めた結婚の日。
7月
8月
9月
10月
11月
12月
という具合である。

まず結婚式の日を決める。これがゴールである。これで計画というラインができた。点ではなく線である。線、道がないと人々は優柔不断の心で道をはずしてしまう。計画がないと人は後ろに下がったり横道へそれてしまうものだ。ずばり結婚の日を決めることで、進むべき道が決まる。

曖昧な人は、いつか結婚できるだろうという考えのみで生きている。その考えには一貫性がなく、逃げ道を作っているだけである。まず逃げ道を防がなくてはならない。

逃げ道は計画を断行することで防ぐことできる。その最初の計画が「結婚の日」を決めることである。

後は結婚式の前日まで、その日を毎日顕在意識で唱えることである。毎日繰り返し唱えて潜在意識にインプットしていこう。それが習慣になれば、後の細かい作業は潜在意識が段取りしてくれるのである。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

先週に先生にアドバイスをいただいた自慢亭です。
この名前でピンときて頂けますでしょうか(笑)。
先生と一緒に目標を立てたところ今週早くもメールの欄に正の字が
つきました!!!
(自分磨きの3ヶ月と自分で宣言しながらスポーツの話題を彼にメールしてしまったことは反省していますがその翌々日に彼からもメールが。)
慌てず焦らず諦めず、まずは3ヶ月自分磨きをしたいと思います。

おいしい焼きそば、ピンときました(笑)
目標通り、慌てず焦らず自分磨きをしてください。

いつも参考になるブログをありがとうございます.
ちょうど先生が言う目標設定を紙に書き,毎日寝る前に唱えたり,紙をみたりしていました.恋愛以外にも仕事の目標設定も含めていました.以前は挫折していた仕事の課題もその方法により先月目標達成しました!!!恋愛についてはその方法が合っているのか疑問でしたが,この方法を実行すればいいんだと確信しました.続ける自信がつきました!!!
毎日充実しています,ありがとうございます.

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する