ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 現在の恋愛事情
現在の恋愛事情


振られ、追っても追っても彼が逃げるとき、「このタイミングで振り向いてくれないと、私はもう復活できない、気持ちが冷めたころ、男性側から「戻りたい」と言っても遅いんです。 追うのをやめると男性が戻ることがわかっているけれど、追うのをやめると、私は何故か気持ちが冷めてしまうのです。追うことをせず相手を好きでいられる、相手の気持ちを考えて恋愛感情を維持することがなかなかできないからです。


コメントから抜粋させていただいたのですが、そういった考えの女性たちが最近増えてきました。いや・・・知らないのは男性だけで、以前から女性はそうだったのかもしれません。彼のことが必死に好きで、追いかけている女性たちは、苦しいながらも活動感があります。追いかけるのを止めたとき、活動感が消えうせ、やる気も消えうせ、空虚な人生にしばらく滞在する女性たちもたくさん観てきました。女性は愛の活動が中止したとき、人生の活動事態も中止になるのかもしれません。


そのことを踏まえ、恋愛日記の今年のテーマは、女性の愛の活動をバックボーンに支持する内容をあらゆる角度から、ふんだんに書いていきたいと思います。


今書いている記事は、逆も真なり。女性の考えとは逆に男性の心理がある。その心理を理解し、その心理を利用して彼を振り向かせる方法です。諸刃の剣みたいなところがありますが、効果は絶大です。だがそれを実行するには失ってもいいという覚悟と勇気が必要です。その勇気があるかどうか、それを採用し試すかどうかはあなたにお任せします。


今回のシリーズが終ったら、今年の本題、男を落とす恋愛のテクニック。「女性ハンター」について、明るく、前向きに、心を積極的に書いていきます。


最近の女性は、気持ちはハンターだけど、その技術が乏しく精神的にももろい。精神的な強化と技術の向上に今年は努めていきたいと思います。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

まさにリアルタイムなお話!
沈黙を破り、今元カレとは友人関係になります。彼女の話なんかも相談してくるようになりました。
私は自分磨きと他の人とのデートで忙しく過ごしています。
昨日も夜中元カレから電話かかってきたんです。
でも話してるうちに本当に元カレと復縁を願っているのか解んなくなってきました。
今後の先生の恋愛日記楽しみにしてます!

いつも沖川先生のブログに励まされ元気をもらっています。感謝しています。ありがとうございます。

「メールがやっと味方に」
先生が上でお書きになっている「技術が乏しく精神的にもろい」というご指摘。そこを強化して「ハンター」にというご指南、これから楽しみにしています。
私、ようやく最近メールを味方にできたように思います。こうしたこともハンターの一要素なのかしら。
ずーっと、彼からのメールを待って振り回されていました。
返事がないとすごく気にしました。
このブログや先生のご本に出会って、精進(?)し、今ようやく余裕をもって彼とメールできるようになりました。
彼との恋愛初期のころ私はラブラブメールばかり送っていました。
そのころは、それも悪くなかったと思うのですが、今はそうしたメールは送りません。それよりも、彼の仕事をねぎらい、理解し、彼を尊敬する姿勢を繰り返し、表現を変えて伝えてきました。
そうしたら、彼のメールも変わりました。
すごく喜んでくれているのがわかる。
すごく力の入ったメールを返してくれるようになった。
私を尊敬すると書いてくれた。
そして、自分の実存の危機の時、メールをくれるようになりました。
上司とうかくいかないとか、肉親の死を迎えた時とか。
私をとても信頼してくれているのがわかるのです。
もう、ちょっとやそっとの、返信がないなんていうことに動じる私や関係ではなくなったのを感じます。この関係はメールのやりとりで築くことができました。あんなにメールの振り回され消沈していた私が、メールを味方にすることができました。ありがとうございました。
これも、ハンターの一つの形かしら?
でも、間違いなく言えるのは、彼をそうしようと作為のメールをしたのではなく、真心を込めたということ。
理解と尊敬と親切と上品と丁寧と思いやりと明るさと愛!をこめました。
ところで、復縁についてですが、私も年長のせいか、復縁ということは考えたこともなかったし、このブログやご本で知りました。
年が年ですから、振ったとか振られたとか、別れたとか復縁したとかドラマチックではなく、穏やか~な恋愛(人生の相棒かな?)をしていきたいいな~っと願っています。

先生こんばんは、
ハンターです(笑)!
ハンターの心得ブログ、とても楽しみにしています☆
そういえば今日はオープンカレッジの講座を受講したのですが、終わって友人と将来の夢とか仕事の話していたとき、また…なんかストンと彼のことが消えました。ネガティブな感情でもなく諦めでもなく、すぐに元に戻ったけれど。
また少ししたらカウンセリングの予約をさせていただくので、そのときにお話しますのでこれがなんなのか相談にのってください、よろしくお願いいたします。

先生、本日は本当にありがとうございました!
1年間がんばって、来年の今頃、いいご報告が
出来るように友達ともどもがんばります!
帰り道に、しっかり指輪も買いました☆
今夜からニヤニヤして眠りにつきたいと思います。
本当にありがとうございました。

復縁を望むって、
=(イコール)相手の女性の不幸せを望むことになってしまうのでしょうか…?
私自身 相手の女性に対して、不思議と憎悪みたいな気持ちは無かったので ひたすら彼への想いだけで復縁を望んでいましたが…
結局それって、相手の女性を 遠まわしに不幸せにさせる事なのかな…って。そう考えたら なんだか自分の気持ちの方向がわからなくなりかけてしまいました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する