ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 元彼とは友達を継続しながら、他にも男友達をつくる
元彼とは友達を継続しながら、他にも男友達をつくる


因果応報が働かないための友達の条件。

1、 恋愛感情は持たない。
2、 SEXをしてはいけない。

この二つのルールは守っていきましょう。あなたは元彼とは一端お別れをして、恋の葬式をしました。友達になったあなたは、もう元彼に恋愛感情を持ってはいけません、当然SEXもしてもいけません。この二つのルールを破ると、あなたの作戦は失敗に終ります。彼女がいる元彼に、この二つを実行すると、因果応報が働き、あなたの望みは悪い結果に導かれるでしょう。


新しい男友達にも、半年以上は、この二つのルールを遵守していきましょう。あなたにはまだ元彼への未練と期待があるはずです。そのまだ諦めていないという期待のために貞操は守っていきましょう。その貞操は次の勝負の時に必要な心がけとなります。


その心の準備ができれば、あなたに余裕が生まれます。もう一頃のように悲しみに明け暮れたあなたではありません。将来の期待感に夢膨らんだ状態のあなたです。


さあ!あなたはこれから半年から1年間、特定の恋愛感情を持った彼氏をつくってはいけません。フリーでいることです、そしてその自由な時間に、なるべくたくさんの男性に会い、たくさんの男脳を研究しましょう。どうすればたくさんの男性と友達になれるかって?それは次回の男を落とすテクニックでだんだんと開示していきます。あなたが美と健康に気をつけ、心が積極的になれば、男性はいくらでも引寄せることができます。もちろんその人の素質にもよりますが、今より断然多く引寄せることができます。一つの心がけと行動力で、これだけ変わるものだということをあなたは実感するでしょう。


半年からい1年間という単位は、元彼が新しい彼女と別れる期間です。因果応報が働いた元彼は、半年で半分以上、1年で8割別れるという統計が、たくさんの相談件数からあります。その件数は3000件を超えており、確かに因果応報は働いているなと実感しています。それを想定して作戦を立てているからです。


ただあなたは、その別れに関与してはいけません。関与すると、あなたにも因果応報が働くからです。何があっても姑息な手段、元彼と相談に乗る振りして、あるいは相談に乗りながら、彼女と別れる方向に誘導してはいけません。あくまで、私は彼女の味方で、元彼とは友達というスタンスを守ってください。


自然の流れの別れなら、あなたには因果応報は働きません。
別れグセのついた、別れはたくさん起きています。本人は寂しいからと、次から次へと新しい異性を求めるのですが、長くは続かないものです。それは本人が正しく自分を改めてないからです。被害に合うのは女性ばかりで、誰かがそれを改め、止めさせなくてはいけません、あなたが彼を改めさせる実行員になることです。


中には別れないケースもあります。これはごく稀なケースですが、新しく付き合った女性がよくできた人で、因果応報を打ち破るくらいの清廉潔白な人なら別れに至らないかもしれません。あるいは元彼が命がけで惚れた女性とか、運命を感じた女性なら別れないで、そのまま付き合いが続行し、結婚に至る場合もあるでしょう。でもそれは稀です。普通の女性はみな女性特有の恋愛感情を持っており、その恋愛感情が別れグセのついた男と結局はうまくいかず、破綻に終るからです。


恋愛日記をたくさん読んで、深く理解できた女性なら、男にとってよくできた女性となり別れに至らないかもしれませんが・・・


元彼が新しい女性と結ばれた場合、そのときはそのときです。縁がなかったものと諦め、相手の幸せを願い、次へいきましょう。でもその確率は2割です。残り8割の可能性があります。その可能性を信じ、因果応報が働かないやり方で作戦を続行しましょう。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

その2割を経験しましたが、それはそれは打算的な結婚でした。
気持ちは私に残したまま条件とタイミングで戸籍上結ばれた二人。
そんな結婚ができる人なんだなぁって...そんな人いらんなぁが正直な気持ち。
あんなに好きだったのに...不思議。
丸一年苦しんで...好きじゃない人に告白されても、辛いからって逃げずに断って今に至ります。
苦しみが楽になった頃に好きな人ができました。
一年前の私なら多分好きになってもらえてないと確信してます。
今苦しい人に...必ず幸せは来るので好きでもない人には逃げないでって伝えたいです。
みんな幸せになりますように。

沖川先生、お世話になっています。
毎日、恋愛日記楽しみにしています。
さて、先日、心理学者として有名な河合隼雄先生の本を読んでいたのですが、河合先生が行われている心理治療法に関して、下記のような発言をされていました。
「ぼくは何をしているかというと、偶然待ちの商売をしているのです。みんなの偶然を待つ力がないから、何か必然的な方法で治そうとして、絶対失敗するのです。僕は治そうとなんかせずに、ただずっと偶然を待っているんです。」
ここの部分だけ読まれると「偶然」を誤解されそうですが、これはあくまでタイミングの話であって、河合先生は、その「偶然」が患者さん(とはあまり言いたくありませんが)に来るまでの準備を、一緒に手伝っている、ということだと思います。
沖川先生がされている復縁相談なども、ある意味、その「偶然待ち」と非常に似ているのではないか・・・と思いコメントさせていただきました。

一年ほど前に別れた人が結婚することになりました。
別れた後も幾度か会っていて、
私は友達になろうと必死で恋愛感情を抑えてきました。
1ヵ月ほど前にあったときに、たくさんのプレゼントをいただき(誕生日とかクリスマスとかいっていました。)
ご飯を食べた後、ホントに好きだよ・・・でもごめん。今付き合っている人がいてと言われました。
私は、プレゼントも貰い少し期待してしまったのもあって、
すごく落ち込みましたが、おめでとう。幸せになってね。と伝えました。
その後、どうみても友達の関係ではなく私もこんな気持ちでは浮気相手とかになってしまうと思い、
失う覚悟で、自分の本心を伝えました。
彼は、恋愛というより家族みたいに思ってしまうから彼氏とかにはなれないんだけど、一度すごく好きになった人だから今もすごく大切だし何かしてあげたいと思うんだ。だから、愛してるって言ったんだ。と。
なので、私は幸せになってね。今までありがとう。と伝えました。
後日、その彼の知り合いに結婚することになったんだよ、と聞き、
私にあった時点でプロポーズもしていたことを知りました。
本心を伝えた時にもう連絡はしないと心に決めていたので、
今更問いただそうとかは一切無く、
むしろ本当に次に行こうと思うきっかけとなっています。
これは、いつまでも自分を好きな女でいてほしいと思う
男脳の仕業なのでしょうか。
それとも、彼は人として私に対して優しくする自分が好きな
自分が一番な人だったのでしょうか。
正直、プレゼントは訳が分かりません。
記事のテーマとはそれてしまうのかも知れませんが、
喧嘩別れでもなく、人生のタイミングが合わずに別れた場合等に、
男の人がその元カノのことをどう思うのか、
といったテーマを書いていただける機会がありましたら、
少し知ってみたいなと思いコメントさせていただきました。
長文になってしまい申し訳ございません。

>ふわ猫さん!
あなたは、私ですか??っていう位、同じです.....
それはそれは打算的な結婚で、気持ちは自分に残したまま条件とタイミングで戸籍上の結婚。
昨夜彼からそれを聞き、傷心のまっただ中です。
同居もしない、相手の永住権を得るための偽装結婚。
相手は、私に入籍を黙ったまま、私と彼がそのまま付き合えばいいと、言ったそうです。 そんな事、有り得ない........!!
突然放り出され、これからどうやって生きていけばいいのか、絶望の中ですが、書き込みをみて励まされます。

先生
今回のテーマは、付き合っていた後の男女にしか当てはまらないのでしょうか?
付き合ってもいないし、体の関係もないのに、期待している状態の女にも当てはまりますか?
女の方が先に惚れてはいけないのですか?
生まれてこのかた、一度も男性に追われた事がないので比較のしようがないのですが、誰かを好きになる事を、その彼を好きな気持ちを、どうしても止められない。
先生の仰る「恋の葬式」が上手く出来ない。
先生のこのブログ、全部読みました。
直にご相談に行った事も2回あります。
それでもまだ邪心がある。
恋愛感情を彼にはぶつけずに、心の中でずっと秘めてるだけなら許されますか?

沖川先生
遠いイギリスより、先生の恋愛日記を毎日楽しみに読ませて頂いています。
私は3ヶ月前に3年同棲していた彼から別れを告げられました。
彼は先生の言う2割に属する形で、相手の女性には運命を感じたらしく、自分の宿命を信じて私の元を去って行きました。
彼が私の元に戻ってこないのはもう何度も承知の事なのですが、心のどこかで期待がずっと消えずにいました。それも今日で卒業したいと思います。先生のいう、「彼の事を忘れるくらい自分磨きに没頭する」時間がいよいよ来た感じがします。
これからも勉強のために先生の日記を読み続けます。
3ヶ月前に死にそこないの廃人になっていた私を救った一つに先生のブロクがありました。
これからも素晴らしい日記を発信し続けて行って下さい。
miumiu

この記事、そして皆さんのコメントを見て心が落ち着きました。
元彼とはまだ友達で、新しい彼女がいると知りながら何か私への特別な感情を期待してつらい日々を過ごしています。
うまくいかないと思い、別れを選んだのは私でした。彼との友情関係まで壊してまで付き合うことはないと、それよりも大切な友達でありたいと。でも彼は私と戻るかもしれないと思い近くに来たのです。
私は友達の距離を保ちました。そして彼も友達と理解してくれました。
なんなんでしょうね。自分がそうしたかったのに相手に彼女が出来たら悲しくなってしまうって。
私も自分自身のために時間を費やして、そして前を向いて進んで行こうと思います。きっと出会いますよね。私も私にあった相手に!
そう考えるとワクワクしてきますね。
皆さんのように、この気持ち吹っ切って輝けるように努力しようと思います!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する