ホーム > 結婚 (結婚の条件・タイミング・危機・技術) > 現在は結婚苦難時代。スムーズに恋愛から結婚できる時代ではない(結婚の危機)
人の性格は経済状況によって変わる。とくに男性は社会性の高い生き物、景気の良い時と、景気の悪い時はこうも人が変わるものだと思うくらい変わる。男の性格は仕事で形作られると言っていいだろう。


同じ男でも、仕事が順調な時は穏やかで優しくたくましい青年になるが、仕事が不調な時は軟弱なダメ男になる。いったんダメ男になると負け犬根性が宿り、何をやってもやる気が起きない。負け犬状態の時は、とても結婚はできない。


日本の恋を良くしようと思ったら、日本の景気を良くするしかない。オーバーかもしれないが、それだけ恋は景気に左右されるということだ。そのことを政治家や経営者は分かっていない。自分たちの利権を守るため、賃金の安い非正規の雇用を3割も生みだした。日本の労働者の3割は結婚できる給料をもらっていない。それが恋愛から結婚という流れを大きく変えた。恋愛から結婚する流れは昔の流れで、みんなが正社員でみんなが中流意識を持っていた時代のことで、今は、恋はするけど結婚はできない。恋愛と結婚は別という時代になった。女性たちも「ただ好きだから」と恋にうつつを抜かしている時代ではないということをよく認識することである。そうでないと結婚できない女性となってしまう。


「今の若い者はダメだ!」とは2000年前のギリシャ時代から老人たちによって言われ続けてきた言葉で、今も年寄りは「最近の若い奴はダメだ」と言っている。だが、自分たちの時代が学校を卒業したら正社員になれたということを忘れている。みんなが横一線でスタートを切れた時代とは今は大きく違うということだ。格差の厳しい競争社会で生き抜く若者こそが哀れでならない、その元凶をつくったのが今の年寄りだということを忘れてはならない。サバイバルで生きている若者に年寄りたちは仕事を与え、生きる知恵を与えるべきだ。定年退職した後も天下って利権をむしばむ年寄りなどこの日本ではいらない、あんたの金と仕事を若者に廻すべきである。


こういう時代に生きている独身の男女は大変である。毎日毎日苦境の相談が舞い込んでくる。恋愛相談を通して日本の現状が見えるくらいだ。


こんなに好きなのに・・・こんなに愛しているのに・・・結婚ができない。


これもみんな時代のせいと言っていいだろう。


仕事を失い、男たちがみんな軟弱になっていく。その数は果てしなく多い。古き良き時代の年寄りたちの時代とは大きく違う。あなたがたの息子と娘が恋で苦しんでいる時代なのである。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

ほんとうに、不景気により彼の人格まで変わってしまったようです。会社経営者の彼でしたが本当につらそうで別れました。
でも、本当にそれが理由で別れたとは思っていません。仕事により左右されるのが男性だけれど、別れたのは、それが一番の理由ではないと思っています。あたしに配慮が足りなかったんだと反省しました。景気が悪いからこそ本来は結婚すべきです。力を合わせてのりきりたい、守りたいと思わせる女にならねばと思います。
一からやり直したいので、彼にコンタクトするつもりですが、タイミングをかなり計っています。占いも参考にしています。何か信じるものがないと忍耐ってとても難しいから。

私の憧れていた彼は
経営者で経済的に豊かなので
沢山女性がいて
関係を持っては逃げるを繰り返しているようですが
そんな女性のなかで妊娠したら責任をとって結婚する
または
特に気に入った女性がいたら結婚を考えて付き合いがはじまるとのこと。
私は気に入られなかったので
結果として関係を持ったあと逃げる手段としての音信不通でした。
よく何年もお付き合いしたのに結婚できなくて
別れて数ヶ月で彼が結婚したとか、 彼女が結婚したと言う話を聞きますが。

結婚できる相手
縁のある相手とは
あまり悩まず結婚できる気がするのです。
縁とタイミングでしょうか。
だから女性もグレーで彼を残しておきながら、別の人にもきちんと目を向けるが大切なんですね。
私はその彼と友達になろうとしましたが
今は気に入った相手ができたとのことですし
自分を遊びの対象にした、大切にしてくれなかった人の友達にはなれないと思っています。
友達でいるのも難しい
期待しないで
本当に彼の幸せだけを願い
彼が別の人と結婚しても友達でいられなければ
そのくらいの気持ちでなければ友達にはなれないと思います。
だから
グレー関係は人によってはただの苦しい関係にすぎないのではないでしょうか。
半年 一年 数年 間をおいて 傷を癒し 冷静に彼を見て それでも友人としてでも彼が自分の人生に必要なのか考える。
女性はその間に好きな人が出来ると、彼のことなんて忘れてしまうのでしょうけどね。

女性の社会進出も景気の低迷に影響しているようですね。
専業主婦になれる人は今は全体の6%くらいなんだとか。
昔は専業主婦になるのが当たり前だったのに、今はなりたくてもなれない。なった人も叩かれてしまうし。
朝鮮系の利権団体によるものなのですが日本をボロボロにしてくれたなあ、っていう感じがします。
男女同権でここまで国が悪くなってしまうとは。。最悪ですね

ご無沙汰してます。
毎日、先生のブログを楽しみにしています。
私も先生の意見に同感です。
社会の所為で自分たちの恋愛が上手くいかないとか生活が苦しいとまでは言いませんが、それでも今の経済破綻による社会不安は、人生の決断を迫られる時に躊躇させているのは確かだと思います。
それに、国会討論で持ち上がる話題には、必ずと言っていいほど政治家達の営利問題と内輪もめが目立ちますよね。
ただでさえ、国会開催には税金が支払われているというのに。。。
と思うと腹立たしさすら覚えます。
円高、借金、少子化、雇用、自給自足。。。どの国も自分の国を守ろうと必死なのに、日本だけが外からの意見に翻弄されて、自国の富を蝕んでいってる感じがします。
まず国内の問題を優先に取り組んでもらいたいです。
子供手当や増税など、『与える』『増やす』と表面的な制作ではなく、根本から解決してもらわないと、いつまでたっても不安と背中合わせで生き抜かなくてはいけない時代から抜け出せませんよね。

星さんのおっしゃるこの言葉分かります。
「半年 一年 数年 間をおいて 傷を癒し 冷静に彼を見て それでも友人としてでも彼が自分の人生に必要なのか考える。 女性はその間に好きな人が出来ると、彼のことなんて忘れてしまうのでしょうけね。」
私も彼と別れました。
まだ、3週間ですが、他に目を向け始めました。
そして、元彼は数年後にとっておいています・・・^^;
振られたのは今回だけじゃないし、苦しいのは今回だけじゃなかったし・・・という考えで、数年後も、まだ元彼にすこしでも会いたいなぁ~とか思ったら連絡してみようかな~と・・・。
忘れてしまっていたら・・・悲しいかな、その人はMR.rightじゃなかったと思うんでしょうね。
女性ってそんなもんだと思います。

☆こんにちは。☆
いつも拝見しています。
私は、経済力が全ての基本だと思っています。
「金持ちは冷たい…」「金持ちは腹黒い…」などという文句は、単なるヒガミです。
「お金が無くても、愛が…」なんて言葉は、ただの現実逃避です。
☆経済力が無いなら、「恋愛」する「資格」は無い…。
私は、思っています。

私が生まれてから入れ違うように急病で亡くなってしまった父。
私の母はそれでも働いて働いて私を育て上げてくれた。そんな母は経済力がないから第二の恋すらできなかったのかな…
すごく悲しいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する