ホーム > 音信不通 なぜ男は音信通にするの > 彼に結婚の催促をしたら音信不通にされた (結婚の危機)
「彼に結婚の催促をしたら音信不通にされた。」
まずそれについて男の心理から述べよう。プライドの高い男性は女性からプロポーズされるのが嫌なのである。結婚する自信がないくせに、「女から結婚の催促をされた」そのときの男性は、能力のない自分を責められた気分になる。嫌な上司から罵倒され、叱られた気分と同じ気持ちになり、その後に部下や同僚からダメ男とレッテルを張られた気分となる。


男性は、本来なら(女性を守る)保護する立場にあるのだが、その保護する側からプレッシャーをかけられると途端に暗くなり落ち込む。分かってはいたが、ついにその日が来た。下からのクレーム「あの優しく可愛かった彼女がオレを責めた。」もうちょっと待ってほしかった。もう少しでオレは自信がついたのに、その前に言われてやる気が無くなった。


下からのプレッシャーは自信のない男ほど傷つく
男脳は女性を本能的に下に見ている。これは生まれ育った本能からきている。付き合いの最初の頃は高い位置にキープしていたが、付き合いが長くなるにつれて女性は自分より下と見るようになる。SEXをしてみて、やはり女は男の下だと感じるようになり、女性がかいがいしく男性に尽くせば、やはり男の下と感じるようになる。その下は決して女性を愚弄するものではなく、男の自尊心が満たされた瞬間なのである。その自尊心が傷つく瞬間が女性からのプレッシャーなのである。付き合いの中で自分より下と思われていた女性からのプレッシャー、これは上司や部下のプレッシャーとは違い、男の人生そのものを左右するプレッシャーなのである。これだけは先に女の方から言ってほしくなかった。・・・男のプライドとはそんなものである。


「プロポーズは男から、女が催促するものではない」
これが男たちのつくったルールかもしれない。プロポーズは男の準備ができるまで待て!、準備ができなければ永遠にプロポーズはない。


だが、女性の心理はそんな男性たちの都合のいいようには動かない。

結婚に自信のない男たちの心理をうすうす感じた女性たちは、男に任せたら結婚は永遠にないと危機を感じ、悩みに悩んだあげく、勇気を振り絞って結婚の催促をする。だがその後に彼が逃げ、音信不通になってしまった。何故??そうなるの??


私は結婚をしたがらない男性に、女性が催促するのは仕方がないと思っている。むしろ勇気を出してよく言ったと褒めてあげたい。問題なのはその言い方が間違っていただけである。「自分の言い方と、その後彼が言った言葉にパニックにならないでうまくフォローする言葉の準備さえ出来ていれば、あなたの結婚の催促は有効に働く。」


つまり男のプライドを立て、(男のプライドは前記をみればだいたい分かると思う)女性が頭を使って結婚の催促(お願い)をすることである。その方法とは、白黒決着型ではない、そしてパニクッて焦るものでもない、少しずつ小出しで彼の潜在意識に埋め込むことである。悩みに悩んだあげく、友達と相談して「これっておかしい」と友達の影響下でプレッシャーを感じ、最後の勝負という一世一代の大ばくちを打つのではなく、彼の逃げ場をつくりながらあなたの結婚の希望を彼に伝える。そのときの彼の否定の言葉に対して怒ったりパニクったりしないこと。その場は明るく丸く納め、次のチャンスに少しずつ言うことである。音信不通になる最大の要因は、白黒決戦タイプで女性が結婚の催促をするからだ。彼の「結婚はまだ考えられない」という言葉に落胆しパニクッてしまうから二人の関係は重くなってしまいのである。その後の男の行動は音信不通というお決まりのコースになってしまう。


男は付き合いが長くなると、なかなか結婚をしたがらない。放っておいても男からは結婚をしようとしない。かといって白黒決戦では終わってしまう。



頭のいい女性はそんな男にこんな作戦を立てる。

まずは女性のプライドを捨て次の作戦に出る。
小出しのお願いで、何回も何回も男の潜在意識に埋め込む。彼が否定しても落ち込まない。明るく笑ってその場をやり過ごし、また数ヵ月後に明るく結婚の催促をする。それを1年で何回も何回も続ける。そうなると男はどうなるか、だんだんと彼女の要望に答えるようになる。最初は男のプライドで反対しても、可愛い彼女のために希望を叶えてやろうという気持ちだんだんとなってくる。女を下にしている男も、頭のいい女性の潜在意識に埋め込む小出し作戦で、だんだんとその気になるのである。その忍耐力を培うのが頭のいい女性である。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

まさにこの流れで『結婚するという概念がない』と断言した彼を、1年かけて洗脳していきましたが、結局
「この一年結婚を匂わされて来たけど、俺の考えは変わらない。話を適当に合わしていただけだ」と言われたのです(泣)
なかなかの難航不落で苦戦しております。気持ちも折れてしまいました。今は一旦休憩中ですが。

さすが先生です。
今回の記事は本当にわかりやすいです。
女性を下に見るっていうのは、女性からすると悲しいですが、でも実際にそうだから仕方ないですね。
では、それを踏まえた上でどうしたらよいのか。計略を練り、自分の思うように相手を動かす。結婚したい女性は、将軍になるのではなく、軍師になる。
私はすでに結婚していますが、長年付き合った彼氏にはダイレクトに結婚の話は一切しませんでした。なぜかと言うと、そんなことすれば余計に結婚が遅くなるとわかっていたからです。
彼が仕事が落ち着き、プリティーウーマンのように、ある日突然プロポーズしてくれる日を夢見ながら、自分の生活を送っていました。
ところが!そんなある日、あろうことか、彼の母親がしゃしゃり出てきて、「結婚してあげないとかわいそうじゃない」と彼に催促を始めて 怒
二人の間では無言の結婚の約束があり、私もそれがわかっていたのに 涙 女としてのプライドで、絶対に自分からは言いたくなかった 涙 だからいわなかったのに、彼の母親が言ってしまったことで、一気に私は結婚してもらえないかわいそうな子にまで格を下げられてしまいました。
考えすぎ、とも言われますが、私にとっては一大事でした。
いまだに私は許せずにいます。
先生もたくさんの女性の悩みを聞き、研究されていらっしゃるので、よくご存知だと思いますが、女性は女性で、女性なりのプライドがあります。
どんな女性でも、やっぱり自分から結婚の話をするなんて全く本意ではなく、プライドをかなぐり捨てて話をするわけです。
ですので、先生の本日提案されたやり方は、女性のプライドも保てる、一番素敵なやり方だと思います。

『潜在意識に埋め込む小出しの作戦』とは、どのような事なのか具体的に知りたいです。
小出しのお願いは、結婚を匂わせることになりそうで。
そして付き合った長さにも関係しそうです。
ラブラブ期間なら小さなお願いも可愛く思えるでしょうが…。
潜在意識に埋め込むってどういう事なんでしょうか。私は今まで恋愛はしてもプロポーズされたことがないんです。
先生もっと詳しく知りたいです。
よろしくお願いします。

今日の日記のテーマ、どんなに待ちわびてた事か!
なるほど、男性心理に目からうろこです。
音信不通にするのは「将来に対する不安」からくる逃げなのだと今まで誤解していました。
白か黒かの判断を迫られて逃げるなんて、情けない男もいるものだ!!!と…
自尊心を傷つけられたゆえの行動なのですね。
もちろん、将来の不安は結婚決意できない要因ではあると思いますが、
それでも結婚する人・しない人の違いは、女性の持って行き方にも大きく関わっているのですね。
ということは、結婚の話題を出した時に
軽く話をはぐらかされているうちは、まだまだチャンスがあるということなのでしょうか?
幸い、結婚の話題には努めて明るくふっているつもりなので、
今日の日記を頭に叩き込んで、男としての自尊心をくすぐるように、
褒めて自信を持たせて(笑)
これからも諦めずに結婚の意識付け→頑張ろうと思います。
この間の「男性を育てる」の日記にもつながりますね。
本当に勉強になります。

1月に先生のところへ相談しに行った時に長年元彼と腐れ縁で続いてる私にたててくれた計画が、この小出し作戦でしたね。
まだ、作戦開始の月になってないですけど、後三ヶ月後に開始です★
まだ、ちゃんと理解できてない私ですけど、長年色々な恋愛を成功させてきた、男の心理を分かってる沖川先生を信じて、やっていきます。楽しみです♪

これ、まるで宿題をやろうとしたら、親に「早く宿題やりなさい!」と先回りされて言われて、
「今やろうとしてたのに!ヤル気なくなった!」と拗ねる小学生と同じですね。

結婚のプレッシャー、イコール、プライドを傷つけられるっていうのは気付きませんでした。。。昔元彼に泣きそうになりながらプレッシャーを感じると言われたことがありますが、きずつけちゃったんですね。泣
でもよくよく考えてみればあたし自身も親などに結婚のプレッシャーをかけられるときはなんだかプライドが傷つくような怒りに似た嫌な感情になりますから、それと似た感情なんでしょうかねぇ。ただ親ではなくわたしは彼女だょ~みたいな。一緒に幸せを築こうって思わないんでしょうか。。。なんなんでしょう。まぁ今後は自ら結婚の話はしない、って言っても30過ぎてたら不可能というか、かくしきれない気がするんですけど。(笑
安定した男をねらっていけばそんな悩みはいらないかもなっ。と思います。
あとは自然体でいられる人。一緒にいるのが当たり前で気付いたら結婚してたっていうのが理想です。難しいなぁ。

やっぱり女だったら男の方から膝まづいてプロポーズされたいですよね!
そう、女から結婚の話をされると引かれますよ。
きっと顔つきに「あー、結婚したいなあ。」って気持ちが表れてしまって
読まれてるんでしょうね。
結婚したいって気持ちをおくびにも出さずにいた方がいいかもしれませんね。
適齢期で男女のお付き合いしてるなら半年か一年もして男からプロポーズがなければ、その男の前から消えてしまえはどうですか。
ホントに結婚を考えていたらきっと、水島ヒロじゃないけど
「この人を逃がしたら一生後悔する。」
と思って追いかけてくるのじゃないかしらん。
おいかけてこなかったらそんな男はこっちからイラナイって
捨ててしまえればいいんですよね。
なかなか惚れた方はそうできないかもしれないけど。。。。

目からうろこです!
まさしく私の彼の話かと思いました。
結婚の話は私はタブ-だと思っていたのに、彼の方からよくしてきました。しかも、彼が半年くらいしたら結婚の話を進めようといったので待っていましたが、、進む気配がないので、3か月待って小出し作戦をしましたが、効果なく、思い切って聞いてしまったら、「俺から話は進めたかったのに…」から喧嘩になり、そのまま別れてしまいました。
先生!
こんな場合はどおやって復縁すればいいのですか?
この状態からの復帰は難しいですか?アドバイスお願いします。

ひろさんのコメントすごくわかりやすです!
確かに自分でも大仕事ゆっくり取り組もうとしていたことを
急かされるととたんにやる気なくなってしまいますもの。

男が神様みたいなバカらしい
なんでこの国は女が苦しみ、男がいい思いしてばっかりなの?
それは俺は働いているんだからルールを作っちゃえばいいと作った男の思い込みだと思う
女だって、バカらしい
結婚してるのしてて何年もいいように振り回す、
もの事にはちょっと考えてみれば やってはいけない事だってあるんだから。
それを平気で乗りこえちゃって自分にも他人にも不幸をばらまえてる女、男 いい加減目を覚ましたら人生楽しく、幸せだと思います
今夫が20歳も年下の子と浮気中なので 心も体も弱ってます。 すみません、ついキツイ事を
別れてもくれない毎日にこのブログを読んで少しは楽になります

女はだまって待つ。
基本は男から動くものだと思います。
でも少しはこちらも小出しにしなくては話も進んでいかないです。
私の彼はバツイチです。
私もおなじですので、結婚は慎重ですから同じだと思います。
もちろん付き合うとゆう言葉ももらってませんが、私を好きでいてくれてるのはわかります。
そうすると私も先をみたくなり、イロイロ考えてしまいます。
ようやく今月休みに遊ぶ約束ができたところです。
仕事人間の彼は、なかなかゆっくり時間ができず、いつも少しの時間ですが今まで時間をみつけて二人で過ごしてきました。
淋しい気持ちもありますが、今月の約束が果たされたら何か変わる気がしています。
だから信じてまっていようと思います。
だめなら、いいやと切替れると思うので。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する