ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 結婚に夢が持てない、そうかな
「一生独りでいい。自由気ままに生きて自由に遊んで、たった一度の人生をなんの束縛もなく自由に生きたい」。

羨ましい……と思う。反面羨ましいな。
でも、そうかな。
一生独りでいい、ホントにそうかな。


若いときはそう感じるかもしれない。あるいは中年になって、または定年退職を迎えた老人になって、結婚生活に疲れたとき、そう感じるかもしれない。人は疲れたら自由になりたいものだ。自由という世界に憧れるものだ。自由気ままに生きる世界を夢みるものだ。そこにはどんなに新鮮な輝きがあるのだろう?あれもしたいこれもしたいという妄想と願望が膨らむ。新しい人生のスタート、残された第二の人生をどう楽しく生きるかに希望が湧いて来る。

自由気ままで夢のある人生。
その希望を打ち砕くわけではないが、私は知っている、その後の人生がどうなったか知っている。その後の人生は希望通りにいかない。せいぜい孤独死が待っているだけだ。孤独死無縁仏となるのが関の山。それが実態であることを知っている。私はそのことを普通の人より何百倍も知っている。普通の人がそれだけ多くの人生相談を受けるわけがない、若者がどう理論整然と理屈を言おうが、疲れた年寄りがどうプライド高い皮肉を言おうが、あなた方が望んでいるオアシスはどこにもない。残念だけど、ない。

結局人間は独りでは生きていけない。
支えがないと生きていけない。
愛がないと生きていけない。
そのことを早く知ることだ。ひねくれていないで、素直にそのことを知ることだ。かっこつけることはない、独りで生きているのはかっこいいとは言えない。人類の運命に逆らって生きる姿がかっこいいとは言わない。他人から見れば独りよがりのバカにしか見えない。

他人は聡明なので、そのことをあなたにいちいち説明しない。聡明な他人は分かっているのだ、あなたの生き方はバカバカしいと。だから自由に生きなさい。その代わり他人に迷惑をかけないでほしい。こちらに媚売ったり愛情を注がないでほしい。独りを希望する人の愛は、これ以上迷惑なことはない。なぜならその愛は遊びだからだ。気持ち悪いくらい虫唾が走る。あなたは人を愛さないでほしい。どうぞ独りで勝手に生きてください。厳しいけど、聡明な他人はそうやってあなたを見ている。

一生独りでいい。自由気ままに生きて自由に遊んで、たった一度の人生をなんの束縛もなく自由に生きたい」というオアシスは孤独によって崩壊する。そのオアシスはほんの一瞬、後は暗い闇が待っているだけ。

そうなりたくなかったら。
素直になりなさい。
人を愛することに素直になりなさい。
ひねくれていないで。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

納得!

いつも為になるブログで、毎日楽しみにしてます。
今日のブログは元彼に見せてあげたいと切に感じました!

・・・

泣けてきました。
怒りだすと、 長~い長文メール で、最後は、 ひとりが好き!ぼくが女のひとと付き合うのは間違いやし! …ばかりでした。
そうなんですね、偽物の愛だったんですね。
もうすぐ、別れて一年が経ちます。
落ち込むことも少なくなり、あとは、早く、この執着心をきれいさっぱりなくしたいです。
ありがとうございました。

No title

私は女ですけど自由気ままに生きていきたいと思っていたタイプなので
ガツンと心に響きました。

そういう目で人から見られているのか。と。

もう少し人生について考えないといけないかもしれません。

これを彼にどう伝えたらいいのでしょう…本当に分かって欲しいです。

結婚できたらいいですけどね。
したくてもできない人はどうしたらいいのでしょう。

他人からそう見られてるなんて悲しすぎますね。

失うことが恐いんでしょうか。
だから、ひとつのものだけを大事にできない。。。
過去の失う挫折感を思い出すと。
自分から手放してしまうのでしょうか。。。
きっと自由な世界に身を潜めて
一番寂しさを抱いてるんですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

支えあいたい、分かち合いたい、愛し合いたいと思います。
心の傷が癒えたら、こう思えるようになりました。

叔母は婚約者にふられてから76歳になる今も一人です。
一人でいる人は、けして自由気ままを望んでいるのでも
強い人でもなく、傷つくのが怖いひとなんだと思います。

孤独死無縁仏…かなり説得力ありますね、先生。代々お墓はあったとしても、孤独死は避けられませんね。周りはほとんど結婚して家族に看取られて亡くなっていくとしたら、自分だけ自分の家族がいなくて一人で死ぬなんて…自由がいいなんてそんなの何年も続かないと思いますね。家族がいた方がいいと思います。

1人で

私はきっと孤独死を迎えるかもしれません。
若年性認知症の母を家族で介護してますが、ボケて他人に迷惑をかけたくないからせめて身の周りの事は自分で出来るように生きてたいですけど。
良い出会いがあるならいいですが1人の覚悟もしています。

傷付きたくない

そう思うときに、一人でいいや、って思う。
結婚もしたいし、人生のパートナーにはいつもいてほしい。けれど、こんなにも傷つかなくちゃならないのなら、もう、一人でいいよ、って思う。
既婚者が常識人かどうかは知らないが、平日の夜遅く電話を掛けてきて、何時間も延々と愚痴を垂れ流したのち、「貴方は一人で気楽で良いわよね~」と捨てぜりふを吐く、不特定多数の欲求不満の主婦のようになりたいとは思わない。感謝という発想はなく、してもらうことは当たり前、それだけでなく、してもらえないことは恨む。そんな醜い乞食根性に成り下がりたくはない。
フィリップ・マーロウのように、いつも優しく、強く美しいド庶民でありたいものだ。一人でいても、二人でいても。たくさんでなくても、いつも大事な人たちを自分と同じように、それ以上に大事に思える自分でありたい。それが非常識なら、常識などいらない。

むつかしことは、わからない…ただ、結果ひとりという、ひとが沢山いる。理由は、人それぞれ。ありのままを認めて、欲しい。Let it go!(o^^o)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する