ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 恋愛に疲れたら
「恋愛に疲れたら」このブログを読んでほしい。
これからは、「恋に疲れたら」をシリーズ化にしたいと思う。

恋とは疲れるもの、なぜなら恋に落ちた人は、朝から晩まで相手のことばかりを考え、夜も眠れず、食事ものどを通らず、仕事も手につかず、日常生活もままならないまま、すべての時間を恋にかけているから。恋に全力出走、恋に全力投球、ここぞ!とばかりに恋の病に侵される。そして……疲れている。

疲れたら、普段通りの生活を取り戻せばいい。
だが、一度でも恋の体験をした人は二度と普段の生活に戻れない。普段の生活は夢なく味気ないものだからだ。人を好きになり、異性を愛する刺激を覚えた人は、もう元には戻れない。こんな素晴らしい体験がこの世にあるのかと、始めて味わう恋の神秘に、未知と遭遇のようにとりつかれていく。味気なかった自分の人生にバラ色の花が咲き誇る。この活気に満ちたバラ色の人生を手にいれたら、人間は元に戻れない。


恋とは原色のようなもの。
今までの人生は「白黒」のモノクロだった。
そこへ{RGB}の三原色のカラーを取り入れたのが恋。


RGBだけでは綺麗な原色はできない。RGBを微妙に組み合わせることで裏の原色を作る。GBを組み合わせることでシアンを作り、RBを組み合わせることでマゼンタ(ピンク)を作り、RGを組み合わせることでイエローを作る。RGBの原色にCMYという裏の原色を作る。原色は6個が色の基本。各色を組み合わせ、フィルターをかけることで宇宙の全ての色が作れる。恋とは、白黒からカラーに進化したようなもの。白いキャンバスに今までは白黒しか描けなかったが、恋をすることで、これからはいろいろな色を使ってキャンバスに描ける。後はあなたがどんな作品に仕上げるかだ。


失恋とは、作品作りに失敗したことをいう。初めての恋なら、一枚目の白いキャンパスに下手な絵を書いて、下手な色使いをして、人に見せられないみっともない失敗作を作っただけ。「失恋とは失敗作」そう思えばいい。また新たな白いキャンパスを用意し、失敗を糧に見事な作品を作ればいい。


沖川の予約は、今週はすべて埋まっています。
彩先生には、まだ空きがあります。
お急ぎの方は、彩先生の鑑定を受けてください。
千里彩先生の予約受付番号 080-3157-5201





最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

疲れてます

恋に疲れてます。彼を思い気遣い、いたわりを持っていましたが音信不通にされ、傷つきました。年齢も40半ばになり、もう恋なんてできない、そう思い、諦めかけています。でもやはり1人でこれからも生きるの?自分に問いかけてみると答えはNO。だからまた少しずつ前を見て、私から去っていった彼を脇に置いて、進もうと思います。よかったことは、男性を見る目が出来たこと。不誠実な男性に魅力はありませんね。

疲れてます

理由なく疲れていました。
あぁ!わたしは恋に疲れているのですね。

曖昧な関係を続けてきて疲れました。
まだがんばりたいので、リフレッシュの仕方を学びたいです。彼一色ではうまくいかない、重い女で嫌われることは先生のブログより学びつつありす。シリーズ楽しみにしています。

よろしくお願いします\(^o^)/

No title

上手く行かなくて苦しいのに、苦しさを与えるその人じゃないとダメなんです。
楽なほうが良いのに、苦しいほうを選ぶんです。
不安で苦しくても幸せ…恋愛は不思議な事がいっぱいです。

セドナメソッドとか

自分への問いかけをして感情をリリースしたり感情と決着をつける系の本はいくつか読みましたが、必ずあるのが

「この感情(問題)がなかったらあなたは今、どう感じますか?」と言う問い。

例では浮気に苦しんでいる彼女が
「とても幸せで穏やかな気持ちになります」
そこで、先生が「そう、それでこそ愛なんですよ」とかなんとか。

苦しいとき自分で同じ問いをしてみると
「つまらなくて希望のない毎日」(苦しいかもしれないけれど今の方がましそうだ)
としか出てきません。(爆笑)

こういうメソッドって一般的にはとても役に立ちますし、本来とても感謝するべきなのですが、時々、偽善や押し付けがましい「ベキ論」を感じていやだなと思う事があります。

先日

小池龍之介さんの本のなかに、欲しい物や情報を得たり、恋でうまくいっている時、脳内にドーパミンが放出され、それを快楽と認識するとのくだりがあり、失恋の時に見えるモノクロ景色が不快に感じるのも、そのくだりに似て、腑におちるものを感じました。ドーパミンは出れば出るほど快楽の感覚は麻痺し、それはやがて中毒症状となって、絶えず不安を感じるようになるのだと思う。そういうものは本物ではなく、長くは続かないのも無理はない。男はいつも新しいものが好きだし、壊すのも好き。これは性差、沖川先生が言うサガなんだと思う。そんな男ばかりではないのだと信じたいです。

白いキャンパス...そう思えば辛さも軽くなります。

超遠距離。ちゃんと会いに来てくれた。
だけど、乗り越えられない事は距離だけじゃなかった。

損切りよりも手放しという言葉が合いそうですが、私の方が疲れてしまいました。散々断ってきたお見合い話を受けたところです。

白いキャンパスに、新しい絵が描けるといいな。

先生こんばんは。

「恋」って本当に素晴らしい感情ですね。
私は…一ヶ月前に四年間付き合った彼氏にバッサリ振られました…はっきりした理由も、聞けないまま。
あの時は、辛くて、悔しくて、惨めで…
自分が世界一不幸だとかなり落ち込みました。
二度とこんなツライ恋なんかするか…って。

彼氏の事も憎みました。復讐してやる!とまで思いました。

でも先生のブログと、時間が私を冷静にそして成長させてくれました。
四年間、素晴らしい時を一緒に過ごせた事に感謝してます。
まだ時々、彼氏の事思い出します。

しばらくは「恋」を休みます。
いつか、また素敵な人に出会えるまで…

No title

本当に恋愛って 疲れますね(>_<)今は ずっと一人でもいいかな。と思いながら 出会いを求めていこうかな、と思っています。もう焦らないです。疲れたけど 楽しいこともみつけたいな。あんまり期待もしすぎず ゆっくり気になる人ができることを楽しみにしたいと思います。結構一人も嫌いではないんですよねー。でも、楽しいなら二人もいいですもんね。疲れたり面倒なら一人でもいい。と心に決めました(o⌒∇⌒o)

No title

失敗を糧に、また新しい作品にします(^^)
ヨッシャ~(@^^)/~~~

復縁

昨日、いわゆる 復縁 を果たせたのかもしれませんが、出された条件は全て相手の都合とペースによるものでした
いわゆる都合のいい女… これでは復縁とは言えないのかな…

もし万が一形勢を逆転できたとしても、その時は私は彼を見切っているのかもしれません
だからこその形勢逆転なのかもしれません

ということは、復縁したといえども、本質的には既にもう終わっているのですよね…


パワーゲームは苦手です
できることなら素直な気持ちでお互いの存在を心地良く感じたいです
男だからどうとか、女だからとか、かけひきとか、テクニックとか、もう疲れました

情や情けを断ち切るのは、相手だけでなく、自分自身をも断ち切らないといけない
だから怖くて、しんどくて、なかなかできない
歳を重ねるほど臆病になる自分
勇気と強さがほしいです




以前より心が元気になりました。
5年間悩み続けて疲れきって、もういいやー!となった後は…
ある時を境に気が楽になりました。
心が楽になりました。

今は、くよくよして悩んでばかりの私を支えてくれた大切な友人、家族に恩返ししたいと思います。

白いキャンパスになってきたのかな。

辛いとき、先生のブログと鑑定にも支えられました。
心から感謝いたします。

これからも先生のご活躍をファンの1人として支えさせていただきますね(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する