ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 何千何万という女たちが、自分の責任をとるのは自分しかいないという「おとなの現実」に直面できないでいる。
以下、シンデレラコンプレックスを引用。

プロローグ おとぎ話がこわれた日。

多くの女性が、口先さけで自立について調子のいいことを言っても、内心はそれを受け入れていない。

女の子はこう教え込まれて育つ。
女は他人の付属物で、結婚という幸せで死ぬまで保護され、支えられ、勇気づけられて生きるものだと教え込まれる。

だが、おとなの現実世界では、
女たちよ、少女時代の夢ははかなく取るに足りないものだ。
求めるべきは経済力、権力、そして自由だ。人生で何をなすべきか、いかに考えるか、何に価値を見出すかを選ぶ能力を重視しなさい。安泰よりも自由が尊いと教え込まれる。

自由とは大変なものだと気づく。
女たちはおとなになり、自分より強い存在を風よけにして隠れているわけにはいかなくなった。わたしたちは良い妻、良い娘、良い学生であるだけではすまされなくなったのです。それは恐ろしいことです。今まで信じていたものが、すべて崩れ落ちてしまうのですから。

なぜ前進する機会を前にわたしたちは後退するのか、それは女たちが、恐ろしいものに直面し、それを乗り越えていくのに慣れていないからです。恐いものから逃げるように仕向けられ、子供の時代から、楽で危なくないことだけをするように教えこまれてきたからです。自由であるための訓練を受けずに、その逆の依存だけを仕込まれてきたのです。

依存は、すでに幼児期からはじまります。至れり尽くせりでしっかり守られ、パパやママの助けが欲しければ、いつでもそれをかなえてもらった幼児期。人に頼ることを不健全なまでに奨励されて育った甘い幼児期。女の子らしくしなさい。女の子が危険なことをしてはいけない。しおらしくおとなしくしなさい。つまり女性は、ある日、ある方法で、誰かに救い出してもらう存在と教え込まれるのです。しばらくの間がんばって努力すれば、子供のころのおとぎ話が実現し、ある日、誰かが、現実の苦しみからあなたを救い出すためにやってくるというわけです。

男の子たちは自分を救うのは自分以外にはないと学ぶのに。
以上、シンデレラコンプレックスのプロローグを引用。


シンデレラコンプレックスの文体を引用してみて。
普段私が感じていることが描写されています。
実際の鑑定でも、それが如実に表れているからです。

おとぎ話がこわれた日か。(うまいこといいますね)
おとなになって、厳しい現実に直面した女性たちが最初に味わう試練かもしれませんね。

乙女の崩壊。おとぎ話がこわれた日。それにあえぐ女性たち。
私の耳元ではあえぐ女性たちの嘆きばかり。

もう・・・仕事なんかしたくない。
嫌だ・・・こんな生活は。
一人では・・・寂しい。
早く・・・いい人現れないかな。
から始まり。

いい職についても。
いつまでもこの仕事を続けていられない。私は出世や成功など望んでいない。

素敵な男性に出会っても。
早く告白してよ、なにモタモタしているの。

相手がはっきりしないと。
ことを急いで自爆する。

彼氏の仕事が忙しいと。
なぜ私を放置するの、いつまで待たせるの、もう我慢の限界、許せないとキレる。

幸せな結婚をしても。
束縛とマンネリ化でこんなはずではなかったと後悔する。


女性はいつの時代も乙女。
乙女のように、可愛い女の子だと思って、至れり尽くせり大事に扱って欲しい。
女の子は、おとぎ話が永遠に続くと信じている。

だが、現実社会はそれを裏切るものばかり。
おとぎ話は崩壊する。


おとぎ話がこわれた日。
それにあえぐ女性たち。

こういった鑑定を、
私は毎日行っている。

この流れを一般論で言えば、
「甘い」となるだろう。

こんな甘い考えが現実社会で通じるわけない。
これが一般的論の解釈だと思う。

だが、私は違う。
私も最初は一般論だった。
その甘い考えを修正しようともした。

だが、なぜ?
女性たちは、私に嘆きを訴えるのか?
それは、
理解してくれる人がこの世にいないからだ。
とくに男性は役に立たない。
彼らは反対のことばかりをいって、女性を傷つけるしか能がない。

他に理解してくれる人がいない。
ならば私が理解しよう。
理解して、いい流れになるように修正しよう。
女性は理解してあげれば、自ら修正する能力がある。
この能力は男性より優れている。
これを発見した私は一般論から外れることになった。

一般論から外れよう。
乙女いいじゃないか。
可愛いからいいじゃないか。
女の子らしくていい。

乙女で可愛い女の子とくくれば、男が求めている理想の女性像となる。男性が求める理想の女性像になれば、男は女を守る。
それでいいではないか。

女性は、おとぎ話を続ける乙女でよい。
あとはネガティブを始末するだけ。
そう考えることにした。


関連記事

コメント

No title

私も弱い人間です。孤独です。
もう自分の心のほとんどが恋愛日記に依存しています。
薬のように。毎日読まなければ崩れます。
一日何を心の支えに生きたらいいかわからなくなります。

とても考えさせられました。

根深く男女の潜在意識に植え付けられた「女のあるべき姿」ですよね。
つい先日も男性の知人と話していて、言葉の端々に「女性はか弱く可愛いげがある方がいい」という男目線を感じました。
実際に男性からモテ続けている友人は、独立独歩で一人で何でもできます!という性格ではなく「やっぱり一人じゃダメね」アピールが上手い女性です。しかも重たくなく男の本能を掻き立てるのが上手い女性です。
したたかと言えばしたたかですが、生きていくために学んだ知恵だと言えますし、そこを極めるまでの努力は天下一品だと尊敬すら覚えます。
一人でシャカリキになって意地張って生きていないのて、とても余裕を感じ女性らしい魅力に溢れています。
乙女なら乙女を極めたらいいと思います。
可愛らしさが武器なら可愛らしさを極めたらいいと思います。持っている武器を最大限生かせばいいと思うのです。中途半端だから悩むのではないかと思うのです。

No title

誰と付き合っても自分をだせないわたしは
どうしたらいいのでしょうか。
男性と付き合うたび、可愛いと言われて嬉しいけど、少し甘えて頼ろうするとみんな自信がないといいます。
子供には何でもできるけど、彼氏にはできません。
してもらえると思われるのが嫌で何もしたくありません。
やはり、わたしは一人で生きていくのかなと。
そばに寄り添っていたいだけなのに、男性は勝手に盛り上がって、落ち込む。
女は強くて、しっかりした人が多いと最近感じます。

子供を産んでも、年をとっていくつになっても守られたいと思います。若い時よりむしろ今の方が体の衰えを年々感じ不安からそう思います。女性はいくつになっても乙女!。女性が社会進出してバリバリ働いてる時代でも、か弱い女性を理解してくれる男性が増える世の中であって欲しいです。先生その辺りを世の男性に訴えて欲しいです!宜しくお願いします。

似た者同士

友達関係も、男女関係も、要は似た者同士なんだと思います。
ヒドイ目に合ったとして、でも結局、仲良くしたのは自分です。
裏切ったとか、相手を恨むのは違うと思います。
その時々の自分に相応しい相手を選んでいる。
そんな自分の内面を深々と知る方が人生は楽しくなると思います(*^^*)

人から見られる自分では無くて、
自分が納得できる自分で生きなくては意味がない…(*^^*)
それで生涯独身でも、私はそういう人を尊敬します。
私に尊敬されても喜んでもらえないでしょうが(笑)

なんとなく気づけば生涯独身でも、
気に入った相手に出会えなかったから生涯独身でも。
パートナー無しで生きぬき、天命を全うするって、すごいですよ!

コビ売って生きるなんて私はマッピラです(笑)
こんな性格の私を大切に思ってくれる人に感謝です(*^^*)

先生の今日の記事、続きを読まなければ真意分かりませんが…
途中までは、いいね!でしたが、終盤ガクーンときました。
申し訳ありません(^^;

さらけ出すのは

弱さをさらけ出すのは、夫婦になってからで良いかもしれません。
私はずっと仕事をしてきたので、か弱い女には見られてなかったかもしれません。
でも、日本社会はやはりどこまで行っても男社会です。それがわかっていながら女性の能力に敬意を払い、かつ弱さを理解している沢山の上司に出会えたことは有り難い経験でした。使うのが上手いのでしょうが賢い男性は、扱いは上手いと思います。
言いたいのは、自然に生きたいように生きたら良いのではないでしょうか。
結婚してから、夫にはかなり精神的にも支えてもらっていますが、夫も癒されるとよく言ってくれます。弱いところがさらけ出せる相手を見つけたら1番ですね。
仕事をしていると、女性はか弱いというよりも、仕事だから嫌だろうが無理だろうが、やれ、という点で圧倒的に弱いですね。男性は従順です。それはしかし、企業が男性にしかあらゆる手当を用意していないという差別もあります。そこは痛感しますね…。
男性社会観点では女性は弱い。
生物界では圧倒的に女性が強い。
それは歴史が証明しています。

No title

できるなら、誰かに頼って、安心して毎日過ごしたいです。
でも現実は、子供を抱え必至に働いて、強く生きていかなくてはいけない。
彼氏に少しでも頼れたらなと思っても、逆に彼氏に頼りにされ、甘えられる。
そして、熱が冷めて逃げられます。俺は大変だと言わんばかりに。
理解してくれる人がほしいって思います。
大切にしてくれる人に出会いたいなとつくづく思ってます。

もうすぐ3歳になる娘がいるので興味深いです。参考にさせていただきます。 子育てに正解はないでしょうがなんでもやり過ぎはダメですねえ…

女って弱いですかね。
弱さこそ武器だと思ってやってきました。
就職氷河期にたまたま受かったのが電化製品の営業職だったのでなんの志もなくそこに入社して、最初から最後まで弱さをこれでもかと利用しました。
若い女というだけで自分が期待されていないのがわかったので、それなら評価は上がるしかないと確信しました。
世間知らずとか感情的とか言われて反発したくもなりましたがどれも事実ですし、借りれる力は借りなきゃ損と思って無知で弱い自分を周囲に助けてもらいました。
それで妬まれても女なので泣きつく先もある、泣かずに頑張れば立派と言われ泣いたら泣いたで守られる。
自分はなんてずるいんだと思いましたが、なんとしても男相手に数字で勝ちたかったので女の弱さを武器にしたのは間違いじゃなかったと思っています。
ちなみに営業職は結婚して辞めたのですが、営業職に就いている間は男は必須でした。
仕事のストレスは男の人無しでは解消できませんでした。
べつにそれはちゃんとした恋愛じゃなくても構わなくて、仕事に精神も肉体も捧げ過ぎて私生活まで持っていかれそうになっていたので、食い止めるために仕事並みに燃えるものが欲しくてそれが男の人しかありませんでした。
結婚した今思うのは、あの頃が懐かしいということです。
男社会の中で思う存分女女して辛いことも多かったですが本当に楽しくやり甲斐も感じて生きていました。
守られて穏やかな毎日を送っている今は、感謝せねばと思いつつも退屈を感じてしまいなんかダメだなぁと思います。
どう生きたいのか模索中です。結婚は自分のしたいタイミングで理想の条件の人とできたので大満足なのですが…
なにかが足りない気がしてしまうのです。

No title

信者さんへ。
私も弱い人間です。人間は不安定で弱い、それが人間です。

あやこ☆ さんへ。
多くの男性が、「女性はか弱く可愛いげがある方がいい」と思っています。その方が保護したいという欲求が高まるからでしょう。これも男の自尊心と本能です。お友達はそれを上手にアピールしているようですね。頭がいいと思います。

ほしさんへ。
可愛いと言われて嬉しいけど、少し甘えて頼ろうするとみんな自信がないといいます。甘い言葉は好きだが、頼られると逃げる。最近の男性は弱くなってきましたね。だから女性が強くなってきたのでしょう。私は思う、本来は女性の方が強いと。女性は子供を産むから男性より強い。生きるたくましさは、男性より上だと思います。

よしみんさんへ。
弱い女性を理解してくれる男性が増える世の中であって欲しいです。先生その辺りを世の男性に訴えて欲しいです!訴えるというより、自分のできる範囲で努力していきます。

ぽぽろんさんへ。
終盤ガクーンときました。
すみません。書き方が悪かったのかもしれませんね。
このシリーズの真意はこれからです。

momo torakoさんへ。
人間界の男性社会観点では女性は弱い。自然界の生物界では圧倒的に女性が強い。それは歴史が証明しています。なるほど、勉強になりました。確かに自然界はメスの方が強いですね。子孫繁栄を維持しているのは女性の力、男性はほとんど役に立っていない。これが生物界の地球の歴史かもしれません。

anさんへ。
anさん頑張ってください。きっと頼りになる男性が現れます。「求めよ、さらば与えられない」そう信じて生きていきましょう。

名無しさんへ。
子育ての参考になることを願っています。

名無しさんへ。
弱さこそ女の武器です。
それを有効に使うのも女の知恵です。









管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する