ホーム > 恋愛・復縁・結婚 > 職業的に成功した女性の中にも、不安定な人が多い。
職業的に成功した女性は、外見的には自信のかたまりのように見えますが、実は自己不信の根を心に隠し持っている。

それがあらわに出るのは恋をしたとき。

恋をすれば女性は女になる。
女になった女性は恋を優先する。
その結果、
仕事がうまくいかなくなり、やがて今までの成功が崩壊する。

男性も恋愛によって仕事がうまくいかなくなり、成功が崩壊する危機を迎えることがあるが、男性はそのままその流れを見過ごすことはしない。男性の脳には性衝動の変換、恋愛衝動の変換機能があり、仕事がピンチになったら恋愛を止めるスイッチがある。このスイッチのお陰で崩壊する危機を乗り越えることができる。だが、そのスイッチは恋する女性にとっては悪魔的な存在。このスイッチが入ると男性は恋愛を止めてしまうからだ。彼の仕事が忙しくなり、私を構ってくれなくなった、音信不通となった、という原因がこの恋愛を止めるスイッチにあるからだ。このスイッチのお陰で多くの女性たちが苦しんでいるのを私は目の当たりにして見てきた。

男性は仕事の危機を迎えれば恋愛のスイッチを止めるが、女性はスイッチを止めない。逆にスイッチが過熱していく。女性には恋のスイッチにON・OFFがないようだ。

ある女性の例を紹介しよう。
職業、年齢を伏せた、ノンフェクションの内容。

その女性はバツ1のシングルマザー。
夫と離婚して苦労した末に起業した。
去年までは年収2000万円の経営者。
美容系の会社を興し、スタッフも10名ほどいるやり手の女性経営者。
離婚した当時は子供をどうやって育てていこうか?という不安があったが、持ち前の根性と努力で事業を成功させた。
離婚から10年。今は仕事も生活も安定している。都内に賃貸30万円の高層マンションに住み、子供は私立に行かせている。女性の中で1000人に一人いるかないかの成功を彼女は収めた。これも去年までの話。

今年になって彼女はある男性と恋をした。
彼もやり手の企業家。年収は彼女の倍ある。

こう考えると、二人は条件がいい。
経済力も価値観も能力も人間性も性格も器の取れたお似合いのカップルだ。

彼女は彼のことを尊敬して、彼も彼女のことを尊敬している。
二人は当然のごとく恋に落ちた。

最初は順調だった。
だが、半年を経過したあたりで様子がおかしくなった。
この一連の流れは男と女ではよくあること。
能力が高く経済力がある人でも所詮人間。人間の欠点を見せ始める。
この二人でも、私がいつもブログで書いているうまくいかない流れのパターンとなった。

彼は経営者、当然忙しい。
彼女も経営者、当然忙しい。

男性は忙しくなれば仕事に戻るが、女性は忙しくなっても仕事に戻らない。
この差が出てしまった。

女性は仕事が忙しくなっても仕事に戻らない理由ををあえて説明する必要もないだろう。
恋する女性なら誰もが起こす現象なので、あえて説明しなくても解ってもらえると思うから。
二人の関係は、その後どうなったかも?予想がつくだろう。

女性は恋をすれば女になる。
女性経営者も同じ女である。
恋をしても女にならない、鉄の女と呼ばれる女性経営者はそうそういるものではない。
彼女は女になった。そして基本に戻った。女としての基本に。

女の基本は好きな人を優先する。
好きな人に尽くしたい。
好きな人を愛したい。
好きな人に愛されたい。

女を取り戻した女性は、
成功を望まなくなる。
仕事漬けの毎日。不安とプレッシャーが常に襲いかかる戦いを望むわけがない。
女は弱い生き物。
強い男が現れれば、それにすがる。
彼女は恋したことによって成功を望まなくなった。

成功を望まなくなった彼女は恋愛を優先させる。
彼とデートするために、仕事をキャンセルする。
重要なお客さんとの打ち合わせもキャンセルし、仕事を後へ後へと後退させる。
彼との時間を確保するために、彼女はほとんどの仕事をキャンセルするようになった。

そして、年収2000万円だった彼女の年収が今年は400万円までに下がった。
売上げが落ちお金が入って来ないのだ。
年収400万円なら普通の女性ならまあまあだろう。
だが、彼女は家賃30万円払って子供を私学に入れている。
その生活は、年収2000万円という母体がそうさせていた。
家賃を払えば、お金はほとんど残らなくなった。
生活は目に見えて悪化していった。

なぜ、そこまで?と思うかもしれないが、女性とはそういうところがあるというしかない。
恋をすると後先が見えなくなるのが女性。
恋に命を燃やす女性。
成功を収めた経営者でも、ひとたび女になれば、奈落の底に落ちることもある。

彼女はこんな苦しい状態の中で私の鑑定を受けることになった。

続く。

関連記事

コメント

No title

世の中には、恋をしない女性がいます。
男性に憧れて自分からアプローチし、いざ男女の仲になりそうになると、
逃げる。本当にまったく恋をしない男嫌いもいます。
現実の男性が根っから気持ちが悪いそうだ。
みな一人で男並みに稼ぎ、50歳過ぎているのできちんと持ち家も有ります。
うちの妹も、50歳過ぎていますが、自活した鉄の女です。
ブランド品に囲まれ、海外旅行もたくさん行っています。
自分が一番偉いと思っているので、恋に溺れて崩れるような人間ではありません。
主婦である母や私を暇で無能な人間だと見下し攻撃的で、ヒステリー。
自分は言いたい放題なのに、ほんの少し言い返しただけで、ボロボロ泣いて取り乱したりと、意外に脆い面もあるので、言いたいだけ言わせ、聞き流しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

仕事が理由でいきなり恋のスイッチを切られた事があります。この先生のブログを読ませてもらうまではなんて酷い人なんだ!それまで順調だったのにと思う事がありました。でも男性とは簡単に恋のスイッチを切る生き物なんだと納得する事が出来ました。だからこそ女性は早目にスイッチをオンにしないように心がける事が大事なんですね。盛り上がるピークも男女では時差がありその辺りを理解すればいいのでしょうがなかなか実践となるとこの女性経営者も難しいですよね。バリバリ働く女性経営者も可愛い乙女になり、私は同じ女性として好感度が上がりますが、ハイスペックな男性とは成就しなかった。そしてハイクラスな生活が出来なくなった。でも恋愛しなければシングルマザーでもハイクラスな生活が出来てたのにと思っちゃいけない世の中であって欲しいと思いました。私もシングルマザーで医療系の国家資格で働いてますが、それだけ女性が稼げてたのが羨ましいです。続きも楽しみにしてます。

彼女の気持ちわかる気がする。
シングルになって10年。
芯があっても本来は普通の女性です。
子育てに仕事に一人で踏ん張って生きてきた女性ほど本当は誰かを頼りたい。
小出しに「ヘルプサイン」を出せなかった分、恋をした途端10年分のヘルプすべてを彼に求めてしまったのだと思います。
女性経営者のような方ほどメンター的な存在は常に必要ですね。

今、私が思っている事が記事になっていました。今、仕事しているけど、恋愛中の彼に会いたくて、仕事より恋愛を優先してしまう。

会えないと不安になり、追いかけてしまう、自爆はしていませんが、両思いなのに何で?何で?と不安定になり、私はいつまで待てばいいのと思ってしまう。

関係が壊れたくないので、今は、仕事や他の事を優先した方がいいみたいですね。

男性は仕事に命がけ
女性は恋に落ちれば命がけ

続き楽しみにしてます!

この前、何気なく 初めて 彼に 私の子供に対しての悩みを メールで明るく話しました。返信のことなんて、期待せず、独り言のように。そうしたら、一日あけて 悩みに対するアドバイス的な、彼にしては めずらしい長文の返信メールが来て、驚きました。とても嬉しい気持ちになりましたが、と同時にやっぱり 私は 男性に頼りたい、守られたいのだと 分かりました。彼は 結構願望がないので、子供の話は あえて避けてきましたが、少し複雑な気持ちにもなりました。子供がいる私が 日常の私なので、これからも期待せずに 話してよいものかと。この人は 頼っても 大丈夫!っていう確信があれば いいのだけれど。頼りっぱなしにするわけではなく、基本は 自分自身がしっかりすることが大事だと思います。あやこ☆さんが コメントで 話していた 「ヘルプサイン」ですが、頼れそうな人が現れたら 女性なら 自然に出てしまうかもしれませんね。普段は 私がしっかりしなきゃ!と頑張っていますが、ずーっと一人で頑張り続けるって 体力も精神力もいりますから。

No title

あやこ☆さんに同感です。
でも頑張ってきたのだもん、彼女の気持ちわかります。
男の甘い言葉って、女を変えてしまう。

強そうに見える人ほど内面は弱いです。
鎧でコーティングしてるけど中身は小さな女の子が震えて泣いています。
逆に弱そうに見える人ほど内面はわりとしたたかに強いです。シュガーコーティングされたアーモンドみたい。
どっちかって言うとシュガーコーティングの人がお得です。

No title

この女性経営者さんは、気持ちを持ち直し、
仕事に戻った彼氏さんの背中を見て学び、仕事を立て直す。
そして経営者の自分自身を取り戻し、恋の仕方を学び直す(*^^*)
そして二人は、仕事に恋に自立した同士の強い絆でつながりつづける。
ハッピーな内容がイイですね♡

鉄の女と呼ばれたサッチャー女史は、素敵な優しい旦那様に支えられて国家元首になったそうですね
緒方貞子さんも、主婦生活を経て、国際社会でご活躍されましたね
女性の人生には、バランスが大事なのかもしれませんね
ずっと一人で戦い続けている私には、羨ましい限りです
でも、女性だって、責任感と使命感を支えに、ギリギリ戦うことはできますよ
だって、戦うしかないんだもの

No title

人生は戦いですかね。
ふと気を抜いたときに挫折に苛まされる。
でも気を抜かなければ人間は生きていけない。
毎日戦場でもダメ。疲れてしまう。
毎日平和でもダメ。ボケてしまう。
支えがなくてはダメ。支えに甘えすぎてもダメ。
バランスが大事ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する