ホーム > 人生哲学 > 自分は何をやりたいのか?わからない。 何をするべきか?決められない。
自分は何をやりたいのか?わからない。 何をするべきか?決められない。

仕事のこと、恋愛のこと、結婚のこと、人生そのものについて、自分は何をやりたいのか?わからない。そういった悩みを抱えた人が鑑定に訪れる。こういった相談は結構多い。

自分は何をやりたいのか?わからない。 何をするべきか?決められない。人生にはあるあるそういう時期が。私にもある、自分は何をやりたいのか?わからない時期が。わからないまま何年も過ごしたことがある。NHKのチコちゃんではないけど「ボーッと生きてんじゃねぇよ!」といわれてもしかたがない時期を過ごしたことはある。

目標を持って生きている人は果たして何人いるのだろう?100人のうち5人くらいかな。ということは、残り95人は何も目標がなく生きていることになる。また目標を持って生きている人も一生目標に向かって生きているわけではない。途中で挫折したり、途中でくじけたりしている。一時期は目標が達成して夢が叶ったとしても、栄枯盛衰のごとく達成した目標は衰退していく。また新たな目標が必要になるが、新たな目標に向かうためのモチベーションがなかなか上がらない。

人間が夢に向かっている期間はわずか。人生の1割か2割くらいの時間くらいしかない。100年人生があるとすれば、10年から20年。それも10年、20年と続くわけではない。3回か5回にわけて、数年間頑張るだけである。イチローみたいに20年以上目標を継続するのは難しい。あれこそ常人には真似のできない天才である。

目標の継続は厳しい。継続が厳しいのはとてもしんどいから。ある程度まで達したら、人はもうこんなしんどいことはやめにする。そんなに無理しなくても食べていけるようになれば、人は楽な方へと生き方を調整する。家族を大切にしたり、旅行に行ったり、友達と遊んだり、恋愛をしたり、趣味に嵩じたり、人はしんどい目標よりも楽な方を選ぶ。そして努力して築いた運のいい時間が過ぎ去り、また不運の風にさらされる。そこで人は悩む。自分は何をやりたいか?わからないと悩む。

人生には大きな挫折が3回あるといわれている。
青年期に1回、中年期に1回、老年期に1回の計3回である。

中にはもっと多い人もいるだろう。
私も15年周期で大きな挫折に苛まされてきた。
今にして思えば、挫折はいい勉強だったが、当時はそんな余裕はなかった。
ただ無駄に何年ももがき苦しんだだけである。
なぜ苦しんだか?頭の中が考えすぎてネガティブだったからだ。
15年周期の3回の大きな挫折から何を学んだか?
これを学んだと大きな声で言えないが、
ひとつ言えることは「開き直ることである」
開き直れば、人生なるようになる。
自分次第でどうにでもなる。
これだけはいえる。

さらに詳細を述べれば、
あまり考えすぎないことだ。
ネガティブなことばかり考えても良くはならない。
悩めば悩むほど、事態はかえって悪化する。
だから、あまり考えすぎないことだ。

そして、さらに自分の人生の真価に近づくためには、
直観で生きていくことだ。
直観(スピリット)を中心に心を積極的に生きること。
直観と積極的で生きていくことだ。


自分の直観に従い積極的に生きていく。
悩むことをやめ、考えることをやめ、今日という瞬間、今日という今の時間によしこれをやろうという直観に従い積極的に物事をこなしていく。目標が見つからなければ、今日これをやるという直観に従って生きていけばいい。
心を積極的に直観に従って生きていけば、自分が何をやりたいのか?わかるようになる。 何をするべきか?決められるようになる。

DSC_1408.png
2019年4月 桜。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

目標。恋と同様、なくても生きて行けないわけではないので、
ただこうして毎日寝て起きてご飯食べて、そこそこ働いて、
生きているだけでありがたいです。
家族、友人、恋人、趣味があればもういう事なしです。
こんな私でも時々熱中できる目標ができますが、
挫折。ホント、開き直ればいいと思えば、何もこわくなくなります。
一文無しになったとしても、野垂れ死にしそうな生活となっても、
年をとるほど、先は(苦痛の時間は)短いですからね。


No title

歳をとると苦痛の時間は短い。
確かに、若い人より短いかもしれませんね。
経験がそれなりにあるから。
自分はどうか?というと、長かったり短かかったりです。
苦痛の時間が長いときは、開きなって本でも読むか、未来の計画を立てるか、ただ苦痛の中にいるのでなく、何かをやっています。

出産して約半年。ふと、自分はこれからどんな目標を立てて生きていけば良いのか?とちょうど考えていたところです。
先生のブログを読んで自分を振り返ったところ、色々考えたときに限って、物事が悪い方向に進んでいたかもしれない…と気付きました。
「開き直る」って単純ですが、考えることが好きな自分にとっては難しかったりします。が、目の前のことを一生懸命に、ただ前向きに開き直って生きていくことを目標にするのも良いなぁと思いました。ヒントをありがとうございました。

No title

考えることが好きな自分にとっては難しかったりします。
考えることは悪いことではありません。
考えたあとに行動することが大切なのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する