ホーム > 心の使い方 心を強くする > 表向きはいい人。だが、精神構造がてんでダメな彼。
表向きはいい人。
仕事も出来て能力も高い。
性格も良く、会っていて楽しい。
会話も楽しく、何時間話しても飽きが来ない。
彼はとても親切で優しい。
さりげなく気を配ってくれる。
連絡もマメ、会う頻度も多い。
イベントでは様々なサプライズを用意してくれる。
心地いいくらい、彼はわたしのために一生懸命努力してくれる。
うむ、パーフェクトだ。文明文化で洗練された男性、パーフェクトだ。
このまま続いてくれれば・・・?の話だが。

だが、続かない。
サービス期間が終われば、化ケの皮が剥がれて別れることになる。
また付き合ったとしても、モラハラの苦痛の生活が待っている。
なぜ、そんなことが起きるのか?
表向きはいい人だが、精神構造がてんでダメだからだ。

さすが物質文化が発達した文明社会。昔と違ってみんながいい教育を受け、理知的で理性的で頭が良くなった。だが、もうひとつの頭がてんでダメだ。もう一つの頭とは、精神性のことをいう。物質文化に即した精神構造がまだ出来上がっていない。頭だけ良くなって精神がついていない。そんな精神異常者がウヨウヨいる。そういう人たちの形容詞は、頭はいいが精神面がモロイとなっている。精神構造は、男らしくなく、クヨクヨしている女みたいだ。わたしが男で彼が女、みたいなカップルが最近多くなった。男性が弱くなり女性が強くなったという原因もあるだろう。だが、それにしてもその精神構造は中途半端だ。彼が女みたいな精神を持っているとはいっても、中味はやはり男、男の部分も持っている。半分女、半分男という中途半端な精神構造が、熾烈な問題を起こしている。

表向きはいい人。
仕事も出来て能力も高い。
だが、身内の彼女に対しては、モラハラとなっている。
他人にはいい人だが、彼女には180度違った性格を見せている。
束縛が激しく、感情をあらわに出したモラハラで罵倒して大切な彼女をいじめている。
他人には絶対見せない顔を彼女の前で見せる。

つまり、反対のことをしているのである。
通常の精神の持ち主なら、他人より彼女の方を大切にするはず。
だが、この手の精神構造の持ち主は、彼女を守るどころか逆に彼女を苦しめる反対の行動に出ている。

「これが愛だ」というのか?
本人は、これが愛だと勘違いしているのだろう。またそれと付き合っている女性も、「これが愛だ」と勘違いしている。なぜこれが愛だと勘違いするのか?それは最初のサービス期間にある。彼は仕事も出来て能力も高い。性格も良く、会っていて楽しい。会話も楽しく、何時間話しても飽きが来ない。彼はとても親切で優しい。さりげなく気を配ってくれる。連絡もマメ、会う頻度も多い。イベントでは様々なサプライズを用意してくれる。心地いいくらい、彼はわたしのために一生懸命努力してくれる。女性はこの夢のようなサービス期間が忘れられない。これを取り戻したいと心から望む。

だが、二度とあのサービス期間は戻って来ない。
これが現状なのに、あの日を取り戻したくて頑張る。
彼がこうなったのは、わたしのせいだからだと。
わたしの愛が足りなかったから、わたしが彼に逆らったから、わたしが彼の気分を害したから、わたしが感情的になってヒステリックになったから、お願い許して、これは誤解なのよ、あなたが想像するようなわたしは嫌な女ではないと頑張る。そして謝罪も反省も、これでもかこれでもかと何十通りも伝える。謝るのが女性の愛とばかりにぎょうさん謝る。それで結果はどうなったか?結果は最悪となった。

これからの時代は、女性が男性を教育する時代。
この手のモラハラ男を・・・果たして教育できるか?
教育はできる。そう私(沖川)は確信している。
それが、これからの時代をたくましく生きる女性の使命だ。
このくらい強くならないと、これからの時代は生きていけないからだ。

ええ!どうやって教育するの?
それを教えるのが私の仕事。
心を強くすれば、何とかなる。
この続きは明日書こう。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

モラハラ!まさしくそれです。段々本性現して言いたい放題。私は傷ついてるし萎えるし生きる気力も失せるので距離を取りました。が、連絡来ると会いたくなるのが辛いです。私はのんびり生きたい、彼は向上心あふれるストイックな人。ガミガミうるさい。その言い方が下手というか、褒めて伸ばそうという気はないのか価値観合いません。

No title

物質文化が発達した文明社会だから、女も男も精神構造が
発達するのではなく、逆に幼稚になり、いかれてくるのだと思います。
医師、弁護士、警察官、国家公民、税理士、会計士。
社会的地位と、人格は比例していないと思います。
無学無教養の人間にも、エリートと言われる人間にも、
同じくらいの比率で卑劣な人間はいると思います。
私の暮す集落の宮司は、猫を処分するために
敷地にとらばさみを仕掛けたり、憎い人間がいると怪文書を流したりします。
宮司と坊さんの弟が、コインシャワーのお金を抜き取ったりします。
下着ドロボーの国語教師もいます。医師の妻が路上で発狂し、
おまわりさんに保護されたりしています。
「私の何がいけなかたの。あなたのためなら悪いところは
全て直し、あなたのためならなんでもするから、
どうか私だけを見て。ずっと捨てないで」
ゲッ。まるで私が小学生の頃のに庶民受けしていたド・演歌の世界ですね。
女に教育されていう事を聞く男などゴミ箱に捨てちゃいたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

本当にエリートにはモラハラが多いですね。
彼をコントロールする事はまだ私には出来ませんが、彼に嫌われてもの精神で前向きに粘ったら、怒りの連絡が来ました。(1ヶ月半未読無視でした)
彼も私がコントロール出来ない女である事を薄々わかってきたみたいです。
そして一白水星の彼は、先生の仰る通り人を切れない性格みたいです。
明日以降の記事、楽しみにしております。

エリートをはじめとした社会的地位にある人は、肩書きが自分の価値だと勘違いしているのでしょうね。
周りからおだてられ、尊敬され敬われチヤホヤされた結果の姿でしょうね。
肩書きでチヤホヤされてるだけなのに「私は偉い人」だと設定されてしまったのでしょうね。かわいそう。
そこに至るまでの努力は素晴らしいかもしれませんが、偉くなってからの人間力がものを言いますね。

No title

あやこさんが仰る
>肩書きでチヤホヤされてるだけなのに「私は偉い人」だと設定されてしまったのでしょうね。かわいそう。

そう、こういう人たちってまるで裸の王様ですね。

女王バチや雄を食べて子供を産むカマキリやメスが狩りにでるライオンなど、人間以外の自然界では女が強い生き物がたくさんいますね。

人間も本当は女性の方が強いから、男性がわざと女性を自分より下の立場に置きたくて、音信不通とか、モラハラ、パワハラ、セクハラなどで抵抗してるんじゃないでしょうか。

だって本当に芯がある強い男性ってそんなことしないと思うんです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する