ホーム > 心の使い方 心を強くする > 信念は周りから反対されるほど強くなり、失敗するほど強くなる。
信念とはとても頑固だ。
信念は周りから反対されればされるほど強くなり、失敗すればするほど強くなる。
皆さんの恋愛を見てみると、そう思う。
みんなとても頑固だ(笑)
ならば、あなたの人生だ、思うようにしなさい。
自分が思ったことを信じて突き進めばよい。

私は思う、人間何かの志があることはいいことだ。
恋愛でも、仕事でも、勉強でも、趣味や娯楽でも、好きなものに夢中になることはいいことだ。周りから見れば、何というバカなことをしていると思われてもいいじゃないか。他人に迷惑さえかけなければ何をやってもいい。迷惑とは自分にかけるもので、他人にかけるものではない、これが好きなことをやっている人の姿勢である。

自分に迷惑をかけるとはどういうことか?
自分の遊び時間を無くすこと、これが自分にかける迷惑である。遊び時間を無くすとは、遊びを捨ててそれに夢中になることをいう。周りから見れば価値のないものに、自分の時間を使って価値のあるものにする。周りから反対されたものを、自分の力でもって賛成させるようにする。周りから否定されたものを、自分の力でもって肯定させるようにする。その作業がとても大変で、とても時間がかかる。だから、自分の遊び時間を放棄して自分に迷惑をかけるしかない。

あなたがたの生活に役立っている文明の利器のほとんどが、そうやって生まれた。
周りから反対され、批判され、中傷され、バカにされ、きちがい扱いされながらも、ひとりの信念の力によってこの世に生まれた。過去の偉人たちの発明や功績は、周りからの大反対によって成し遂げられたことを歴史は証明している。もちろん、ひとりの力だけではない。信念を持ったひとりの人間が続けているうちに、賛同者が現われ、マスターマインドが形成されて完成したのは事実である。だが、最初はひとりだった。ひとりの人間の願望によって、ひとりの人間の信念によって、最初の芽が出た。

過去の偉人たちの歴史を紐解くと、信念の意味が見えてくる。
彼らの信念は、周りから反対されればされるほど強くなり、失敗すればするほど強くなっている。ここから生まれた言葉が「最後まであきらめるな」という言葉だろう。

普通の人は周りからの反対の一言であきらめ、たった1回の失敗であきらめる。
なぜあきらめるのか、それは心が傷つくからだ。人間の心とは弱いもので信念までなかなか育たない。信念まで育てるには心を強くするしかない。このとっておきの方法が、心を道具にすることだ。心を道具にしてしまえば、反対も、失敗も、気にならなくなる。なぜなら心は道具なので、自分が傷つくわけではないからだ。自分はこうだと決めた志に向かうだけ。心と体はそれを達成するための道具にしか過ぎない。この思考の力学さえ持っていれば、信念はたくましく育つ。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

心を道具にして強くなるですね!反抗期の息子と毎日戦っており疲れます。自分に強く、厳しく他人には優しい人間になってほしいものです。
なかなか難しいですが、心の強化頑張ります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

どういうわけでしょうか。ロミオとジュリエットの心理とでもいうのでしょうか。暴言を浴びせられ、嫌がらせをされればされるほどこちらも意地が悪いので、よけいにやる気が出ます。見つからないように、バレないようにと、
新しいより効率的な手口が思いつきます。(不倫じゃなくて仕事です)
癒しの時間だストレス解消などと言って、遊ぶ時間もほとんどなくなりました。
仕事の方がストレス解消で、癒しの時間です。
第三次産業は搾取されるんだよねーなんて仲間と言いながらやっている、
今時の人が見向きもしない低賃金プラス3K(危険、きつい、汚い)ですけれど。

昨年末に駆け込む様に先生の鑑定に伺い、最初は彼にそんな事をしたら嫌われる。絶対無理と否定ばかりでしたね。
その初回鑑定で拒絶した事、半年の間に全部彼(一白水星)にやりました笑
音信不通・拒絶・モラハラ・本命彼女の出現。全て乗り越えて、先日久しぶりに彼からのラインが笑顔で締められて終わりました。
まだ残り半年。道半ばです。
心をコントロールしながら、全力で適当に頑張りたいと思います。

「諦める」とは、
明らかに見つめること。潔い。

今回の記事まさに私のことみたいで好きです 笑
1回の失敗で諦めず、周りの反対に遭っても反動で行動する。

周りに相談し過ぎた自分が悪いです。周りに相談しないために彼とのことを日記をつけるようにしていたのですが、これがなかなか良いです。

2つ良い点があって、
・頭の中や状況が整理されて方針が決められる
・直感の答え合わせができる
特に直感の部分、周りのネガティブ意見に流されて打ち消してしまいがちなのですが、後から流れを見直すとほぼ合っている……!

例えば彼と絶望的な喧嘩をして暫く接触がなかったのに、ふと彼が同僚への空調の位置説明のために至近距離で私の名前を出しました。名前出さなくても説明できるのに。他にも独り言が多かったりとか。日記には「彼が私にシグナルを出してる気がする」「彼は私と戻りたがっている」「きっと私と同じ気持ちだ、前もそうだった」と。
その2日後、20日ぶりに彼から話し掛けてきて笑い合うという流れ。その後も彼からの接触が増えます。

もっと自分の直感を信じようと思いました。
今の直感ですが、仲の良さが戻ったことで彼は少し安心してしまっているのではないかと。でもそう遠くない未来にまた、デートしたいという考えを持っているはず。
「嫌い」「もう二度と会わない」と彼に言われたネガティブも既に無視の流れになってます。

九紫火星の片思いさん、賛成です♪「自分を信じて」。

為を思ってとか、常識で考えるとという周りの意見を聞くとつい「やっぱりそうかな」とか不安になってしまいますね。でも我に帰って「自分の心の原点に戻る」のが大事ですね!

心を道具にする。心はある程度客観視したほうがいいということでしょうか。過去の記事の、機械のように淡々とコツコツとを思い出しました。

「常識は…」という人は普通の人。普通の人では物事は達成できない。「これだ!」と心が感じたものがあったなら、それに向かって偉人レベルの信念で!ですね。

オートミールクッキーさん
遅くなってすみません。最新記事にお返事しました☆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する