ホーム > 心の使い方 心を強くする > 小さなリスクを背負って、夢に向かってチャレンジしよう。
あなたが彼と結婚したいなら、それも小さなリスク。
あなたが理想とする仕事に就きたいのなら、それも小さなリスク。
あなたがマイホームを買いたいのなら、それも小さなリスク。

リスクは不安を伴うが、できないリスクをあなたが持つはずない。
達成可能なリスクしかあなたは持たない。
だけど、保証はない。うまくいくという保証はない。
そこで、チャレンジが始まる。
この夢を達成しようというチャレンジが。
そのチャレンジこそがあなたの目標である。
目標は小さなリスクを背負った不安の中から生まれる。
平穏無事な生活からは生まれない。
このままでは不満足だという中から生まれる。
この不満足に、ずっとこのままでいいのか?と悩むから生まれる。
悶々とした煩悶から目標というものが生まれる。
今あなたが、モヤモヤしているのならいいチャンスだ。
さあ、小さなリスクを背負って、夢に向かってチャレンジしよう。

人間どっかで思いっ切りが大切。
思い切らなければ何もできない。
いつやるか?いまでしょ。
時は待ってくれない。


でも、不安がある。
うまくいくという保証のない不安。
もし、失敗したらどうしょうという不安。
失敗して彼を失い、職を失い、お金を失ったら生きていけないという不安。
失敗するのは恐い、だが今のままでは不満足だというジレンマ。
いつも自分はこの中途半端な位置でモヤモヤしている。
ここから先どんな方法がある?

方法はある。それはリスクを真剣に考えて分析することだ。
不安の中にいては、いつまで経っても前へ進めない。
リスクを徹底的に分析して、これなら大丈夫だろう、これならやれる、よしこれでいこうという自信を持つことだ。人間は達成不可能な夢を持つわけない。達成可能な夢しか持たない。だから、リスクも達成可能なリスクしか背負わない。自分の力量と器に応じて。

リスクを真剣に考えよう。
彼と結婚するために、どうすればいいか。
あなたが彼と結婚を考えるのは無謀ではないと思う。もし、彼が結婚を考えていないのならとっくに別れたはずだ。もう子供でもないし乙女でもない。結婚を考えていない男性とあなたが長く付き合うわけない。もし仮に、あなたが結婚を考えていない男性と付き合っているとしたら、白黒決着をつければいい。それで別れたとしても、わたしは幸運だ、神に守られていると思えばいい。幸せは悲観の後に来る。結婚しない相手と別れて良かったね、という幸運が必ず舞い込んでくる。そして次の相手とあなたは間違いなく幸せな結婚ができる。さて、それは置いといて。あなたは結婚願望のある男性と付き合っているはずだ。だが、彼のタイミングがあっていない。あなたは明日でも結婚したいのに、彼のタイムスケジュールは何年も先。「結婚はするよ」と言っておきながら、具体的には何も進まない彼氏。今の時代こういった男性が多い。そこで女性たちがモヤモヤする。だが、いつまでもモヤモヤしていたら結婚はいつになることやら。そこでだ、リスクを真剣に考えよう。

彼と結婚するために、どうすればいいか、リスクを真剣に考えることだ。
リスクを真剣に考えるためには、真剣に考える提案をしなければならない。
それをきっかけという。

なんの…きっかけ?
それは結婚について彼と話し合い、あなたの希望をいうことできっかけが生まれる。いつまでに結婚したい(例えば、年内に、来年の春に、来年の私の誕生日に)という期日を具体的に定めて話し合うことだ。そうすると彼はお金がない、今の仕事はやりかけなので、その仕事に専念したい、今はその時期ではないと結婚に対して後ろ向きの否定ばかりを繰り返すだろう。問題はそこからだ。あなたは彼の否定に屈してはいけない。がっかりして暗い顔をしてはいけない。あくまでも笑顔で希望に満ちた態度で、前向きに結婚の希望を提案していけばいい。結論はすぐに出なくてもいい。提案に対してあなたがネガティブなら否決され、あなたがポジティブなら可決されるだけだ。ポジティブなら可決を「きっかけ」という。きっかけができれば、彼はそれを真剣に考え実行に移す。いいきっかけを与える、それがあなたの使命だと思えばいい。いいきっかけをつくるために、小さなリスクを背負って、夢に向かってチャレンジしよう。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

リスクを背負った分だけ人は大きくなれる。
子供を背負って借金を抱えても、人は生きる力を持っている。なんとかそこから這い上がろうと、体の底から力が湧いてくる。私のどこにこんな力が眠ってたんだろうかと自分に驚かされる。
また周りの人からの支援や優しさに気づかされ、心から感謝の気持ちが湧いてくる。
平穏無事に満たされているときほど、現状をキープしたい気持ちから「もしかしたら失敗するんじゃないか」「今の生活が失われるのではないか」と尻込みしてチャレンジすることを諦める。
底辺を知っている人間は、這い上がることしか考えないので「失敗するのでは?」などと考えない。
人は小さなリスクを背負ってそれを乗り越えることで成長ができる。
チャレンジなしでは今と何も変わらない未来が続くだけ。

No title

人間はけっこうしぶといもので、本気でやりたい事、欲しいと思った事に
対しては、リスクがあったとしても脳の自動目的達成装置が働き、
なんとか成し遂げられるように出来ているような気がします。
結婚。どうしてもこの男と結婚したいと思い、あきらめなければ、
しつこくしぶとい女に「根負け」する男もいるようです。
そうでなければとっくにあきらめがついているはずなので。
私の友人にもしぶといのがいて、他の女とラブホに入るところを尾行して
大泣きしたけれど、奪い返して結婚しました。その男はその女の父親のコネを使って役場に勤務できたという事情があったにもかかわらず。30年以上たった
今でも結婚生活は続いています。彼の女癖が治ったかどうかは聞けませんが。





管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する