ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 男性は粘った方がいい。女性はあきらめた方がいい。
愛に関して、
粘りっこく諦めの悪い女性。
飽きっぽく諦めの早い男性。
女性は早く諦めることを覚え、男性は粘ることを覚えた方がいい。
そうすれば男女のバランスが取れる。

愛においては、男性はいつでもやめるつもりで恋愛をし、女性は永遠に一緒になるつもりで恋愛をする。
男性はいつでもやめるつもりで恋をしている。
男性は仕事が忙しくなれば彼女を放置し、放置された女性は男性からの愛され感が無く苦しむことになる。苦しんだ末の白黒勝負では、「君の気持ちに答えられない」と言われ愛が崩壊する。男性はプレッシャーがかかれば恋愛を放棄するクセがある。恋愛の初期はロマンだったが、半年も経過すると責任に変わる。ロマンであるサービス期間の癒やしが終わると、男性は妙に責任を感じてプレッシャーを感じる。結婚するつもりで付き合ったのだが、男の悪い癖で、ここに来て自由を求める。自由と恋愛どちらが大事か?となると男性の本脳は自由を選ぶ。自由を選んだ男は女の愛に興味がなくなる。好きだけど以前より関心がない。好きだけど以前より熱が入らない。恋の情熱の炎が消えた男性は、くすぶりながら好きだといって手を抜く。恋愛においては男性はいつでもやめるつもりで恋をしている。

女性は永遠に一緒になるつもりで恋愛をする。
愛は女性の聖地。愛は命がけであり生き甲斐でもある。愛が豊かであれば、仕事にも張りが出て人生が充実する。愛が不足すれば、仕事はやり甲斐を失い人生そのものが破綻へと向かう。女性の生きる力は愛によって左右される。女性はなかなか異性を好きにならない。でも、ひとたび好きになれば、この人と一生共に暮らしたいと願う。女性の愛の周期は平均して4年に1度。オリンピックに1回好きな人ができる。だが、毎回金メダルが取れるわけがない。大概はいつも予選落ち。今度こそ金メダルを取るぞと毎回頑張る。女性の望みは愛の金メダルを取ること、だから数年ぶりに好きになった相手とは永遠に一緒になるつもりで恋をする。男性はサービス期間が終了すれば恋愛に陰りが見え始めるが、女性はサービス期間が終了してから本気になる。男性は飽きっぽいが、女性は諦めずに粘る。男性と女性では諦めると諦めないの差が大きい。

女性は早くあきらめることを覚え、男性はもう少し粘ることを覚えた方がいい。
男性は諦めが早いので、諦めないでもう少し頑張った方がいい。
女性は諦めが悪いので、諦めて早く相手と自分を解放した方がいい。
西洋哲学では「最後まで諦めるな」
東洋哲学では「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」
東西の哲学を、臨機応変に使い分けた方がいい。

男性は知っている、女性とはしつこくからむ生き物だということを。
そこに諦めのいい女性が現われたら男性はどうなるか?
それは興味を持つ。
しつこい女は嫌いだが、諦めのいい女は好きなので、間違いなく興味を持つ。
それが男性かもしれない。

そんな女性はいるの?
いる、あなただ。
スイッチが入っていないあなただ。
もし、あなたのスイッチがうんと後から入れば、男性は永遠にあなたに興味を持つ。
スイッチが早く入りすぎるから早く飽きられるのだよ。
うんと遅くすれば飽きられることはない。

女性はスイッチが入れば追いかけるようになる。
しつこく追いかけるようになる。
自分から連絡して、自分から誘う女になれば、男はその女を後回しにする。
追いかけている女はいつも損な役回りを演じている。
男に追いかけさすようにどう冷たくするのか、ここがポイントなのに、スイッチが入った女は冷たく出来ない。
愛しているから気持ちが入り熱くなる。
熱くなった女に男が言う言葉は世界共通で「重い」である。
早くスイッチを入れるということは女の価値を下げることである。

男に追いかけさせよう。
最初、あなたはやっていたはずだ。
男が追いかけていることを。
その期間が短くあなたのスイッチが入ってしまった。
それが失敗の元だ。
スイッチを早く入れすぎた。
男の努力を見ないまま早く入れすぎた。
そこは反省である。
では、これからどうすれば男は追いかえるようになるの?
スイッチをOFFにすることだ。
彼のことを諦めてスイッチをOFFにする、そうすれば男は追いかけてくる。
追いかけて来なければどうするの?
それまでの男よ。
愛のない男に、いつまでもあなたは放浪されてはいけない。
男は追いかけてきて本物。
偽物を相手にする必要はないということ。
本物を見極めてこそ、あなたは幸せになれる。

男は諦めが早い。
女は諦めが遅い。


本物の愛に育てるためには勝負だ。
女が早く諦めて、男が諦めないようにすれば勝負に勝てる。
思い切って諦めてしまえ。
本気で諦めてしまえ。
そすれば男は動く。
あなたを愛する男が本物なら。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

おはようございます。

白黒つけてから一日が経ちました。
彼は仕事と恋愛の両立が無理だったのだと思います(毎回これで別れてるみたいでした)、私の別れに対して「俺が悪い、今までありがとう」とアッサリしたものでした。それに対しての返答はしていません。

未練も後悔もないのに少し辛いです。どこかで「いつか連絡が来るかも」なんて期待してる自分が惨めです。

意識はしてませんが私は物分かりのいい女と捉えられることが多く、これが最終的に相手に罪悪感を与えてしまう気がします。
わがまますぎても駄目だしバランスが難しい。

別れの一歩を踏み出すと辛いものです。
でも必ず自分なりの幸せは見つけれると思います。
それが恋愛や結婚だけに限らず。

とても考え深い内容の記事です。
自分の未来に制限をかけてしまっているのは、自分自身のような気がします。
もっと自分を愛して、自分に自信を持たねば。
今日も大変勉強になりました。
ありがとうございます。

恋愛日記を見て、自分が思っているのと逆をすればいいと書いており、自分はそうしてますが、タイミングが悪いのかまだ進展はしてません。まあ時期が来れば進むんでしょうけど。
あせる思いを必死に堪えて生活しています。

No title

猛暑の夏。サザンでもチューブでもなく、ド・演歌を聴くのもいいもんです。
「女の操」「天城越え」「時の流れに身をまかせ」
どの曲もいい曲だなと思うし、大ヒットでした。
あきらめの悪い女、女の情念、一途な女
女ならば、歌詞に共感できるし、またはこんなに一途な恋をしてみたい、
男ならば心のどこかにこんなに一途に思われたい、
こんな女がいたらいいなと思うのだろうと想像しました。
恋は報われなくてもいい。一人の女、一人の男を一途に
一生思い続けるのも素敵な事だと思います。
再婚もせず戦死した夫を生涯思い続けた女もたくさんいたようですが、
女の幸せを逃したとは思いません。幸せな生涯だったと思います。
しつこく諦めの悪い女はそれはそれでいいと思います。



スイッチOFFとは、どういう状態ですか?

男が女を追いかけるために…

昔は、ザ・諦めきれない女でした。
新しい彼ができたら、元カレのことは忘れてましたが…

別れを何回か繰り返しているうちに、
沖川先生のブログと出会い、
あきらめよう、そうすればうまくいく…の言葉と出会いました。

今の彼はめちゃ多忙で、付き合って11か月。
私が、彼をいつでも手放してもいいというスタンスを貫いているので、彼に対して塩対応(笑)

ほんとに好きなの?とこないだ言われました。
そういえばあまり彼に思いを伝えたり、
私から彼に、愛情表現してへんかもな…
私は彼を追いかけませんが、彼は私のもとに来てくれます。

二人の距離もほどほど、愛情表現もほどほどがいいのかな?と思いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する