ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 幸せとは自分の意志で掴むもの。意志さえあればどうにかなる。
幸せも自分の意志、不幸も自分の意志。
悲観の中には幸せになる種が含まれている。
どんなに厳しい状況でも、その中には幸せになるチャンスの種がある。
この種をどう見つけるかだ。

悲観のとき、二人の人間がいる。
前者は、悲観に明け暮れて鬱病になる人。後者は、悲観こそが精神力を強化する絶好のチャンスだと思う人。
幸せの種を見つけるのは後者の人。後者の真似をすればいい。後者は世の中に鬱病なんてものはないという考えの持ち主。悲観に明け暮れるから鬱病になるのであって、悲観こそが精神を鍛える絶好のチャンスだと考えれば鬱病になることはない。次から次へと起る災難が、よくもまあ次から次へと不幸が舞い込んで来るものだと逆に楽しんでいる。自分はこの不幸に押し潰されないぞ、「今にみていろ、今に復活してやる、そして今よりもっとよくなってやる」と意気込んでいる。戦後に復興を果たした日本人の魂を復活させればいい。彼らの魂を引き継げば、日本は世界一豊かで幸せな国となるだろう。

世の中に鬱病なんてものはない。その考えに私も同意見である。精神科の先生には申し訳ないが、心とは医学の力で何とかなるものではない。心とは己自身の力で治すものだ。その力とは、悲観のとき、精神力の強化のときが来たと思うことだ。今まで怠惰怠慢の生活を送ってきたから不運に巻き込まれた。だから締める、自分の生活を、自分のやる気のなさを、自分の怠け癖を、自分の心の弱さを締める。気を引き締めて悲観に対処する。そうすればどうってことない悲観はチャンスに生まれ変わるようにできている。どうしてそういおうことが言えるのか、自分も悲観に明け暮れたときがあったからだ。悲観の時代を皆さんと同じように十分に味わった。これでもかこれでもかと味わった。だから言える、悲観の中には次のチャンスになる種が含まれていると。その種はすぐに開花しない。何年かのときが経て開花する。そして開花は必ず来る、時間を味方につければ。あのときの苦しい時代があっからこそ、今の自分があるという人生達観の領域である悟りを得ることができる。そうなったらしめたものだ。世の中には鬱病なんてものはない。悲観の中にはチャンスが含まれていると信じれば、悲観そのものを前向きに受け入れることができるからだ。

悲観のとき不幸を呼び込む人が大勢いる。
それはしかたないだろう。人間は弱い生きもだからだ。
人間は弱いという、精神的モロイ人がこの世にはたくさんいる。
だが、人間は地球上の最強の動物だ。
人間ほど強い生き物は他にいない。
この強さは何jか、それは知恵だ。人間以上の知恵を持っている動物は他にいない。
知恵は偉大な力を発揮するが、また同時に自分自身を苦しめることもある。
悲観のとき、人間はこの知恵が邪魔して、神経質にあれこれいろいろ考える。
神経質にあれこれいろいろ考える。これが考えすぎという最大の欠点になって不運をたくさん呼び、不運の渦に巻き込まれる。
不運の渦に巻き込まれれば、やることなすことみんな裏目にでる。
不幸が不幸を呼ぶ。連鎖反応的に次から次へと不幸を呼ぶ。
彼氏に振られ、会社はクビになり、親を病気で亡くし、自分自身も体調不良で入院することになる。
お金がなくなり、将来は不安だらけの悲観に明け暮れるしかないことが実際に大勢の人たちに起きている。
これが不幸の連鎖反応。神経質にものごとをなんでもかんでも悪く考えるクセが次から次へと不幸を呼び込んでいる。これでもかこれでもかと些細なことを悪い方に悪い方に裏読みばかりして不幸を招き入れている。最悪な事態を想定して、これ以上悪くならないように本人は防衛線を張っているつもりだが、結果は不幸のろつぼにはまっている。そしてこの不幸からいつまで経っても抜け出せないでいる。

これ以上不幸を呼び込むな。
不幸を呼び込まない方法は意志を持つこと。
自分は不幸を寄せ付けないという強い意志を持つこと。
そのために自分の不幸話をしない。不幸な話ばかりもってくる友人を避けること、友達には悪いが不幸話を持っている友人は縁を切ってもいい。友人は選ぶこと、これが生きるコツである。家族や知り合いの中に不幸な話ばかりする人がいたら耳を傾けないこと不幸話に参加してはいけない。不幸を寄せ付けない、不幸は寄せ付けないという強い意志を持てば、不幸はあなたに寄りつかな<なる。それが意志の力だ。あなたの意志が発揮されれば、あなた自身がもう不幸の話はしない。不幸という思考がすっかり消えているだろう。その意志さえ完成させれば、未来永劫不幸はあなたを避けて通る。こうなればしめたものだ。あなたは未来永劫、幸せの種を掴んだのだ。幸せとは自分の意志で掴むもの。意志さえあればどうにかなる。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

心が医学の力で何とかなることにしておかないと、
精神科医の人たちは人々が羨む贅沢な暮らしが出来なくなってしまいます。
副作用で認知症になろうと体調が悪くなろうと、
薬をたくさん与えるのがお仕事なのではないでしょうか。

ついつい、不幸自慢、自虐してしまいます、、、聞いてくれていた人たちも反応に困っていただろうな、、、
そして、私が望むような反応が返ってこない場合は、逆にその方を避けるようになってしまったり。ここでも独りよがりでした。
不幸をよせつけず、強い心を。今日も一日がをわばります。

物事は良い方にも悪い方にも考えられる、人は考え方次第ってわかっているのに、不安や怖さが強い時はどうしてもポジティブな思考に変換できなくなります。でも訓練ですね。先生のブログを毎日読ませていただいていると、それだけで訓練されているのがわかります。考えが八方ふさがりになりそうなときも、ポジティブに変換しようとする癖がついてきました。

40代後半に入った私が最近婚活に再チャレンジし始めました。先生の過去の記事から婚活に対する心構えを読ませていただきましたが、とても参考になりました!

婚活中は傷つくことが多く自信を失いがちですが、
「自信がなくても自信を持つ」、とにかく恥ずかしくても自分が情けなくても自信を持てばいいという考えに勇気が出ました。人間の価値を標準な社会的な目で見て判断して人と比較して自分はダメなんだと思ってしまう自分。でもどんなに不利な境遇でもそのことに自信を持っている人は素敵で輝いていますね。バカみたいでも「自信を持つこと」に徹しようと思います。

あと、これらの言葉もとても参考になりました。
「活動に参加する心構えは、その活動自体を真剣に楽しむこと。男目当てに、ギラギラしてはいけない。素直に純粋にその活動自体に惚れこみ楽しむこと。」
「出会いの場所での婚活は、目的が結婚相手を探すことでも、それを悟られてはいけない。まずは、その活動自体を純粋に楽しむことだ。」

婚活は苦しまないで、結婚相手を探すという目的は頭の隅に軽く置いておくような感じにして、まずは人との交流を楽しもうと思います。そういえば自分もいかにも恋愛という感じで積極的に寄って来られると圧迫感を感じますが、それを感じさせない雰囲気の人だと安心できます。これも大事なポイントなのですね。


<九紫火星の片思い改め両想いさんへ>
九紫さんが教えてくださった婚活に対する姿勢、すごく助かりました!あと先生の記事を見るよう勧めてくださってこれもありがたかったです。

条件の悪い人・・・子供のこととか将来の人生設計が違う人かもということなのですね。結婚て好きなだけではだめなのですね・・・。でもまだ(相手の気持ちは)わからない段階なのですから。沖川先生の過去記事を参考にして確かめるなどできると思います。せっかく復縁の機会が巡ってきたのですから、良い方向に向かうといいなあと思います!(同僚の彼さんのことも段々わかってくるといいですね)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

基本的な考えは先生に共感です。
…が、鬱病や医者に関しては一概にそうは言えないかと思いました。


自分の暮らしの為に、薬をむやみやたらに出す医師は少ないかと思います。もちろんいろんな医師がいますが、基本的には必要最低限の薬をきちんと診察した上で処方しますし、どんな病気のどんな薬でも多かれ少なかれ副作用はあるんです。副作用が一切ない薬はないんですよね。。

そして、医師はみなさんが思っているような高給取りではないです。大学病院等に勤務している先生のお給料を聞いたらびっくりすると思います。
手取り25万とかざらにいますよ。それも月曜〜土曜は外来や病棟、手術に追われ、休日は関連病院でのアルバイトなど休みがなく働いています。(開業医はどうか分かりませんが。)

わたし自身、元医療関係者なのでちょっとコメントせずにはいられませんでした。すみません。

先生も確か、仕事で医療関係者と深く携わってこられたと聞いております。

オートミールクッキーさん!

私もあの後先生の婚活周辺を読みました♪人との交流ってスタンスとても良いと思います。もしぐいぐい来る人がいても「ちょっと嫌だけど私ってなかなかモテるなぁ。」とか思えばいいですよ 笑

そうだ!あと、私は元彼と別れた後、何かの本を参考に「理想の人30項目リスト」を作りました。出そうとすると30も無いんですよ。私好みはっきりしてるんですけど。それを無理矢理明文化するんです。最後は「食べ物の好き嫌いがない」「手と爪がきれい」とかですから 笑 それで、色々な人に会うたびメンテするのです。面白いのでやってみてください。発見があります。

条件が悪かったのは付き合ってる当時の彼で、事情によりすぐには結婚する気がありませんでした。彼の諸々が解決し形勢逆転した今、もしはっきりと復縁を申し込まれたら、別れ際の疑問点は全て解消し結婚と子供を作る意思を確認するつもりでいます。方法はまだ固まって無いですし、「また付き合ってもらいたいと思ってた」という彼のメールの私の返信が今読み返すと「私も考えときます」とかで塩気味?過ぎたかなぁと……なのでしばらくはまた連絡来ないかもです……笑笑
彼も1人の期間が長くなってきて仕事も頑張っているので、元々長い時間軸が更に長くなってます。
その間に同僚の彼との絆を深めますが、こちらも本当好きだなと……両方と付き合いたいです 笑笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最後に先生に相談しに行った時に、具合が悪くなり始めておりましたが、先生に「世の中に鬱など無い」と言われそれからすぐに仕事を辞めざる事になりそれから6年まだ、夜は寝れずパニック発作も起き仕事もできません。去年彼に振られました。今は病院の先生としか話すことしかない毎日を送っており、薬は最小限です。また沖川先生に会いに行きたかったけれども病気になったことを否定されそうで怖かったですが、やはりその考えは変わらずですね。でもまた先生に会いたいのでいつかお伺いしたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する