ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 体の関係を求めるの裏技
男側の心理に基づき、このさい書いてしまいます。

体の関係から復縁できるケースもあります。

愛し合っているもの同士が体の関係を持つのが当然だという心理です。

私も彼が好きだから、彼の求めに応じた、何の問題もないという人です。

それはそれでいいと思います。彼が好きという気持ちと本能の自然の流れに合致しているからです。

男が求めているのはそういう女かもしれません。


何も疑いなく彼が好きという心境でしょうか。あるいは二人の歴史がそれをつくってきたのでしょう。


ところが、一般的には女性は自分の身を守ため、護身用としての疑いの心を持っています。


体の関係を持ったら、都合のいい女になるのではないかという怖れです。

それに付随する怖れがやがて後悔まで発展します。


その後悔がやがて、別れを引き出す要因になるからです。だから、後悔をしないためにも最初に毅然としないといけないでしょう。


前者の女性のように彼が好きだから、体の関係を持つのは当然だし、後悔しないわ(まぁ、これが男の希望ですけど)と罪悪感を持たない少数の女性と、彼が好きだけど、彼をどこかで信用していない女性の方が多いのです。


その多数の女性へのメッセージは、やはり、毅然とした態度でしょう。問題なのは中途半端な気持ちで彼の欲求に応じた女性たちです。そのほとんどがみなさん後悔しています。

後悔するくらいなら、最初の入り口で毅然とすることです。


では、体の関係を持ってしまった。もう遅いのでしょうか?

という質問もくると思うので、私の考えを明記します。


ただし、男の考えで明記します。

考えを選択しなさいということです。

ひとつは前者の女性のようになる。そしてやってしまったこと、過ぎてしまったことは、今さら後悔してもしょうがない。よーし、彼の要求に応じてHしたわけだから、今度は私の要求に応じてもらおう、絶対復縁してやる!

ふたつめは、彼が責任をとってないのに体の関係を求めてきた!許せない!完全に別れようです。

いけないのは中途半端な気持ちで後悔の渦にいるあなたです。やがてその気持ちは波動となって彼にも伝わります。


もともと、彼女が拒んでいるのを承知で下半身を制御できなかった男が悪いのですから、男も罪悪感、後ろめたさがあるのです。彼女の後悔と男の後ろめたさが増幅して気まずい雰囲気になり、別れにいたるのです。またその別れは後味のいいものではありません。


毅然とした態度とは、どちらかを選択することでもあります。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント


考えを選択する、ということですが、自分がどちらかに決めた時、
自分から彼に連絡をして話し合いたい!というのはよくない方法でしょうか?
ご意見いただけたら嬉しいです。

考えを選択する、ということについてですが、自分でどちらかに決めたら、
自分から彼に連絡して話し合いたい、というのは男性視線からみたらしないほうがよいのでしょうか?してもよいのでしょうか?
助言いただけたら嬉しいです。。

先週電話鑑定していただいたものです。
あれからも彼氏から全然連絡がなく、すごく不安になって
悩み倒した末、このまま自然消滅してもいいやって開き直っていたら
、昨日何事もなかったかのように彼からメールが来ました(汗)
今週いっぱい出張やから週末電話するねっと。
先生が、しばらくほっときなさい~ っとおっしゃって下さったお陰で
今回はとりあえず自爆せずにすみました(笑)
ありがとうございます。。
めちゃ腹がたちましたが、ぐっとこらえて明るく返信しました。
日々 自分との戦いです(笑)
これからも このサイトでしっかり男脳を勉強していきたいと思います♪

別れてからも体の関係を持つことってあるんですか?なんか軽く見られてるようで嫌ですね。

考えを選択するということは、優柔不断な性格と決別しなさいということです。多くの人間はなかなかそれができません。苦しみながらも何かに執着しながら、今のこの現状に甘んじるのです。でもいずれは答えを、選択をしなければいけません。このブログは苦しみが深くなる前に、正しい選択を早くする方法として、私なりの主観で書いています。

日本女性は奥ゆかしい方が多いので、その道徳観から「怖れ」を持ってしまうのだと想います。
でも本当は・・・女性にとっても関係を持つってことは、相手と自分の本当の部分を感じられる、一番手っ取り早い方法だと私は想います。言葉や一般的な行動で相手の気持ちを図るより、体を許したときの直感は理屈じゃ計り知れないバロメーターになるのではないでしょうか?
女性なら必ず何かを感じるはずだと想います。
相手を受け容れて「幸せ」だと感じればそこには愛がある。何か違和感があれば愛は無い。私はそう判断しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する