ホーム > コメント受付(恋愛相談室) > 別れてすぐに復縁しない元カレと、遠距離で連絡をしてくるAさん。
悩んでいます
私 1989年8月4日 会社員
元彼 1987年5月6日 外資紳士服販売(不定休)
好きだったけど現在よく分からない関係の男(Aとします) 1986年8月23日会社員(激務)

沖川先生初めまして。
今後の立ち回り方について沖川先生の視点からアドバイスを頂けると幸いです。

元彼とはアプリで出会い、とても優しく、マメで甘い言葉もしょっちゅうかけてくれて順調にお付き合いしていましたが、嘘を3回つかれた時点で今までは許していましたが、もう彼のことを信じることができず私からお別れを告げました。

しかし、1ヶ月経過しても未練があり、私から元彼に連絡をとりました。 (その時復縁の告白したのですが、今は考えられない。でも時間が経てばまた前みたいに元に戻るよと言われました。)

今では連絡も毎日し、ランチに5回ほど行きました。(夜は会ってないです。)
私は彼と復縁したいのですが、あちらは好意があるような言動をするのですが一向にお付き合いの流れになりません。

それと同時進行で、2年前に元彼と付き合う前に1年間ずっと好きだった男A(私から告白して遠距離を理由にフラれています)から連絡が1年前から定期的に来るようになり、私がお仕事であちらへ出張に行ってはご飯を食べに行き良い感じになります。(1ヶ月に1回の頻度、連絡は週4日くらい来ます。)

男Aは男らしい性格だと思うのですが、遠距離を理由にフッたのに遠距離の私に連絡をする理由がわかりません。期待してしまいます…

元彼と男Aどちらが性格が合うかというと男Aの方ですが、元彼との今の関係(復縁できるか)にも悩んでおり心の中が整理できていません。

こんな良い年なのに恥ずかしいです。
どうかアドバイス頂けると幸いです。
よろしくお願いいたします。
2020年01月26日 00:11 日曜日 |
えだ豆


sunset-1259279_960_720.jpg

別れてすぐに復縁しない元カレと、遠距離で連絡をしてくるAさん。

まずは元カレさんの心理をみてみましょう。
男女は別れたあとに未練などで会っていると、女性の方が先に復縁したいと告白する。だが、今は考えられない、でも時間が経てば戻れる可能性があるというのが元カレ、男性側の気持ちです。

女性は付き合う前は遅いが、別れてからの復縁は速さを求める。それに対して男性は付き合う前は速いが、別れてからの復縁は遅くなるということです。

男性側の心理に従えば、「復縁は女性から告白してはダメ。復縁は男性から告白するべき」これをルールにするといいでしょう。

別れて、早く復縁したくて苦しむ女性がいますが、それは元カレさんには通じません。早期の復縁を求めず、1年くらい友達として今の関係を続ければいいと思います。毎日連絡し、定期的にランチに行く。これを1年続ける。そうすれば復縁が可能となります。

なぜ可能か?毎日連絡と定期的に会うことが習慣になれば、この女性となら今後もやっていけるという信頼関係が生まれるからです。元カレさんは四緑木星なので、定期的な習慣を重んじます。すぐに復縁したいという非常識な行動より、信頼関係を作る方を先行する。それが出来れば、彼の性格と一致するので復縁が可能となるということです。


続いて遠距離のAさんの心理。
相性は元カレよりAさんの方がいいです。そして、Aさんの方が元カレより男らしいでしょう。

遠距離を理由にフッたのに遠距離の私に連絡をする理由がわかりません。連絡する理由は気にしないでください。相手は五黄土星です。五黄土星は自分から断っておきながら連絡することはよくあることです。それは彼の性格である情がそうさせているのでしょう。

でも、問題があります。
遠距離は遠距離なので、遠距離恋愛には時間と労力とお金の問題がつきものです。いくら情があったとしても、男性は合理化主義なので、遠距離恋愛は不向きとなります。

もし、遠距離でうまくいくとすれば、男性側が会いに来ることが条件です。女性側が会いに行く遠距離恋愛は軒並みうまくいっていません男性側が会いに来るからこそ、遠距離恋愛は成立するのです。つまりえだ豆さんが行って会っているだけではダメだということです。

時間と労力とお金を使っても彼女のことを愛している。それだけの価値が彼女にある。これだけの強い愛情がAさんにあれば、遠距離恋愛でもうまくいきます。

彼が時間と労力とお金を使っても、豆さんに会に来るとなれば期待してもいいですが、それがない以上期待しなくてもいいのです。これがAさんに関する私の見解です。


さて、まとめですが。
私は元カレさんの方に可能性を感じています。
そっちに集中した方がいいでしょう。

私の答えは以上です。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する