ホーム > 人生哲学 > 何事もすぐにやる習慣をつける
面倒なことをすぐにやる習慣が身につくとあなたの人生は変わっていきます。どのように変わっていくかというと?前向きな人生に変わっていきます。嫌なことを率先してやる習慣は、人がやりたがらないことを率先してやる習慣なので、人より多くを学び、人より多くのことを経験できるからです。

この学びと経験は人物の器を大きくし、少々のことではうろたえない人間へと成長します。慌てることも騒ぐこともなく、不安・心配・怒り・苦しみ・嫉妬などの悪感情を抑制できる安定した人間へと進化していくのです。「経験が人を創る」とはまさしくそのことをいいます。

不安・心配・怒り・苦しみ・嫉妬などの悪感情は経験不足から来ているといっても過言ではないと思います。面倒なことを避けている人は、成長できるチャンスを自ら放棄していることになります。だからいつまで経っても、悪感情を中心とした世界にいるのです。

悪感情の世界は、人の成長を遅らせ、逆に後退させます。面倒なことは誰しも避けたい。だが、今やれば後から楽になることもわかっている。成長する人間はすぐにやることを優先し、後退する人間は後回しにする。5年後、10年後には、両者の違いに天と地ほどの大きな差が生じます。

前者の感情は、明るい・喜び・感謝・未来への期待・豊かなどの善感情が芽生え、後者は不安・心配・怒り・苦しみ・嫉妬などの悪感情が芽生えます。同じ感情でも善と悪では、今後の人生に大きな影響を与えます。前者は豊かな人生が保証され、後者は常に悪運の漂う人生に転落します。明暗分けた人生、あなたはどっちを選ぶかです。

何事もすぐにやる習慣とは、今やらなければならないことを、悪感情に「面倒臭いから、やめろ!」と邪魔されても、淡々と成すべきことをやることです。例えば目の前にゴミが落ちていたとします。ゴミを拾うのは腰をかがめて拾うから疲れる、人が捨てたゴミをなぜ自分がわざわざ拾わなければいけない?バカバカしい、こんな面倒臭いことをするな、と悪感情が邪魔しても、パッとゴミを拾えばいいのです。

善感情の世界はたったの1秒、それに対して悪感情の世界はその何十倍何百倍の時間がかかりします。パッと拾えばいいものを、うだうだと考え過ぎ、悪感情は時間の無駄ということです。悪感情の邪魔は日常生活に多分にあります。仕事でも恋愛でも家庭でも、朝から晩まで邪魔ばかりします。まるであなたの志を邪魔するかのように。あなたが人より落ちる人間にならないために、悪感情に支配されてはいけません。

面倒臭いことを率先してやる善感情は、考えている時間は短いが、人々に大きな成果をもたらせます。成果が上がる理由は、考えている時間が短く行動している時間が長いからです。それによって、生産性が上がり利益も上がるのです。

悪感情の世界は考えている時間だけ長く行動している時間がほとんどないので、生産性も下がり、利益も下がります。何もしないまま、朝から晩まで考えて何もしない一日を過ごすこともあるでしょう。実のるどころか腐るのが悪感情の世界なのです。その世界ではいくら考えても何も変わりません。

自分の怠けグセだけが助長されるだけです。そしていつまでも恨み節の世界にいるだけとなります。自分を恨んで他人を恨んでも、あなたに良いことは何も起こりません。今日からその悪い感情の習慣を変えることです。何事もすぐにやる、正しい習慣を持ちましょう。

それによってあなたの人生が大きく変わります。すぐにやる習慣を身につければ、半年後にはあなたの人生は正しい軌道へと修正できます。夢と希望にあふれた前向きな人生へと軌道修正できます。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

ありがとうございます。
気持ちが、前後してもう、後回しにしようと考えていたところのこの記事。
それはもう、今やりなさいということですね。
たくさんの迷い人が、パワーいただけるブログ感謝してます。

No title

片付け、ゴミ拾いなど小さなことでも面倒くさいことはすぐやるように
いつも心に言い聞かせています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する