ホーム > 幸せなら成功できる > とても変なことを書く、私は嫉妬をしないという記事を。
これから書く記事の内容は、おそらく一般の人には理解できないと思います。ですから、この記事は飛ばしてください。読まなくて結構です。

では、沖川の嫉妬に対する考え方を述べます。
私は嫉妬を卒業しました。何十年も「嫉妬は人間が持ってはいけない感情」と言い聞かせてきたので、嫉妬心そのものが、私の感情から消えてしまったのです。お陰様で、心穏やかに過ごしています。

この心を確立した私が、仮に…もし…恋愛をすれば、私は相手を疑うことをしません。相手の将来の幸せを願って付き合うだけです。相手が自分のことを嫌いになって裏切ったとしても、恨みもしません。潔く身を引いて、ただただ相手の幸せを願うだけです。

騙すより騙されろ、愛されるより愛せよ、尽くされるより尽くせよ、裏切るより裏切られろ。嫉妬心がなくなった心は、とても気持ちがいいのです。え、騙されて裏切られる方が気持ちいいという沖川は変態か?はははは、変態かもしれませんね(笑)あるいは変態を逸脱した人間かもしれません。

「幸せなら成功する」方法を推奨している私は、何が幸せかを常に考えているからです。嫉妬が幸せであるはずがありません。人を疑ったり恨んだりするのが幸せではありません。いいのす、私は騙されてバカを見ても、そんなことでくじけたりいじけたりしません。私は強いから、そんなことで心が折れたりしません。だから、気持ちがいいのです。

持てる男性、女性をたくさん観てきましたが、彼らは心が弱い。弱いから異性に依存するのです。本当に強い人は異性に依存などしません。彼らは弱いから、不安定だから、自信がないから、ワガママだから、強欲だから、異性に依存するのです。

それを知っているので、私は彼らの浮気を何とも思いません。不安定で自信がなく可哀想だなと思うだけです。可哀想な人を助ける気持ちで、余裕を持って付き合うだけです。嫉妬心をなくした私は、人と別れることも恐くありません。「さようならだけが人生だ」ということもよく解っているからです。

もちろん別れたら一抹の寂しさもありますが、それもペーソスとして幸せを感じている自分もいます。切ない恋には幸せがありますから。切なくても、すべてが楽しい想い出です。

もし私が持てる女性と付き合ったとしたら。
持てる女性は魅力的です。色白でスタイル良く綺麗でチャーミングで色気たっぷりでセンスがいいので、たくさんの男性にもてると思います。男性ウケする外見は、たくさんの男性を虜にすると思います。

彼女も自分はいろいろな男性から声をかけられ、つけ回される、待ち伏せされ、変なメールやLINEが来て、無言電話も来る。持てるが故に、女性特有の恐怖心も持っています。私はただただ彼女の危険めいた恐怖心を聞くだけです。モテ自慢として聞きます。こういう女性の恐怖心はモテるが故に悩みの種となっていますから。

今日はこの人に声をかけられた、明日はこの人に声をかけられた。ハイハイと聞くだけです。そこには一切の嫉妬心はありません。もし、彼女が自分以外の人を選ぶのなら、喜んで祝福します。最高のいい人を演じるのが私の人生の鉄則ですから。

記事を読んでいてアホらしいでしょ。
だから、この記事は読まない方がいいと忠告したのです。

嫉妬の破壊行動をたくさん見聞きした私だからこそ、この心境になれたといっていいでしょう。嫉妬するくらいなら、別れます。恨みと憎悪に満ちた感情をさらけ出すのなら、別れます。愛は卒業するためにあるので、別れる日が来たらジタバタせず、有終の美を飾って別れます。

君の幸せを遠くから願っているといって別れる。ありがとう、ごめんね、許してください、そして最後に心の中で(愛しているよ)といって別れます。

ああ、また別れてしまった。
ああ、また終ってしまった。
「さようなら」だけが人生か、仕方がない。

嫉妬心がなくなれば、別れることも恐くない心を持つことになります。「あきらめよう・・・そうすればうまくいく」も完璧にこなせる人間になれます。これって冷たい人間か、冷たい人間?とんでもない反対です。冷たい人間どころか相手の幸せを心から願っている、本物の愛を持った人間なのです。

本物の愛は自己犠牲にある。
自己本位に本物の愛はない。
相手の幸せを願って、身を引く犠牲に本物の愛がある。
それを相手が解ってくれるか、解ってくれないかは、どうでもいい。
自己犠牲は自分で感じて成り立つ心だ。
だから感じる。
自分が成長している姿を。
自分は成立させる、自己犠牲の愛を。
それによって、自分が成長して幸せを感じるようになった。

男は自己犠牲の上に生かされている。
これが役目だと知ったとき、男は幸せになれる。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

凄いですね悟られてるんですね。嫉妬で苦しくなった時は別れを選ぼうと思いました。この間彼氏と4ヶ月ぶりにデートしてしっかり話し合いもしました。今、幸せ一杯です。卑怯だった元カレなんて、遥か彼方の記憶へ追いやりました。今のところ。これから先、嫉妬してドロドロした手に負えない感情が出てくるかと思います。その時上手く出来るかわかりませんが、ばっさりと別れようと思いました。忘れないでいたいです。自分自身の中も外も磨いて磨いて磨きまくって、社会的な成功も手に入ったら出会う相手が増えます。『選べる』立場になると、嫉妬される事はあっても自ら苦しむ事はありませんよね。頑張ります。

かなりハイペースで鑑定受けていただいてます。くよくよすることもありますが、本日の記事を見て「自分は心が強くなったんだ」と嬉しくなりました。
心が弱いから異性に依存する……独身時代の私も浮気性でしたのでとても分かります……承認欲求のひとつでした。
職場での立場が確立でき、出産を経て子供から私へ疑いもない無償の愛を受け取ってから「自分はもう浮気不倫する必要がない」と決められました。
長い人生、心狂わす程の好きな人は出来ることはあるかもしれませんが、過去に浮気をしてみてそんなにいいものじゃないなと予防接種のような抗体があるので、私は不倫の道に進むことは無いです。
仕事がクリエイティブ職なため日夜新鮮で飽きないし恋をするような高揚感を感じられているからかもしれません。
それと、やっぱり子供に身綺麗な自分でいたいからです。
母親が浮気していたのでそれに嫌悪感があるというのもあります。

書いてて気づいたのですが子供は親が極悪人でも信頼し無償の愛を寄せていますよね。そんなスタンスもいいのかなとふと思いました。
親から子供へも無償の愛と言われますが、どうしても見返りを期待してしまったりしますので、そうとは言い難いなと思います……笑

No title

心に染み入る記事です。感動さえ覚えました。
自己犠牲の愛は親が子を愛するような究極の愛だと思います。

愛されるより愛する対象がいる方が幸せだし心は豊かな人生を送れると思います。

いつも相手から愛されているかどうかの保証を求めて何かあれば不安になり、いつも相手に確証を求め、保証が得られず安心できず悩んで苦しむ女性がなんと多い事かと。。

仕事より男友達より何よりも彼女である自分を一番優先するべきだなんて、傲慢すぎるし、
そんな事を求める女性をいとおしいと思えるでしょうか。

逆もまたありで、毎日の連絡はかかさず、仕事が終われば毎日会うのが当たり前で、がんじがらめに束縛され、何かあれば嫉妬されていた時に、私はその人から愛されていたとは感じられませんでした。

たまには放っておいて欲しかったし、私をもっと信じて欲しかったと思いました。


最近考え実行しつつあることと同じことを沖川さんが書いており、驚きと共に私の感じていたことは間違っていなかったんだなとほっとしました。

嫉妬をしないと言うのは頭で思うのは難しくないのですが、行動となると、本人が目の前にいると、途端に難しくなってしまいます。まだまだ心のコントロールが効かず修行中です。でも、そんな時は相手の幸せを願うことで、少しずつ暗い気持ちが無くなってくるのがわかります。
私も引き続き、穏やかな心を持てるよう精進していきます。この記事は何回も読み返して、自分のものにしていきたいです。いつもありがとうございます。

嫉妬は醜い

嫉妬は人間が持ってはいけない感情。
そう、私はすごく汚れた心を持っている。
彼といられるだけで幸せなはずなのに。
毎日連絡をくれる優しい彼なのに。
彼が他の女性と会っている、抱き合っていると思うと、どうしようもなく胸が苦しくなる。
食べられない、眠れない。
不健康の極み。

相手の幸せを心から願う。宇宙より広い愛。
先生は私には無理だと言ってくださったけど。もう少しだけがんばってみます。

毎回これ見る様にしますね、

先生の文章に何度救われているか分からないです。スマホメモに入れて辛くなったら読み又前を向いていく。人間の思考ってよし!と思っても瞬間瞬間揺れ動くので、そのたびに見ては仕切り直している私がいます。どんな感情になっても苦しくても、優しい温かい気持ち信じる
気持ち、でも一方でいつでも別れを覚悟して
いく、そんな自分は恋愛を通して少しずつ強く魅力ある自分に変化してる気さえします。
いつもありがとうございます。

この記事、とても心に響きます。数週間前、とても苦しかったですが、今は一人になってもその人生はそれで楽しい、怖くないと思えるようになって楽になりました。彼が他の人を好きになっても祝福してあげられる気がしています。まだまだ日によって波がありますが、最近は心穏やかです。嫉妬心をなくせば平穏になるという先生のお言葉、少しずつ分かってきた気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する