ホーム > 不可能を可能にする奇跡を起こす。 > 平均寿命はのびたが恋愛寿命は短命となった。皆さんねこかぶりが下手だ。
付き合って半年を境に恋愛の危機が訪れる。

恋愛は「魔の半年」をどう乗り切るか?にかかっている。

別れる恋愛は、たいてい半年以内で終っている。

なぜ半年以内で終るのか?

それは今の時代は、恋愛が短命となってしまったからだ。

「平均寿命はのびたが、恋愛だけが短命となった」
これが現代を表す言葉ではないだろうか。

なぜ短命になったか?
諸説はいろいろあると思う。
男性が弱くなり女性が強くなった。
頼れる男性が少なくなった。
女性のワガママ度が大きくなった。
男女平等の割り勘世代が増えた。
世の中が便利になりすぎて、飽きっぽくなった。
世の中が便利になりすぎて、面倒を避けるようになった。
世の中が便利になりすぎて、裏切りが増えた。
恋愛の短命説は、他にもいろいろあると思う。

いろいろあるが・・・。
私が選ぶとすればひとつである。

それは女性の皆さん、
「ねこかぶりが下手だ」ということ。
可愛い子猫ちゃんの時期が短すぎるということだ。

ねこかぶりが上手だと、魔の半年は乗り越えられる。

それまでは牙を出すな。

「虎になるな、豹になるな、ライオンになるな、狼になるな。あくまでも可愛い子猫ちゃんのままでいろ!」という緊急事態の宣言を全国の女性に布告したい。

子猫ちゃんの時期が短いから、半年以内で終るのである。

子猫ちゃんがずっと続けば、半年の寿命はとっくに過ぎて、パンパカパーンの披露宴までこぎつけることができる。

女豹になるのは、結婚して2~3年後でいい。その間、「男に夢を与えなさい」。調子こいてもいいから夢を与えなさい。男は夢さえ与えれば、この女を一生大事にする。


ねこかぶりの期間は1割でいい。
結婚生活が50年だとすると、たった5年だ。
恋愛期間が2年だとすると新婚期間3年、ねこかぶっていればいい。
5年は長いように思えるかもしれないが、一生で考えれば短い。
物事をトータルで考えることが幸せの法則だと思う。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する