ホーム > 不可能を可能にする奇跡を起こす。 > 不幸になる人は、不幸になることを自ら選択している。
信じられないと思う。
なぜ、わざわざ不幸になることを選択するのか?
だが不幸になる人は、この信じられない選択をしてしまうのである。
自分のポジションは幸せではない。
自分のポジションは不幸だ。
と言わんばかりに。

安定感のある幸せな生活は自分には似合わない、似合っているのは不安定な波瀾万丈の生活だ。明日の生活費もないお金に困っている貧困な生活だ。それでも何とかここまで生きてきた。明日へも知らないぎりぎりのところで生きている不安定な状態が自分のお似合いの場所で、安定する場所は自分には合っていない。

不幸になる習慣は恐ろしい。
不幸な習慣によって、不幸がすっかり板についてしまった。この板は頑丈で簡単には剥がすことができない。こういうタイプは、幸せより不幸を好むクセがある。不幸の中に自分のポジションと居場所があるのだろう。この場所は自分のお似合いの場所だという変な安心感がある。

だが、この不幸を好む安心感は長く続かない。
明日の生活もしれない状態が長く続くわけない。いくら不幸が自分に合っているとはいえ、お金がなければ人間は生活できない。寝るところもなく、ご飯も食べられない状況では人間は生きていけない。いくら不幸が自分に似合っているといっても、最低限の生活はしたい。ホームレスになるのは嫌だ。

それで活動する。活動すれば誰かが助けてくれる。助けてくれた人の中に自分を拾ってくれる人がいる。この人なら自分を幸せにしてくれると、思われる人もいる。

だが・・・。
好きになれない。


自分のタイプではない。
この人とSEXはできない。
生理的に受付けられない。
それでまた、幸せを遠ざける。


幸せを遠ざけた女性が選びタイプは、「自分が好きになるタイプ。」

だが、そのあとがいけない。

不幸な人は不幸になる人を引き寄せる。
そしてまた、波瀾万丈のときを過ごす。
モラハラ。DV。様々な精神的は苦痛を与える暴力男と生活を共にする。
こいつがまた非常識な男で、波瀾万丈の生き方を好む。
幸せより不幸を好む男との生活は長く続かない。
3ヶ月後には別れる。ひどい精神的な傷を負って。

それでも、あなたは生きている。
その点は、たくましい。


さて、今後だが・・・。
そろそろ変えようか。

あなたの生き方を。

変え方は簡単。
それは不幸になることを自ら選択しないことだ。

だいたい不幸になる人は理想が高い。
そしてワガママだ。

このワガママと理想の高さで、どうしょうもない男ばかりを好きになる。
そしてあなたを相手する男も理想が高くワガママなので、二人は不幸が不幸を呼ぶお似合いのカップルとなる。バカバカしいけど、不幸がお似合いな波瀾万丈のカップルとなる。この生活が長く続くわけがない。波瀾万丈の後に残るのは、深い心の傷しか残らない。

だが、この深い傷は、あなたを強くしている。
人が好んでもできない波瀾万丈の世界の経験をあなたはたっぷりとした。この経験があなたを強くしている。だから、あなたは強い。そしてたくましい。

せっかくだから、この強さをもっと有効に使ったらどうだろう。
不幸をバネにして、今度は幸せになる強さに置き換えることだ。

苦労したあなたには能力がある。
あなたは知らないかもしれないが、それなりにあなたはモテる女性である。

その証拠に悪い男も良い男もあなたにアプローチしている。あなたが活動すれば、それなりに出会いがあるはずだ。

そして、次の相手だが。
今度はあなたを幸せにしてくれる相手を選ぼうか。たとえ、あなたが好きでなくともその男性を選ぼうか。あなたが好きでなくても、その男性があなたのことが好きであれば、それでいいではないか。

自分のタイプではない。
この人とSEXはできない。
生理的に受付けられない。
という人をあえて選ぼうか。

なぜ?そんな人を選ぶの。
あなたは今まで不幸になる訓練ばかりを積んできた。これからは、幸福になる訓練だ。
この訓練は、ワガママは許されない。あなたの理想は許されない。

あなたのワガママな理想ばかりで、不幸ばかりを選んできた。
これからは好きでない相手と幸せになる訓練だ。この男性はあなたを幸せにする力を持っている。それは、あなたになかった力だ。あなたはその力を学ぶために、その人の性格と能力を学ぶために、この訓練に参加しなければならない。

幸せとはなにか?それを、身を持ってあなたは学ばなければならない。その習慣ができるまで、この訓練を続けなければならない。この訓練の先にあるのは、「条件だ」。幸せになる条件をあなたは学ばなければならない。そして、条件の次は「責任」だ。条件があって責任がある。これが最高の「愛」というのをあなたは学ばなければならない。

これを学んだら、訓練は終了だ。
この男性と別れてもいい。
好きでないタイプの男性と別れていい。
この男性はあなたを恨みはしない。
あなたが幸せになれば、それでいいと思っている男性である。
だから、あなたは幸せになる条件と責任を手に入れたらこの男性から卒業してもいい。

幸福になる法則を学び卒業すれば、今後あなたは、自ら不幸を呼び込まなくなるだろう。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

泣きました。次は幸せになる訓練に挑みます。

ぐさり

涙がでました。
好きな人からは結婚も子供も考えていないからと一年付き合ってふられました。
でも、一年間私のことをずっと支えてくれる人もいました。私の気持ちは置いておいて、相手の愛に今は甘えて幸せです。
自分が追うよりも追われる方が幸せです。これでいいのだろうか?と悩むこともあるけれど、いいのだと感じました。

幸せの訓練

幸せになるためには訓練が必要なのですね。
私のワガママのせいで不幸を呼び寄せてしまっていたなんて…
先生に言っていただけなかったら気付くことが出来ませんでした。
そして彼に言われたことを思い出しました。
「お前は全然幸せ顔をしてない。いい恋愛をしてこなかったんだな。」
悔しいけれど、当たっています(笑)
彼との別れは私が幸せになるためのきっかけだったのですね。
今は恋のお葬式中で、まだ胸が痛むこともあります。
でも、もし次のお相手を探す時が来たら「幸せの訓練」をできる方を見つけます。

「清く正しく美しく」この世で一番強い心が持てますように!
沖川先生、いつもありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する