ホーム > 男なら割り勘にするな > 自らの経験でも必要なお金は手に入った。
お金がないときケチりたい気持ちもわかります。お金がないのだから、これはケチというより節約です。それはお金があれば、いくらでも女性にご馳走します。だが、いま手元にあるのは2000円、自分の分しか払えない。これが、安月給のサラリーマンの現実だと思います。

仕方がない、お金がないのだから割り勘にするしかない。
これが現実だとすればそれまでですが、その考えで終わるのも、またどうかな?と思います。人間には価値というものがあり、価値をどのように上げるか、これもまた人間に与えられた使命であり、挑戦だと思います。

お金は必要な分だけ手に入る。
私の経験でも、必要なお金は手に入りました。宝くじが当たったわけではありません。必要だと思ったから、必要なお金が手に入ったのです。彼女との食事代が1回5000円だとすると、週4回で、1か月で2万円。意識すれば、そのくらいのお金は手に入るようになります。

どのようにして手に入ったか?
私の場合は残業ですね。上司にお願いして残業をさせてもらう。または、休日出勤の同僚の代わりに自分が休日出勤する。上司には助かったと言われ、同僚にはお陰で家族サービスができたと喜ばれ、自分にはお金が入る。これで彼女とのデート代はばっちり、全員が万々歳である。

お金が必要なら仕事の意欲が変わる。
デート代を稼ぐために、人の嫌がる仕事を買って出る。そうすることで、あいつは仕事に意欲があると上から認められ、いつのまにか出世もできた。彼女とのデート代を稼ぐために意欲的に仕事をしていたら、出世もできたのです。年収も100万円くらいアップし、これで無理して残業する必要がなくなった。

年収が増えたお陰で、独身からも卒業することができた。
ここでも必要なお金は手にすることができた。

子供も生まれ、マイホームも買った。
ここでも必要なお金は手にすることができた。

もちろん身の丈に応じたお金です。
サラリーマンができる結婚と、サラリーマンが買えるマイホームです。
身の丈に応じたお金は、必要な分だけ手に入りました。
これが自らの経験です。


お金は女性を喜ばすことで手に入るようになります。
自分だけの喜びだと手に入りません。


可愛い彼女においしいご飯をご馳走する。プレゼントあげる。旅行に連れていく。結婚して子供を作る。マイホームを買う。車を買う。それから家族の生活費と子供の教育費を稼ぐ。いやはやお金のかかることばかりです。でも、それらの必要なお金はすべて手に入りました。なぜか?なぜでしょう…不思議ですね。不思議だけど手に入るのです。お金は必要な分だけ手に入るのです。これが人間に埋め込まれた潜在能力だではないでしょうか。

私もなぜ?と思っていました。
なぜ?必要な分が手に入ったのでしょう。そのことを深く考えませんでした。もちろん、そのお金を得る過程ではたくさんの努力がありました。幾たびの挫折、幾たびの困難、幾たびの苦痛に耐えながら踏ん張った歴史があります。世の男性たちはみんなそうでしょう。私も含め世の男性たちは、みんな半沢直樹の世界を地でいっているはずですから。厳しい世界で戦った男たちは、必要なお金はなぜ手に入ったのかと質問されも、「さあ、分かりません、不思議ですね」と答えるだけです。

言えるのは、自分だけの喜びではお金は手に入らないということです。
独身男性が自分の趣味だけにお金を使う。間違いなくお金は貯まりません。お金が貯まらないので結婚もできないでしょう。彼女ができても割り勘にしてお金が貯まりません。また自分の趣味に走りお金が貯まりません。バイクに費やし、ゲームに費やし、パチンコやスロットに費やし、浴びるほど飲む酒に費やし、キャバクラに費やし、風俗に費やし、女のけつを追いかけるのに費やし、あげくの果てには精神科の治療に費やし、しまいには付き合っている彼女に「金を貸してくれ」となり下がるのがおちです。もちろん独身男性のすべてがそうではありません。ここに書いたのは最悪のケースです。

言いたいのは、必要なお金は手に入るということです。
独身でも、自分がバイクが欲しければバイクを買うお金は手に入ります。それより、自分のためだけでなく人のためにお金が欲しいとなれば、必要なお金はもっと手に入るようになる、ということです。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

わたしも上手く説明はできないのですが、
明るく楽しい未来を描き、向上心を持って努力する人のところ、
人に喜ばれるために、誰かを幸せにするためにお金を動かせる
人のところには、お金と言う物はころがりこんでくるとうか、
自然に流れてくるものだと思います。
逆にけち臭く利己的な人間のところには、お金も寄り付かないと思っています。
身近な例が兄弟で醜い相続争いをやると、その子孫の代になると、
なぜか不幸が襲ったり、家が潰れてしまったりしているような気がします。
あれだけ財産があった家がねーなんてよく言ってます。
悪銭身につかずは本当だと思います。


お金は大事だしいいお話だと思います。でもお金こそ個人の価値観の違いが大きく出るとこだと思います。
そろそろ、恋愛ネタが聞きたいです。
九星学の話とか。

自分の事しか考えてない人って
いざとゆう時、逃げますよ。

お金の話…

連日読ませていただき大変勉強になっています。
とてもデリケートな問題ですし、その方の年齢や収入で差がでると思います。
世の中の男性が全員、スマートに支払いをしてくれたら良いのですけれどね。

元彼もスーパーケチ人間でした。
付き合っていた時、私はお財布彼女でした。
でもお金で買えない幸せな思い出もたくさんあります。
別れた今でも感謝の気持ちしかありません。

そんな私が言えることはただ一つ。
男性は価値のある女性にしかお金と時間を使わないということ。
私には価値がなかったという現実を受け止めます。

くじけないで自分磨き頑張りますよ☆心を積極的に(^^)

No title

私はバブル世代で、デート代は男性が払うのが当たり前でした。
デート代を払うために、同級生の男子は夜中に寝ないで土方のバイトしたり、頑張ってましたよ。
ただの友達でも、お茶代くらいは俺が払うよ、って言ってくれましたし、その時はやった~ありがとう!!と思いっきり喜んで見せましたね。見え見えなのに、それでも男の子はちょっと嬉しそう。そういう男子は頼もしく、かっこよく見えたものです(笑)

今の男の子はそういう誇らしい体験ができなくてかわいそうですね。女の子側も頑なに割り勘!って譲らないし、かわいくない。
割り勘が日本をダメにしたんだろうなあ、とつくづく思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する