ホーム > 人生哲学 > 「求めない、さらば与えられる」欲望を捨ててこそ、与えられる。
欲望を捨てることで、必要なものが手に入る。
「求めよ、さらば与えられん」から「求めない、さらば与えられる」に転じた方がいい。その方が欲しいものが手入る。しかも、自然に本物が手に入る。そんな気がしてならない。

例えば、彼氏が欲しいとする。
恋愛相談に来る女性は、みなさん口をそろえて「早く彼氏が欲しい」と熱望する。「求めよ、さらば与えられん」を実行するわけだ。合コンに出かけ、婚活パーティーに出かけ、アプルなどで相手を探す。だが、求めている最中にはろくな男がいない。言い寄ってくる男性は、変な人、タイプでない人ばかり。そんな話ばかりを聞かされている。

欲しければ求めよ。求めて行動しなさい。それは分かるが、それで変な男ばかり捕まえてもしょうがないだろう。理想とほど遠い男性と付き合っても、時間を無駄にするだけではないか、相談を請け負っている私は、親心でそう思ってしまう。

逆にしたら、どうかな?
「求めよ、さらば与えられん」から「求めない、さらば与えられる」に変えたら、どうかな。

彼氏が欲しければ逆のことをやる。

仕事を大切にして、友達との関係を大切にする。

運動して読書をして、自分の健康や向上心に努める。

人を愛し、人に親切にし、人に思いやりを持って接する。

日々の生活を、愛情を持って充実させる。

そうすれば、「この子はいい子だな」と思って、神様がプレゼントしてくれるだろう。
素敵な彼氏を。

運命の出会いとは、欲望の中からは生まれない。
運命の出会いは、充実した生活の中から偶然に生まれる。

理想の恋人とは、そうやって出会うものだ。
運命の人は、欲望を捨て、充実した生活を維持するから出会えるようになっている。「求めない、さらば与えられる」欲望を捨ててこそ、与えられる。今後も充実した人生を送りたいのなら、その方がいいよ。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

出会う運命にある人とは努力しなくても、自然に出会えると思います。
たとえ心がボロボロになっていつか終わりが来る恋だとしても、
その人と出会ったことは何か意味がある必然的な出会いだと
思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

グサッときました

恋愛をしていたはずなのに
独りで空回っていたかのような切ない
苦しい終わりを遂げた相手を
なかなか追いやることができず
それでも2週間がたち
仕事や家族や友人に真摯に向き合って。
朝トレを始めたり、出来なかった事に目を向けたり。
ふいに横切る恋愛思考のおしゃべりに
何度も何度も首を横に振りながら過ごしています。
先生のメッセージに今月出会ってどんなに勇気づけられたでしょう!!
今回も涙うるうるです。

わたしの手相を先生に見てもらって相談したくなりました。「目標」をみつけたい。
ほんとうに弱くてせつない。
中年乙女で恥ずかしいですが、いつもいつも言葉に力をもらっています。

先生今日もありがとうございます。とにかくお仕事頑張ります。家族を大切にします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも励ましの御言葉をありがとうございます。
先生の御言葉は、カウンセラーや心理士等の言葉よりもうんと心に響きます。
一日の最後にこんな幸せな気分になれた事に心から感謝申し上げます。

何もしないでいた時、確かに出会いがありました。
でもその時は年齢的にも精神的にも余裕があったから何もしないでいられました。
だけど、今はどちらも余裕がありません。
何もしなかったら、何も無く時が過ぎてしまうのが怖いんです。
しかし今、今までにない恋愛スランプに陥っています。
なんとかしなければとまた焦る。
…怖いけど、全てを辞めて自分を大切に生きてみるか…悩ましいところです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する