ホーム > 人生哲学 > 好きなら不平不満の愚痴より、理解して相手に合わせること。
女性は彼氏に対する不平不満の愚痴が多い。

話のほとんどは、彼氏の悪口ばかりだ。

こんなひどい男がいるのか?こんなに薄情な男がいるのか?こんなに冷たい男がいるのか?こんなに非常識な男がいるのか?こんなに無責任な男がいるのか?男ってこんなに女性のことを舐めているのか?男ってこんなに女性をないがしろにしているのか?という内容ばかり。

やれ放置されたの、やれ音信不通だの、やれ浮気疑されたの、やれ曖昧ではっきりしないだの、やれやれの・・・愚痴のオンパレードだ。

こんなので、よく愛しているなーと思う。
こんな男をなぜ好きなのか?よく分からん?

それでも、女性たちは「彼が好き」だという。
これだけ愚痴のオンパレードが出て、まだ彼のことが好きか?
これだけひどい扱いされて、これだけ冷たくされ、これだけ飽きられて、まだ好きか?
呆れたものだね、女性の愛は。
というか、感心してしまう。

ならば、彼に合わせることだね。
彼は仕事が忙しいという。
      ↓   
仕事が落ち着くまで待とう何年も。

彼と連絡がつかない(音信不通)
      ↓
彼から連絡が来るまでまとう何年も。

彼の気持ちが冷めたみたい。
      ↓
彼の気持ちが戻るまで待とう何年も。

「何年も待とう」と極端な例を書いたが、これこそが愛ではなかろうか。彼の仕事が忙しければ何年も待てる、それだけ彼のことを信用している、これこそが本物の愛ではなかろうか。

愛とは相手に合わせること。
自分の気持ちを殺して、自分の要求を殺して、自分の欲求を殺して、自分の欲望を殺して、相手に合わせる。これが本物の愛ではないか。最近の私はつくづくそう思う。

そんなことをしたら、タイムリミットが過ぎてしまう。
女の人生が終ってしまう。
相手に合わせたら、自分だけがその期間苦しいままではないか。
わたしは嫌だ!そんなの。わたしは待てない。

好きなら相手に合わせること。
愛とは合わせること。
私がそう思うだけで、皆さんにこのやり方を勧めているわけではない。

ただ、文句ばかり言っていないで、少しは相手の気持ちを理解したらどうだろう。
男も女も、自分のことしか考えていない。今の時代はみんなワガママだ。そのように感じるからです。ワガママではことを成し遂げることができないと。

自分のことしか考えない時代に、あえて相手の考えに合せる。自分の都合より相手の都合に合わせる。自分の要望より相手の要望に合わせる。自分のことしか考えない時代に相手の考えに合わせる。あえて相手の考えに合せる人間が出てきてもいいのではないかと、思ったのです。それを「信じている」・・・それを「愛」・・・というのではないでしょうか。

では、先生は何年も苦しめというのですか!
苦しみなさいといっているわけではありません。
楽しみながら、信じて待ちなさいといっているのです。

待つことを苦しむ人もいれば、待つことを楽しめる人もいる。
苦しむ人は疑っている人。
楽しめる人は信じている人。
ただ、それだけです。

愛とは合わせるもの。
愛とは信じるもの。
それが本物の愛ではないでしょうか。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

先生のお仕事は銭湯の番台さんのようですね。
女性達がありのままの裸の心をさらけだしてますね。
たぶん男性と意識はなく、ただただ頼れるプロの
職人さんなのだと思います。本当に女性の心理
女性脳を知り尽くすことが出来るお仕事は
不特定多数の何千人もの女性を集めた実験での
研究データよりも、生身の女性の本音の話を毎日のように、
聞くお仕事をされている方々だと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する