ホーム > 人生哲学 > 矛盾、肯定、否定、賛成
「矛盾、肯定、否定、賛成」

このタイトルは今朝思いついたもの。

世の中矛盾だらけだ。

そして、この矛盾を肯定して人は生きていかなければならない。

頑張って肯定してきたのに、また否定される。

否定されてもあきらめない、いつか賛成させてみせる。

「矛盾、肯定、否定、賛成」今朝、この4つの言葉がふっと思い浮かんだ。なんだろう・・・大して意味はない。思いつきだ。私のブログは、ときどき思いつきで書くこともある。なにも考えず、想像力に任せ、何も意図せず記事を書くことがある。

世の中矛盾だらけで、思い通りにいかない。この世の中で生きていくためには、自助努力で自分のことを肯定させながら生きていくしかない。自己肯定感が生まれても他人は自分のことを否定する。他人も自分のためだけに生きているので相手のことなどどうでもいい。

だが、私は違う。
私は相手に興味があって関心がある。相手が、自分のことを肯定するなら私は賛成する。周りが反対しても、私は相手のことを賛成する。

世の中矛盾と否定だらけだ。
この世の中で、
せめて、
相手の考えを肯定して賛成したいものだ。




最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

世の中は大きなことから些細なことまで矛盾だらけ。
でもその矛盾を正したくても力のある強い者(その組織の権力者)
が勝つ。弱い者は戦っても勝てない。戦うことも許されない。
力のあるものに押さえつけられる。ならば自分自身の信念を、
正義を肯定するのは自分しかいない。他人を否定する人間は多い。
どんな物事でも全員一致となることはなく、肯定する人間と
否定する人間が必ず現れる。好き嫌いもはっきりと別れる。
人それぞ境遇や立場がちがうので考え方や好み
が違ってくるのは仕方がない。ならば自分は自分人は人。
相手の立場や考えも肯定して賛成したい。(受け入れ尊重したい)
自分とは合わない嫌いな相手でも。
(自分を否定して嫌う人でもどうぞご勝手にあなたの考え通りにしなさいってことです)
「矛盾、肯定、否定、賛成」をわたしなりに考えてみました。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する