ホーム > 人生哲学 > 生き甲斐とはなんだ?皆さんは何を生き甲斐に生きているのだろう。
私は仕事が生き甲斐です。
私は恋愛が生き甲斐です。
私は趣味が生き甲斐です。
私はスポーツで体を鍛えることが生き甲斐です。
私は勉強して資格を取るのが生き甲斐です。
私は芸術が生き甲斐です。
私は研究が生き甲斐です。
私は会社が生き甲斐です。
私は仲間が生き甲斐です。
私は子供を育てるのが生き甲斐です。
私は家族が生き甲斐です。

生き甲斐は、個人、個人違う。
何を生き甲斐にするか?それは本人の裁量に任せるしかない。だが本人も、何が生き甲斐なのか?分かっていないふしもある。自分は何を生き甲斐に生きているのだろう?自分でも分からないのである。

生き甲斐とは好きなものか?
基本的にはそうだ。
好きでなければ生き甲斐は生まれない。

では、仕事が生き甲斐か?
好きでこの仕事をやっている、これが生き甲斐か。でも、仕事は楽しいことばかりではない。どっちかというと辛いことの方が多い。楽しいときは生き甲斐を感じるが、辛くなると辞めたくなってしまう。辛い仕事に生き甲斐を感じるとは到底思えない。

では、恋愛が生き甲斐か?
ハッピーで楽しいときは生き甲斐だった。だが、その幸せは長く続かなかった。相手が何を考えているか分からず、振り回されて混乱するばかり。価値観が合わず喧嘩も多い。相手が曖昧でグレーなのでこの先の保証はない。しまいには浮気の心配も出てくる。既読無視、未読スルー、音信不通、わけのわからない精神的な苦痛ばかりを相手は仕掛けてくる。こんな相手に、生き甲斐を感じるとは到底思えない。


生き甲斐とは何か?
私なりに考えてみると、

生き甲斐とは、時間、お金、努力をいっぱい費やしたところに生き甲斐がある。
たっぷりと時間を使い。
たっぷりとお金を使い。
たっぷりと努力する。
そこに生き甲斐がある。
「とき、かね、どりょく」の多く費やしたところに生き甲斐がある。

仕事が生き甲斐なら。
仕事に時間とお金と努力をたくさん費やした。

恋愛が生き甲斐なら。
恋愛に時間とお金と努力をたくさん費やした。

趣味が生き甲斐なら。
趣味に時間とお金と努力をたくさん費やした。

子育てが生き甲斐なら。
子供に時間とお金と努力をたくさん費やした。

このように、生き甲斐は時間とお金と努力をたくさん費やしたところにある。

時間とお金と努力をたくさん費やすところは、基本的には好きだが、決して楽ではない。それこそ艱難辛苦の連続だ。どちらかというとしんどくて疲れる。あまりにも疲れて途中で投出したくもなる。それでも我慢して忍耐強く続けなければならない。続けているうちに生き甲斐が生まれる。

人は時間とお金と努力をたくさん費やしたところに執着する。もがき苦しみながら執着する。執着しているうちは思い通りにいかないが、やがて執着が継続に代わり、生き甲斐も出てくる。

生き甲斐とはそういうもの、苦労して努力しているうちに生き甲斐が生まれる。逆にこれが「わたしの生き甲斐だ」と思えば、苦労も喜びに変わる。人間はどんなに辛くても、生き甲斐がないと生きていけない。いま、あなたは何を生き甲斐にしているのですか?どうしょうもない男との恋愛があなたの生き甲斐なら、頑張るしかないだろう。これがあなたの生き甲斐だからだ。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

生き甲斐。年末に向け、考えさせられるテーマですね。最後の一文が笑えました。「どうしようもない男が、生き甲斐なら、、。」と。九紫の彼は三度、やっぱり忘れられない、好きだ。と私に戻ってきました。でも、先生のブログや鑑定で心構えができていた私はいつ彼を失ってもいい覚悟で受け入れましたが、やはり人間は変わらない。くだらない幼稚な態度に三度、こちらからふりました。遠距離のため、最後に彼から、私に会えなくても私の町に年末年始に行くとメールが、来ましたが、迷惑だから来ないでくれ。と返信しました。その後に何度か彼からメールも来ましたが、読まずに削除。年末は自分の生き甲斐について真剣に考えていきたいと思います。でも、先生の言う通り、男と違って女性はどんなに好きでもある一定のところまでいくと振り返らない。女と別れたら男はおしまいだ❗まさしく、その通りですね。女には男の敗者復活戦は通じないですね。情はあるから復縁したら愛情が戻るかと思いましたが、別れを覚悟したあとの女性には敗者復活戦はないんだと、改めて実感しました。この年末は生き甲斐探し、新年に向けてがんばります。

No title

生きがい。一晩考えてしまいました。
時間、お金、努力をたくさん費やしたのは仕事ですが、
仕事はブラック。切りがいいところで切ります。
まるでいくら好きでも、冷静に頭で考えると悪質な彼氏を
理性で切るようなものです。まったくこんなことに時間やエネルギーを
使うなら、もっと違う大切な事に時間や労力を使えばよかったと
今では思うくらいです。
今はこれと言って生きがいは見つからないですが、普通に生活することが
生きがいです。仕事でも、恋愛でも、趣味でも、一つに偏り集中してしまうと、
自分や人にも害を与え、中毒と紙一重のような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する