ホーム > 人生哲学 > 過去の苦しみは、すべて自分自身の愚かさと弱さにあった。
あの頃は自分が愚かだった。
あの頃は自分が弱かった。
過去の苦しみは、すべて自分自身の愚かさと弱さにあった。

だから、私は過去のどんな辛い出来事でも、「あの頃は良かった」と思うことにしている。あの頃の愚かだった自分、あの頃は弱かった自分、情けなか~我が人生だったが、それでも、今となってはいい思い出となっている。

たくさんの失敗をした。失敗のすべてが人に言えない恥ずかしいことだらけだ。たまに思い出すと胸がキュンと痛くなる。恥ずかしい失敗を思い出すたびに心が苦しくなるが、やめた…苦しむことをやめた。もういいだろう、苦しむことは。苦しんだとところで何も報われない。

今までは過去を思い出して未来に落胆ばかりしていたが、これからはそうではない。これからは、過去の辛い思い出を、「あの頃は良かった」に置き換えて前に進みたいと思う。

人の人生は、愚かな思いが尽きることなく、苦しみも尽きることなく、そればかりに執着して取り込んでしまう。なぜ過去の思い出をけなすのか?それは分からない。ただ言えるのは、今でも自分が愚かで弱いということだ。

なぜいつまでも愚かで弱いのか?それは過去を引きずっているからだ。過去を引きずれば成長が止まる。止まるどころか逆に後退する。あの頃は愚かで弱かったが、強くて希望に燃えていた自分もいた。今は希望もなく強さもない。残っているのは、愚かで弱い自分だけだ。

成長どころか、後退している自分にやっと気づいた。なぜ?後退している。それはいつまでも過去の拘り、恐れず前に進めない自分がいるからだ。

見極めて前に進もう。見極めて前に進もう。
いつまでも、愚かで弱い自分にいてはならない。
もう一度、あの頃の強さを取り戻すのだ。

あの頃は愚かで弱かった。でも、希望があった、強さがあった。
あの頃の強さを取り戻せば、愚かさも消え、弱さも消える。
すでに自分は成長しているという証拠を見せよう。
それが今後生きていく、自分の使命だ。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

過去との付き合い

愚かな過去を忘れて前向きになんて、自分に都合のよい考え方だと思っていました。でもそれだと一生過去を悔やんで生きていくしかなかった。それも正しいとは思えませんでした。どう向き合えばよいのかなと。
糧にしてよいんだなと思えました。いつか自然にそんな感覚を持てるように慣らして行きたいな。

No title

経験の乏しい若いうちは弱くて愚かなのは仕方がない事だと思います。
最初からの賢者はいないです。恋愛でも仕事でも。
私なりに考えると、感情の赴くままに物事を決めたり、
行動したからだと思います。冷静に見極めようなどとは
夢にも思ったことがありませんでした。
でもそんな過去にもありがとうです。
弱い自分、愚かな自分がいたから反省し後悔し今があります。
今の自分も何年かしたら愚かで弱い自分に見えると思います。
でも死ぬまで反省し見極め前に進もうと思っています。
転んでもタダで起きるもんか。って感じです。

復縁の記事が読みたいです

私も復縁の記事が読みたいです。(笑)

【新シリーズ女性の悩み第一弾(男の浮気)】とあったので、第二弾で復縁の記事になるのかなと勝手に期待しちゃってます。(笑)

九星別の復縁の仕方が知りたいです。

沖川先生、どうかよろしくお願い致します。m(_ _)m

↑↑↑いいですね!

みなさんの復縁体験も聞きたい!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する