ホーム > 人生哲学 > 苦しみは取り除くことができないが、克服することはできる。
仏教の本を読んだとき、そこに「四苦八苦」という言葉が書かれていた。「四苦八苦」という言葉はよく聞くが、意味はよく分からなかった。そこで意味を知ろうと読み進んでいるうちに、なるほどそういうことかと理解できた。

四苦八苦の四苦は4つの苦しみ。
1、生まれることの苦しみ。
2、老いることの苦しみ。
3、病気の苦しみ。
4、死ぬことの苦しみ。
生・老・病・死の4つの苦しみが、四苦八苦の四苦である。

この4つの苦しみは人間なら誰しも持っている。この苦しみは避けることも取り除くこともできないが、仏教では克服するこができると書いてあった。克服するには相当な修行が必要だと思うが、私はお坊さんではないので、仏教とは違う方法で克服したいと考えている。この仕事を長くやっていると、自分なりにも相当な修行を積んでいると自覚しているので、私は私のやり方で、皆さんの苦しみを解いてみたいと思う。

続いての四苦八苦の後半の八苦はそれも4つの苦から成り立っている。
1、愛するものと別れる苦
2、憎しみ合うものと会う苦。
3、求めるものが得られない苦。
4、(地・水・火・風・空)五の元素で構成されたこの世の一切の迷い。
最後の4番目は難しいが、前半の四苦に後半の四苦を加えて、四苦八苦という。なるほどね。理解は今一できないが、なんとなく分かった気がする。つまり人生には八つの苦しみがあるということですね。


私が思うには、前半の4つの苦しみは逃げることも避けることもできないが、後半の4つの苦しみは人間の努力によって克服することができる気がする。

1、人が生まれることは避けることも逃げることもできない。
2、人が老いることは避けることも逃げることもできない。
3、人が病気になることは避けることも逃げることもできない。
4、人が死ぬことは避けることも逃げることもできない。

避けることも逃げることもできないものは、もはや苦しみではないはず。人間が天から与えられた寿命、天命なので、生きている間、天寿を全うすればいいのです。もうやめようか、「生きていることが苦しみ」などと言う言葉を使うのは、その代わりに「生きていることは奇跡だ、生きていることは素晴らしい」という言葉に置き換えよう。

続いて後半の四苦だが、
それも苦しみの対象ではない。
「生きていることは奇跡だ、生きていることは素晴らしい」と考えれば、後半の四苦は苦でなくなる。

1、愛するものと別れる苦。
人間は何度失恋しても立ち直れる。別れは単なる経験に過ぎない。私は知っている、失恋したあとに大勢の人間が幸せを掴んだことを。これがあるから、生きていることが奇跡で、生きていることは素晴らしいのである。

2、憎しみ合うものと会う苦。
憎しみは、憎んでいる間、相手にずっと支配されていることになる。会って仲直りすれば、憎しみは消える。会うことを恐れるより、会ってしまえば問題は解決される。相手も同じことを考えている、相手もあなたのことを恐れている。だから、会ってしまえば、お互いが憎しみの支配から解放される。

3、求めるものが得られない苦。
求めるものが得られないことをいちいち苦にしたら生きていけない。世の中不公平で当たり前なのだ。求めるものが得られないことで苦しむより、生きていること自体が奇跡だ。何も得なくても自分は生きている。これこそ奇跡ではないか、それこそ素晴らしいではないか。そう思えば、求めるものが得られなくても苦でなくなる。

4、(地・水・火・風・空)五の元素で構成されたこの世の一切の迷い。この5つの元素は、人間が生きていくために必要なものだ。生きていくための元素をいちいち迷いの対象にするのが、人間の悪いところ。人間は。、「生きていることが奇跡だ、生きていることは素晴らしい」と考えれば、五の元素は迷いの対象でなく、生きるためのエネルギーとなる。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

わたしも先生と同じように思います。
何にも苦しくないです。
前半
1、生まれてきたから今がある。はいありがとうございます。
2、老いても楽しく生きればいい事。老人には老人なりの楽しみがあり、
知恵や知識はたくさん持っているはず。
3、病気の苦しみ。病気になったことをきっかけに、価値観が変わり
人生も変わることもあり、得るものもある。不治の病、難病であったら
宿命だと思うことにする。
4、生まれてきたら「し」は誰にでもある。
たとえ凄惨な事故しをしたとしても、はい今まで楽しい人生をありがとう
と思うことにする。死を意識して生きるから、今日一日がありがたく
貴重で、輝いたものにしなくてはならないと思う。ネガティブも
排除しなくてはならないと思う。時は永遠ではないですから。
後半
1、愛するものと別れる苦。
失恋はまだ軽傷。新し男ができれば別れてよかったとさえ思える。
代替えはいくらでもいる。掛け替えのない人を失くした場合、
ここまでがその人とのご縁だたっと思い、出会えたこと、同じ時間を
生きたことに感謝。思い出を大切にしたい。
2、憎しみ合う人と会う苦。わたしはめったに人を憎まない。
めんどうくさいから忘れてしまうし、そういうエネルギーより、
自分の楽しみ、希望を持てることに気持ちが向いてしまう。
相手が自分を憎む場合、ご勝手にどうぞ。憎んで悪口を言って楽しいのなら
好きなようにしなさい。って感じ。
3、求めるものが得られない苦。何でも手に入ると思っている方が間違い。
あきらめ、あるものに感謝する。またはほかの物を見つける。
4、地、水、火、風、空、 つまり大自然ってことですね。雄大で美しく
人間を生きていくのに必要な物を全て与えてくれる。しかも無償で。
感謝して大切に守らなくてはいけないと思います。
だからといって、仏教の教えを軽んじているわけではないです。
まともに考えれば、本当に苦しいですから。
仏教には人の心を冷静に穏やかにする素晴らしい教えがたくさんあると思っています。

No title

上のコメントを書いた者です。傲慢すぎました。
平和で、食べることにも困らない国に生まれ人間の
自己中心的な考え方でした。
貧困国、戦乱国に生まれてきたら、野生動物ならば
生まれてくる=食べなくては生きられない
食べ物を手に入れるための苦しみから始まり、常に命を脅かされる
四苦八苦の苦しみと生きなくてはならないのだと思います。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する