ホーム > 男の浮気について > 彼女がいるのに、他の女性を物色している、世の中常識がなくなった。
恋愛市場は乱れている。
今日も来た。
彼氏がマッチングアプリを辞めないという相談。
これで何人目だろう・・・。
数えたことはない。
おそらく数千人はいるだろう。
たった3年でこれだけの数だ。
今の時代の恋愛は、非常識といっていいかもしれない。
嘘、裏切り、浮気は当たり前の時代。
こんな時代に生まれた子たちが可哀想だ。

彼女がいるのに他の女性を物色する。
この動きは世界規模で広がっている。
デーティングという流行語で。
誰がこの言葉を生み出したのかは分からないが、欧米諸国から日本に入ってきた。

デーティングとは、
正式なガールフレンドを作るまでは、何人の女性とデートしてもいいというルール。つまりたくさんの女性の中から、自分にあった女性を選ぶのを目的とするのがデーティングである。まるで商品だ。恋愛は商品化している。

「たくさんの女性の中から自分に合ったパートナーを探す」言われてみれば、納得することもできる。一生付き合うパートナーだ。生涯に一度の大きな買い物だ。そう思えば、そのやり方はとてもいいやり方だ。男性の主観でいけば、恋愛は自由だ、何人もの女性とデートして、自分にピッタリ合ったパートナーを探すことにとくに問題はない。

男性たちは、デーティングという自分たちにとって都合のいいルールを引っ提げてきた。女性たちは、まだこのルールに慣れていない。このルールは非常識で受け入れられないからだ。一人の男性のみを愛する女性には、その本能からしてこのルールを受け入れることができない。女性の愛は一途だからだ。

だがもし、女性がこのデーティングというルールを取入れれば、男性の比ではない。女性の商品を見る目は、男性よりも繊細で、センスがよく、チェックポイントも厳しく、良い商品か悪い商品化の見極めの判断もよく、さらに優れた直感力で商品を選び出すからだ。

男性が10人の女性とデーティングするのなら、女性は100人の男性とデーティングするだろう。女性がデーティングを開始すれば、世の中の男性は嫉妬に狂って気が狂うだろう。

いずれ、数十年後にこのような時代が来るかもしれない。男性たちが昔やっていた悪いことを数十年後に女性たちが真似ているからだ。さらに昔の男性より上手にやっている。

数十年後の話は別の機会にするとして、今、どうするか。デーティングという非常識が横行している今の社会をどうするかだ。

彼女がいながらマッチングアプリで他の女性を物色している男性。付き合うと同時にアプリをやめると言ったのに、嘘をついてアプリをやっている彼氏。こんな男性が世の中にうじゃうじゃいる。常識がなくなった現在の男性たちに、この時代を生きている女性たちがどう対抗するかだ。

対抗手段は次回講じます。
すみません、記事の順番を間違えて対抗手段を先に書いてしまいました。
前回の記事が対抗策です。面目ない・・・。





最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

本当にこんな時代に生まれた女性達は気の毒です。
簡単に手に入るものは価値がなく、次々とお取替えが出来る。
昭和20年代くらいまでに生まれた男性たちは、
定職に就いて安定した収入があるイケメンだって、
初めてお付き合いした女性と結婚したり、
女性と付き合ったことがなくお見合いで結婚する人が
ほとんど。女性と知り合うきっかけなど職場か、
趣味の活動くらいだから、一度手に入れた女性を大切にしました。
過去の時代には戻れないのでどうでもいい話ですが、
女性でデーティングシステムを取り入れる人は、理性を働かせ
見極め男性を選べる賢い人かもしれないです。でも私には無理。
誰の格言だか忘れましたが、
女性はその男と寝たいか寝たくないかで男を選ぶ・・森瑤子さんだったか。
本当はそうなのでは。若くて潔癖な女性ならば
寝たくもない男と二人きりでデートなんてしないです。昔の女は。
おばさんになった今なら、だいぶ潔癖症も薄れたので、
生理的に嫌でなきゃ一緒にでかけてもいいやくらい思いますが、
期待されるとめんどうくさいから、実際にはやらないです。


No title

何人かとデートしたとして、相手も何人かとデートしてるとして、私の第一条件の「浮気しない人」を見つけるのは大変そうだと思いました。

言葉が重い…

デーティング?なんじゃそりゃ。面倒くさいシステムですね(笑)
きっと男性雑誌なんかにはその手の記事や、
女性の知り得ない情報がワンサカなんでしょうね。おサル軍団ですね(笑)
女性が「デーティングするぞ!」とはナカナカ出来ないかも。

わたしは男性が多い学科だったので、かなり多く友達がいたように思います。
「デート」という意識はなく、2人で出かけることもしょっ中でした。
学生とも講師とも出かけてました。
その行為もある意味デーティングなのでしょう…。
趣味を共にしたり、課題目的で下調べに行ったり…楽しかったなぁ!
でも恋心なんて99%動かない。1%の人には動いてたかな(笑)
気さくな男女交流。身体の関係ないのは絶対条件。
紳士で優しくてイケメンで人気NO1だった男の子は、
けっこうな策士で叱咤したこと思い出しました(笑)
でも今もやっぱりステキな中年ですね〜

女性が交流を広げるには「友達」が大前提。
上手くいくと思います。ただし本当に自己意識を高く持って。

アプリで恋愛、結婚の可能性は増えたかもしれませんが、同じくらい浮気や不倫の可能性も増えている。
大和撫子や、生涯の愛を求める人には不都合な世の中になってきました。

男性は好みの女性が現れたら、彼女がいても好みの人とお茶やお食事などしたいと思います。
女の人も同じです。ましてや甘い言葉でお誘いを受ければ一度くらい、、と思いお洒落をして出かけます。
悲しいけどこれは現実です。私には遠距離の彼がいましたが会えない寂しさからいつも誘ってくれる人からは逃げられず、、何度かお会いしました。
褒めてくれて優しくしてくれて癒されたのは事実です。嬉しかったし自分の自信も取り戻せました。
沖川先生のような男性がいてくれたら安心してお付き合いが出来ますが、今の私はどこに身をおいたらいいのか分からなくて。特に体の関係が無いとどうしても安心出来なくて不安な気持ちに陥ります。

冷めた男の気持ちを取り戻したいです

彼とデートしてきましたが手も繋いでくれなくなりスマホばかりいじっていて私も会話出来ず空気悪く終わってしまいました。もう自分からは誘わず、連絡もしない、同じ職場では避けて素っ気なくしようと思いますが、冷めた男の気持ちを取り戻すにはどうしたらいいでしょうか?

一途な器量を上手く使いこなす

その前に尻軽女が増えているから、
真面目な男ですら自分を見失って欲を満たす時代になっている。
私は男の浮気は付き合っている女性の器量にかかっていると思う。
メリハリを持って提示してコントロールしてあげないと、男性は子供と変わらない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する