ホーム > 人生哲学 > 恋愛は人々を成長させるモチベーションだ。
人は何のために恋愛をするのだろう。
何のために、異性を好きになるのだろう。
本能から来る性欲か、それもあるだろう。だが、それだけではない気がする。成長したから恋愛をする。これが正解だと思う。

そうでなければ、こんな面倒なものと付き合わないはずだ。

男性と付き合えば、最初は良いが、後半は苦しみの連続。連絡が来ない苦しみ、会いたくても思うように会えない苦しみ。優しさのない苦しみ、思いやりのない苦しみ。浮気や不倫に走るのではないかという苦しみ。信用できない疑心暗鬼の苦しみ。グレーで曖昧で先の見えない苦しみ。男性と付き合えば、女性は苦しみのオンパレードだ。

女性と付き合えば、最初は良いが、後半は面倒くさいことだらけ。うんざりするほどの女性のネガティブ感情の苦しみ。仕事に集中できない苦しみ。自由な時間がなくなる苦しみ。喧嘩をして感情論に発展した苦しみ。信用されない苦しみ。将来の約束ができない苦しみ、プレッシャーをかけられる苦しみ。責任がとれない苦しみ。女性と付き合えば、男性は苦しみのオンパレードだ。

なんで人々は、こんな面倒くさいものと苦しみながらも付き合っているのだろう?性欲だけなら、こんなに長く続かないはずだ。では、苦しみながらも続けるのはなぜか?それは、モチベーション(生き甲斐)があるだからだ。

みなさん生き甲斐が欲しくて恋愛をしている。
恋愛を苦しいものに例えているが、決してそうではない。そこには温かさがあり、癒しがあり、喜びがあり、心豊かな愛があり、希望もある。ただ、苦しいことばかりが浮き彫りに出て、苦しいと錯覚しているだけだ。

もともと生き甲斐とは決して楽なものではない。生き甲斐とは全体として面倒くさくて苦しいものだ。苦労・努力・忍耐・根性という精神力がないと生き甲斐を継続できない。継続するためには何が必要か?それは、「ないよりあった方がまし」と考えることで続けることができる。

ないよりあった方がまし。
いないよりいた方がまし。
継続力は、意外とこんな簡単な方法で手に入れることができる。

私(沖川)もそうしている。
この仕事、ないよりあった方がまし。
たったこれだけで、この仕事を続けている。
そのうち、ない方がましとなれば、この仕事を辞めるだろう。

あなたの苦しみ相手の彼氏は、いないよりいた方がましか?
いないよりいた方がましとなれば続ければいい。
それとも、いない方がましとなれば終わりにすればいい。

人間終わるときは、モチベーションが下がったとき。
生き甲斐ではないと感じたとき終わる。
生き甲斐があるうちは続けるのが人間。
なんのために?それは自分が成長したいから。

生き甲斐は、決して自分を楽にさせてくれない。
苦しくて、面倒なものだ。だが、いなくなれば困る、なくなれば不安になると思えば、面倒くさくても、苦しくとも続けなければならない。続けているうちに面倒なことに慣れてきて、苦しいことに慣れてきて、それがそのうち希望に代わる。

恋愛は人々を成長させるモチベーションだ。
苦しいけど、面倒くさいけど、ここには生き甲斐がある。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あー、なるほどね
だから5年も付き合って、ある日突然「もう気持ち的に無理」って言われて終わりにされたのね
なるほど、、先生、目から鱗です
いつも本当にありがとうございます

目から鱗

いないよりいた方がましか。
すごくシンプルな考え方でわかりやすい。
その考えだと楽に続けられそうです。

執着心

人間の苦しみの根源…?執着心。
相手に求めて、満足できる答えが得られなくて苦しむ日々…?

人は支え合い、群れて生きる生命体。自然なことですよね。
女、男、違う形で生まれた意味は「つがい」になる為だと思います(^^)
【自分だけの幸せ】を追求するなら、1人の時間をいかに楽しく過ごすか。
自分を信じて生きて、自分が選んだ相手を信じる。
それを体得できた男女が組み合わさると上手くいくんだと思います。
男女が共に生きることは、やはり幸せです。
さらに言うと、2人でいて苦しむなら、1人に戻り楽しい時間を過ごした方がいい。
そこには相手に対する依存心、執着心を手離した自分がいるハズ。
執着心を理解するのは、トコトン苦しみを体験して超えた人。
若くても、年老いても、経験値でしか人は心の自由を得られない。

学校、職場、趣味、ボランティア、ネット、お見合い、何で出会おうが同じ。
出会う場所はタダのキッカケ。
どこで出会おうが、混沌とした迷路に迷い込むこともあります。

基本は「1人の人間としてどう生きたいか…」
シンプルにそこを追求した方が、答えは早いと思います(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ないよりあったほうがまし。いないよりいたほうがまし。
なにもないことほど虚しい事はないと思います。
想像するだけで恐ろしいです。
そして喜びだけでは人は満足し堕落したり飽きてしまうから、
その喜びをより一層輝かせるために、
苦しみも困難も同居させているのでしょうか。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する