ホーム > 人生哲学 > 幸運の女神はいない。また神は盲目ではない。
苦しい時の神頼み。
自分もある。
苦しいときに神頼みをしたことがある。
だが、願いはぜんぜん叶わなかった。
叶うどころか、逆に後退して悪くなった。

私だけでなく、そんな経験は誰にもあるのではないだろうか。神は無常、本当に苦しんでいる人を助けてくれない。神様なんていない。信じた自分がバカだった。

今は自分も大人になったので、苦しい時の神頼みはしない。神は神聖なものと崇めているので、神様なんていない、神様を信じないと愚弄したりもしない。ただ、神は自分の心の中にいる神聖なものとして。

私は神社の凜とした空気が風水上いいので、年に数回神社を訪れる。川越にはいっぱい神社があるから。

神社に行っても、自分都合のお願い事はしない。神は自分都合の願い事は聞き入れてくれないと分かったからだ。願い事をするのは、自分以外のみんなのこと。世界が平和でありますように、お客様が幸せになれますようにと願っている。自分のことは願わないようにしている。

神は盲目ではない。
自分のことを願っても聞き入れてはくれない。「自分のことは自分で何とかしないさいよ」といっているような気がする。そうだね、神は盲目でないから、自分のことは自分でやるしかないか。神頼みした分が愚かだった。神は盲目でないから、さらに試練を与えてくれた。ありがいたい試練を与えてくれた。

逆境は自分で乗り越えるしかない。
逆境の乗り越え方は、希望を捨てないことだ。
どんな逆境でも、希望を捨てないことだ。
希望を持ちながら、誠実に忍耐強く努力していくこと。
「希望をもって誠実に忍耐強く努力していく」これが、神が与えた人間の力、人間の基本だ。これを私たちは持っているのに、努力を放棄して神頼みに走るから、願い事が叶わないのである。

「もう一度基本を取り戻しなさい」と神様がおしゃっている。
誠実に忍耐強く努力しなさいと。

わたしは努力してきました。
苦しいことにも耐えてきました。
誠実に忍耐強く努力しても、願い事は叶いませんでした。
という不幸な人もいる。
誠実に忍耐強く努力しても、願い事は叶わなかったと。

この人に足りなかったのは、希望を捨てたこと。
どんな逆境でも、希望を捨てないこと。
希望を捨てれば、努力は水の泡となり悲観に終る。
希望持っていれば、努力は永遠に続けることができる。
だから、努力中にうまくいかなくても希望は捨てないことだ。

希望というのは、自分はこれだけやりましたと後悔することではない。希望というのはこれだけやりましたけど、結果ダメでしたということより、結果に囚われず続けることに意味がある。希望の意味は、どんな逆境でも希望を捨てないこと。途中で希望を捨てるから、努力したけどダメでしたと後悔するのである。ダメから続けるのもまた希望を復活させることになる。だから、最後まで希望を捨てないでほしい。

幸運の女神はいない。
いないから、あなたが女神になればいい。

神は盲目ではない。
神頼みではなく、あなたが人間としての素質を取り戻せばいい。
希望を持って、誠実に忍耐強く努力していく人間の基本を取り戻せばいい。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

私も神頼みはしませんが、心の中から神様を追い出し
神様などはいないのだから好き勝手しても罰などあたらないと
いう生き方をしたら終わりだと思っています。
有名な神社はありませんが、氏神様を祀った小さな神社、石仏、
祠はたくさんあるので、通れば手を合わせ今日もこうして生きていることを
感謝し、世界の平和を願います。最近ではコロナの収束を願っています。
石仏や祠などはただの石や木だと思ってしまえばそれまでですが、
何百年も前の誰かが願いを込めて作り、ここで手を合わせ願いをかけてきた人たちがいると
思うととても神聖な場所のように思えるので、いくら散歩中におしっこしたくなっても
目の前でおしっこすることは出来ません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する