ホーム > 人生哲学 > みんなしているからというずるい考えは持たないこと。
金持はみんな悪いことをしているという、悪い評判を作らないでいただきたい。
みんなしているからというずるい考えは持たないでいただきたい。

政治家や企業の経営者や芸能人が様々な恥やスキャンダル引き起こしているのはまさに豊かさに慣れ、贅沢になり、利権をむさぶって心が腐り切っているからです。利益を得、富を得ることのみに心が奪われてしまうと、不正を行うことや法を犯すことの重大さに気づかなくなってしまいます。それは大変恐ろしいことです。

芸能人の不倫や歌舞伎役者の隠し子問題。緊急事態宣言下における政治家の銀座のクラブでの夜のお遊び。それらのスキャンダルは恥以外なにものでもありません。

本人にも言い訳はあるでしょうが、言い訳そのものがまた恥です。言い訳よりもこんな恥なことは二度とやらない。一生やらないと誓った方が男らしいのではないでしょうか。彼らは、金銭欲、酒欲、色情欲は金輪際断った方がよろしいでしょう。

政治や企業の重鎮に携わる人は国民の見本となるべきです。国民をリードしていく政治家や企業家が率先して金を追い、モラルを見失って法を犯し、天下の利をほしいままにする。その利を振りかざして酒欲、色情欲に走る。こうなったら最悪、最低な人間となります。

人間の欲望とは恐ろしいもので、彼らも若い頃は純粋な志を持っていたはずです。ところが利権にむさぼり地位や名誉に走るようになってから、モラルを見失い法を犯すようになった。悪徳自然に身につく。彼らは歳を取るにつれて悪行が自然に身についたのです。

また反対に徳が自然に身につく人もいます。歳をとるにつれて善行が自然に身につく。そういう人間だっているのです。是非とも善行が自然に身につく人間になって欲しいものです。

悪を断ち切るには、「なにもないことが一番」
お金もない、利権もない、地位や名誉もない、人気もない、酒欲も色情欲もない。ないない尽くしでいくことです。あったとしてもなしでいくこと。欲望を無駄に使わない。過ぎたるは及ばざるが如し。自分はお金もなく地位や名誉もなければ人気もない。ない、ない、ない、なにもない、あったとしてもなしでいくことです。お金や地位や名誉や人気に溺れるから欲望に負けてしまうのです。「なにもない」とすればいいのです。



最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

お金に対して一度強欲になった人間は、シななきゃ治らないと思います。
国会中継を見ていると男も女も厚顔無恥な顔した人間ばかりに見えます。
化粧、ヘアスタイル、衣装など身なりにお金はかかっていても、
世界一醜い顔をしているような気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する