ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 「男と仕事」男の仕事について、もう一度詳しく説明しよう。
「男は仕事が命」この言葉は女性たちが最も聞きたくない言葉だ。
聞きたくない言葉をあえて説明するのはとても骨が折れるが、だが、あえて説明したいと思う。説明して女性たちがより深く理解することで、仕事に忙しい男性に対しての悩みがだいぶ軽減できる。恋愛は悩みが軽減できれば良くなる。その方向に皆さんを持っていきたいと思うから。

男と女は悩みが消えることで、信頼関係が増してくる。信頼関係ができれば、二人は何の問題もなく結ばれることができる。それを目指して、「男と仕事」男の仕事について、もう一度詳しく説明したいと思う。

まず、最初の説明は、
別れの原因の第一位は男の仕事の忙しさからきている。
「仕事を命」とする男性はひとたび仕事が忙しくなると仕事モードになる。仕事モードのときの男性は一切恋愛のことは寄せ付けない。

だから、仕事が忙しくなれば、彼女を放ったらかしにする。彼氏に放置された女性たちはそれが嫌で、我慢できなくなって別れを選択してしまう。

男脳と女脳はこれの繰り返しだ。男性の仕事が原因で別れを繰り返す男女は世界中で蔓延している。どの時代でも別れの原因は男の仕事の忙しさが不動の一位を占めている。

不動の一位、こう考えれば、「男と仕事」についてもっと深く理解する必要があると考えるようになるだろう。

では、ここからは女性たちの知らない男脳の世界をご案内しよう。男性の仕事が忙しくなれば、男脳はどうなるのか?あなた方がまったく知らない世界へ道案内したいと思う。

まず、もう一度この言葉を聞いてほしい。
「男は仕事が命」
そう、命なのである。
命とはなにか?
この世で一番大切なものである。

この命は順調なときは、それほど悪さをしないが、順調でなくなったら相当な悪さをする。

まず、精神的にこの男を追い詰める。
不安、心配、恐怖を与えて、この男を追い詰めて相当苦しめる。

ご飯も食べれず、夜も眠れず、身も心もボロボロになり、毎日毎日がもう勘弁してというクタクタの状態になる。クタクタの状態のときは人に親切にできない。助けることもできないし、愛情も注いでやることもできない。これほどひどい状態になる。

クタクタの状態のときの男性は、平気で彼女の連絡を無視する。あなたもそういう目にあったことがあるだろう。わけもわからず突然無視されたことが。これは彼がクタクタの状態のときだ。

なぜそこまでして自分を追い詰めるの?
たかだか仕事ではないか?
無理して体を壊したら、元の子もないよ。
身体を悪くしたら会社はあなたの面倒を見てくれないよ。
これが女性たちの意見である。

なぜ、そんな意見がいえるのか?
それは、仕事が命でないからだ。

仕事が命の男は無理して体を壊してもこの仕事をやるしかない。無理をしないで仕事を辞めたら、命を捨てることになる。そうなったら、男は生きていけない。

男の仕事が命の理由をぎょうぎょうしく書いたが、多少オーバーに書いたが、あなたはこの文章をバカげていると思うだろうか?そう思うかもしれないね。だが、女性たちにも同じことをしている。男の仕事が命と同様に女性たちにも同じことが起こっている。それは女性たちが恋愛が命とする場面で起きている。

恋愛が命の女性は、順調なときはそれほど悪さをしないが、順調でなくなったら相当な悪さをする。

まず、精神的にこの女を追い詰める。
不安、心配、恐怖を与えて、この女を追い詰めて相当苦しめる。
ご飯も食べれず、夜も眠れず、身も心もボロボロになり、毎日毎日がもう勘弁してというクタクタの状態になる。ほら、男の仕事と同じことが起きているでしょう。

彼の仕事の忙しさの危機的状況は、あなたの恋愛の危機的状況となんら変わらない。「女性は恋愛が命」その反対にあるのが、「男性は仕事が命」なのである。ここまで説明すれば、だいぶ分かってきたのではないだろうか。

男の仕事の忙しさは、女性の恋愛の危機と同じだと考えることができれば、対処方法もきっと見つかる。

どんな対処方法がいいか?
ここでもまた、私は女性の考えと反対のことを説明しなければならない。

恋愛の危機を迎えた女性は放っておくことはできない。
放っておいたら愛情のない冷たい男といわれて嫌われるからだ。

だが、男性は違う。
仕事の危機を迎えたら、放っておくことだ。
ほっておけない女は迷惑な女だ。男の仕事を理解できない女だ。男の仕事を邪魔ばかりする嫌な女だというレッテルを貼られてしまう。

この場面で放っておける女なら、男の仕事を理解している愛情深い女だと認めることができる。

男と女は逆なのである。
女性の命の危機は放っておくのは不正解。
男性の命の危機は放っておくのが正解。
このようになっている。

ここであなたも十分に理解できただろう。
「放っておく」の大切さを今こそ理解できただろう。

問題は放っておく時間をあなたはどう過ごすかだ。
もう言わなくてもいいと思う。
「自分磨きだ。」
彼と会えない間、自分磨きに専念するといい。
自分磨きに専念して彼を忘れる。
これが最高の自分磨きだ。
そうすれば、彼は忘れたころに帰ってくる。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

No title

男は子供を産まないですからね。
仕事に命を懸けることが生きる証し(命)になるのだと思います。
亭主元気で留守がいい。男が稼いだお金で好きな事をさせてもらって、
(浪費と浮気はいけない)外で思う存分仕事していただくことが
思いやりかも知れません。

No title

大変ご無沙汰しています。
こちらにコメントを書くのは。
転職をし、毎日楽しく、素敵な仲間や人に恵まれて、そんな人達に出会えたのは環境を変えたからです。
そこで、彼にも出会いました。
うんと年下の彼に、恋をしました。恋をしています。
でも、付き合うとか、気持ちを聞きたいとか思うことはないです。
このまま、片想いで、彼と一緒に笑ったり、みんなと過ごしていく仲間として
いられれば今はいいかなと思っています。
職場が同じだから、彼の仕事ぶりもみえています。
人に接する態度とかどんな人と関わっているのか。
同じフロアの離れたところからでもなんとなく分かってきました。
あまり多くを話さないし、仕事で何かあったのかなとか。
わかりやすく疲れているのも見ている分、どのように彼を癒し、楽しい気持ちにさせてあげれるか、面白い日常を届けてあげたい。
そんなサービス精神でいます。
悩むときもあるし、どう接するべきかかなり悩んだ時期もありました。
こちらが意識をしすぎて、気にしすぎて。
いつもの自分ってどんなんだった?って。
付き合っているわけでもないのに考えすぎて。
好きなのはこちらの方で、彼は分からない。
でも仲良くなりたいって思ってます。
応援しながら、自分も成長していきたいです。

No title

だいぶ前の記事にコメント失礼します
先生の記事から「仕事」で検索してみて読み漁っています。
本当に男女の別れで一番多いのが男性の仕事が忙しい。だったのですね

芸能界でも深田恭子さんとその婚約者の場合もこれにあたりそうですね。
寂しさを女は他の男で埋めてしまう。なかなか何世紀たってもこの問題は奥が深そうですので
また深堀お願いいたします。自分もこれで悩んでいます。もう他にいこうかなぁ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する