ホーム > 恋愛・結婚・復縁  > 不安と希望は紙一重、負のスパイラルではなく、希望のあるスパイラルに持って行く。
自身の心を、希望のあるスパイラルに持って行く。

私たちは不安のある負のスパイラルに持って行くのは得意だが、希望のある勝ちのスパイラルに持って行くのは不得意である。

不安と希望は紙一重と前回記事にした。
どういうことか?というと、希望も不安と同じ原理で構成されているということです。つまり、不安と同じ原理で「希望のある勝ちのスパイラル」に自分の気持ちを持って行けるということになります。

不安の原理をみてみましょう。
恋愛における不安の原理はそう多くありません。
大きく分ければ、3つです。
1, 彼からの連絡が途絶えた。
いちばん多いのが、相手とのコミュニケーション不足。
2, 彼の気持ちが分からない。
続いて、グレーではっきりしない男性の曖昧な態度。
3, 彼がよそ見をした。
最後に、男性の浮気が心配になる。

連絡が途絶え、気持ちが分からず、浮気の心配。不安の要素で多いのはたったこの三つ。数は三つなのに、不安による負のスパイラルがその数を何千倍とする。妄想とは恐ろしいもので、たった1つを気が狂わんばかりのもの凄い数にしてしまいます。

この原理を希望にも使えばいいのです。
不安は妄想で恐ろしい数になる。
それと同じ原理で、
希望も創造力で素晴らしい数にする。
どちらも考えることは同じです。

不安と希望は紙一重、負のスパイラルではなく、希望のあるスパイラルに持って行く。
この意味がやっと分かったのではないでしょうか。

どちらも考える原理は同じだということです。
同じなら、不安のことばかり考えるより、希望のあることを考えましょう。人間の思考は現実になるのです。あなたが日常何を考えているかで、それが現実になっていくのです。

考えたことは、必ず実現します。

だが、ご安心ください。
悪い考えは、取り越し苦労に終って、ほとんど現実になりません。取り越し苦労の97%は現実にならないと言われています。悪い考えはたった3%しか現実になりません。人間とは運に恵まれているものです。なぜ悪いことの3%しか現実にならないのか?それはあなた自身の潜在意識があなたを守っているからです。

宗教では、「これは、神様に守られている」といいますが、私の個人的な見解ではそれは違うと思います。私の見解では「神は自分である」神は己の潜在意識に宿っていると信じているからです。

人は自分の意志で、自分の意識で、守られているのです。
だから、悪い妄想の97%は現実にならないのです。

しかし、3%は現実になります。
不安という要素は、3%を100%にする力があります。負のスパイラルで3%を30%にし、来る日も来る日も不安なことばかり考えていたら、負のスパイラルがさらに増幅して、50%、80%、100%へと悪いことを現実にするシナリオが出来上がります。

悪いことを現実にさせないのが、希望です。
希望への転換は簡単です。
「考えるのはヤメヤメ」で、即座に希望に転換することができます。
悪い考えはやめることです。
その代わりいい考えに転換しましょう。
悪い考えをいい考えに転換する、これが希望です。

考えることが希望の方が多くなれば、取り越し苦労は現実に起りません。逆に希望の方が強くなり、希望が現実になります。

不安も希望も原理は同じです。
何を考えるかで、不安も希望も構成されているのです。不安のことばかり考えれば、不安がどんどん構成されていきます。反対に希望のあることばかり考えれば、希望がどんどん構成されていきます。だから、希望も不安と同じように、どんどん膨らませていけばいいのです。


最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

一つ疑問があります

不安を希望に変えたとして、例えば放置後に戻ってきた彼を突き放さず受け入れたら彼はまた調子に乗って彼女を雑に扱うようになりませんか?

私も疑問に思います

沖川先生、いつも励まされる、力強いメッセージを拝読させていただいております。ありがとうございます。

私も、上のりんごさんと同じ疑問をよく抱きます。
放置→一瞬復活→また放置と、繰り返すように思うのですが…。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する