ホーム > 不可能を可能にする奇跡を起こす。 > 豪傑ぶっている快男児を好きになる女性は、その女性も豪傑である。
快男児?
見たところ中小の建築系の社長。

腕一本でのし上がった職人気質の風貌。

もちろん、スーツは着ていない。

金のネックレスを首にまとい。

ありとあらゆる指にシルバーの指輪をはめている。

時計はロレックス。

まさしく、それっぽい人だ。


一般の人からは、下品に見るかもしれない。

がたいが横に広く、ちょっと近寄りがたい。

態度も図体も大きく、豪傑さを匂わせている。

一般女子から見れば、「わたしにはちょっと無理」と言われる雰囲気を醸し出している。

おそらく、六本木あたりにそれらしき人がいるだろう。

それっぽい、業界の人が。裸一貫でたたき上げた職人気質の人が。

そういう人には、連れがいる。
腰巾着のようなお供が複数人いる。みんな金目当てに、奢ってもらえるために、集まって来ているのだろう。

彼らの行動は毎晩夜の繁華街に繰り出す。

月の半分はクラブやキャバクラ通い。

お気に入りの店を何件か持っている。

腕一本でのし上がった快男児の行動は、

豪傑ぶって金銭など少しも顧みず、人のものはオレのものという考えがあるので、ハタから見るとちょっとおもしろい。是非、そのまま真の豪傑になってほしいものだ。

だが、そうはうまくいかない。
真の豪傑にはなかなか育たない。

この手の話を何百人と聞いたことがあるが、真の豪傑になった人は少ない。銀座や六本木で武勇伝を振る舞った豪傑たちの末路は、やがて仕事がうまくいかなくなり、借金まみれの地獄化としている、因果応報の天罰が下っている地獄の物語の方が多い。10人のうち9人はそうだ。

でも、彼らは快男児なので、またその地獄の淵から這い上がるだろう。商売がうまくいったり、うまくいかなかったりと、あくまでも豪傑さを忘れない。波瀾万丈の人生が、自分には合っているという生き方を好む。

真の豪傑な人はそうそういない。
彼らは豪傑さを装っているが、金が無くなり、事業が失敗すると、とんでもないクヨクヨ人間となる。メンタルは意外に弱く、金回りの良いときと金欠のときでは性格がまるで違う。連れの腰巾着から金を借り、付き合っている彼女から金を借り、借りた金は返さない。

金の切れ目が縁の切れ目のごとく周りから人が去って行く。真の豪傑とは苦難のときも豪傑であるべきで、弱っているときに下の者から金など借りたりしない。彼らは真の豪傑とは言わない。単なる外道に過ぎない。

真の豪傑になりえなかった彼を助ける人がいる。それは、彼を愛する女性だ。彼女だけが残った。可哀想に・・・と思うだろ?でも、彼女は自分が可哀想だと思っていない。「わたしは弱り切った外道が好き」というくらいだから、彼女の方が真の豪傑かもしれない。

まさしく、この界隈は、おもしろい話がたくさんある。

英雄は色を好むというが、色も英雄を好む。

豪傑な男には豪傑な女が寄り添う。

人は自分と同じ者を引き寄せる。

あっぱれ、豪傑を好む女性たちよ。

彼らを英雄にしてくれ。

あなたの力で。

最新の予約の空き状況はこちら


関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する