ホーム > 男は忘れた頃戻ってくる > 男は忘れた頃に帰ってくる
こちらのカテゴリは、すべて電子書籍の方へ移行しました。

続きは、「男は忘れた頃に帰って来る: この一冊で男心の全てがわかる」でお読みください。

41xN0MDWuDL.jpg

ご購入はこちらとなります。

キンドル本の出版はインターネット上のコンテンツとカブっていると、『お客様の作品の一部またはすべてのコンテンツは、インターネット上で無料公開されています。・・・』というメールが送られてきて、審査落ちする可能性があります。

たとえ自分が書いたブログ記事でも、引用してはいけないということです。

え、なんで?他者の引用なら不正とわかりますが、自分の記事を引用してはいけないの?

どうやら、そういう決まりのようです。

本の出版にあたって、インターネット上で重複する記事や同じ内容の文章がかぶっていると、審査に落ちるということです。たとえ自分のブログでも、インターネット上で無料公開されていると、審査に落ちる可能性があるということです。

審査を通る対策として。
こちらのカテゴリ「男は忘れた頃戻ってくる」を非公開にすることにしました。

「男は忘れた頃戻ってくる」こちらのカテゴリは、人気が高く、今までたくさんの人に読まれてきました。非公開にするには忍びないのですが、電子書籍を出版するにあたって、やむを得ない事由による措置となります。多くの方に、こちらのカテゴリを長年に渡って愛読して頂き、誠にありがとうございました。感謝申し上げます。


「男は忘れた頃戻ってくる」カテゴリを電子書籍に移行しましたが、さらにバージョンアップしています。何度も何度も編集して、より深くより手応えのある内容になっています。進化した続きは、電子書籍「男は忘れた頃に帰って来る: この一冊で男心の全てがわかる」でお読みください。ありがとうございました。


最新の予約の空き状況はこちら



コメント

さーや

今日から実践します。
自然界の掟なんですね、尽くすのはやめまーす。
沖川先生、ありがとうございます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

10年間尽くした男性が居ました。私が40歳、彼が27歳。彼を失いたくない気持ちの一心で愛しました。彼との愛を貫くために、私は色んなものを犠牲にしてきました。手放してはいけないものもありました。頭では分かっていたのですが、それでも彼を取りました。結婚もしました。愛する人の子供が欲しいとまで考えていました。10年目にして現実に目が覚めました。覚めたというよりか見ないふりをしていました。金銭感覚が無い彼を知りながら、私はただ好きという感情で何とかなると思っていました。他は何も問題が無いのに・・・・心の中でプツッと切れてしまいました。別れても別に嫌いになったわけでは無いので相談したり、ご飯を食べに行ったりしていました。私は家族のように思っていましたが、彼は違いました。私は気持ちが無い事を言ってましたが、彼は諦めませんでした。そんな仲が6年続きました。
最近ではどうやら彼女が出来たみたいで私は彼に連絡するのをやめました。
タイミングってあるんですね。最初は私が失いたくない、諦めてから彼が私を失いたくない。でも
私の気持ちはもうない。受け入れていたら・・・・そう考えも無くはないです。16年経てば彼も40代一人で生活すれば金銭感覚も学し、あの頃より成長するのは当然ですよね。
彼が幸せならば私はそれでいいかなって思っています。縁があればまた会える日がと思っています。40代を捧げた男。こんな人生、皆さんはどう思うでしょうかね・・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する